スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

踊る靴 

バチャータのレッスンへ…

だがその前に。

とうとう買っちゃった。

123_20090720012048.jpg
 

踊る用の靴。ジャズ・シューズだけど。

というのも、バチャータ・レッスンの時に
先生のはいている靴はジャズ・シューズだよ
靴底が薄くて裸足で踊っているみたいなんだよ
みたいなこと教えてくれた方がいて
へえそんな靴があるのかと思って
自分でも調べてみたらこれがなかなかよさそう。

踊りやすくていつもはいていた普通の靴が
またもや分解の兆しを見せはじめたこともあり
これ以上、気に入っている靴を壊していくのは
嫌だったので、思い切って買ってみることにした。

まあホントはショートブーツが一番踊りやすいんだけど、夏は暑い!!!(;´Д`)
今日はレッスンがあるからってこの季節にブーツで会社に行くのやだ!!
実際、バチャータのレッスンの前に靴が届いたので、レッスンには
サンダルで行ったんだけど、涼しくて快適だった~。

本当はこういうのもあったんだけど、持ち運ぶのには重いかなと思ってやめた。



でも、両方とも共通しているのは
土踏まずの部分には靴底がついてないということ。
スプリット・ソールというらしい。

DSCN4549.jpg


私が買った物は、かかとがラバーで
爪先部分には革が縫いつけられている。

で、実際にはいて踊った感想としては…

 靴を変えたら今までの自分が
 嘘のように華麗に踊ることができました!!


…なんてこたー一切なかったです(; ̄∀ ̄)

ターンがヘタなのも、なんかよろよろしてしまうのも
腕が重いのも、靴とはなにも関係がなかった。

まあ今まで靴のせいだ!なんてことは思ってなかったけど
ああ、ホントに私ってヘタなんだ、とちょっと悲しい再確認だった。

でも、足がすごく楽になったのは確か。
私は足が幅広で右足だけ外反母趾気味なので
普通の靴だと常に微妙に痛いきついという状態で
でもジャズシューズだと柔らかい革で足全体を包まれて
床に強く接触する部分だけ靴底代わりの革がついている
という感じで、ぜんぜん足が痛くならなかった!

足が痛くならないというのはとても嬉しい。
でも、ぶっちゃけ…見た目はあんまり良くない…(; ̄∀ ̄)
スカートでは絶対にはきたくないような…
まあ、スカートはまずはくことないから大丈夫だけど。

後、難をいったらヒールがほとんどないことか。
普段からそんなにヒールが高い靴ははいてないけど
ぺたんこ靴もほとんどはかないので
微妙にバランスがとりづらいような感じ。
せめて5㎝くらいはヒールが欲しかったなぁ…

それを言ったら、見た目の問題も含めて
サルサ・シューズのほうがいいのかね?



きれいなんだけどねー…(; ̄∀ ̄)
でもこういうタイプの物は爪先が細そうで…
ああ、やっぱり一番ベストなのは
スクエアトゥのショートブーツかも。
レッスン以外では暑くても気合ではいて行こうかな。

しかしなんでいつも靴が壊れてしまうんだろ?
そんなに足にムダな力が入ってるんだろうか?
もしかして体重が重いから…なんて理由だったら超泣ける( ;∀;)

あ、でも、ジャズ・シューズとおなじくらい
足が楽なものがあったんだけど、それはまた別の記事に。
関連記事
[ 2009/07/20 01:42 ] サルサ・バチャータ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://miespanol.blog44.fc2.com/tb.php/799-bf44ec29









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。