スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

LAにリベンジ 

で、次の日、ぜんぜん踊れず欲求不満だったので、むかーしよくレッスンを受けていたサルサクラブに行ってみることにした。
そこで教えているのはLAなので、忘れかけているLAの感覚を思い出すためにも、ちょうどいいかなと思って。

久しぶりのLAレッスンは腕がからまるような複雑な技ばかりだった。
ツイスター・ゲームじゃないんだから、みたいな。
後、やっぱり、ターンが多い!もうこれでもかってくらい回される。
位置を変える時にはターンで移動がデフォ、くらいな感じ。

でも、このレッスンでLAの感覚をだいぶとりもどせたらしく、フリータイムも含めて踊った人に誰一人として

 「もしかしてキューバンですか?」

って聞かれなかった!ヽ(*´∀`)ノ
なんに対してかはわからないけど勝った気分w

なので調子に乗ってがんがん踊ってがんがんターンした。
あの早いターンも勘をとりもどせば快感になる。
顔を残してのターンもいつの間にかできるようになってたし、なんかもう、くるくる回ること自体が楽しくなってきた

そうそう、前に踊った時に、どんどん表情がなくなっていった人も来ていたので踊ったんだけど、今度は表情がなくならなかったヽ(*´∀`)ノ
ただ、改めて踊って気づいたんだけど、この方、ちょっとリードが強過ぎる。
指と腕を逆にねじられてちょっと痛かった

それとは対照的に、リードはきちんとしてくれるんだけど、手はにぎらない人がいてちょっと感動。
指の腹や手のひらで軽く触れ合ってるだけなのに、きちんとリードが伝わってくるんだよね。
確か、キューバンの先生が上手になると指先を触れるだけでリードできるようになる、と言ってたから、まさしくそういう人だったんだろう。

まあこんな感じで、久しぶりのLAだったけど、だれにもキューバンだと見破られなかったし、たくさん踊ることができたし、満足できましたーヽ(*´∀`)ノ
関連記事
[ 2008/12/07 22:16 ] サルサ・バチャータ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://miespanol.blog44.fc2.com/tb.php/600-4aabe8f4









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。