スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

日本語のお勉強 

友達の家に遊びに行ったら、友達のダンナ(英語人)が日本語の書き取り練習をしていた。
ノート一面に結構上手な字で「お」と「の」を繰り返して書いている。
その姿を見ながら、そういえば英語のアルファベットの書き取りとかやらされたよね~、と友達と感慨に耽った。
そのうち、筆記体の話になって、試しに書いてみたけれど、ところどころ忘れてしまっていた。
大文字に至ってはAぐらいしか思い出せなかった。
でも、友達のダンナによると、筆記体は年配の人しか使わないとかなんとか。
実際にダンナも字を書く時はブロック体で書いているらしい。
使わないなら筆記体の練習なんかすることなかったじゃん、とちょっと思った。
まあ私の場合は英語自体をまったく使ってないわけですが( ´▽`)

ちなみに、友達夫婦の会話は英語だ。
ダンナは日本語はしゃべれないけれど、なんて言っているのかはわかるらしい。
ホントかなと思ってたけれど、この前ダンナが自分の嫌いな食べ物を奥さんの皿にささっと入れているのを見つけたので、「WがアスパラをRちゃんのお皿に入れてるよー」と日本語で言いつけたら、キッとにらまれたのでホントにわかってるみたいだ(笑)

関係ないけど、太った子供のことを、「チャビー」(だったと思う)というそうだ。
なんかかわいい呼び方だ。
にしても、日本語を勉強してる外国人を見ると、なんかなごむなぁ( ´▽`)
関連記事
[ 2006/05/10 20:56 ] いろいろ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://miespanol.blog44.fc2.com/tb.php/66-4607ac36









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。