スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ツイストはもうしない 

うあー、下書きしておいた記事がどんどん溜まっていくー(; ̄∀ ̄)

以下は前の前のバチャータ・レッスンについて書いた記事↓

★ ★ ★ ★ ★

バチャータのレッスンへ。

ツイスト系のステップをやったら…

ひざが…

 ぐきっ

 痛い( ゚∀゚)

やばいやばいやばいと思って慌ててひざを庇ってのばしたり回したり。
以前、ひざの調子が悪かった時に、やっぱりバチャータでツイストのステップをして
翌日、比喩ではなくなにかにつかまらなければ立てなくなった嫌な思い出があるので
ホントーに焦ってしまった(;´Д`)

でも、なんとか大丈夫だったみたいで、この後もレッスンを受けて
フリータイムでも無事に踊り続けることができた。

だがしかし、調子に乗って帰りに地元のサルサクラブに寄り
ここでもサルサを踊ってバチャータを踊って、ということをしていたら
翌朝…フツーに歩けるけどやっぱひざが痛い…( ゚∀゚)

元スポーツ・インストラクターの友人には、確か足のどこかの筋肉が弱まっていて
衝撃をひざで受け止める形になっているから、それで痛くなるって言われたような気が…
以前、マッサージをしてもらった時に、すねの筋肉が凝ってるなんて普通はない
みたいなことも言われたなぁ。

 だから決して老化じゃないの!!( ゚Д゚)

まあひざのことはともかく、今回もバチャータのレッスンは良かったです。
やっぱり先生と踊るのいーわー(*´Д`)

ドミニカのバチャータは、スペースがあればキューバン・サルサみたいに
大きく移動しながら踊るんだけど、それがまた楽しいんだよねー
先生に導かれるままに滑るように動きながら踊るのすごく気持ちいい。

でも先生の足遊びにはちゃんと応じられていたかなー。そこは自信ない
楽しいんだけど、失敗しないようにしなくちゃって気持ちも強くて
余計に失敗してしまうみたいな感じ。
本番に弱い日本人そのまんまですな(;´∀`)

でも、バチャータの踊り方は自分でもだいぶ変わったんじゃないのかな、と思う。
というか思いたいというかなんというか(;´∀`)
だって前よりか先生について踊れるようになったし、ほかの人と踊っていても
自然と足を前に蹴るような動きが出るようにもなった。

この足を蹴るような動き、先生の足の動きの中にもよく出てくるし
YouTubeのバチャータ動画の中にもよく出てくるから
こっそりと自主連しておいたんだけど、この前初めてそれを具体的に教わった。

そのステップのことを先生は確か"marchando"と言っていた。
"marchar"(行進)の現在進行形。

右足でちょっと踏んでアクセントをつけたら、その足を歩くように前に出すんだけど
つけるかつけないかですぐに元にもどして、すぐに左。
このステップって常にじゃないけど結構出てくるし
できるとかなり"らしい"感じがするので、ちょっと嬉しい

で、またひざの話にもどるけど…
やっぱまだ痛い(;´Д`)
もう二度とツイストはしないぞー。
関連記事
[ 2009/05/04 01:03 ] サルサ・バチャータ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://miespanol.blog44.fc2.com/tb.php/715-a7a4c5f5









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。