スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

未来の約束 

例えば、動詞を未来形に変化させて

 Iré a Cuba.

だったら予定ではあるけれどまだ不確定な部分もあり。
でも、"ir+動詞の原形"を使って

 Voy a ir a Cuba.

だったら、予定だけれどもほぼ確定、みたいな使い分けはなんとなく知っていたけれど
ペルー人の友人と話していた時に、とある物を探しておく約束をしたので

 「Voy a buscarlo」

と言った後に、こういう時は未来形を使うんだっけ?と思って

 「Lo buscaré」

と言い直したら、上の言い方のほうがいいと言われた。
上だったら、本当に探すつもりであることがわかるけれども
下だと口だけで言ってるみたいに感じるらしい。

一応、未来の予定ではあるけれども、未来形だと不確定な要素も入ってくるから
こういう約束をするような時には使わないほうがいいのかな。
でも、キューバ人の友人は、約束する時でも普通に未来形を使っていたような気がするんだよね。

こういう動詞の変化にも国で違うとかあるんだろうか。
なんか過去形の使い方が違うと聞いたような覚えもあるけど定かじゃない。

…あ。
もしかしてキューバ人には約束はあってないようなものだから未来形なのか!?
待ち合わせは5時といってもナチュラルに6時過ぎに来たりするからなぁ。
でも、確かなところはわからない。
関連記事
[ 2009/02/19 22:35 ] スペイン語 | TB(0) | CM(2)

Mochi

こんにちは、はじめまして。私ものんびりとスペイン語を勉強しています。

グアテマラ人の先生には、どちらも未来形は未来形、違いはないと教わりました。

やはり国によって違うんでしょうか・・・。

また遊びに来ます!
[ 2009/02/23 05:41 ] URL Mochiさん@管理人 Q.kpB1bw [ 編集 ]

★Mochiさん
はじめまして!i-179
思い出したんですけど、以前に習っていたペルー人の先生は
やっぱり近い未来と遠い未来とで使い分ける
というように説明していました。
となると、やっぱり国ごとに微妙に違ってくるんでしょうかね。
ほかの国の人達にも確認してみたいところです。
[ 2009/02/23 23:10 ] URL マリさん@管理人 qt/YOItg [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://miespanol.blog44.fc2.com/tb.php/666-041734bc









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。