スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

思いが通じて 

今度はいつものA先生のレッスンへ。
先週はえらい混雑してたけど、今週は雨のせいか人は少なめ。

で、レッスンが始まると、なぜか先生が私を見ている。ずっと見ている。
え、なに、もしかして私に惚れた?(・∀・)とかいう冗談はちょっと言えないような真剣な顔。
どうしたんだろうと思っていると、手やら足やら、いつもより細かく注意をされる。
ああ、人が少ないから、いつもより余計に見てくれてるんだな、でもこっちも基礎からきちんとやろうと思い直したところだから、むしろ歓迎~とか思っていたら…

途中でまったくの初心者と、ちょっと踊れる人に分かれた時、先生が言った。

 「基礎は本当に大事だから。基礎がしっかりしていれば伸びるのも早いし。だからね、マリちゃんにはそろそろ言わないといけないって、ずっと思ってたんだけど…マリちゃん、俺の言ったことちゃんとやってないよね。基礎とか結構流してやってるよね」

これ聞いてもうどっひゃー( ゚Д゚)ですよ。
基礎が大事ということを再確認、だから基礎をちゃんとやろうと新たな決意をしたこの時に、先生からそのことで注意を受けるなんて!
ホントにこのブログを読んでじゃないかと思ってしまうけど、でも、その線はないし。
ダンスのことに関しては、私と先生は心が通じ合ってんのか?

で、私は先生に言った。

 「最近、ちょっとできるようになったからって、なんかいろいろ流して適当になってた自分を自覚して、基礎をもっとちゃんとしっかりやろうと決意したところだったんですよー」

 「そうなの?ならちょうどよかったなぁ。もうねー、そろそろ言わなきゃって気持ちが、どんどん高まってきてたところだったんだよねー」

なんつーか、やっぱり先生だけあって、ちゃんと見てるのね…
「流してるよね」って言われた時には図星過ぎてホントにドキンとしたし。
でも、思いが通じ合って(?)よかった。
「これからびしびしやるよー」と言われたけれど望むところだ!(・∀・)
関連記事
[ 2008/04/26 20:15 ] サルサ・バチャータ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://miespanol.blog44.fc2.com/tb.php/451-aea80284









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。