FC2ブログ













また君に会うことを期待する 

Espero volverte a ver.(エスペロ・ボルベルテ・ア・ベル)

という一文。意味は簡単に言えば「また会いたい」なんだけれど、文の構造はちょっとばかりややこしい。最初は意味がわからなかった。ていうか、よく見ると動詞が三つも入ってるよ。それなのに、動詞あつかいされてるのは最初の「Espero」だけってことになるのかな?

この文では

esperar(エスペラル)+動詞の原形→~するのを期待する
volver a(ボルベル・ア)+動詞の原形→再び~する

という二つの文法が合体して使われている。つまり、「volverte a ver/Te vuelvo a ver」(volver a+動詞の原形→再び~する/また君に会う)という文に、「esperar+動詞の原形/~するのを期待する」という文法が重ねてくつっついて、「また君に会うことを期待する」、つまりは「また会いたい」という文になるわけで。

ややっこしいなぁ~も~。簡単に「Quiero verte nuevamente」(キエロ・ベルテ・ヌエバメンテ/また会いたい)でもいいじゃんか、とも思ったけれど、「esperar」を使ったほうがちょっとやわらかい表現になるのかな?確か、「querer」を使うのは、強い意志の表現になるとかならないとか、聞いたことがあったような気がするし…ちょっと定かじゃないけど。でも確かに、「君に会いたい」より、「また君に会うことを期待する」という表現のほうが、やわらかいか。

でも、こういったややこしい文を、咄嗟には作れないなぁ。強い表現になっちゃっても、「querer+動詞の原形/~したい」のほうが、簡単だし文としても作りやすいし。とはいえ、いつ使うんだと言われたら、使う予定は当分ないわけだけれど…あ、いや、やっぱり使える。

¡Quiero ver a Leo de Charanga Habanera! ¡Ven a Japón nuevamente, por favor!

こればっかりは強く強く主張したい。
関連記事
[ 2006/01/18 21:27 ] スペイン語 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://miespanol.blog44.fc2.com/tb.php/11-60c71727