スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ショーやコンペティションの場合 

バチャータのコンペティションというと
がっつりセクシーでディップで大技で
というイメージしかなくて、YouTubeでもあまり見ようと思わなかったんだけど
この動画をなんとなく再生してたみたら…



途中からフットワークメインになってるよ!( ゚∀゚)
オマケに音楽も早い!かっこいい!

これってショー用っぽくはなってるけど
どー見てもドミニカン・バチャータのフットワークだよね?

こういうコンペティションで見かけるのはめずらしい…
と思ったけど、私が普段、見ていないからかな(;´∀`)

こちらもおなじ方達。



ちょっとしたステップとか、足の使い方とか
どー見てもドミニカン・バチャータの要素が入ってるよなぁ…
と思いつつほかの動画も探していたら
前に貼ったこの動画の方達だということに気がついた(;´∀`)



なんだ、フツーにドミニカン・バチャータが踊れる人達だったんだ(;´∀`)
でも、やっぱりショーやなにかだと、ほかの要素も入れなきゃならないのかな。

それにしても女性のスタイルが良過ぎ…
むっちりだけど締まるべきところはきっちり締まってる。
こういう出るとこは出てる系のスタイルってうらやましいなぁ。
スポンサーサイト
関連記事
[ 2009/12/31 14:14 ] サルサ・バチャータ | TB(0) | CM(0)

新年の抱負 

スペイン語のカレンダーから。

 Te deseo suerte en el año nuevo.テ・デセオ・スエルテ・エネル・アニョ・ヌエボ

 ※"en el"の部分は、"エン・エル"じゃなくて、"enel"と続けて
   "エネル"と読むとネイティブっぽいよ!( ゚∀゚)


直訳すると、「新しい年にあなたに幸運があることを望みます」…かな?
つまりこれって

 「良いお年を」

ってことだよね?
言ってみたいけど長くて覚えられない(;´∀`)

 ¿Cuál es tu resolución para el año nuevo?クアレス・トゥ・レソルシオン・パラ・エラニョ・ヌエボ

これは直訳すると「あなたの新しい年への決意は?」な感じ。
これもつまり

 「新年の抱負は?」

ってことだよね。

次のページにはこう書いてあるんだけど
これがその抱負ってこと?

 Yo tengo que adelgazar.ヨ・テンゴ・ケ・アデルガサル
 (私は痩せなければなりません)

私のこと過ぎてちょっと泣けてくる…( ;∀;)
関連記事
[ 2009/12/30 00:43 ] スペイン語 | TB(0) | CM(2)

Ginecólogo del Ritmo - Antonio Da Costa. 

前に貼ったこの動画で使われている曲…



ノリが良くてめちゃめちゃ好き(*´Д`)
コメントでもお尋ねがあったので
YouTubeのコメントをチェックしてみたら
やっぱり質問している人がいた。

 Alguien me podría decir como se llama la música y quien la canta por favor.アルギエン・メ・ポドリィア・デシル・コモ・セ・ジャマ・ラ・ムシカ・イ・キエン・ラ・カンタ・ポル・ファボル
 (どなたか曲名と歌っている人を教えてくれませんか?)

それに対する答えが

 El ginecólogo del ritmo de Antonio Da Costa.

だった。

一度、YouTubeで検索した時には出てこなかたんだけど
この前もう一度検索してみたら出てきた!!( ゚Д゚)



 良い!!!

でも、どうもこの人は、イタリアの人らしい…?
検索している時にちらっと見かけただけだから
よくわからないんだけれども…
それともやっぱりスペイン語圏の人かなー?( ´~`)

Amazonで検索したけれど見つからず。
iTunesのページ?にはたくさんあったけど
でも、iTunesもiPodも持ってないんだよねー(´・ω・`)
来月にはもしかしたらiPhoneに変えるかもしんないけど
でもまだ迷ってる最中だし…

YouTubeではこの人の曲を2・3曲見つけたんだけど
正直、ちょっとピンとこなかった…(;´∀`)
この曲はすんごいいいのになぁ。
関連記事
[ 2009/12/28 23:40 ] ラテン音楽 | TB(1) | CM(5)

音楽と遊ぶ 

久しぶり?でもないけど、Jorge Camagueyさんの動画。



あいかわらずかっこいいよぅ( ;∀;)
目の前でこんなん踊られたら一発で惚れる



こちらは30秒ちょいと短いけど…
やっぱりかっこいいよぅ( ;∀;)
しかも裸足で踊ってますよ。

なんていうかこう…すごい楽しそうなところというか
踊ってるんだけど遊んでるみたいに見えるところというか
とにかくそういうところが好き。

ダンスを杓子定規にとらえないで
音楽と遊んでる…そんな感じ。

この人と一度でいいから踊ってみたいな(*´Д`)
関連記事
[ 2009/12/28 22:50 ] サルサ・バチャータ | TB(0) | CM(4)

スペイン語の小ネタ×2 

メモ

 Feliz Navidad.フェリス・ナビダッ

と言われたら

 Feliz Navidad a tí también.フェリス・ナビダッ・ア・ティ・タンビエン

と返す。

ふむふむ、ただおうむ返しにするより
こっちのほうがいいかもね。



メモ

 Hora de dormir.オラ・デ・ドルミル (寝る時間)

のほかにも

 Hora de irse a la cama.オラ・デ・イルセ・ア・ラ・カマ (ベッドに行く時間)

という言い方も。
なんで"me"じゃなくて"se"なんだろって一瞬思ったけど
主語がない言葉だから"se"になるてことなんだろうな、多分。

 A punto de irme a dormir.ア・プント・デ・イルメ・ア・ドルミル (寝ようとしているところ)

というのもあったんだけど、これは多分

 estar a punto+動詞の原形…まさに~しようとしている

から"estar"を省いてるんじゃないかと想像してみる。
ついでに

 ir a+動詞の原形…~しようとしている・~するつもりである

も混じってるね。

後、関係ないけど、ラテン人の店員さんに

 ¡Hasta el plóximo año!アスタ・エル・プロキシモ・アニョ (また来年!)

っ言ってみたら、ちゃんと通じた(*´∀`)
関連記事
[ 2009/12/27 15:02 ] スペイン語 | TB(0) | CM(4)

¡Feliz Navidad! 

¡Feliz Navidad!


Image009.jpg
関連記事
[ 2009/12/24 02:52 ] いろいろ | TB(0) | CM(0)

教えておじいさん 



Abuelito dime tú (教えておじいさん)
Que sonidos son los que oigo yo (音はなぜ聞こえるの)?

Abuelito dime tú (教えておじいさん)
Por qué yo en la nueve voy (なぜ私は雲に乗って行くの)

Dime por qué huele el aile así (空気はなぜこんな匂いがするの)
Dime por qué yo soy tan feliz (私はなぜこんなに幸せなの)

Abuelito (おじいさん)
Nunca yo de ti me alejaré (私はおじいさんから絶対離れない)

Abuelito dime tú (教えておじいさん)
Lo que dice el viento en su canción(風はなんて歌っているの)?

Abuelito dime tu (教えておじいさん)
Por qué llovió por qué nevó (なぜ雨は降るの なぜ雪は降るの)

Dime por qué todo es blanco (なぜぜんぶ真っ白なの)
Dime por qué yo soy tan feliz (私はなぜこんなに幸せなの)

Abuelito (おじいさん)
Nunca yo de ti me alejaré (私はおじいさんから絶対離れない)

Abuelito dime tú (教えておじいさん)
Si el abeto a mi me puede hablar (モミの木はなぜ私と話せるの)

Abuelito dime tú (教えておじいさん)
Por qué la luna ya se va (月はなぜ行ってしまうの)?

Dime por qué hasta aquí subí (なぜここまでのぼるの)?
Dime por qué yo soy tan feliz (私はなぜこんなに幸せなの)

Abuelito (教えておじいさん)
Nunca yo de ti me alejarè (私はおじいさんから絶対離れない)



なんかよくわからないところもあったけど…
とりあえず、元の歌からはぜんぜん違うなーと。

そしてこちらはハイジが食べていたチーズ、ラクレット。
あの暖炉の炎でとろとろに溶かして食べるチーズ(*´Д`)



ラクレット・オープンも合わせて欲しい…
関連記事
[ 2009/12/24 01:26 ] スペイン語 | TB(0) | CM(0)

ある日、突然に。 


Photo by ` TheDreamSky 꿈꾸는 하늘


頭の中にずっと残っていたスペイン語の曲があって
よくわからないながらも適当に歌っていた。
ちなみにサビの部分だけ。

 Conmigo quedate~♪
 ハンハンハンハンハン♪
 Tu y yo~♪ ハンハンハン♪

みたいな感じで。

でも、この前、また無意識に歌っていた時に

 Conmigo quedate~♪
 Hasta la luna llena~♪
 Tu y yo~♪
 Hasta la luna llena~♪

と、欠けていた部分がいきなり歌えて
自分でもびっくりしてしまった( ゚Д゚)

どうして急になんて言ってるのかわかったのか
自分でもわからない。繰り返し歌ってたから?

とりあえず、意味としては

 僕といっしょにいてくれ
 満月まで
 君と僕
 満月まで

こんなところか。

やっぱり意味がわかると嬉しいなぁ。
でもこれだれの歌だっけ?
このさびの部分だけが頭の中を
ぐるぐる回ってるんだよね。

それこそ毎日毎日スペイン語の歌を
これは単に好きだから聞いてるんだけど
たまにただ聞き流すだけじゃなく
なんて言ってるのか聞き取ろうとしたり
後、踊っている時に完璧にではなくても
わかるところだけ歌ったりしていると
リスニング力が少しはあがる気がする。
関連記事
[ 2009/12/23 22:56 ] スペイン語 | TB(0) | CM(0)

知らない人とでも 

技の伝播…

なんていうと大げさだけど、例えば初めて踊った人が知らないステップで踊っていて、それを見てなにこれおもしろい!マネしたい!でマネをしているうちにできるようになって、んで、ほかの人と踊った時にそのステップで踊っていると、今度はその相手がなにそれおもしろいじゃん!でマネしてきてそのうちできるようになって、今度はその人が別の女の子と踊っている時にそのステップで踊って、相手の女の子がこのステップおもしろい!でマネをして…って感じで、広まっていくことってあると思います!( ゚Д゚)

実際、グアペアの時に足を横にしゅたって出すのを、ある人がやっているのを見てかっこいい!マネしよう!と思って、んで、マネして踊っていたら相手の人が「ん?」って感じになってすぐに合わせてしゅたってやるようになって、しばらくたってふと気がつくと、その人もほかの女の子と踊っている時にしゅたっやっていた…ということがあったから。
こういうのは、クラブでよく踊る人ではなく、あまり見かけない人と踊った時とか、別の場所でレッスンを受けている人と踊った時に、起こる現象のような気がする。

だから私は踊ったことがない人と踊るのが好きなんだけど、といっても自分からは誘えないチキンなんだけど、たまにあまり行かないクラブなんかに行くと、レッスン生同士かもしくは顔なじみだけでしか踊らない人ばかりなんてこともあったりして、そういう時はもうほぼ踊れないからしょぼんとなってしまう(´・ω・`)
確かにいつも踊っている人のほうが踊りやすいしいいとは思うけどさ、たまには知らない人とも踊ってくれてもいいじゃんー(;´Д`)とも思ってしまう。

逆に、私の顔なじみの方々は、知らない女の子がやって来ると、まずその子から誘う。
その後に誘うのもあまり見かけない女の子からだったりして、ここでは逆に、たまには顔なじみとも踊ってくれてもいいじゃんー(;´Д`)になる。

まわりの人達がこんな感じだから、たまにいつも別の場所で踊ってる人がやって来て、でもだれとも踊らないで座ったままなので、「踊らないんですか?」と声をかけると、「なんかちちょっと感じが違うし、音楽も違うから…」と答えられた時なんか、ちょっとびっくりしつつも「それは当たり前なのでは…」とは言えずに、「そうなんですかー」でしめてしまったけれど、違ったってとりあえず踊ってみれば楽しいかもしれないのに、って思ったりした。

まあ、メレンゲが大好きで踊りたいのにサルサしかかからないから、気分がノらないとかいうんだったらわかるんだけど、いつもの場所と違うから、いつもの音楽と違うから、いつも踊っている人達と違うから…で踊らないのはもったいないんじゃないのかなぁ…
でもまあ、楽しみ方は人それぞれだし、いつもの人と踊る安心感となじんだ感じもとても良いものだから、なにを求めるかの違いなのかな。
要はその人が楽しいと感じるように踊ればいいってことだもんね。

でもやっぱり、あまり見かけない人が来ていたら、積極的に誘ってあげたほうがいいと思う。
というか、誘ってー!!という感じ(;´∀`)
関連記事
[ 2009/12/23 22:53 ] サルサ・バチャータ | TB(0) | CM(2)

忘れたのでバチャータ動画 

バチャータのレッスンへ。

この日習ったことは…忘れた(; ̄∀ ̄)
なんか足が複雑でちゃちゃちゃっ!って動く感じ。

しょーがないから今度、ビデオを撮ってた人に動画を送ってもらおう。
私もデジカメを持って行ったんだけど、スイッチを入れた途端に
電池切れで終了しちゃったんだよね

というわけで久しぶりにTroy&Janetが踊るバチャータ。



なんかかわいいステップだなぁ。
力強く踊るのも好きだけど
こうやってかわいく踊るのも好きだ
まあかわいいのは私のキャラじゃないんだけど

こうして見ると一見、複雑なステップっぽいけど
実際私も最初は難しくてついていけなかったけど
覚えるというよりはこのノリに慣れてしまうと
実にいい具合に音とハマるので踊っていてすごく気持ち良い

まあリードする方は大変かもだけど
でもそれも踊れるようになれば組まずに足遊びメインで
なんてこともできるので…ってこっちのほうが大変か?(;´∀`)

ああ、早く足遊びメインで踊るというラティーノ達と踊ってみたーい
まあ小心者の私のことだからすみっこで壁のシミと化し
話しかけられでもしたらヒィィィ( ゚Д゚)ってなってるかもしれないけど。

でもいいんだ。見るだけでも。
見ることはできることだから
見るだけでもなんかしらにはなる、多分。
とはいえ踊るにまさることはないんだけど

まあそういうことで次はバチャータの…
なんだろ?バチャータのコンテスト番組?



この女の子のお尻の動きが…
キュッキュッしてていいわ~(*´Д`)

後、ヒモ状のベルトを、ベルト通しに通して
前で結ばずに垂らしておくのってかわいいなぁなんて
ダンスとはまるっきり関係ないところでも感心したりした。

ほかにも探すとおなじ番組らしい
バチャータ動画がいくつかあがっている。
司会はもちろんはスペイン語で話しているので
聞き取りの勉強にもなったりするのも嬉しい。

そしてこの踊っている曲…Julio Iglesiasの"Como tu"って曲なんだけど
Julio Iglesiasってあの、Enrique Iglesiasのお父さん?
Julio Iglesiasまでバチャータを歌っていたとしたら驚きだ。
関連記事
[ 2009/12/23 22:41 ] サルサ・バチャータ | TB(0) | CM(2)

組まずに踊る 

バチャータのレッスンへ。

今回習った足遊びはちょいややこしいけど
音楽にノれればとても気持ちのいいステップ。

右・左と体重を移して右足を前クロス左足を後ろでちょん→左・右と体重を移して左足を前クロス右足を後ろでちょん→右斜め前に2回踏んだら左斜め前に2回踏む→すぐにちょっと沈んで右足のステップ左足のステップ

これはペアでもやるんだけど
クロスステップのあたりを二人でやると
流れるようでホントに気持ちがいい。
これは一人でもできそうなので習得しなければ。

そういや、最近気になるようになったのが
下半身ではなく上半身。いや変な意味でなくてね

先生は上半身もいい具合にやわらかく動かして踊るので
それに慣れるとほかの人の上半身のかたさが気になってしまう。
下半身は動かせても上半身がかたまっていて動かないというか…

ペアワークの時は次々と相手を変えるからそれがよくわかる。
その中で、あ、この人やわらかく動いていて踊りやすいと思ったのは
バチャータの先生以外にはサルサの先生と
後はラティーナ達が集まるクラブによく行ってる人だった。

…ダンスが上手という評価って、技術的なものじゃなくて
こういう基本中の基本のリズムの取り方からくるんだろうな。
上手な人だったらベーシックだけでも気持ちよい

まあそれはともかくフリーターイム。

数少ないドミニカン・バチャータが踊れる人と踊ろうとしたら

 「某クラブのラティーノ達は組まないで足遊びだけで踊ったりするよ」

と言って、早速それを実践してくれた。
したら、ホントーに組まなかった
軽く片手を取り合って、後は音楽といっしょに
ひたすらフットワークメインで踊るだけ。

これがまたたーのーしー!!んですよ。
いつも足遊びの時間が少なくて物足りない…
と思っていたので、ひたすらそれのみで踊り続けて、もう大満足!

とはいえ、私のほうは、まだまだドミニカン・バチャータが踊れる…
というようなもんでもないから、なんとなくそれっぽいステップをしてただけだけど

でも、ホントに楽しかった…
まさに「私こんなの初めて」状態。
しかも某クラブではみんなこんな感じだって!?
ぜひ連れて行ってもらわなければ…

んで、その方も言ってたんだけど、やっぱり

 「ドミニカン・バチャータで踊ってくれる女の子が少ない…」

んだそうだ。女性側と考えていることはおなじか。
この踊り方で楽しめるのは某クラブのラティーナ達くらいだそうだ。
ますます行ってみたいけどちょっと遠いからなー

そしてまたあの超早いバチャータの人達の動画。
振り付けはおなじだけど何度見ても飽きないわー

関連記事
[ 2009/12/16 23:07 ] サルサ・バチャータ | TB(0) | CM(1)

誕生日はいつ? 

この前、スペイン語のカレンダーに

 ¿Cuándo es tu cumpleaños?
 (誕生日はいつ?)

って書いてあったんだけど
次の日からちょっとシリーズになっていた(笑)

 ¿Mi cumpleaños? Es muy pronto.
 (私の誕生日?もうすぐよ)

 Te vamos a preparar un pastel.
 (君のためにケーキを用意するよ)

 Vas a necesitar muchas velas.
 (たくさんのロウソクが必要になるだろうね)

 ¿Cuántos años tienes?
 (いくつなの?)

 Me siento muy vieja.
 (すごいおばさんだと思う)

 ¡No! Eres una mujer joven.
 (そんなことないよ!君は若いよ)

 Tenemos que encender la primera vela.
 (最初のキャンドルに火をつけないとね)

何気にひどい会話のような気がしなくもない(笑)

後、小ネタ。

スペイン語の間違いを直してもらった時、大体

 Gracias por enseñarme.
 (教えてくれてありがとう)

なんて書いてたんだけど
この前逆に間違いを指摘してあげたら

 Gracias por corregirme.

と返ってきた。

 corregir…訂正する・修正する

あ、なるほど…確かにこっちのほうが自然っぽい。
「直してくれてありがとう」って感じだもんね。
今度からはこっちを使おう。

もひとつ小ネタ。

 Hora de dormir.
 (寝る時間)

時間というとtiempoが出てきてしまうけど
なるほど、こういう言い方をするのね。
こっちも今度、使ってみよう
関連記事
[ 2009/12/16 22:31 ] スペイン語 | TB(0) | CM(0)

Teodoro Reyes 

この超早いバチャータを踊る時に
使われている曲がすごく好きでコメントなどで調べたら
Teodoro Reyesの"Dos Mujeres"だということがわかった。



で、Amazonでこの曲が入っている
アルバムも発見したんだけど…

Amor Loco
Amor Loco
posted with amazlet at 09.12.14
Teodoro Reyes
Platano (2001-06-05)


出品者からお求めいただけます状態…(;´Д`)
うーん、小心者だから悩んでしまう。

ダウンロードサイトでも探してみたんだけれど
なぜか"Dos Mujeres"だけが発見できない!!
でも、この人のバチャータは結構早いのが多くて
早いバチャータが大好きな私は
いっぺんでフアンになってしまった

この曲とかも結構好き



こっちの曲も
山羊?の鳴き声が入っていておもしろい。



んで、映像を見ていてふと思ったんだけど
この人もしかして目が見えないのかな…?
上の映像では手を引かれてるし…

まあそれはともかくこちらの動画では
バチャータを踊る人達といっしょに。



でもやっぱり一番欲しいのは"Dos Mujeres"。
あれで目いっぱい踊りたいよー。
関連記事
[ 2009/12/14 02:06 ] ラテン音楽 | TB(0) | CM(0)

Quizas(Salsa Remix) - Tony Dize 

このサルサ、好き!!!



サルサ・バージョンなんだけどね。
こういう感じの好きなんだわ~。

もともとのバージョンこちら。



ついでに、この人のバチャータも。
声の感じがすごく好きかも。



ちなみに、"Quizas"が入っているのは
こちらのアルバム。

La Melodia de la Calle
La Melodia de la Calle
posted with amazlet at 09.12.14
Tony Dize
Machete (2008-04-22)
売り上げランキング: 225217


"Comportarme"が入っているのは
こちらのアルバムなんだけど…

La Melodia de La Calle
La Melodia de La Calle
posted with amazlet at 09.12.14
Tony Dize
Sony International (2009-11-17)



なんだこれ。
タイトルはおなじなのに中身が違う…
下のほうが後から出たアルバムみたいだね。
しかも背後には上のアルバムジャケットが…
うーん、なんかよくわからないけどまあいいか(´・ω・`)
関連記事
[ 2009/12/14 01:26 ] ラテン音楽 | TB(0) | CM(6)

まだまだ人口は少ないです 

バチャータのレッスンへ。

足遊びはこの前のツイストしてななめ前に進んで腰をひねって…のやつ。
最初は足元がこんがらがっていたけど、今はなんとか普通程度にはできるように。
継続は力なりー、ですな。

んで、ペアワーク。

しょっぱなから、なにをボーッとしていたのか
4で止まらずにそのまま横に進んでしまい
先生にちょっとビックリされてしまった。
「あっちに行きたかったの?」なんて言われたり(; ̄∀ ̄)

とりあえず流れ。

横ベーシック・縦ベーシック・横ベーシック→右回りにキックで半回転→すぐに左回りにキックで半回転して元にもどる→男性キックで半回転して女性に無を向ける→男性の左肩に左手を置いたまま横に並ぶ→ターンしてまた横に並ぶ→その場で1・2と腰を前後→前に8カウント進む→キックを入れたらパックして4カウントもどる→男性のまわりを歩く→元にもどってベーシック

長い!!
…でも、これでもまだ、ちょっと思い出せなくて
抜けてる部分があるんだよねー。

それにしてもキックを入れての半回転は楽しい。
一回軽く沈んでふわってなる感じ。
でもこれをやると男性に無を向ける形になるから
フリーでやったら相手を慌てさせるかもと思ってたけど
またすぐに半回転でもどれば無問題ってわけか。
今度、フリーで無理くり入れてみようかしら。

でもって、この日もバチャータの上手な女性が来ていた。
ちゃんとドミニカンスタイルで踊っているなと感じる女性は
M先生以外にはこの人だけかもしれない。

ベーシックステップの時にも、細かいタップ?
シンコペーション?がきれいに入っていて
これものすごく私が好きな踊り方なんだよね。
YouTubeを見ていても、上手だなぁと感じる女性は
大概ステップにシンコペーションが入っている。

私もそれをやりたいんだけど
気がつくと忘れちゃってるんだよね。
無意識に、自然とそれが入るようになるには
まだまだ時間がかかるのかなぁ。
ホント、早く彼女のように踊れるようになりたい。

そういやこの女性も言ってたんだけど
やっぱりまだまだドミニカン・スタイルで
バチャータを踊ってくれる人は少ないみたい。

確かにレッスンには男性も来ているけれど
先生のように足遊びができるような人は
まだ2人ぐらいしか確認したことがない。
途中の足遊びの時間を知ってしまうと
それがないとものすごーく物足りなくなるんだよね…( ´~`)

だからフリータイムになると
先生の体が空くのを窺い待つことになるわけで…
たまに自分、ストーカーっぽくないかと思ったり(; ̄∀ ̄)
でも、好きなんだから、しょーがない!

あ、ちなみにメレンゲのレッスンも受けたんだけれど
やっぱり先生の踊り方と比べるとみんな上半身がかたいなぁと思った。
もちろん私も含めてだけどね。
もっとこう体の力を抜いて全身で踊るといいみたい。
メレンゲは簡単そうでいてなかなか手強いぞ。
関連記事
[ 2009/12/14 00:59 ] サルサ・バチャータ | TB(0) | CM(0)

バチャータレッスンメモ 

バチャータのレッスンへ。

習ったことは…

1・2で足を前に広げる→左足を下げて右足を前クロス→右足を右横にちょんして後ろクロス→右足をそのままはねあげて左手でタッチ→手を上にあげてゆっくりと半回転→右・左とステップを踏んだら右ななめ前に進む→ターンしてもどってくる

これがなかなか覚えられなくてねー。
足にタッチのあたりから記憶が飛んでしまう。

ペアワークの時に、足を左右に細かく出すというのを
またやったんだけれど、これもどうもうまくいかない。
なにかが違うんだろうけど、なにが違うのかわからない。
続けてればそのうちできるようになるかなぁ。

それはともかくフリータイム。

またキューバン・サルサを踊る人がいたので
楽しく踊らせていただいた。
とはいってもちょっとLAも混じっていたような?
でも、いろいろ遊ばせてくれたので満足満足。

LAの人とも踊ったけど楽しかった。
というか踊った人がみんな感じ良かった。
踊ってる間、ずっと笑顔で、たまーにいる
ひたすら無表情な人がいなくてよかった。

そういえば女の人とも踊った。
ちょっとだけリードできる、と言っていたんだけど
フツーにいい具合にリードしてくれて上手だった。

その人からはやわらかくて踊りやすかった、と言われた。
やわらかい…腕の関節のことかな?
これは2人くらいに言われたことがある。
腕がやわらいから手技がかけやすいとかなんとか。

うーん、腕が重いとさんざん注意されていたんだけど
関節のやわらかさとはまた別の話のようだ…
ちなみに、体自体はとんでもなくかたい。
前屈しても足の指にかろうじて指先が届く程度。

先生とは2回も踊れた!
競争率が高いから大変なんですよ。

踊っている間、足の引っかけにもまたチャレンジしたんだけど
外側からはともかく内側からの引っかけが
どうやるんだかわからなくなってしまった。

そうそう、足の引っかけといえばこの動画。



二人で同時に引っかけるのがおもしろい。
これもやってみたいな…

関係ないけどこのお二方の足先が
なんだかとてもバレエっぽいんだけど気のせいかな。
もしかしたらバレエ出身の人達かな?
関連記事
[ 2009/12/09 21:42 ] サルサ・バチャータ | TB(0) | CM(2)

The First - Bachata Heightz 

やっとBachata Heightzのアルバムが来たー!!ヽ(*´∀`)ノ

DSCN4870.jpg


これは裏面と中身の写真(笑)

とりあえず、中身はこんな感じ。

The First
The First
posted with amazlet at 09.12.09
Bachata Heightz
Warner Music (2009-12-01)
売り上げランキング: 85367

1. Intro
2. Me Puedo Matar


3. No Sabes Del Amor


4. Yo Soy El Mejor


5. Te Busco


6. Suspirando Por Ti


7. No Aguanto


8. Perdi Mi Amor


9. Admirador

10. Contra El Mundo

11. Si Ya Me Enamore Feat. Nklabe (Feat. Nklabe)


最後の曲のタイトル、なにかの間違いじゃないかと思ってたけど
アルバムのほうの表記もこうなっていたので
やっぱりこれで正しいみたい。

このアルバムの中で好きなのは…
って、ほぼ全部好きかも
特に一番好きなのは、やっぱり"Me Puedo Matar"かな。
関連記事
[ 2009/12/09 21:24 ] ラテン音楽 | TB(0) | CM(0)

臨機応変 


Photo by Marxchivist


友人がスペインに行って来たそうだ。

ツアーだったらしいんだけれど
友人がちょっとスペイン語がわかることが知れると
「ちょっと聞いてくれる?」「ちょっと注文してくれる?」
という感じで、ほかのツアー客達から
ほぼ通訳のようなあつかいを受けていたらしい(; ̄∀ ̄)

 「料理の注文の仕方くらいテキストに載ってるじゃん。
  というか、メニューを指差して、『Este, este, este, por favor』
  で十分に通じるのにさ~」


と、友人はぼやいていたけど
でも、テキストに載っていたとしても
普段まったく口にしたことのない言語って
使うのにはなかなか気後れするんでないのかな。

とはいえ、すべてひとまかせなのも
いかがなものかという話ではあるけど(; ̄∀ ̄)

で、友人に聞いてへ~と思ったのが
例えば、バルやキオスクといった
どちらかといえば迅速な接客が重視の所で
いちいち「Podría…」だの「Quisiera…」だのを使って話そうとすると
「は?あんだって!?」という感じになってしまうことが多いので
そういう所ではもう「Este, por favor!」で十分とのこと。

反対に、ホテルのフロントなどでは
ていねいに「Podría…」「Quisiera…」を
使って話したほうがウケがよく
また接客も違ってくるらしい。

なるほどね、ていねいな言葉を使うに越したことはないけど
それも場所に応じて臨機応変に、ということか。

そうそう、友人が、スペインでPerqueríaの看板を見かけたそうで
ちょっと中を見てみたらもろに床屋!という感じだったらしい。
そうか…Perqueríaって床屋の感覚なのか…

確かに、スペイン語圏の女の子が
「私、昨日、床屋に行きました!髪を切りました!」
なんて言ったら
「意味はわかるけど、美容院って言ったほうがいいよ」
と私だって言うだろうしなぁ(; ̄∀ ̄)

それにしてもいいなぁ、スペイン。
サグラダ・ファミリアとか、いろいろ写真を見せもらったけど
ホント、どこを撮っても絵になるという感じだった。
私だったら2GBくらい写真を撮っちゃうんだろうな。
関連記事
[ 2009/12/07 21:50 ] スペイン語 | TB(0) | CM(0)

早いの大好き♪ 

また超早いバチャータを踊る方達の動画を発見~



ぶっちゃけこの踊り方すごく好きだ…
ロマンティコに踊るバチャータも好きだけれど
こういうふうにノリノリで踊るの大好き!

こちらは上の方達が踊るキューバン・サルサ。



この、序盤で男性がやる、足を腕に引っかけるやつ…
ちょっとやりたいと思うのは無謀かしら(;´∀`)
前に女性がやっているのをYouTubeで見たことあるんだよね。
私もやってみたいんだけど…足の長さも関係あるよね…

後、オマケにThaliaが歌うバチャータ。

関連記事
[ 2009/12/06 00:27 ] サルサ・バチャータ | TB(0) | CM(4)

ドミニカのスペイン語 

先生のレッスンでは結構スペイン語が使われている。
よく使われているのは…

 Otra vez. (もう一回)

 Media vuelta. (半ターン)

 Cambialo. (交代)

ただ一番下のはちょっと自信ない。
先生自身で

 「Cambia la parejaのことです」

と言っていたので、cambiaの後につくのは
laなんじゃないかとも思うんだけど
私の耳にはどーしてもloと聞こえる。

loだったらloだったで、なんでloになるんだろ。
わからない(;´Д`)

んで、ほかにもよく使うのが

 Pa' lante. (前へ)

これは「para」と「adelante」が合体した形なんだって。
ほかにも

 Pa' rriba. (上へ)
 Pa' bajo. (下へ)
 Pa' lado. (横へ)

とあって、短縮して使うらしい。
ただ耳コピなんでちょっと違ってるかも?

先生はドミニカではこういうよ~と教えてくれたけど
ほかの国でもこの言い方は使いそうな予感。
キューバのスペイン語も結構、Pa'って略してるからなぁ。

あ、もひとつレッスンで使っていたスペイン語を思い出した。

 Desde principio. 「最初から」

と、言っていたように思ったんだけど…
これで合ってるかな?

後、関係ないけど、この前先生と
ちょっとスペイン語会話しちゃった!( ゚∀゚)

 先 「Hola」
 私 「Hola」
 先 「¿Qué tal?」
 私 「Muy bien. ¿Y tú?」
 先 「Bien」(だったかな?)
 私 「そうだ、先生、Te doy CD」
 先 「Oh, gracias」

まあこれだけなんだけどね!( ゚∀゚)
でも、フツーに話せたの。ポイントはそこ。

えーとーとか考えこまないで
まるでフツーにしゃべれる人のように
さらっと会話することができた。

まあたったこれだけでまごついどーすんだ
ってのあることはあるけど…
でもやっぱりスペイン語をしゃべれると嬉しい(*´∀`)
関連記事
[ 2009/12/05 23:54 ] スペイン語 | TB(0) | CM(0)

さよなら Merenguero 


Photo by Dave Heuts


そういえば…
あの店のMaestro de Merengueが
国に帰ってしまった。

 「最後のダンス。踊ろう」

と言われてなにかと思ったら

 「明日、国に帰るんだ」

だって。

マジでびっくりしたし帰ってほしくなかったけど
でも、10年ぶりに帰るんだって聞くと
やっぱそれはよかったねと言わなきゃならないのかな(´・ω・`)

また日本に来る?と聞いたら
曖昧にしか答えなかった。
確かにこのご時世では
再来日は難しいかもしれない…

彼と踊るメレンゲはホントに楽しかったなぁ…
踊っていて出っ張ったお腹に手が当たった時
「僕の赤ちゃん~」って庇う
お約束の冗談ももう見られないのか。

今頃はもうペルーで家族といっしょにいるんだろうな。
おいしいもんたくさん食べてさらにデブらないといいんだけど(´∀`)
関連記事
[ 2009/12/05 23:29 ] サルサ・バチャータ | TB(0) | CM(0)

恥ずかしがり屋さん 



イマイチ、ノりきりなかったせいもあって
フリータイムでは座って話している時間のほうが長かった。
これはこれで楽しい。いろいろな話を聞けたし(*´∀`)

前に、上手そうな外国人を誘って踊ったけれど
ぜんぜん合わなくてショックを受けていた友人を
もしかしたらON2の人なのかも、もしかしたら裏取りの人なのかも
なんていろいろなぐさめたことがあったんだけれど
この時の外国人の正体がようやく判明した。

まあ偶然にこの外国人のご友人が来ていたからなんだけど
話を聞いてみると、ラティーノかと思っていたらそうではなくて
フツーにアメリカ人で、サルサはまったくの自己流だそうだ。

なーるほど、ON2でもなんでもなく、単に自己流だったのか。
だとしたらまあ合わないことがあってもおかしくはない。
でも、自己流とはいえ、見た感じはすごい手練れな感じだった。
どんな自己流サルサだったのか、私も踊ってもらえばよかったな。

で、私はこのご友人の、また別のご友人と踊ったことがある。
ドミニカーノかな?と思っていたら、やっぱりそうだった。
踊り方が違うんだよね。横移動はほとんどしない。
どっちかいったらその場でのステップのほうが多い?
だからアクセントで足先が自然と前にいく、みたいな。

しかも、このドミニカーノ

 「彼女(私)と踊りたい」

と言っていたんだって!
本場の人に踊りたいと思ってもらえたなんて嬉しい~ヽ(*´∀`)ノ

と、ここでふと思い出した。
ドミニカーノは恥ずかしがり屋で自分から女の子を誘えない
って話を聞いたことがあるんだけど、この人は自分で誘いに来たぞ?
そこんとこどうなんだろと思ってご友人に質問してみたら

 「別にそんなことはないと思うけど…」

というので、先生にも質問してみたら

 「日本人でもtimido(内気)な人とそうじゃない人がいるでしょ。
  それとおんなじだよ」


というお答え。至極ごもっともですな(; ̄∀ ̄)

 「というかドミニカーノは別にtimidoじゃないよ」

とも言っていたので、ドミニカーノは恥ずかしがり屋さん
というのはまったくの幻想だったようだ。
教えてくれた人のまわりにはたまたまそういう人達が
集まっていたっていうことなんだろうかねぇ。

恥ずかしがりなラティーノなんてちょっとかわいいじゃん
と思ってたから、ちょっと残念(; ̄∀ ̄)
関連記事
[ 2009/12/05 23:22 ] サルサ・バチャータ | TB(0) | CM(0)

バチャータレッスンメモ 

バチャータのレッスンへ。
前回習った足遊び2種とその続き。

◎ななめに進んで右腰をひねる→バックで元にもどってアビエルト×4くらい?→ななめに進んで…(繰り返し)

◎右に1・2ぐらいのタイミングで半ターン→左右左右と大きく足をクロス→その場でベーシック→アビエルト×4くらい?→半ターンで軽くキックで元にもどる

足を1・2の感じで左右に出す足遊びも教えてくれたんだけど
これがなかなか先生のように軽やかにできない。

後、メレンゲもいろいろステップを教えてくれたんだけど
今ではもうはるかな記憶の彼方へ…(; ̄∀ ̄)

ただ、ペアワークだけは、今のところ難しくない。
普段からやっているようなことだけだから。
初級設定らしいから簡単なのかな。

フリータイムで先生と踊った…んだけれど
なんでか体が重くて思うように踊れなかった。
いやまあ実際に物理的にも重いんだけどね(; ̄∀ ̄)
なのでイマイチ、ノりきれず…
足遊びもほとんど繰り出すことができなかった。

まあこんな日もあるさ
関連記事
[ 2009/12/05 23:12 ] サルサ・バチャータ | TB(0) | CM(0)

聞くスペイン語 

おもしろいサイトを見つけた!( ゚∀゚)

 「聞くスペイン語 Escucha Español」

日本在住のスペインの方がYouTubeを使って
簡単なスペイン語の会話を教えてくれる、というもの。

ネイティブだから、テキストにありがちな
こんなフレーズいつ使うんだなんてこともないし
ちゃんとした発音も聞けるし日本語でも言ってくれるし
これはかなりいい!と思う!( ゚∀゚)

ちなみにこれは一番新しい動画。



でもって、この右側の方、こちらのブログも
運営されているんだけど…

 「Pepino ペピーノ」

過去にあの有名なスペイン語版「そんなの関係ねぇ!」を
UPした人でもあったりする( ゚∀゚)
なつかしいなぁ。見た当時は笑い転げたよ。
しかし今見ても完成度高いな(笑)



後、もうひとつ、こちらのサイトは

 「Escucha Japonés 聞く日本語」

「聞くスペイン語 Escucha Español」の姉妹版みたいな感じで
スペイン語圏の人達にYouTubeで日本語を教えてくれている。
こちらのほうでも十分にスペイン語が勉強できる。

関連記事
[ 2009/12/02 15:07 ] スペイン語 | TB(0) | CM(5)

来年のスペイン語のカレンダー 

今日から…って、もう過ぎちゃったから、昨日からはもう…

 Diciembre es el último mes del año.
 (12月は一年の最後の月です)

スペイン語のカレンダーの12月1日のフレーズがこれでした。

ちなみに今日は

 ¿Cuándo es tu cumpleaños?
 (君の誕生日はいつ?)

でした。
なんか脈絡ないな(´・ω・`)

まあそれはともかく今年も買いました
スペイン語のカレンダー!

DSCN4862.jpg

もちろんまだ開封していない。
お正月の楽しみにとっておく(笑)

これでもう3回目になるのかな、買うのは。
たまにめくるの忘れるけど、いつも身近にスペイン語があるのはよい。
ひとつの単語だけでも覚えていけばかなりの数になるしね。

ちなみにこれは、日めくりカレンダーなんだけど
一枚一枚にスペイン語のフレーズが書いてあって
訳なんかは英語で書いてあるんだけど
短いフレーズだし辞書があれば普通に理解できる、と思う。
ややこしいフレーズだとたまに辞書を投げたくなるけどね(; ̄∀ ̄)

ちなみに、友達の分も頼まれて追加で買った(笑)

Living Language Spanish: 2010 Day-to-Day Calendar (Day to Day Calendar)
LLC Andrews McMeel Publishing
Andrews McMeel Publishing
売り上げランキング: 386
関連記事
[ 2009/12/02 01:36 ] スペイン語 | TB(0) | CM(0)

超好み!! 

ここんとこバチャータの話題ばっかりだけど
サルサもぜんぜん忘れてないよー( ゚∀゚)

あのホルヘさんかどうかはわからないけど
というか、この女性の踊り方がすごく好き!!!(*´Д`)



めちゃくちゃかっいい~ 超好み~
あああこんなふうに踊りたい!!!
関連記事
[ 2009/12/01 22:02 ] サルサ・バチャータ | TB(0) | CM(3)

人の顔を見る人 

この前のイベントの時のことなんだけど
踊っている時に人の顔を見る人がいた。
といっても常にガン見、というわけではなくて
要所要所でそっと人の顔をのぞきこむ、みたいな感じ。

こういうふうにする人ってめずらしい。
大概の人は微妙に顔を逸らし気味か
もしくは絶対にこちらを見なかったりするのに。

でもまあ私もそんな感じだから
こちらを見ない人の気持ちはわかる。
だってあんな至近距離で顔を見るのって
やっぱりなんか恥ずかしいもの(; ̄∀ ̄)

なので、こちらの顔を見てくる人も
ちょっと照れくさいんだけど、でも
悪い感じはしないというか
どちらかといったら好印象

まあ私も人のことは言えないけど
そっぽ向かれっぱなしっていうのも
ちょっと淋しいもんだしね。

後、ドミニカン・バチャータが踊れる人がいた!( ゚∀゚)
まあそれを教えてくれている場所だから
いるのは当たり前かもしれないけれど
でも、手技はできても足遊びまでは
なかなかしようとしない人が多いので
日本人でも結構踊れる人がいるんだ~
と思ってちょっとびっくり&嬉しかった(*´∀`)
関連記事
[ 2009/12/01 21:44 ] サルサ・バチャータ | TB(0) | CM(0)

ドミニカン・バチャータ動画×2 

ドミニカン・バチャータの動画ー



この足を前にくっと出すやつをやりたいんだけど
これはさすがに一人でやってたら変…じゃないか。
相手が足遊びを始めたら自分もこれで遊んでればいいんだし。
よーし、ちょっと覚えてみるか。

もう一個ドミニカン・バチャータの動画。
これは確か、ドミニカのテレビ番組だと聞いたような…
全然違うかもしれないけど、バチャータの先生が
とってもドミニカらしいバチャータの動画とは言っていた。



確かにおなじドミニカン・スタイルとはいえ
上の動画とはまた違った感じ。
でも、共通しているのは、フットワークが多彩なところか。
私も早くこれくらい軽快に踊れるようになりたいなぁ。
関連記事
[ 2009/12/01 02:17 ] サルサ・バチャータ | TB(0) | CM(0)







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。