FC2ブログ













スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

恋人達の日 

今日、2月14日の、スペイン語のカレンダーに載っていたフレーズは…

Hoy muchos países celebran el día de los enamorados.
(今日は多くの国々でバレンタインディを祝っている)

とりあえず、バレンタインディとは訳したけど、実際には「恋人達の日」と書かれている。

恋人は、ほかにnovio/aという言い方もあって、どちらを使うかは国によって違うし、意味もまた違ってくる。
例えば、スペインでは恋人はnovio/aだけれど、ペルーではenamorado/aで、novio/aというと婚約者を意味するとか。
でも、おなじ南米でも、コロンビアではやはり恋人はnovio/aだった、ような気がする。

スペイン語の俗語のサイトでちょっと調べてみたらいろいろ出てきた。

dragón(Uruguay) Ayer Jorge me presentó a su dragona. (昨日ホルヘに彼の恋人を紹介された)
dragónって竜って意味だよね…
それが恋人も意味するなんてなんかすごい。

gil(Perú) El gil de Carmen es de Nicaragua.(カルメンの彼氏はニカラグア出身だ)

pendejo(Paraguay) Erica es la pendeja de Franco.(エリカはフランコの恋人だ)
辞書だとpendejoは臆病者とか卑怯者っていう意味なんだけど…
それがどうして恋人って意味を持つようになったんだろう?

pollo(Colombia). El pollo de Cinthia es carnicero.(シンシアの彼氏はお肉屋さんだ)
polloは辞書だと鶏。

pololo(Chile) Cinthia es la polola de Nelson.(シンシアはネルソンの彼女だ)

いろんな俗語があるんだなーとちょっと感心。
でも、おなじスペイン語だっていうのに、どうしてこう言い方が違うんだろう。
絶対に全部は覚えられそうもないな( ´~`)
関連記事
[ 2007/02/14 22:15 ] スペイン語 | TB(0) | CM(2)

はじめまして

どうも、ラテン音楽好きと書いてあったので立ち寄りました。Dia de los enamoradosという言い方は知りませんでした。中米に住んでいましたが、たしか、Dia de San Valentinとか Dia de amores y amistadとか言っていた気がします。

しかし、パラグアイの彼氏「Pendejo」はすごいですね。他の国ではかなり強い意味での「バカ」になりますもんね。バカになるほど恋するという意味から使うんでしょうか?気になります。

では、また。
[ 2007/02/15 14:00 ] URL あれはんどろさん@管理人 - [ 編集 ]

★あれはんどろさん
はじめまして。
ラテン音楽好きとはいっても、あれはんどろさんのように詳しくはないです。
スペイン語のカレンダーの15日には、「Se llama El día de San Valentín」と書いてあったので、普通に「恋人達の日」と訳してもよかったかもしれません。
pendejoにはちょっとびっくりですよね。
私も罵り言葉と思っていましたから。
サイトにはこういうふうに載っていたんですけど、現地では実際に使ってるんでしょうかね?
私も気になりました。
[ 2007/02/16 16:21 ] URL マリさん@管理人 JalddpaA [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://miespanol.blog44.fc2.com/tb.php/172-0b238b54









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。