スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

おっ〇い山 

この前ラテン人の友達と話していたら、いきなり

 「これはおっぱい山…」

とか言い出したので思わず吹いた。

 「ちょっと、なに言ってんの!?」

と言ったら

 「え、これ、パヤマでしょ?」

 「パヤ…ああ、パジャマ!パジャマって言ったのね」

 「…なんて言ったと思ったの?」

 「…おっぱい山」

 「やーらしいなぁ。いつもそういうこと考えてるから」

いやいやいや、考えてませんから。

だって"パジャマ"の発音が、"パ"が強くなるせいと、"ジャ"が"ヤ"になるせいで、"ッパヤマ"ってなって、それが私の耳には"おっぱい山"に…私は悪くない(。-`ω-)

そういや向こうの人って"ジャジュジョ"の発音が苦手だよね、と思っていたら

 piyama (ピジャマ/パジャマ)

はちゃんと"ピジャマ"と発音していた。なんで?
スペイン語の"ジャジュジョ"はいいけど、日本語の"ジャジュジョ"は難しいのかな?
確かに前になにがくるかで発音ができなくなる言葉ってあるからなぁ…

ちなみにパジャマのこの言い方は南米の言い方らしい?
スペインでは

 pijama (ピハマ/パジャマ)

だと書いてあった。

ほかの国では?と思ってちょっと調べてみたけど、メヒコとエル・サルバドルとパナマで

 mameluco

だと書いてあった。でも
これは赤ちゃんか小さい子供のパジャマのことを言うらしい。
関連記事
[ 2008/11/05 15:09 ] スペイン語 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://miespanol.blog44.fc2.com/tb.php/581-ec9017f4









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。