FC2ブログ













うわさ好きな人 

冗談でサルサの先生がいじっていた
携帯の画面をのぞきこんだら、隠されながら

 「もうやめてよ。あなたchismosa?」

と言われた。

意味は教えてくれたけど一応、自分でも調べてみた。
形容詞だと「うわさ好きな」、名詞だと「うわさ好きな人・陰口屋」。
動詞だと"chismorrear"、意味は「うわさ話をする・陰口をきく」。

どっちかいうと悪口か?それとも軽口?
よくわかんないけど、しつこく詮索して
くるような人に対して言うような感じかな?
スポンサーサイト



関連記事
[ 2009/07/20 22:28 ] スペイン語 | TB(0) | CM(2)

ここでもドミニカン・スタイル 

キューバン・サルサのレッスンへ。

今回も難しかったー(;´Д`)
手をつないだまま頭を下げて相手の腕の下をくぐって
いったん体を起こしてからまた頭を下げて相手の腕の下をくぐって…
というのをしたんだけれど、どーしてもタイミングよく
そしてきれいに腕の下をくぐることができない。

 先生からは

 「早い」
 「遅い」
 「もっと頭を下げて」
 「そんなに手を強くにぎらないで」
 「先生の腕が折れる!」
 「その場で回って」
 「違う!!」
 「あーもーイライラする。カルシウム飲まなきゃ」


というようなお言葉をいただいた。
結局これもまた最後までうまくできず…
うまくできる時もあるんだけど、4回やって1回くらいの割合。

フリータイムでは久しぶりに先生とバチャータを踊った。
先生はドミニカン・スタイルではないのでそのつもりで
踊りはじめたんだけれど、これがびっくり!!!
途中から軽くだけど足遊びを入れてくるではないですか!( ゚Д゚)

思わず先生の顔を見たら、ものすごく得意そうな顔でにや~と笑っていた。
前に足遊びのバチャータのことを話した時には
「サルサみたいでつまんない」とか言ってたくせに…

私達があんまりバチャータバチャータ騒いでいたから、こっそり練習でもしたのか?
先生の性格から考えるとだれかに習ったとも思えないし…自主練でここまで?
だとしたらすごい。ちょっと尊敬。

そしてその後なぜかヒップホップを踊りはじめる先生。
なんだかえらく上手だった。
私は参加しなかったけど、ほかの人達がマネして踊りはじめたら
なぜかヒップホップ・レッスンが始まった。

こっちのダンスもかっこいいよね~。
先生はサルサを踊るより生き生きしてたよ(笑)
関連記事
[ 2009/07/20 02:04 ] サルサ・バチャータ | TB(0) | CM(0)

裸足で踊る 

で、ジャズ・シューズを持ってバチャータのレッスンへ。

でもやっぱりいちいち靴を変えるのめんどくさー!!ヽ(`Д´)ノ
まあそのかわり足は痛くならなくて済むんだけどね。

そして靴が変わったからといってうまくなるわけでもないこの現実。
ちょっとぐらい変化があってもいーじゃんよー。

レッスンではまた新しい足遊びを教わった。
よくM先生がやっている、足を前にはねあげてタッチ
後ろにはねあげてタッチ、みたいなやつ。
M先生がやるとかっこいいのに私がやるとなぜかコサック・ダンス風味。

いやいや、本物のコサック・ダンスはかっこいいから引き合いに出すのは失礼か。
ああ、あれだ!ジンギスカン風味だ!ジン・ジン・ジンギスカ~ン♪みたいな。
…知ってる人いるかな?

で、フリータイム。

ある人とサルサを踊ったんだけど、怒ってはねのけるぐらいの勢いで
手を振り回す人がいて、ちょっとびっくり。
怒って帰ろうとしている彼女の手を、「ちょっと待てよ」とつかんだら
「はなして!」と振り払われる勢いと言ったら想像できるだろうか。

別にその人は怒っているわけではないんだけど…癖なのかな?
でも、指が痛いくらいだったから、もうちょっと優しくしてもいいと思う。
まあ本人には言えなかったけども。

それでまあいろいろ踊って、もうそろそろ帰ろうかということになって
靴をはきかえて友人が服を着替えるのを待つ間
手持無沙汰だったのでサルサのステップを練習していた。
覚えて行かないとまたサルサの先生に怒られるので(; ̄∀ ̄)

サンダルが重かったので脱いで裸足で練習してたんだけど
いきなりだれかに後ろからがっと肩をつかまれて
うわっと思って振り向いたら、見た目は日本人ぽいけど
スペイン語圏出身らしき人が「踊りましょー」と。
マジでビビッたわと思いつつ、人もいなかったし
めんどくさかったので、裸足のままフロアへ。

裸足で大丈夫かなーと思ったけど
これが意外にもめっちゃ踊りやすかった!
サルサを踊ったんだけど、ぐるぐる回すLA系ではなかったせいもあってか
適度なひっかかり、適度な滑り、あれもしかしてジャズシューズより
裸足のほうが踊りやすい?みたいな。

続けて裸足のままバチャータも踊ったんだけれど、これもやっぱり普通に踊れる。
というか踊りやすい。というか足が楽。ついでに裸足であることがなんか気持ちいい。
だからといって上手に踊れたわけではないんだけどもね(;´∀`)

でも、いくら裸足で踊るのが気持ちいいとはいっても
相手やまわりの人達がが靴をはいてたら
踏まれた時の破壊力がハンパないからやっぱやめといたほうがいいね。
それに、足の裏がとんでもなく汚れる。しようがないけど。

でも、状況が許すなら、また裸足で踊ってみたいなぁ。
やり過ぎると足の裏がこすれて水膨れとかできそうだけど。
でも、ホントに気持ち良かったー(*´Д`)
裸足で踊ると気持ちいいのはなんでだろね。
関連記事
[ 2009/07/20 01:50 ] サルサ・バチャータ | TB(0) | CM(2)

踊る靴 

バチャータのレッスンへ…

だがその前に。

とうとう買っちゃった。

123_20090720012048.jpg
 

踊る用の靴。ジャズ・シューズだけど。

というのも、バチャータ・レッスンの時に
先生のはいている靴はジャズ・シューズだよ
靴底が薄くて裸足で踊っているみたいなんだよ
みたいなこと教えてくれた方がいて
へえそんな靴があるのかと思って
自分でも調べてみたらこれがなかなかよさそう。

踊りやすくていつもはいていた普通の靴が
またもや分解の兆しを見せはじめたこともあり
これ以上、気に入っている靴を壊していくのは
嫌だったので、思い切って買ってみることにした。

まあホントはショートブーツが一番踊りやすいんだけど、夏は暑い!!!(;´Д`)
今日はレッスンがあるからってこの季節にブーツで会社に行くのやだ!!
実際、バチャータのレッスンの前に靴が届いたので、レッスンには
サンダルで行ったんだけど、涼しくて快適だった~。

本当はこういうのもあったんだけど、持ち運ぶのには重いかなと思ってやめた。



でも、両方とも共通しているのは
土踏まずの部分には靴底がついてないということ。
スプリット・ソールというらしい。

DSCN4549.jpg


私が買った物は、かかとがラバーで
爪先部分には革が縫いつけられている。

で、実際にはいて踊った感想としては…

 靴を変えたら今までの自分が
 嘘のように華麗に踊ることができました!!


…なんてこたー一切なかったです(; ̄∀ ̄)

ターンがヘタなのも、なんかよろよろしてしまうのも
腕が重いのも、靴とはなにも関係がなかった。

まあ今まで靴のせいだ!なんてことは思ってなかったけど
ああ、ホントに私ってヘタなんだ、とちょっと悲しい再確認だった。

でも、足がすごく楽になったのは確か。
私は足が幅広で右足だけ外反母趾気味なので
普通の靴だと常に微妙に痛いきついという状態で
でもジャズシューズだと柔らかい革で足全体を包まれて
床に強く接触する部分だけ靴底代わりの革がついている
という感じで、ぜんぜん足が痛くならなかった!

足が痛くならないというのはとても嬉しい。
でも、ぶっちゃけ…見た目はあんまり良くない…(; ̄∀ ̄)
スカートでは絶対にはきたくないような…
まあ、スカートはまずはくことないから大丈夫だけど。

後、難をいったらヒールがほとんどないことか。
普段からそんなにヒールが高い靴ははいてないけど
ぺたんこ靴もほとんどはかないので
微妙にバランスがとりづらいような感じ。
せめて5㎝くらいはヒールが欲しかったなぁ…

それを言ったら、見た目の問題も含めて
サルサ・シューズのほうがいいのかね?



きれいなんだけどねー…(; ̄∀ ̄)
でもこういうタイプの物は爪先が細そうで…
ああ、やっぱり一番ベストなのは
スクエアトゥのショートブーツかも。
レッスン以外では暑くても気合ではいて行こうかな。

しかしなんでいつも靴が壊れてしまうんだろ?
そんなに足にムダな力が入ってるんだろうか?
もしかして体重が重いから…なんて理由だったら超泣ける( ;∀;)

あ、でも、ジャズ・シューズとおなじくらい
足が楽なものがあったんだけど、それはまた別の記事に。
関連記事
[ 2009/07/20 01:42 ] サルサ・バチャータ | TB(0) | CM(0)