FC2ブログ













スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

また恥ずかしいの続き 

前の記事でいろいろ調べている最中にこんな例文を見つけた。

 ¡Qué oso que me vean mis amigos en piyama!

パジャマ姿を男友達に見られて恥ずかしい!…かな。

 oso

これが"恥ずかしい"という意味らしい。でも、コロンビアとメヒコだけ。
でも、おなじ南米だからペルーでも通じるんじゃないかと思って、早速ペルー人の友達に電話して聞いてみたら、やっぱそんな言い方しないって(;´∀`)
南米だからってひとくくりにしちゃいかんですね。

ペルーではスラングだけど

 roche

というらしい。

 Tengo roche. (恥ずかしいの)

みたいな。

ちなみに、ちょい前の記事で書いた

 pena (恥ずかしい)
 http://miespanol.blog44.fc2.com/blog-entry-529.html
 http://miespanol.blog44.fc2.com/blog-entry-537.html
 
だけど、これはどうも、コロンビア・クーバ・グアテマラ・メヒコ・パナマ・エルサルバドル…で使われてるみたい。

「恥ずかしい」と言いたくても、国によっては言葉を変えないのと通じないのか。
まあ、多分、なんとなく言いたいことは伝わるだろうけど。
関連記事
[ 2008/11/05 15:38 ] スペイン語 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://miespanol.blog44.fc2.com/tb.php/582-0a121cc0









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。