スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

タマレス 

初めて南米料理の“tamales”というものを食べた。最初に見た時、葉っぱに包んでヒモで縛ってあったので、一瞬(ちまき?)と思ったけれど、中から出てきたのはオレンジがかった黄色いもの。話を聞くと、トウモロコシの粉を練って固めて、バナナの葉で包んで蒸したもので、中には豚肉と黄トウガラシとピーナッツが入っていた。そのまま食べてもいいそうだけれど、持ってきてくれた友達を真似てパンにはさんで食べてみた。その味は…おいしいことはおいしいんだけれど、なんて表現したらいいんだろう。すごく不思議な味。ものすごくおいしい、とは思わないんだけど、なんとなくまた食べたくなるような。

ネットで調べてみたら、南米のあちこちの国で作られている料理らしく、具材も鶏肉を入れたりと色々らしい。包む葉もバナナの葉だったりトウモロコシの葉だったり。割とポピュラーな料理みたいだけど、よく行く南米レストランでは見たことがない。なんでだろ。ちょっと独特な味だから、日本人にはあんまりウケがよくないんだろうか。それとも、手間がかかるからかな。蒸し料理って結構めんどくさいもんね。葉で包むのも大変そうだし。とにかく、写真を撮るのを忘れたことが悔やまれる。今度食べる機会があったら忘れずに撮ろう。
関連記事
[ 2006/02/05 21:23 ] 多国籍料理 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://miespanol.blog44.fc2.com/tb.php/26-5ee99406









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。