スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

こてこてのバチャータ 

バチャータの先生と帰りがいっしょになったので駅でちょっと話をした。
その時、私の携帯にメールが届いて、Carlos y ArejandraのExplicameの着メロが流れた。
先生もやっぱりAventuraと間違えて、Romeoと声が似ていると言っていた(*´∀`)

その流れて、好きなバチャータの曲の話になって
私はCarlos y Arejandraとか、Grupo Rushとかが好きなんだ、と言ったら
先生はちょっと考えて、確か、AventuraとかRenyは今はアメリカとかに住んでいる
そのほうが売れるし有名になれるから、でも、自分はドミニカらしい
ドミニカのバチャータが好きなんだ、みたいなことを言っていた。
ちょっと言葉がつたないので完璧には理解できなかったけど…

例えばだれ?と聞いたら先生はいろいろな人の名前をあげた。
Frank ReyesとかJoe VerasとかHector Acostaとか…全部は覚えてないけど。
確かに、Aventura系とはちょっと違う、なんていうんだろう
こてこて系のバチャータとでもいったらいいんだろうか。
そんな感じのバチャータを歌う人達ばかりだった。

確かにレッスンではこっち系の曲が使われていることが多い。
ゆっくりな曲が多いからだと思ってたけど、先生のそういうこだわりもあったんだね。
フリータイムになるとAventuraとかGrupo Ruchとかもかけてくれるけど。

そういえば、前にもドミニカのサルサの曲ももっと知ってもらいたいとか
そんなようなことも言っていたし、やっぱり自分の国の音楽に愛着なりがあるんだろうなぁ。
うーむ、私は日本人だけれど、自国の歌にはあまり興味がない…演歌もイマドキの歌も。
日本人なのにスペイン語の歌ばっかり聞いてるってのも考えたら変な話なんだろうか(;´∀`)

でも、好きなものは好き!ということで、こてこて系のバチャータだったら、こういうのが好き。







Joe VerasのChiquita Chiquillaはやっぱりいいなぁ~(*´Д`)
でも、あんまりサルサ場では聞かないような気がする…
やっぱり一番多いのはAventuraとかMonchy y Alexandraかな?
もっといろんな人のバチャータが聞いてみたいな。

Mitad/Mitad Te Regalo el Mar La Travesia
関連記事
[ 2009/10/07 20:17 ] ラテン音楽 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://miespanol.blog44.fc2.com/tb.php/887-db4191d8









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。