スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

最初の一歩がダメ 

バチャータのレッスンへ。
ここでもダンスシューズをはいてみた。

とりあえず、足遊びはこんな感じ。

右足横・後・前に一歩→左足も前に一歩→(確か)左足後ろに引きながら右足をななめ前にちょん→右足を後ろに引きながら右足を…(以下同文)

これ結構簡単なはずなんだけど
足の運びが後ろだか前だかわかんなくなって
最初はすごい混乱してしまった(;´Д`)

でも、できるようになってみると
簡単だけど意外と見栄えがするというか
確かこんな感じのをお気に入りの
バチャータ動画の女の人がやっていたような。

でも、フリーで踊ってるとなかなか出せないんだよね。
これじゃあ意味がないよなぁ。
無意識にでも出せるくらいに踊りこまないとダメかな。

ペアワークではダンスシューズの具合を試すのに
もってこいのダブルターンがはいっていた。
結果的に、すんごくいい具合でした

もうねー、くるくるって回れるの( ゚∀゚)
ていうか回り過ぎて二回転半になっちゃうの。
本当に力を入れなくても軽ーく回れるのでびっくり。
さすが踊るための靴だよなぁと感心してしまった。

でも、ふらつくのはあいかわらず。
これは靴のせいでもなんでもない、自分のせい。
普通に回れる時もあるんだけど
たまにしかちゃんと回れないんじゃ意味ないしね。

ダンス上手なYさんにもターンを見てもらったんだけど
まあそっちではとりあえずOKが出たんだけど
ベーシックを踏んだ時に

 「まずその一歩からしてダメ」

と言われて焦った( ̄□ ̄川)
なにかと思ったら

 「歩幅が大き過ぎる」

とのこと。

おおお、これ言われるの何人目だ。

具体的に、前後に開いた足の間に
空間ができるほど広げなくていい
両足が前後に重なっているぐらいでいい、とのこと。

確かに無意識に踏んだ一歩目は
かなり後ろに下がっていた。

 「歩幅が広過ぎると次の動きに間に合わなくなり
  余裕がなくなってしまう。
  パフォーマンスの時にはいいけれど
  普通に踊るんだったら歩幅はせまくていい」


というようなことをYさんに教えてもらったんだけど
確かサルサのAさんもおんなじことを言っていた…

みんなすごいよなぁ。
どうしてこう的確に欠点を見抜くことができるんだろ。
私なんてヘタな人を見かけても
音楽からズレてるぐらいしかわからない。

後、タイタニックも見てもらったんだけど
私のはくっとなる部分で沈み過ぎ、と言われた。
あれは沈むんじゃなくて、あのくっとなる部分が
プレパレーション、つまりターンのための予備動作なんだって。

これにはちょっと目からうろこだった。
私は単純にあそこで止めるんだと思ってたから。
なんか違和感があると思ったのはそのせいだったのか!

理解したところで試してみたかったんだけど
その後、Yさんとサルサを踊る機会がなく…

うーむ、やっぱりLAのレッスンも受けるべきか。
関連記事
[ 2009/09/16 20:35 ] サルサ・バチャータ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://miespanol.blog44.fc2.com/tb.php/875-e04450bb









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。