スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

Nicky Jam 

かなり今さら感があるかもしれないけど、なんだかNicky Jamが気になる。

YOUTUBEでDon OmarやDaddy Yankeeと歌っているのを見かけて、なんかいいんじゃないと思っていたら、友達からどっさり借りたキューバとプエルトリコのReggaetonのCDの中に、Nicky JamのCDとDVDも入ってて、おお、これはラッキーと思って早速見てみた。


Vida Escante

うーん、聞いてみたら、やっぱりいい。好きだ。
でも、ビデオクリップが全般的にエロ過ぎ( ̄▽ ̄;)
↓だってこんなんだよ?


Chambonea


でも、みんなきれいでスタイルがいいから、さまになってるよなぁ。
前に、この動画をYOUTUBEで見ていた時に、友達のラティーノが「俺の国のクラブでは女の子達はみんなこんなかっこで踊ってる」とか言ってたけど、ホントにホントか?( ̄□ ̄川)
マジでこんなかっこで踊ってるの?
…か・かなり見てみたいんですけど(*゚∀゚)=3

んで、Reggaetonの人だから、やっぱりプエルトリコの人なんだろうかと思っていたら、どこかでちらっと見たプロフィールには、ドミニカ共和国出身と書かれていた。
でも、よくよく調べてみたら、父親がプエルトリコ、母親がドミニカ共和国の出身で、6歳の時にはプエルトリコに移住しているようだ。
ちなみに、ホントの名前はNick Rivera Camineroで、1980年生まれの26歳。

ついでに、あるサイトでは、Daddy Yankeeはsu mejor amigo(彼の親友)みたいに書かれていたのに、別のサイトではなんかケンカ別れしたみたいなことが書かれていた。
英語のサイトを機械翻訳で日本語に訳したから、事情がよくわからなかったんだけど…一体なにがあったんだろう。
ちょっと気になる。



★追記
Chamboneaの意味を友達に聞いてみたところ、男がその気になるようなセクシーなダンスを踊ってみなよ、ってな意味らしい…
でも、スペイン語が母国語な人なので、日本語で意味を説明するのはすごく辛そうだった( ;´Д`)
私の理解度もあやしいので正確なところはよくわからないけど。

関係ないけど、プエルトリコの人と、もちろんスペイン語同士だから話せるけど、冗談とかはわかんない時がある、とも言っていた。
後、やっぱりお互いの国で、特有の言い回しやスラングがあったりするので、話せるけれどわからない時もある、と。

日本でさえ、離れた場所になると言葉が変わるから、国が違ってしまえば、例えおなじ言語だとしても、通じない部分が出てくるのは当たり前なんだろうね。
関連記事
[ 2006/08/28 14:25 ] ラテン音楽 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://miespanol.blog44.fc2.com/tb.php/93-afc5ac04









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。