スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ドミニカンなクラブ 

Death Disco at the Arches, Glasgow // September 2011
Death Disco at the Arches, Glasgow // September 2011 / Death Disco ddxxx


友人に誘われてまたドミニカンなクラブへ。

バチャータ、メレンゲ、デンボウあたりが頻繁にかかってたかな。
サルサもちよっとはかかったけれど、古めゆっくりめだった。
で、フロアに人が多くなるのは、やっぱりメレンゲ、バチャータ。

Julio Iglesiasの"Como Tu"がまたかかってたけど
人気があるのかな?私も好きだけど。
帰ってから執念で探して当てたToño Rosarioの"El Hot Dog"もよかった。
かけている曲のビデオを大きなスクリーンに映しているから
気に入った曲をチェックしやすいのは嬉しい♪

デンボウも頻繁にかかってたんだけど・・・
前までデンボウってなに?よくわからない聞き分けられない
イマイチぴんとこないな感じだったんだけれど
前回と今回で轟音で聞き続けていたら
すっかり洗脳されてしまったようで・・・(;´∀`)
今ではバチャータなみの頻度で聞いているw
なんかよくわかんないけどハマるよね、あれ。

んで、ある人と踊ったバチャータがこの日のメイン。
来ていたのは知ってたんだけど、誘えば踊ってくれたとは思うけど
元来内気なものでフロアの片隅からそっと見守るばかり・・・
なんて気持ち悪いことしてたら友人がかわりに誘ってくれた(;´∀`)

でも、緊張したわー!もう音を外さないだけで精一杯。
いや外してたかもしれないけど舞い上がっていたのでよくわからない。
今でも踊ったこと思い出すとなんかニヤニヤしちゃうよ・・・
まあ一度は踊ってみたい程度の気持ちだったんだけど
まさかこんなに良いとは思わなかったので嬉しい。

それにしてもバチャータも人それぞれだね。
Mさんとも違うし、おなじドミニカーノのFさんとかRさんとも違う。
なんかこうふわふわした感じで常に胸がゆれている感じ。
それがまた気持ちいーんだけどね、また踊りたいなぁ(*´Д`)

またこのクラブに行きたいけど、次はいつ行けるかなー。
遠いしいろいろあるしで自力で行けないのが残念なところ。
スポンサーサイト
関連記事
[ 2012/11/29 23:01 ] サルサ・バチャータ | TB(0) | CM(0)

踊るHenry Santos 

Henry Santosがバチャータを踊ってる!
曲はAventuraのPor Un Segundo!



思いっ切りセクシー系なバチャータだけど
もし彼と踊れるとしたらなんだっていいわ(*´Д`)

こっちはチャチャチャを踊るHenry。



後、サルサを踊る動画があったはずなんだけど
見つからない。どこいったかな。

それにしても、ダンサーとしての活動も始めたってことなのかな。
なんかチームも持って定期的に踊ってるっぽいし・・・
関連記事
[ 2012/11/15 22:11 ] サルサ・バチャータ | TB(0) | CM(0)

Si Yo Fuera El - Maffio Ft. Henry Santos 

ホントにHenry Santosって声がきれいだよねー(*´Д`)
メロディもすごくすてきだし・・・



Me gusta este tema!!
関連記事
[ 2012/11/12 21:16 ] ラテン音楽 | TB(0) | CM(0)

新規バチャータレッスン 

とある先生がドミニカンバチャータを教えていると聞いてレッスンに参加してみた。

まあ結論から言っちゃうと私の求めているものとはちょっと違うかな、という感じ。
足技は入っているんだけど、Ataca y Alemanaみたいな、セクシー要素の強いタイプ。
私が踊りたいのは原始のリズム系(?)なので、う~んという感じ。

でも、バチャータ自体はとっても上手。
おもしろいし優しいし、バチャータの好みは関係なく
習ってみたいなぁと思わせるようないい先生。

それと、生徒さん同士の雰囲気もとてもいい。
みんな仲良く和気あいあいとやっているみたい。
初めて顔を出した私にも良くしてくれたしね。
でも、どこ行っても必ず変な人が一人はいるのが不思議だ・・・(;´Д`)

後、おもしろかったというか、先生がこんなことを言っていた。

 「ここらへんはホントにバチャータが好きな人が多い!どうして?
  ここらへんに昔、すごいバチャータの先生がいたの?」

って。

確かにいましたよ、すごい先生が。今は別の場所にいるけど。
多分、その方の影響でここいらへんはバチャータが好きな人が多いんだと思う。
その教室にもその先生の名前を知っている人がいたしなぁ。

それはともかく、どうしよう、通ってみようかなぁ。
私が求めてるものとはちょっと違うけど、踊る機会は欲しいし・・・
うーん、まあ、もうちょっと考えてみよう。
関連記事
[ 2012/11/11 18:53 ] サルサ・バチャータ | TB(0) | CM(4)

ハロウインパーティ 

IMG_1799_R.jpg


今さらだけどとあるハロウインパーティに参加した時の話。

ドミニカ共和国の人がたくさん来るよと聞いて
友人にくっついてとあるハロウインパーティに参加。

かかっていた音楽はやっぱりバチャータ、メレンゲが多め。
途中からは普通のクラブでかかるような音楽もかかり始めた。
サルサは1曲か2曲くらいしかかからなかったような。

バチャータはAventuraとか新しいのがかかるかと思えば
普通にJulio Iglesiasの"Como Tu"なんかもかかったり。
とにかく、バチャータが多めってのが嬉しいパーティ。

そーしてやっぱり、バチャータがかかった時
横に移動している人はいなかった・・・!( ゚Д゚)

といっても、Jorjetみたいな華麗なフットワークを踏んでる人もいない。
あれはやっぱりショー的というか、日常的ではないよなぁ。
みんな派手じゃないけど自然な感じでステップを踏んでいた。

そしてもちろんハロウィンなのでみんな仮装してるんだけど
数人、日本の女子高生の仮装をしている人がいて驚いた。
ミニスカにルーズソックスって格好なんだけども
これが仮装として成り立つだなんて・・・女子高生すごいな。
関連記事
[ 2012/11/10 18:43 ] サルサ・バチャータ | TB(0) | CM(2)

Vibora - Anti Checo 

このバチャータ好き・・・なんだけども
ビデオの内容がどうも男にだまされてるっぽいのが気にかかるw

ちなみに"Vibora"は「まむし」って意味みたい。

関連記事
[ 2012/11/05 21:57 ] ラテン音楽 | TB(0) | CM(0)

VIVA! Nossa Nossa - 遊助 

朝のテレビ番組で、"Ai Se Eu Te Pego"を
遊助という人が日本語バージョンで歌うと聞いて
今度はヒロミGOじゃないんだと思ったりしつつ
ビデオがYouTubeに出ていたので貼ってみる。



・・・う~~~ん。どうでしょう。
日本語だとやっぱりちょっと違和感があるなぁ。
でも、日本語で初めて聞いたとしたら、いい!って思うかも?

で、こっちがオリジナル。



そしてこちらが名古屋グランパスの
アレックス・サントスの歌う"Ai Se Eu Te Pego"の
日本語バージョン・・・というか
日本語バージョンで歌ったのは
サントス選手のほうが先なんじゃないの!?



ちなみに上のビデオを見ると
世界での流行りっぷりがわかるかも。
つか、イスラエルでも歌われていたとは・・・
ホントに世界的な大ヒットなんだなぁ。
関連記事
[ 2012/11/04 23:07 ] ラテン音楽 | TB(0) | CM(0)







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。