スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

伝わる楽しさ 

そーいえばイベントの時に、私の大好きなJoe Verasの"Chiquilla chiquita"がかかったんだった。
踊りたいと思ってフロアに出て行ったら、ちょうど目の前をサルサのレッスン仲間が通過したので、会場を出ようとしたところをすばやく捕獲、「俺踊れないよ!」と抵抗するのを笑顔で無視して、フロアに強制連行して踊ってもらったw

その前のバチャータのレッスンで習った技を早速使ったりして楽しかったな~。
サルサもそうだけど、バチャータもちゃんと踊れるようになりたい。
Mさん、今はレッスンをしていないそうだけれど、また復活してくれないかな。
復活してくれたら遠い場所でもレッスンを受けに行くのに。

あ、それともひとつ思い出した。

会場の外に出て写真を撮っていたら、通りすがりのおじさんに

 「なにこれ。なにやってるの?」

と聞かれたので

 「サルサっていうダンスのイベントなんですよー」
 「サルサってなに?ブラジルのダンス?」
 「いえ、えーと、南米のほうのダンスです。いろんな国で踊ってますよ」
 「へー、楽しそうだね!見ていっていい?」
 「あ、どーぞどーぞ。見ていってください」

みたいな会話をして、会場にもどったw

会場の外を通りがかった人達にも楽しさは伝わっていたようだ
友達の話によると、飛び込みで会場入りした人も多くいたらしい。
通りがかって、ガラスの壁越しに会場の中を見て、なんか楽しそう!入ってみよう!って感じだったとか。
ああいうオープンな場所でのイベントだと、サルサを知らない人も興味を持てるから、いいね(*´∀`)
関連記事
[ 2008/03/19 19:24 ] サルサ・バチャータ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://miespanol.blog44.fc2.com/tb.php/417-20899925









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。