スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ドキドキしちゃう 

この前のスペイン語のレッスンの時、なにからそんな話になったのか忘れたけれど、「あなたを見ていると心臓がドキドキしちゃう」ってスペイン語でなんていうのかという話になった(;´∀`)
ちみみに、この時は先生は用事で席を外していた。

 私 「Cuando estoy mirandote...かな。でも、ドキドキがわからない」

 A 「よし、後は俺が電子辞書で調べる」

 B 「じゃあ私が先生にその言葉を言ってみる」

なにこの見事な連携プレイ(・∀・)

そしてできあがったのがこの文。

 Cuando estoy mirandote, el corazón me late con fuerza.

しばらくして先生がもどって来たので、通じるか通じないか、みんながわくわくして見守る中、Bが先生にその言葉を言った。

 B 「えーと…Cuando estoy mirandote…el corazón me late con fuerza…」

先生は最初、「?」ってなってたけど、すぐにうんうんとうなずいて、私を振り向き

 先 「またマリさん考えたでしょ。あなたこういう言葉、好きねー」

 私 「え、違うよ!最初の文だけ!私じゃないよ!Aが考えたんだよ!」

 A 「違う。マリさんだよ、マリさんが考えた」

そして結局、私のせいにされてしまった(;´Д`)
確かに、このクラスで私は、恋愛系の言葉と、罵る系の言葉と、後とにかく妙な言葉に食いつく人、と認識されているので、しょーがないかな。

後、私はよくよそ見やおしゃべりをして先生に怒られているので、Aがこんな文を作ってくれた。

 C(先) está implacable con Mari.
 (Cはマリに容赦ない)

そんなによそ見とかしてるつもりはないんだけどなー(´・ω・`)
まあ別に本気で怒られてるわけじゃないからいいんだけど。
あ、でも、perro(犬)って言葉が出てきた時

 私 「perra って『ビッチ』って意味だよね」

って言ったら

 先 「マーリさん!そんな言葉、覚えない、必要ありませーんっ!」

って、半分くらい本気で怒られてしまった(´・ω・`)
私が思っているより悪い言葉なんだろうか…
もちろん、使ったことはないけども。
でも、こういう言葉って、普通の言葉よりずっと早く、覚えられるんだよね(;´∀`)
関連記事
[ 2008/04/20 23:55 ] スペイン語 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://miespanol.blog44.fc2.com/tb.php/445-0dd91471









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。