FC2ブログ













スペイン語のことわざ? 

この前のスペイン語のレッスンはいつもの先生とはまた違う国の人だった。
この先生がまた、説明をすべて小芝居でするので、すごくおもしろかったw
あのテンションを維持するパワーは一体どこから来てるんだかw

それはともかく、レッスンメモ。

trabalengua…早口言葉・発音の難しい言葉
dichos…格言・ことわざ・警句
irónico…皮肉な・反語的な

ひとつことわざを教えてもらったんだけれど…

 Perro que ladra no muerda.
 (吠える犬は噛みつかない)

最初は意味がわからなかった。
「吠える犬は噛みつかない」って、いや、吠えるような犬は噛みつくだろ、みたいな。

でも、今日、会社にいた時に、ふっとひらめいた。
これってもしかして

 「弱い犬ほどよく吠える」

ってこと?

よーし、来週のレッスンの時に、先生に質問してみよう。
ちなみに、質問がある時には

 Quiero hacer una pregunta.
 (質問したいです)

というのがいいらしい。もちろん、もっとていねいな言い方はあるけれど。
私はいつも

 Tengo una pregunta.
 (質問があります)

という言い方をしていたんだけれど、この言い方よりも、「Quiero...」のほうが、スペイン語としては自然らしい。
その違いがよくわからないけれど…

で、ことわざにもどるけれど

 Más sabe el viejo, por viejo que por diablo.

 Lo comido y lo bailado, no me lo quita nadie.

このふたつの意味がよくわからない…
単語はわかるんだけれど、これはなにを意味しているんだろう?
うーむ、難しい…( ̄个 ̄)

後、決まり文句みたいなもの?
例えば、ちょっと喧嘩になりそうになった時とか、相手に文句を言われた時に使う、言い回しみたいなんだけれど…

 Si te gusta te gusta , si no...

あなたがそれでいいなら好きにすれば?とか、なんていうか、勝手にすれば?的な、でも、喧嘩になりそうな時には、おまえがその気なら相手になるぜ的な意味でも使えるみたい…?
これはなんとなく雰囲気的な意味はわかったけれど、まあまず、一生使いどころがわからなそうな言葉だ( ̄∀ ̄;)

まあこんな感じで、レッスンが終わった後に先生に

 Grasias por enseñarme.
 (教えてくれてありがとう)

と言ったら

 「あんでもねーよー(・∀・)」

と返されたw
「ありがとう」「いやあなんでもないことですよ」なノリで言ってるらしい。
そしてその言い回しが変だってことも本人はわかって言っているようだw
おもしろい先生だよなー(*´∀`)
関連記事
[ 2008/02/22 23:52 ] スペイン語 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://miespanol.blog44.fc2.com/tb.php/394-accb8261