スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

弱々しいリード 

とあるイベントへ。

レゲトンのレッスンを受けてみたんだけど
なんかもうぜんぜん体が動かない( ̄□ ̄川)

トホホとなっていたら、レゲトンの先生に
「あなたは恥ずかしがってる」と言われた。
まあ確かにそれもあるかもしれないけどねぇ…( ´~`)

ホントにキューバのレゲトンはリズム取りとか難しい。
体の各部をバラバラに動かしつつ踊るから、私の場合
一方を動かそうとすると一方が止まり、一方を動かそうとすると…
てな具合で、まるっきりダンスって感じではなくなってしまう。凹むわー。

そうそう、フリータイムではちょっとおもしろい人と踊った。
リードがとにかく弱い!な人。
サルサに関しては優しいリードが好きな私だけれど
この人のは優しいとかじゃなくて弱過ぎた。
なんていうか、まるで力が感じられないの。

でも、不思議なことに、だからといってリードが伝わらない
ということはなくて、ちゃんと踊ることができるんだよね。
リードはちゃんと伝わってくるのに、力というものが一切伝わってこないという
ちょっとどう表現したらいいのかわからない、不思議な感覚だったなぁ。
関連記事
[ 2009/09/30 21:33 ] サルサ・バチャータ | TB(0) | CM(2)

力一杯なのに、全く理解不能なリーディングの逆と思えば?
[ 2009/10/01 15:32 ] URL YUMIさん@管理人 tk1QRue2 [ 編集 ]

★Yumiさん
あー、確かにありますね、痛いくらい力いっぱいなのに
どうして欲しいのかさっぱりわからないリードi-229
それを考えたら、ちょっと違和感はあるけれど、弱くても十分に踊れるんだから
これはこれでアリですねi-190
[ 2009/10/03 16:03 ] URL マリさん@管理人 9ddgPdqs [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://miespanol.blog44.fc2.com/tb.php/881-a5ef93bb









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。