スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

止まらないサルサ 

で、レッスンが終わってからの話。

何人だかわからない初老の男性と踊ったんだけど、この人がすごかった!
とにかくめっちゃ踊りやすいの!

まず最初にバチャータを踊ったんだけど、組んでゆっくりと回りながら踊っているだけでもなんだか心地良くて、そのうえにターンをするとよく音からズレるのが嫌だったんだけどこの人とは全然そんなことなくて、もうホントに気持ちいいくらいに音楽にぴったりとダンスはまっていた。まさに一体化?

上半身だけ左右にゆらすやつも苦手だったんだけど、これまたこの人となら私こんなに上手だったっけと思えるくらいに気持良くゆらぐことができて、なんていうかホントにもう自分でもビックリ。嬉しい驚き
あ、でも、左右だけではなく、体を少し倒し気味にして前後のゆれも入れていた。これは初めて。

でも、上手なだけでなくおもしろい人で、知らない技を出されて私がまごついていると、「もう一回」と言って繰り返してくれて、私ができると、「やったー」って言うの(笑)
いきなり「次は三回転」と言われて言われた通りに三回転したら、その時も「やったー」って言ってた(笑)

でも、バチャータに三回転できる間があるとは思わなかったなぁ。
一回転だけでもいっぱいいっぱいと思っていたけど、相手のリード次第では、きれいに音楽にはまるんだね。

そしてもちろんキューバンサルサも踊りましたとも!( ゚∀゚)=3

上記の男性に誘われた時にかかっていたのはかなり早い曲。私の好物(笑)
それでもってこの人がまたキューバンサルサも上手でさー(*´Д`)
もうイャッホー!状態でがんがんに踊ってしまいましたよ
なにを踊った覚えていないくらい、楽しい!という気持ちしか覚えていない。

で、なんだかんだでそろそろ帰ろうということになり、じゃあ最後の曲…と思ったけど曲の途中なのでもうみんな踊っている。
友人と「だれか誘えば?」「でも私シャイだか自分から誘えない」「でも最後だよ!」「あそこにいる人達は話しこんでるし、あの人は彼女連れだし」なんてこそこそ話しながらふと隣を見ると、空いている男の人が(笑)
いやホントに私は基本シャイで、自分から誘うなんてまずできないんだけど、でも帰る前に踊りたい!という気持ちが強くて、勇気を出して誘ってみた。

結果、その人は快くOKしてくれて、ちょうどかかっていた曲が大好物の早い曲だったのでまたがんがんに踊り始めたんだけれど、相手の人はどうもまだサルサを始めたばかりかそれとも早い曲が苦手だったようで、音楽にのることができないでいる。
ホントだったら、相手に合わせるべきだったんだろうけど、でも、ダメだった止まらなかった。
どうしても体が音楽の早さで動いてしまう。
リードが合わなくて途中で止まっちゃったりしもしたけど、それでも楽しかった!( ゚∀゚)=3

でも踊り終わった後には相手にあやまられてしまったよ。
私はめちゃくちゃ楽しかったのでそう言ったけど、でもよく考えたら悪いことしたかなぁ(´・ω・`)
はたで見ていた友人は相手も楽しそうだったよと言ってくれたけど。
まあ確かに多少は強張っていたけど相手も笑顔だったし、まあいいか(笑)

で、気持ち良く店を後にし、「やっぱ踊るのって楽しいよねぇ」と友人と語り合いながら家に帰ったのでした。
おしまい。

関連記事
[ 2008/07/30 02:48 ] サルサ・バチャータ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://miespanol.blog44.fc2.com/tb.php/526-891ec7bf









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。