スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

メレンゲ・マンボ! 

このノリ、好きだなぁ
混ざって踊りたい



使われている曲は、El Sujeto の "Son De Mi Coro"
この曲もノリがよくて好きだ。

スポンサーサイト
関連記事
[ 2013/09/30 21:58 ] サルサ・バチャータ | TB(0) | CM(0)

くちばしが止まらない 

33016_540.jpg


"Ella y Él"の中の一節。

A ella no le para el pico, él dice speak slow
(彼女はとてもよくしゃべる 彼は"スピーク スロウ"と言う)

最初はこの

A ella no le para el pico

というのが意味がわからなかった。
彼女はくちばしを止めない…くちばし???みたいな。

でも、続けて"ゆっくり話して"と歌ってるから
早口でしゃべるとか、矢継ぎ早にしゃべるとか
そんな意味かなーと思いつつ調べていたら
やはりおなじように疑問に思った人がいたようで。

このページで

http://forum.wordreference.com/showthread.php?t=1040097

A ella no le para el pico, él dice:Speak slow".

¿Qué significa la frase colorada?
(赤くしたとこはどういう意味なの?)



と質問している人が。

それに対する答えが

Significa que ella no para de hablar y seguramente bastante deprisa.
(彼女はしゃべるのをやめないという意味、それと多分すごい早口)



Es decir.. habla habla habla..
También se suele decir : Ella es una cotorra.
(つまり…しゃべる、しゃべる、しゃべる…
こうも言うよ。「彼女はオウム(おしゃべり)だ」)



要は、おしゃべりをやめない、という意味。

後はこんな答えも!(笑)

En Chile: Pico = Pene (y dicho de la forma más vulgar y grosera)
Por lo tanto tengan cuidado si vienen por acá a cantar esa canción.
(チリでは くちばし=ち○こ(下品な俗語)
だからもしチリに来たらこの歌を歌うのは気をつけろ )



質問した人はこう答えてる。

Muchas gracias amigos. Si vengo a Chile y me da por cantar esta canción, esquivaré esas letras.
(ありがとう。もし、チリに行くことがあって、この歌を歌うような時があったら、このフレーズは避けるよ)



スペイン語も国によっていろいろ意味が変わってくるからね…
関連記事
[ 2013/09/25 22:07 ] スペイン語 | TB(0) | CM(0)

Ella y Él - Ricardo Arjona 

この歌、すごくいい…



今さら知ったけど、有名な人なのね。

Ella y el
Ella y el
posted with amazlet at 13.09.24
Magenta (2010-09-30)
関連記事
[ 2013/09/24 21:58 ] ラテン音楽 | TB(0) | CM(0)

Me Enganaste Amor - Casilda Rodriguez 

これぐらい早いの好き



女の人でこれぐらい早いのめずらしいような。
関連記事
[ 2013/09/22 23:45 ] ラテン音楽 | TB(0) | CM(0)

フリーでもドミニカン 



バチャータのオープンレッスンの後に
ちょっとしたフリータイムがあったんだけど
皆が踊ってる様子をビデオに撮ってみた。
新しい動画アプリを試してみたいという理由で(笑)

で、後から見直してみて気がついたんだけど
横移動だけの人がだれもいなかった…!
皆いろいろなステップを入れて踊っていて
ターンをしている人もいなかった!

まるでドミニカのカーウォッシュみたい!
なんてちょっと大げさに感動してみたりして(笑)

東京で習っていた時には、レッスンはドミニカンでも
フリータイムになった途端に皆横移動のバチャータに戻ってしまって
どうしてドミニカンを習っているのにそれを踊ろうとしないんだろう
なんて不思議というかもや~としたものを感じていたんだけど
それがやっと…

それでもまだまだフリーで踊りに行って
ドミニカンで踊る人に遭遇する率は低い。
こういうドミニカンのレッスンのあった後とかでないと
まず無理かなぁ…

でもこうやって、フリーになるとちゃんとドミニカンで踊る人も増えたことだし
いずれは、クラブに行けば数人はいる、ぐらいにはなるかな?
いや、なってほしいな-、絶対!
関連記事
[ 2013/09/22 23:40 ] サルサ・バチャータ | TB(0) | CM(0)

Be My Baby - Leslie Grace [ビデオ] 

Leslie Grace の "Be My Baby"のビデオがきたー!



歌は好き…好きなんだけど、なんかこのビデオは
歌のイメージと違うような気がする…
タリアっぽいというかシャキーラっぽいというか
ジェニファー・ロペスっぽいというか…

それはおいといて、こちらが元歌。
The Ronettes が歌う"Be My Baby"。
1965年…かなり昔の歌だけど、でも、いい歌だよね。



Leslie Grace
Leslie GraceLeslie Grace

Top Stop Music 2013-06-24
売り上げランキング : 84429

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
Soy El Mismo 3.0 Me Llamare Tuyo #trending Amor Total
関連記事
[ 2013/09/18 20:33 ] ラテン音楽 | TB(0) | CM(0)

の中のひとつ 

スペイン語の先生が、よく使われるスペイン語ランキング
的なものをくれまして、それによると、一番よく使われるのは

el

だそうで。

続いて de 、 y 、 que といろいろ続いていくんだけど
大体知っている単語ばかりで安心した。

んで、3語でセットになっていて、よく使われるスペイン語ランキング
的なものもくれたんだけど、わかったのが

yo creo que~
(私は~と思う)

だけだった…
まとまってくると途端に難しくなってくる。

で、3語セットで一番よく使われているのは

uno de los

で、意味は「~の中のひとつ」みたいな感じ。

なるほどねー、なんて思っていたら、早速その単語を
Henry SantosのInstantagramで見つけた。



Una de las ventajas de ganar


ganar をどう訳したらいいのか、状況がよくわからないので
なんとも言えないんだけど、仮に優勝とかだったりしたら

優勝してよかったことのひとつ

みたいな意味になる…って、やっぱり違うかな。
優勝する利点のひとつ、と直訳気味のほうがいいのかな。
大体意味はわかるけど、日本語にしようとすると難しいなー
関連記事
[ 2013/09/17 21:36 ] スペイン語 | TB(0) | CM(0)

今日のカリ・サルサ動画 

この彼女のダンスがすご過ぎてもうなにも言えない。



後、とてもスタイルがいい…
関連記事
[ 2013/09/17 20:44 ] サルサ・バチャータ | TB(0) | CM(0)

バチャータ個人レッスン 

sofi01 / Foter / CC BY-NC


某月某日、バチャータの個人レッスンを受けた。
先生はいつものA先生。

レッスンはいつものように基礎練から。
これが30分近く続いてその時点でもうバテ気味。
先生の基礎練は大の男でも膝をつくほどスパルタだ。

基礎練が終わり、休憩をはさんでから、メインのバチャータへ。
とりあえず1曲踊る。したら先生がちょっと困ったように言う。

「う~ん、どうしよう。もう教えることがない。
自分的にはもうマリちゃんのバチャータはなにも言うことがないんだけど」

これを聞いてまず最初に思ったことは

え、そんな、見捨てないで!

だった(笑)

でもよく考えたらこれは先生に認めてもらったということで…
私的にはまだまだだと思うんだけど、でもやっぱり嬉しい

で、「逆に、なにを教えてほしい?」と言われて私も困った。
普通だったらバチャータのステップを…ってところだろうけど
覚えが悪いんで1回だけのレッスンじゃ覚えられないし
あらかじめ決まったステップで踊るのも苦手なので
バチャータの男役とメレンゲ・ティピコとデンボウを教えてもらうことに。

バチャータの男役といっても、別に技とかいろいろする必要ないってことで
おもに相手の手の取り方や、腰への手の置き方や、それぞれの力の入れ具合とか
そんな基本的なことなんだけど、これがまた難しい…

先生に「インストラクターになる気はないの?」なんて聞かれたけれど
これじゃー無理だよね(笑) 体をどう動かすとか教えるのも苦手だし。

そう、たまに、腰とか足とかどうやって動かしてるの?って
聞かれることがあるんだけど、いつもうまく答えられない。
自分の体がどう動いているのか言葉で説明するのってホント難しい…
ステップにいたっては適当&その場の思いつきの世界なので
これもまただれかに教えられるようなもんじゃないし
人にものを教えられるっていうのも一種の才能だよね。

で、次は最近お気に入りのメレンゲ・ティピコ。
しかしこれもまた難しくてねー…
言葉ではうまく言い表せない緩急みたいなものが難しくて
先生とひたすら踊り続けることでなんとかその部分の感覚をつかもうとしても
何度も「早い」と言われてしまい、でも、自分でそれがわからないという
もうどうしようもない状態。そんな状態なので、一人で練習もできないし

で、その次はデンボウ。
ちなみにデンボウというのは、レゲトンの中のデンボウというリズム?が
独立してデンボウという音楽のジャンルになったらしい…また聞きだけど。
ドミニカン・デンボウのほかにプエルトリカン・デンボウがあるらしい。

デンボウはドミニカ共和国の女の子の間ではやってるものを教えてもらった
というのも最近、先生がドミニカ共和国に旅行に行っていて
通りを歩いていたら、バルコニーで音楽を流して踊っている女の子達がいたので
「混ぜてー!」と言ったら「いいよー!」と言われたので混ざってきたらしい(笑)

その女の子達が踊っていた踊り方を教えてもらったんだけど
これもまた言うまでもなく難しいというか、そんなに体が動かない!!
先生は体の各部の可動域がハンパないので踊れるんだけれど
私はもう一歩で腰を痛めてしまうところだった…
デンボウは運動不足の体には危険です(笑)

まあ、レッスンは大体こんな内容だったんだけれど…
これがなんと4時間近くも続いた…
もちろん、間々に休憩ははさんでたんだけど
というか本当は1時間の予定だったんだけど
気がついたらオープンクラスの始まる時間まで延々と…

オープンクラスにも続けて参加したんだけれど
休み休みでしか動けずほぼ使い物にならなかった
それなのに先生は元気なままにオープンクラスをこなし
そしてその夜にはクラブで3時近くまで踊ってたらしい…
次の日にもまたオープンクラスがあるのに…

ダンスの上達のコツは体力にあるのかなーと思った一日でした…
関連記事
[ 2013/09/16 22:36 ] サルサ・バチャータ | TB(0) | CM(2)

Vivir Mi Vida - Marc Antony [ビデオ] 

"Vivir Mi Vida"のビデオもきたー!



やばいねもう。
これ聞くと自然といっしょに歌い出してしまう。
なんかそうしたくなる歌。

4.png


マークのかっこよさにも痺れちゃう。
なんでこの人こんなにかっこいいんだろう。
もし、マークが目の前に現れたら、咽が枯れるまで叫び倒す自信がある。

3.0
3.0Marc Anthony

Sony U.S. Latin 2013-07-22
売り上げランキング : 12454

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
Me Llamare Tuyo Sergio George Presents Salsa Giants (Live) Leslie Grace Soy El Mismo Amor Total
関連記事
[ 2013/09/10 22:32 ] ラテン音楽 | TB(0) | CM(0)

Propuesta Indecente - Romeo Santos [ビデオ] 

"Propuesta Indecente"のビデオがきたー!
やばいこれすごくいい…!



特に、二人が出会う瞬間の顔が、すごくいいい!
は、と息を飲む瞬間ていうの?

1.png

2_20130910205609730.png


あれロメオちょっと太った?とか思わないでもないけど!!!(笑)

こういうバチャータは好きな相手とゆったり踊りたいね
歌詞はちょっとアダルトだけど、曲調はロマンティックだし

3_20130910205613800.png


ちなみに、撮影されたのはアルゼンチンはブエノス・アイレスで
階段のシーンは国立図書館の階段が使われたらしい。

Googleマップでそれらしき所を見つけてみた!


456.png


Aが多分、ロメオの背後にある騎馬像だと思うんだけど、どうだろ。

ついでに、相手の女性の名は、エイサ・ゴンザレス。
メキシコ出身で、女優・歌手・ダンサーであるらしい。
しかもまだ23歳!! この若さでこの妖艶さ…すごいな。

あ、でも、薄いメイクだと歳相応でかわいいかも

https://www.google.co.jp/search?q=Eiza+Gonz%C3%A1lez.&safe=off&tbm=isch&tbo=u&source=univ&sa=X&ei=cG8wUtKiO8T6kAW_loCQDQ&ved=0CCsQsAQ&biw=1290&bih=783
関連記事
[ 2013/09/10 21:26 ] ラテン音楽 | TB(0) | CM(0)

来年はどうしよう? 

そういえば、イスラ・デ・サルサの会場で
地元の知人を見つけてビックリしたんだった。
キューバン・サルサ好きの人だったから
Havana De Primeraが目当てで来たんだろうなって思ったり。

で、イスラ・デ・サルサの後には福岡市内のとあるクラブに行ったんだけど
そこでまた別の地元の知人を見つけてビックリ!
地元の友人達との旅行だったのもあって、ぜんぜん遠くに来た気がしなかった(笑)

ちなみに、イスラ・デ・サルサの後に
どこかでアフター・パーティがあったみたいなんだけど
そちらを回って来た知人の話によると
会場に人が入り切らないほどの大盛況だったらしい。

私達が行ったクラブでは、早い時間は人が少なかったので
バチャータで好きな早い曲をかけてもらったり
メレンゲ・ティピコやバジェナートをかけてもらったり
果てはデンボウやらパロやらかけてもらったりと
もー好きな曲・ダンスばかりですごく楽しかった!

ちなみに、次の日にもおなじクラブに行って、おんなじように踊った(笑)
ホント、福岡では食べてるか踊ってるかのどっちかだった気がする。

ちなみに、とりかわはマジでお勧め。めっちゃうま!!
後はモツ鍋か。食べる直前までモツは苦手と思っていた私が
おいしい!と思えたんだからそうとうおいしいんだと思う。

やっぱりまた行きたいなぁ、福岡。
イスラ・デ・サルサのリベンジがしたいってのもあるけど
それ以外に踊って、おいしいもの食べて、ホント楽しかったから。

来年…行くかどうかはまだわからないけど
とりあえず、今のうちから晴れますように!
って祈っておこうかな(笑)

ちなみに、これがとりかわだ!
10本以上は軽くいけちゃうよ!

IMG_5859_convert_20130908224410.jpg
関連記事
[ 2013/09/08 22:42 ] サルサ・バチャータ | TB(0) | CM(2)

Prince Royce の新しいアルバム "Soy El Mismo" 

Prince Royce の新しいアルバム "Soy El Mismo"が10月8日に発売!


1. Soy El Mismo
2. Te Robare
3. Darte Un Beso
4. You Are Fire
5. Me Encanta
6. Tu Príncipe
7. Already Missing You (Feat. Selena Gomez)
8. Invisible
9. Kiss Kiss
10. Nada
11. Te Regalo El Mar


YouTubeで探してみたけど
まだ3曲目の"Darte Un Beso"しか流れてないみたいだね。



新しいアルバム、楽しみー!
早く全部聞きたい!

Soy El Mismo
Soy El MismoPrince Royce

Sony U.S. Latin 2013-10-08
売り上げランキング : 98620


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
関連記事
[ 2013/09/06 23:39 ] ラテン音楽 | TB(0) | CM(0)

イスラ・デ・サルサ 2013 

行って来ました、初イスラ・デ・サルサ!!

でも、ほぼ雨。
時折、雷。


福岡の人曰く、今までずっと晴れてたのに
いきなり雨になったからびっくりー、な天気。

なんなの、一体…

でも、このイベント、お天気に恵まれないことが結構あるらしい。
なので、2日通しでチケットを買うよりも、とりあえず初日だけ買って
ちょっと様子見をしたほうがいいかも?

下の写真は雨がやんでいた時なんだけど…

IMG_5919_convert_20130901195147.jpg


こうして見るとあんまり会場は広くない?
右手に食べ物の屋台が出ていて、真ん中にちょっとテーブルとイスのスペースがあって
左手にステージ、手前はまばらな松林になっていて、みんなここにレジャーシートを敷いていた。

テント下のテーブルとイスに座りたい人は、早めに行って確保しておくか
それか折りたたみイスを持参して、松林の中にスペースを確保するかだね。
レジャーシートだけでもいいけど、やっぱり座ってるとお尻が痛くなるので。

松林の中に簡易テントを張っていた人がいたけど
土砂降りになってきた時にはちょっとうらやましかったな。
私も中に入れてー!みたいな(笑)

で、パフォやらなんやらがいろいろ続きまして、最初に登場したのがEddy K!
この時はちょうど雨がやんでいたのでステージの近くまで行ってノリノリで聞いた。
「エディ・カー!」「フクオ・カー!」みたいに「カー」かけて言うのがおもしろかった。

こちらはイスラ・デ・サルサの後の大阪でのライブの様子。
「エディ・カー!」「オオサ・カー!」ってやったのかな(笑)



そしてまたパフォやらライブやらが続きまして
そのうちに雨がどんどん強くなってまいりまして
私的には真打ちのHavana De Primeraが登場する頃には
雷までが近づいてくる始末…一体なんなの…

最終的にはこんなんですよ。

IMG_5928.jpg


もうここまでくるとね、疲れてきてたっていうのもあってね
ステージ前に行く気もせず、ちょっと離れた松林の中で
雨でずぶ濡れになりながら、なかば半分放心状態でライブを聞いていた。
途中で一時的に変なテンションになって踊ったりもしてたけど…
なのでライブ自体あんまりよく覚えていない…なんかもったいない…

しかも、結構長くやっていたので、途中でもう無理と会場を後にしてしまった。
今から思うとホントにもったいないけど、その時には雨に濡れてうすら寒くて
とにかく早く乾いた服に着替えたい気持ちでいっぱいだったんだよね…
夏でもやっぱり大雨の中のライブはキツイよー

こちらも大阪でのライブの様子。
お天気に左右されない屋内のライブはいいなぁ…



一体なんだったんだろう、私のイスラ・デ・サルサ…
まあ、楽しかったことは楽しかったんだけどね。
大雨だったことも話のネタにはなったしさ。

でも、でも…

やっぱり晴れてたほうがよかったなー!

来年またリベンジしようかな
関連記事
[ 2013/09/01 21:05 ] ラテン音楽 | TB(0) | CM(2)







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。