スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

Suavecito 

バチャータのレッスンへ…
行こうと思ったんだけど、時間が遅くなってしまったので
レッスンは受けずにフリータイムだけ。

で、何人かの人とバチャータを踊ったんだけど
みんな今日習った技を入れてくるので焦りつつもなんとか対応。
でも、一定方向にまわりながら歩くのはイマイチ。
リズムがよくつかめなかった。

先生と踊りたいなーと思ったんだけど
やっぱりレッスンを受けた人が優先だよなぁと思って
先生が一通り踊り終わるまで待機。
しばらくしたら先生のほうから誘いに来てくたれ。
いつも私から誘ってばっかりだったから嬉しいー(*´Д`)

でもってこの日は2曲も先生と踊れた!
いつもは踊りっ放しで汗だくになってる先生が
かわいそうで、つい遠慮しちやうんだよね(;´∀`)

先生、レッスンを受けた人とは全員と踊ろうとするし
何曲も続けて踊った後だろうと、誘われれば笑顔でフロアに出て行くし
疲れてないわけがないのに偉いよなぁと思う。

でもこの日はレッスンを受けてなかったからなんか踊り足りなくて
帰る前に先生ともう一曲…と思って、いつものように少し離れた所から
先生の顔をじーっと見つめて、目が合ったらにっこり(*´∀`)

にっこり…しているつもりなんだけれど、先生から見たら
( ゚∀゚)フヒヒヒって感じかもしれない。

でも先生は優しいのですぐに笑顔で立ち上がってくれた(*´∀`)
でもってこの2曲目のバチャータがすごくよかったんだよねぇ~。
前回とおなじようにゆっくりな曲。やわらかなリード。
ホントにsuave。Suavecitoなんだよね。

もーホントに目が勝手に閉じてしまう。
組んで体の力を抜いて上半身だけをゆらすのが気持ちよくて…
と思い起していたらふと気がついた。

私そういえば上半身だけをゆらすやつができないって
前からよく書いてなかったっけか?
あれ、でも、気がついたらできてるよ?

いつの間に…と思ったけど、先生のリードにまかせて
体の力を抜いていたからできたのかも。
うーん、踊る時、もうちょっと相手に体をまかせてもいいのかもね。
もちろんあらがってるつもりはないんだけど。



★追記
こっちでも思い出した。

ある人があるイベントに参加して、そこではドミニカン・スタイルの
バチャータのレッスンもあったんだけれど
意外とドミニカン・スタイルのバチャータを知らない人が多かったらしい。

もっと流行ってる、というか広まってると思ってたけど
意外とそうでもなかったみたいだね。
はやってるのは私のまわりでだけだったんだろうか?
だとしたらちょっとさびしー(;´Д`)
スポンサーサイト
関連記事
[ 2009/07/31 01:19 ] サルサ・バチャータ | TB(0) | CM(4)

海です 

海!


DSCN4675.jpg


に行って来ました。

なんかキューバの旗が翻っていたりして…

DSCN4674.jpg


ラテン系のお店だったので、サルサやらメレンゲやらが流れていたんだけど
なんだかんだでイマイチ盛り上がらず早々に撤退。

でも物足りないよねーってことで地元のクラブに行くことに。
バチャータのレッスンがある日だからとりあえず踊れるだろ、ということで。

でも、なんでだろ。海でサルサを聞いても沖縄とはぜんぜん違った。
人が多過ぎるから?なんかまったり感がなくて…
夕方を過ぎて人が引けてからのほうがよったかも。

懲りずにまた挑戦するぞー(`・ω・´)



★追記
思い出した。

帰ろうとした時、海の家の前で立ち止まっていた男女のグループが
店の中で踊っている人達を見ながら「なにこれ?」「社交ダンスだろ?」
みたいな会話をしているのを耳にした。

男女がペアになって踊っている=社交ダンス
それしか思い浮かばなかったんだろうけど
でも、まあそんなもんか。
サルサとかそんなに知名度が高いわけじゃないしね( ´~`)
関連記事
[ 2009/07/31 00:45 ] いろいろ | TB(0) | CM(0)

コンパルサ 

参加してきました、コンパルサ。
今年のロゴは去年よりもかっこよかった!
小さい写真だけど…



深夜にはすごい豪雨だったので、もしかして中止?
なんて思ってたんだけど、主催者が超晴れ男だったお陰か
朝になったらもんのすごい青空に。

ここまで晴れなくてもいいんじゃ…と思いつつ
家を出る前にSPF50の日焼け止めを塗りたくった(; ̄∀ ̄)

今年は生バンドがトラックに乗って、パレードの後ろからついて来るという豪華さ。
やっぱり生音・生歌だといいよねぇ。盛り上がりが違う気がする。
女性ボーカルの声がまた何気に好みだったりして、踊っていて楽しかった。

パレードの途中では2回ずつサルサとルエダを踊った。
2回目のサルサの時には、押しかけカメラマンの血が騒ぎ
踊らずに写真を撮ったりビデオを撮ったりしていた

だって、ねぇ、せっかくのパレードなんだから
記録に残しておきたいじゃん。
来年はもう一眼レフのカメラマン達に交じって
コンデジで撮る側として参加しようかな(笑)

そうそう、一眼レフといえば結構カメラを持った人達がたくさんいた。
特にセクシー部門担当の方々はお願いされて写真を撮られていたくらい。
後は、サンテリアの神さま達も参加していたので
神さま達に向けてカメラをかまえている人もたくさんいた。

確かに青いドレスを着た神さま達がスカートを広げて
くるくる回っているところは壮観だし撮りたくなるよなぁ。
私も撮りたかったし本当は( ´~`)

ちなみに青いドレスの神さまはイエヤマといって
確か海の神さまだったかな?
後、二股に分かれた棒を持った子供の神さまエレグアもいた。

今年は去年よりも長くパレードをすると聞いていたけれど
終わってから二駅分も歩いていたことに気がついて、びっくりした。

で、パレードしている時には感じなかったんだけど
終って銭湯で汗を流していたら、ふくらはぎが痛みはじめた。
家に帰ったらもうぱんぱんになってたよ。

やっぱり二駅分を踊りながら歩くのって相当足に来るよね。
まあもともと体力がないってのもあるけどさ(;´∀`)
まあとにかく何事もなく無事に終わってよかった!
関連記事
[ 2009/07/31 00:34 ] サルサ・バチャータ | TB(0) | CM(0)

We On Fire - Grupo Ruch 

この前ちらっと貼ったBachataのGrupo Ruchですが

We on Fire
We on Fire
posted with amazlet at 09.07.27
Grupo Rush
Sony International (2009-03-17)
売り上げランキング: 89732


YouTubeでこのアルバムに入っている曲を探してみたら
好きだけどタイトルを知らなかった曲をこの人達が歌ってた!



最初はゆっくりなメロディなんだけど、途中から一転して早くなる。
その一転する部分がすごく好き
ゆっくりなBachataも好きだけど、こういう早いのも大好きだ

ついでに、この前貼った"Jasmine"は英語バージョンだったので
スペイン語のバージョンも貼っておく。



後、もう一個、動画を見つけたので、これも。



アルバムの曲を聞いてみると、この人達の歌ってBachataはBachataなんだけど
途中でReggaetonぽいものが混じっていたりそのほかのものが混じっていたり
コテコテのBachataという感じではないかもしれない。
でもそんなところがすごく好き(*´Д`)
関連記事
[ 2009/07/27 21:40 ] ラテン音楽 | TB(0) | CM(2)

Loba - Shakira 

Shakiraのニュー・シングルらしい。
探したけどプレビューしか見つからなかった



これは英語版かな?
スペイン語だとタイトルは"Loba"、意味は「狼(雌)」。
だからなのか、途中でアゥーンと遠吠えをしている。
めっちゃセクシーにしか聞こえないんだけど(*´Д`)

こちらはメイキング・ビデオ。
もうちょっと内容がわかるかな。



あいかわらずスタイルがよろしいし、体の動きもすごい。
そして檻の中にいるShakiraが一瞬なにも
着ていないように見えて焦るよー(;´∀`)

歌と歌詞はこちらで。



サビの部分だけちょっと訳してみようかな。

 Una loba en el armario (狼はタンスの中にいる)
 Tiene ganas de sarir (狼は外に出たい)
 Deja que se coma el barrio ()
 Antes de irte a dormir (あなたが眠る前に)

三行目は…街を食べさせる?街を食べるのをやめさせる?
四行目もあやしい…(。-`ω-)
関連記事
[ 2009/07/27 01:22 ] ラテン音楽 | TB(0) | CM(0)

Grupo Rush & Bachata Heightz 

この歌も好きー(*´∀`)



Grupo Rushという人達が歌ってるのね。
ほかにはないかと探してみたらこんなビデオも。



な…なんか重そうな歌?
彼女に子供ができて…みたいな感じ?

We on Fire
We on Fire
posted with amazlet at 09.07.25
Grupo Rush
Sony International (2009-03-17)
売り上げランキング: 59483





こちらはBachata Heightz。
この人達もすごく好き(*´Д`)



この人達がHuey Dunbarの"Yo si me enamore"の
Bachataバージョンを歌ってるんだけど
それがまたすごくいいんだよね(*´Д`)
関連記事
[ 2009/07/25 21:53 ] ラテン音楽 | TB(0) | CM(3)

俺様先生 

キューバン・サルサのレッスンへ。
今日は最多の6人!ヽ(*´∀`)ノ

先生も先生らしくまともにレッスンしていた。
しかしなんなの?私ともう一人の人には
しょっぱなからえらい態度が悪かったくせに…
今日は来た人達にはえらく優しーく接していた( ゚3゚)

レッスンは初心者の人ばっかりだったので
わりと簡単なことばかりだけど私はやっぱり失敗して
先生に背中の肉をぎゅーとつかまれたり
無理やりに5回転くらいさせられたりと
いろんな意味でやっぱりハードなレッスンだった(; ̄∀ ̄)

フリー・タイムにはまた先生とバチャータ。
あー、やっぱりドミニカン・スタイルだよー。
ホントに先生、いつの間にマスターしたんだ。
習いはじめた時には絶対に踊れなかったはず。

横に移動しないでその場で左右にとか
足技だけでなくノリもマスターしていたし。
あっという間にマスターしちゃうなんて
やはりインストラクターであり、ダンサーであるのだなぁ。

新しく来た人達が帰った後にはまたいつもメンバーで談笑状態。
先生の弱点を見つけたのでいじめて遊んでいたら
もう一人の人に「Sだねぇ」と言われた。確かに愛のあるイジメ楽しい(*´Д`)

しかし先生も負けてはおらず、彼女が自分をいじめるのは
俺があまり相手にしてあげないから悔しいんだよ
俺にかまってほしいからなんだよ、と。

で、私に向って「もう少し態度をよくすれば相手にしてあげるよ」と。
うわー、どんだけ上から目線!!! ついでに俺様!!!( ゚∀゚)
なんか腹が立つから来週も継続していじめてやる。

あ、そーいえば、バチャータで曲が途切れる時に
わざと合わせて動きを止めたりするけれど
サルサの時にも先生それやってた。

一瞬、途切れる瞬間に合わせて止め!決め!みたいな感じで。
あれができるとちょっとかっこいい感じ…
自分からはできないとしてもせめて対応できるようになりたいなぁ。
関連記事
[ 2009/07/24 01:56 ] サルサ・バチャータ | TB(0) | CM(0)

癒しのバチャータ 

バチャータのレッスンへ。
最初は人が少なくて驚いたけど、後からじょじょにやって来て
レッスンはいつものように盛況に。

今回も足遊びをひとつ。
前回習ったのと似てるけどちょっと違う。

右足を後ろにキック、左足を後ろにキックしたら
ふんふんふんとゆれて、左足を前にキックしてタッチ
後ろにキックしてタッチ、みたいなやつ。

これはすぐに覚えられた。
覚えられたがしかし。

足が後ろににはあがるんだけど、前にはあがらないのよ、なぜか。
だから本当は前にキックした時、くるぶしのあたりにタッチするんだけど
体が曲がらない?足が曲がらない?どっちのせいなのかわからないけど
そこまで手が届かなくてふくらはぎあたりにタッチすることに。

先生にも「なんでそこ?」と聞かれてしまった。
自分でもわからない。

フリータイムではゆーっくりな曲で先生と踊った。
したらこれがまた気持ちよくてね~(*´Д`)
こうふんわりやわらかでゆったりで、みたいな。
正直、途中でホントーに眠くなってしまった。

でもこれは退屈だからでは絶対にない。
気持ち良くリラックスできると眠気に襲われるじゃないですか。そんな感じで。
踊ってるのに眠くなるほどリラックスさせてくれるなんて、すごいよね。

前記のAさんはこの真逆。
踊ってると楽しくて気持ち良くてハイ!テン!ション!な感じになる。
逆に興奮し過ぎて夜、眠れなくなるくらい。

おもしろいなぁ。
おなじバチャータなのに踊る人によってはまったく真逆の作用だね。

そういや先生、また足の間にひざを入れてぱたぱたってやってたな。
これちょっとおもしろいんだけど、多分、男だけの技だよねぇ。

やつてみたいといえば、とある人がサルサを踊ってる時に
グアペアで開いた後にエチェバリア(確か)を入れるんだけど、あれを私もやりたい!
でも、タイミングを計りかねてなかなかいけない。
今度、だれかに練習相手にもってもらおうかな。
関連記事
[ 2009/07/24 01:00 ] サルサ・バチャータ | TB(0) | CM(0)

いっしょにお風呂で 

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
[ 2009/07/23 00:31 ] スペイン語 | トラックバック(-) | コメント(-)

うわさ好きな人 

冗談でサルサの先生がいじっていた
携帯の画面をのぞきこんだら、隠されながら

 「もうやめてよ。あなたchismosa?」

と言われた。

意味は教えてくれたけど一応、自分でも調べてみた。
形容詞だと「うわさ好きな」、名詞だと「うわさ好きな人・陰口屋」。
動詞だと"chismorrear"、意味は「うわさ話をする・陰口をきく」。

どっちかいうと悪口か?それとも軽口?
よくわかんないけど、しつこく詮索して
くるような人に対して言うような感じかな?
関連記事
[ 2009/07/20 22:28 ] スペイン語 | TB(0) | CM(2)

ここでもドミニカン・スタイル 

キューバン・サルサのレッスンへ。

今回も難しかったー(;´Д`)
手をつないだまま頭を下げて相手の腕の下をくぐって
いったん体を起こしてからまた頭を下げて相手の腕の下をくぐって…
というのをしたんだけれど、どーしてもタイミングよく
そしてきれいに腕の下をくぐることができない。

 先生からは

 「早い」
 「遅い」
 「もっと頭を下げて」
 「そんなに手を強くにぎらないで」
 「先生の腕が折れる!」
 「その場で回って」
 「違う!!」
 「あーもーイライラする。カルシウム飲まなきゃ」


というようなお言葉をいただいた。
結局これもまた最後までうまくできず…
うまくできる時もあるんだけど、4回やって1回くらいの割合。

フリータイムでは久しぶりに先生とバチャータを踊った。
先生はドミニカン・スタイルではないのでそのつもりで
踊りはじめたんだけれど、これがびっくり!!!
途中から軽くだけど足遊びを入れてくるではないですか!( ゚Д゚)

思わず先生の顔を見たら、ものすごく得意そうな顔でにや~と笑っていた。
前に足遊びのバチャータのことを話した時には
「サルサみたいでつまんない」とか言ってたくせに…

私達があんまりバチャータバチャータ騒いでいたから、こっそり練習でもしたのか?
先生の性格から考えるとだれかに習ったとも思えないし…自主練でここまで?
だとしたらすごい。ちょっと尊敬。

そしてその後なぜかヒップホップを踊りはじめる先生。
なんだかえらく上手だった。
私は参加しなかったけど、ほかの人達がマネして踊りはじめたら
なぜかヒップホップ・レッスンが始まった。

こっちのダンスもかっこいいよね~。
先生はサルサを踊るより生き生きしてたよ(笑)
関連記事
[ 2009/07/20 02:04 ] サルサ・バチャータ | TB(0) | CM(0)

裸足で踊る 

で、ジャズ・シューズを持ってバチャータのレッスンへ。

でもやっぱりいちいち靴を変えるのめんどくさー!!ヽ(`Д´)ノ
まあそのかわり足は痛くならなくて済むんだけどね。

そして靴が変わったからといってうまくなるわけでもないこの現実。
ちょっとぐらい変化があってもいーじゃんよー。

レッスンではまた新しい足遊びを教わった。
よくM先生がやっている、足を前にはねあげてタッチ
後ろにはねあげてタッチ、みたいなやつ。
M先生がやるとかっこいいのに私がやるとなぜかコサック・ダンス風味。

いやいや、本物のコサック・ダンスはかっこいいから引き合いに出すのは失礼か。
ああ、あれだ!ジンギスカン風味だ!ジン・ジン・ジンギスカ~ン♪みたいな。
…知ってる人いるかな?

で、フリータイム。

ある人とサルサを踊ったんだけど、怒ってはねのけるぐらいの勢いで
手を振り回す人がいて、ちょっとびっくり。
怒って帰ろうとしている彼女の手を、「ちょっと待てよ」とつかんだら
「はなして!」と振り払われる勢いと言ったら想像できるだろうか。

別にその人は怒っているわけではないんだけど…癖なのかな?
でも、指が痛いくらいだったから、もうちょっと優しくしてもいいと思う。
まあ本人には言えなかったけども。

それでまあいろいろ踊って、もうそろそろ帰ろうかということになって
靴をはきかえて友人が服を着替えるのを待つ間
手持無沙汰だったのでサルサのステップを練習していた。
覚えて行かないとまたサルサの先生に怒られるので(; ̄∀ ̄)

サンダルが重かったので脱いで裸足で練習してたんだけど
いきなりだれかに後ろからがっと肩をつかまれて
うわっと思って振り向いたら、見た目は日本人ぽいけど
スペイン語圏出身らしき人が「踊りましょー」と。
マジでビビッたわと思いつつ、人もいなかったし
めんどくさかったので、裸足のままフロアへ。

裸足で大丈夫かなーと思ったけど
これが意外にもめっちゃ踊りやすかった!
サルサを踊ったんだけど、ぐるぐる回すLA系ではなかったせいもあってか
適度なひっかかり、適度な滑り、あれもしかしてジャズシューズより
裸足のほうが踊りやすい?みたいな。

続けて裸足のままバチャータも踊ったんだけれど、これもやっぱり普通に踊れる。
というか踊りやすい。というか足が楽。ついでに裸足であることがなんか気持ちいい。
だからといって上手に踊れたわけではないんだけどもね(;´∀`)

でも、いくら裸足で踊るのが気持ちいいとはいっても
相手やまわりの人達がが靴をはいてたら
踏まれた時の破壊力がハンパないからやっぱやめといたほうがいいね。
それに、足の裏がとんでもなく汚れる。しようがないけど。

でも、状況が許すなら、また裸足で踊ってみたいなぁ。
やり過ぎると足の裏がこすれて水膨れとかできそうだけど。
でも、ホントに気持ち良かったー(*´Д`)
裸足で踊ると気持ちいいのはなんでだろね。
関連記事
[ 2009/07/20 01:50 ] サルサ・バチャータ | TB(0) | CM(2)

踊る靴 

バチャータのレッスンへ…

だがその前に。

とうとう買っちゃった。

123_20090720012048.jpg
 

踊る用の靴。ジャズ・シューズだけど。

というのも、バチャータ・レッスンの時に
先生のはいている靴はジャズ・シューズだよ
靴底が薄くて裸足で踊っているみたいなんだよ
みたいなこと教えてくれた方がいて
へえそんな靴があるのかと思って
自分でも調べてみたらこれがなかなかよさそう。

踊りやすくていつもはいていた普通の靴が
またもや分解の兆しを見せはじめたこともあり
これ以上、気に入っている靴を壊していくのは
嫌だったので、思い切って買ってみることにした。

まあホントはショートブーツが一番踊りやすいんだけど、夏は暑い!!!(;´Д`)
今日はレッスンがあるからってこの季節にブーツで会社に行くのやだ!!
実際、バチャータのレッスンの前に靴が届いたので、レッスンには
サンダルで行ったんだけど、涼しくて快適だった~。

本当はこういうのもあったんだけど、持ち運ぶのには重いかなと思ってやめた。



でも、両方とも共通しているのは
土踏まずの部分には靴底がついてないということ。
スプリット・ソールというらしい。

DSCN4549.jpg


私が買った物は、かかとがラバーで
爪先部分には革が縫いつけられている。

で、実際にはいて踊った感想としては…

 靴を変えたら今までの自分が
 嘘のように華麗に踊ることができました!!


…なんてこたー一切なかったです(; ̄∀ ̄)

ターンがヘタなのも、なんかよろよろしてしまうのも
腕が重いのも、靴とはなにも関係がなかった。

まあ今まで靴のせいだ!なんてことは思ってなかったけど
ああ、ホントに私ってヘタなんだ、とちょっと悲しい再確認だった。

でも、足がすごく楽になったのは確か。
私は足が幅広で右足だけ外反母趾気味なので
普通の靴だと常に微妙に痛いきついという状態で
でもジャズシューズだと柔らかい革で足全体を包まれて
床に強く接触する部分だけ靴底代わりの革がついている
という感じで、ぜんぜん足が痛くならなかった!

足が痛くならないというのはとても嬉しい。
でも、ぶっちゃけ…見た目はあんまり良くない…(; ̄∀ ̄)
スカートでは絶対にはきたくないような…
まあ、スカートはまずはくことないから大丈夫だけど。

後、難をいったらヒールがほとんどないことか。
普段からそんなにヒールが高い靴ははいてないけど
ぺたんこ靴もほとんどはかないので
微妙にバランスがとりづらいような感じ。
せめて5㎝くらいはヒールが欲しかったなぁ…

それを言ったら、見た目の問題も含めて
サルサ・シューズのほうがいいのかね?



きれいなんだけどねー…(; ̄∀ ̄)
でもこういうタイプの物は爪先が細そうで…
ああ、やっぱり一番ベストなのは
スクエアトゥのショートブーツかも。
レッスン以外では暑くても気合ではいて行こうかな。

しかしなんでいつも靴が壊れてしまうんだろ?
そんなに足にムダな力が入ってるんだろうか?
もしかして体重が重いから…なんて理由だったら超泣ける( ;∀;)

あ、でも、ジャズ・シューズとおなじくらい
足が楽なものがあったんだけど、それはまた別の記事に。
関連記事
[ 2009/07/20 01:42 ] サルサ・バチャータ | TB(0) | CM(0)

すぐに役立つスペイン語の基本単語集 

久しぶりに本屋の語学書のコーナーに行ったら
おもしろそうな本があったので買ってみた。

すぐに役立つスペイン語の基本単語集
井戸 光子 石村あつ
ナツメ社
売り上げランキング: 329281


中身をめくってみたら結構おもしろそうな
単語がたくさん載っていて、ついでに
このテの本としては1000円ちょいと安かった。

チワワはchihuahuaとか、三毛猫はgato tricolorとか
眠りの森の美女はLa bella durmiente del boaqueとか
脱毛はdepilaciónとか、日焼け止めはcrema de protección solarとか
結構、普段から使えそうな単語がたくさん。
関連記事
[ 2009/07/15 23:10 ] スペイン語 | TB(0) | CM(0)

一粒で二度おいしい 

バチャータのレッスン&イベントへ。

イベントでもあったのでレッスンは超激混み!
店の出入り口にまで人があふれていた。
それも女性がすごく多くて、レッスンの時もペアになれない人が続出。
もう気合いで相手を確保しながら踊ったよ(;´∀`)

レッスンが終わったすぐにバチャータが
めっっっちゃ上手なAさん(仮名)と踊る。
あいかわらずよかった…(*´Д`)-3

もうねー、ほかの人とはぜんぜん違うの!!
バチャータのB先生(仮名)とも違う感覚。

なんていうかね、足遊びのドミニカン・バチャータと
密着系のバチャータが合体して、気持ち良さ3倍、みたいな。
いや、5倍くらいはいくか?いやもうとにかくイイ!!んですよ。
曲が終わってもまだ離れたくないもっと踊りたいっていう気分になる。

うん、知らない人やNOな人との密着バチャータは
本当にごめんなさいなんだけど、OKな人との
密着バチャータはホントーーーに気持ちがいい。
あの、自分と相手と音楽との一体感がホントにいい。

それにAさんの場合は、密着してもただゆれてるだけ
なんてことはなくて、そこからさらにまたいろいろと
しかけてきたりしてぜんぜん退屈しないし、すごく楽しい!

一体感も楽しめるし、足遊びも楽しめるし、一粒で二度おいしい、みたいな?
ああ、この喜びをだれかと分かち合いたいような独り占めしたいような。

ホントだったら10曲ぐらい続けて踊りたいくらいなんだけど、でも
ほかの人とだって踊りたいだろうから、そこはぐっとこらえてる(; ̄∀ ̄)
なのでいつも帰る時にはものすごく物足りない気分…

まあそれは置いといて、今度こそ足を引っかけるやつ成功した!
Aさんが足をかけてきたのでよし次は私だと気合を入れつつ
でも、蹴りにならないようにそっと足を引っかけて…

したら「できてる」ってほめられたーヽ(*´∀`)ノ
次は外側から引っかけるやつにチャレンジだな。

後、Aさんとめっちゃ早いサルサも踊った!
早過ぎてもーなにがなにやら。
早い曲の時には動きを大きくしないほうがいい
と言われたけれど、気がつくと大きくなっちゃってんだよね。

踊り終わった後にゼーハーしてたら
近くにいた女の人がセンスであおいでくれて
「ああいう早い曲は全力で踊っちゃダメよー」と言われた。

確かに。すごい息が切れて咽が変な音をたててたし。
やっぱり体力も必要だなぁ…って、当たり前か。

後はイベントだったのでバチャータやレゲトンの
パフォーマンスを見たりしてすごく楽しかった!
B先生がレゲトンを踊るところ初めて見たけどかっこよかったー
関連記事
[ 2009/07/15 22:50 ] サルサ・バチャータ | TB(0) | CM(0)

Un Beso - Aventura 

AventuraのUn Besoを訳してみた。

勝手に、好きだからキスさせて~♪
みたいな歌だろうと思ってたんだけど
訳してみたらぜんぜん違った!(*´Д`)

違訳なのはいつものことだからいいとして…



Un Beso - Aventura

Ay una mujer, que domina mis sentidos con solo tocar mi piel
(ああ、僕の肌に触れるだけで僕の感覚を支配する女)
y como a mi tambien, a otro hombre esto le puede suceder
(僕のようにほかの男も支配することができる)

Que solo por un beso, se puede enamorar
(ひとつのキスだけで恋に落ちることができる)
sin nessesidad de hablarse, solo los labios rosarse, Cupido los flechara
(話す必要はない ?唇だけで キューピッドは射止める)

y solo por un beso, con ella soy feliz
(ひとつのキスだけで 彼女といる 幸せだ)
tan solo con un besito me llevo al infinito y ni siquiera la conosco bien
(小さなキスだけで僕を無限へ連れて行く 彼女はよく知りもしない)

Un beso significa amistad sexo y amor,
(キスは友情、セックス、そして愛を意味する)
en cualquier paarte del mundo no importa la religion
(世界のどんな場所にも宗教は必要ない)
por un beso de su boca, voy al cielo hablo con Dios,
(君のキスだけで 僕は天国に行く 神と話す)
alcanzo las estrellas de emocion
(感動の星々に手が届く)

Su boca es tan sensual,
(君の唇はなんてセクシーなんだ)
me cautiva y me exita, no me canzo de besar, su lengua es mi debilidad,
(僕を虜にする 僕を? 飽くことなくキスをする 君の唇がとても好きだ)
ella sabe los truquitos digan me si ay alguien mas
(彼女はトリックを知っている ???)

Que solo por un beso, se puede enamorar
sin nessesidad de hablarse, solo los labios rosarse, Cupido los flechara

y solo por un beso, con ella, soy feliz
tan solo con un besito me llevo al infinito y ni siquiera la conosco bien
Un beso significa amistad sexo y amor
en cualquier paarte del mundo no importa la religion
por un beso de su boca, voy al cielo, hablo con Dios,
alcanzo las estrellas de emocion...

que lindo es el amor, escucha las palabras del Romeo
(愛はなんて美しい ロメオの言葉を聞いて)

Ay una mujer, que domina mis sentidos con solo tocar mi piel,
y como a mi tambien, a otro hombre esto le puede succeder

que solo por un beso

Rumba, hey yaeh yeah yeah eh hey hey hey hey ou oooo

Un beso significa amistad sexo y amor
en cualquier paarte del mundo no importa la religion
por un beso de su boca, voy al cielo hablo con Dios
alcanzo las estrellas de emocion




なんか…思っていたよりぜんぜんロマンティコな歌だった。
歌詞の意味を知ってからこの歌を聞くとうっとり度が違う。

言葉はいらない、ひとつのキスだけで恋に落ちる、天国にも行ける…
曲調はもともと好きだったけど、意味を知ったらもっと好きになった(*´Д`)

この曲で、バチャータを踊りながら………な~んてことになったら
超ロマンティコだろうねぇ~(*´Д`)

God's Project
God's Project
posted with amazlet at 09.07.20
Aventura
Premium Latin (2005-04-26)
売り上げランキング: 131971
関連記事
[ 2009/07/15 02:53 ] ラテン音楽 | TB(0) | CM(2)

Baila Fria 

キューバン・サルサのレッスンへ。

今日も私を入れて3人。
でも、一人は男の人だったので、ペアでの練習ができた!( ゚∀゚)

…淋しいなぁ orz

まあそれはともかく、今までシャインとして
踊っていたステップをペアで踊った。

おなじ向きに立って左右に足を出す→男性のまわりを一回りして一歩前に出てからすぐにクロスで後ろに下がる→体は横向きで足をクロスして前に進む→足をクロスして後ろに下がる→右足を引いて男性の手を取る

男性のまわりを一回りした後は、手は離したままでも
向かい合って踊るんだけど、この時につい足元ばっかり
見ていたら、いっしょに踊っていた先生に「俺を見て!」と怒られた。

 「いっしょに踊ってるのになんで下ばかり見る。
  それじゃコミュニケーションがない。baila fria(冷たいダンス)だ。
  相手をちゃんと見て。そしたらステップもそこからできる」


つまり…

自分の足元にばかり集中してないで、踊りながら
きちんと相手とコミュニケーションを取っていれば
次のステップもそこから自然と生まれてくるんだからね、ってことか。

でもさー、あんなややこしいステップ、最初は足元を見てないとできないよ。
でも、先生を見ないと「また下見てる!」と怒られるので、なんとか見るように
したんだけど、そうすると今度はステップを間違えたりして…
先生、ちょっとキーッ!ヽ(`Д´)ノってなっていたようだ。

でもこのステップ、ホントに難しくてさ、最初に何度も
間違えていたら、先生が途中でやめちゃって

 「無理だね」

と( ゚Д゚)

つまり、私にはこのステップは無理だね、できないね、と。
いやそんなことない!と突っぱねてそこからまたがんばって
ちょっとはできるようになったんだけど、それでも3回に1回は失敗した…
覚えの悪い生徒でごめんねー。でも見捨てないでー。

この後は先生のほうがスランプに陥っていた。
この後に続くステップがどーしても思いつけないと。
でも、そのお陰で何度もできない部分を繰り返し踊れた。

しばらくしてやっと続きのステップを思いついたみたいだけど
即興で作っていたとは知らんかったよ。

でもおもしろいなぁ。
シャインなのかと思っていたら普通にペアでも踊れるんだね。
男性のまわりを一周してから、向かい合って横に進みながら
踊るステップは、本当にカシーノらくしてかっこいい。

できれば、の話なんだけどね(;´∀`)
関連記事
[ 2009/07/15 02:29 ] サルサ・バチャータ | TB(0) | CM(0)

小さな"ゥ"をつけて 

スペイン語はローマ字みたいにそのまま読めばいい…
とはいうけれど、やっぱりちょっとは違うらしい。

例えば、一番よく聞く

 Hola. (やぁ)

まあ、「オラ」って発音すればいいんだけれど
それだと、波の"ola"と区別がつかないらしい。

"h"抜きで発音するとはいえ、やはり"h"がついていることには意味があって
「オラ」の"オ"の前に発音するかしないかの感じで、小さな"ゥ"みたいな
音をつけ足すのがホントの発音らしい。

やってみるとわかると思うけど、そうやって発音すると
なんかネィティブっぽくなるヽ(*´∀`)ノ

後…"j"だったかな。うろ覚えだけど。
これも単純に「ハ」と読まないで、咽の奥から
息と共に出すような感じで発音するといいらしい。

スペイン語の読みは簡単、とはいうけれど
ちゃんと発音しようとするとやっぱり難しいんだね( ´~`)
関連記事
[ 2009/07/13 22:40 ] スペイン語 | TB(0) | CM(0)

靴の臭いは嫌です 

今のキューバン・サルサの先生、「気分がノらないとレッスンが…」
なんて話も聞いていたので、大丈夫かなぁと思っていたんだけど
今んとこすごくマジメというか厳しいというかスパルタというか
もう少し優しくしてくれてもいいんじゃないかと思うくらい
きっっっちりレッスンしてくれている。

厳しいといっても失敗したら罵詈雑言というわけではなく
無表情で静かに「もう一回」と繰り返すだけなんだけど
それがかえってちょっと怖かったりして(; ̄∀ ̄)

でも、あんまり間違え続けると、さすがに先生でも
キーッ!!ってなるらしくて、そういう時にはおもむろに靴を脱いで

 「次間違えたら私の靴の臭いをかがせるからね!」

となる。もんのすごく嫌だ(;´Д`)
なのですごいがんばらざるをえない。

この前は携帯を取られて

 「ちゃんとできるまで携帯は返さない。
  今日できなかったら次まで携帯をあずかるから」


と言われたのでこの時もがんばった。
結局、できがイマイチで先生は不満そうだったけど、とりあえず携帯は返してくれた。
ただのレッスンのはずなのに、いろいろ緊迫してしまうなあ(; ̄∀ ̄)

でもまあ全体的には楽しい。
レッスンが終わればもう厳しいことは言わないしね。
レッスン後には「先生」と呼ばれることすら嫌がるし。

最初はいろいろムカついたりしてどうなることかと思ったけれど
ダンスが上手な女の人とも知り合えたし、とりあえずよかったよかった。
関連記事
[ 2009/07/13 22:36 ] サルサ・バチャータ | TB(0) | CM(0)

ラテンな時間割 

もうひとつ小ネタ。

例えば、よく遅刻するラテン人とか、必ず遅刻するキ◎ーバ人(笑)とか
決まった時間に始まらない沖縄でのイベントとか、そういう時に
ラテン・タイムだから、キ◎ーバ・タイムだから、沖縄時間だからしようがないよね~
なんてあきらめるわけだけど、そういう言い方がスペイン語でもあった!

 Mi horario es latino.

直訳すると「私の時間割はラテンです」かな。
遅刻した時にそういう言い訳というか冗談を言うらしい。

よーし、私も遅刻した時に使ってみよう。
でも、基本は…

 Mi horario es japonés.

約束時間の5分前とかには既に待ち合わせ場所に到着しているタイプです。
関連記事
[ 2009/07/12 16:22 ] スペイン語 | TB(0) | CM(0)

私は◎◎人です 

先生から教えてもらったスペイン語関連の小ネタいろいろ。

まずは、沖縄在住・出身などのラティーノは、自分達のことをこう呼ぶらしい。

 Soy okinawance.
 (私は沖縄人です)

もしかしたら、一部の人達だけかもしれないけど…
でも、この呼び方、おもしろい!

ちょっと調べてみたら

 música okinawance
 (沖縄音楽)

という言葉も見つけた。

そして、横浜在住のとあるラティーノは、自分のことを

 Soy yokohamano.
 (私は横浜人です)

と言っているらしい。
といってもこれを言ってるのは一人だけらしいけど(笑)

でもこの表現の仕方、おもしろいなぁ。
そうだ、神奈川出身だったら、最後が沖縄とおなじ"わ"だから

 Soy kanagawance.
 (私は神奈川人です)

になるのかな?

東京は…どうなるんだろう?
tokyono?…なんか変だな。

まあ、東京とかの都会に住む人なら

 Soy ciudadeno.
 (私は都会人です)

という言い方でもいいらしい。
自分ではあんまり言わないかもしれないけど。

今度、自己紹介をこの言い方で言ってみようかな。
関連記事
[ 2009/07/12 16:16 ] スペイン語 | TB(0) | CM(2)

ビーチ・サルサの季節 

 Ya llegó el verano!
 (夏が来た!)

…って、スペイン語のカレンダーに載っていました(*´∀`)

でも確かにもう夏…いやまだ梅雨かな?
それでも昼間は真夏の暑さになったりするよね。
夜は窓を開けておくとちょうどよく涼しい風が入ってくるけど。

そして夏といえばビーチ・サルサ!

…でも、夏のビーチでのサルサ・イベントは
ほとんどが土曜日開催で、土曜も出勤の私はどこにも行けない( ;∀;)
職場からどんな急いで行っても海に着く頃にはもう…みたいな。

まあ日曜日のイベントもあるけど数は少ないよね。

実際に、日曜日のサルサ・イベントにこの前行こうとして
間近までは行ったんだけどどうも人の入りが半端な感じで
なんとなーく気後れして、行くのをやめてしまった。

行った時間が中途半端だったからかなぁ。
もう少し遅いほうが盛り上がっていたのかも。

でも、夕陽の時間帯だったので、適当な海の家に入って一休み。

DSCN4531.jpg


夕日と海がすごくきれいでした。
やっぱり海はいいよなぁ。
なんだかすごくまったりした気分になれる。

でもやっぱり一回ぐらいはビーチ・サルサに行きたいなぁ…
関連記事
[ 2009/07/12 16:10 ] サルサ・バチャータ | TB(0) | CM(0)

Su Veneno - Aventura PV 

Aventuraの新しいPV~ヽ(*´∀`)ノ



なんか哀愁漂う雰囲気。

関連記事
[ 2009/07/09 01:28 ] ラテン音楽 | TB(0) | CM(0)

サッカー選手がファンを射殺 

今回のスペイン語のレッスンで使ったのは以下の記事のスペイン語版。

選手がファン射殺

コロンビア1部のアトレティコ・ジュニオール所属のMFハビエル・フローレス(27)がファンを射殺する事件が5日、起こった。
地元警察の発表によると、事件は北部のバランキジャ市内で起こった。
フローレスが休暇を利用して実家に帰省していたところ、家の前でサポーターに取り囲まれた。
6月末の前期リーグ戦決勝で敗れたことで「弱虫、ヘタクソ」と罵声(ばせい)を浴びたため「お前らぶち殺すぞ」と叫び、家からピストルを持ち出し発砲。
2発が27歳の電気技師の腹部に当たり、病院に運ばれたが死亡した。
フローレスは現場から立ち去ったが、すぐに自首したという。
同選手は代表経験はない。

(http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090706-00000351-sph-socc)



日本語版とはもう情報量がぜんぜん違った。
なにせ、被害者の名前や年どころか、親戚の町工場で働いていたとか
12歳と8歳の娘がいるとか、おおよその住所とか、かなり詳しく。

まあそれはともかく、気になったのはハビエル選手が
どんな罵声を浴びせられたのか、ということ

該当箇所はこの部分。
近所の人の話。

 Cuando pasaba por aquí le gritaban "maleta"(mal jugador), no sudaste la camiseta, y esto como que lo enfurecío.

先生が訳してくれたところによると、被害者のカンティージョさんは
そこらを通るたびに「ヘタクソ!」とかの悪口を叫び
それがハビエル選手を激怒させた…と、近所の人が語っているとのこと。

"maleta"はトランクの意味かと思ったら、コロンビアでは
"mal jugador"(悪い選手)を意味するみたいだね。

それに、"No sudaste la camiseta"は、直訳すると
「シャツが汗で濡れていない」…つまり、ぜんぜん動いてない
ぜんぜん働いてないじゃないかみたいな意味、とのこと。

でもって、ハビエル選手は事件の起こった時、酔っ払っていたらしい。
これも近所の人の話なんだけれど…

 Él estaba borracho, discutió con los "pelaos", fue a la casa de sus padres y regresó con un revolver. A dos de los muchachos los golpeó en la cabeza con la cacha del arma y luego se marchó haciendo disparos aire.

彼は酔っ払っていて、怒っていったん家に入ると
銃を持ってもどって来て、彼を止めようとした二人をぶん殴り
まず空に向けて威嚇射撃をした…らしい。

その後、被害者のカンティージョさんは撃たれたんだけど
その場で亡くなったわけじゃなくて、40mも走って逃げたらしい。
思うに、それがまずかったんじゃないかと…
でも、逃げるのは当たり前だよなぁ( ´~`)

ちなみに、ハビエル選手はすでに釈放されているらしい。
無罪となったわけではないみたいだけど…

しかしこういうニュースを見ると思うのが、単語量が
ぜんっぜん足りないということ。
一行の中に知っている単語がひとつもなかったりして…

ニュースをざっとでも読み取れるようになりたいなぁ。
辞書ないのにスペイン語のニュースが読める先生はホントにすごい
関連記事
[ 2009/07/08 23:57 ] スペイン語 | TB(0) | CM(0)

コンガ・レッスン 

Comparsaのレッスンへ。
引き続き今回もConga。

しかしこのCongaの音楽、本当に音が取りづらい…
踊っているうちに、音楽に合っているのかズレているのか
わからなくなって、ヒジョーに気持ちが悪い。

歌やホーンの音に惑わされずに、底のほうでドコドコと響いている
太鼓の音に集中したほうが良さそうだ。
それでもわかんなくなりそうだけど(;´∀`)

コンパルサの後にはRuedaのレッスン。
やっぱりRuedaは楽しいなぁ(*´∀`)
Dame DosとかArribaで男性陣が混乱するのもおもしろい。
でも、これが決まるとホントかっこいいんだよね。

もっとおもしろかったのが、Bちゃんがスカートの下がどうのこうのと話していた時
Aちゃんが冗談でスカートをめくろうとして、そうしているうちになぜかRumbaが始まり
Aちゃんが入れたバグナオをBちゃんはスカートでなんとか防いでいた。

Rumbaも踊れたらいいよなぁ~。こんなふうに遊べるし(*´∀`)
関連記事
[ 2009/07/08 22:46 ] サルサ・バチャータ | TB(0) | CM(0)

これでも爪先立ちなんです 

キューバン・サルサのレッスンへ。
今回は3人だった!…まあ少ないと言ったら少ないけど

でも今回もダメダメだった…(;´Д`)
あんなにステップを復習して行ったのに、なんかもうぐったぐた。
流れは頭に入ってるんだけど、どうしてもまごついちゃってさ。
まだまだ復習が足りなかったか…

それなのにステップはどんどんどん増えていく。
今回は前の続きからだけど、少し変更があった。

前にしゅたっと飛ぶ→足クロスで横に移動その足ですぐに後ろへ→ベーシック→爪先立ちで右・左・右とクロスして進む→前に踏んでから後ろに飛ぶ→その場でムーブメントをしながら一回転→横向きで足クロスで前に2歩→ベーシックして足を前後に開いて止まる

…うん、流れは覚えてる。
覚えているのに踊れないのが悲しい( ;∀;)
ところどころでどーしてもつっかえてしまう。

失敗すると、先生が無表情でずんずん近づいて来て
耳をつかまれて元の場所にもどされたりして…
まあ力は入ってないから痛くないけど、私は小学生か!みたいな。

後、ひどいけど自分でも笑っちゃったのが
爪先立ちで足をクロスして前に進むのが
全然できてないと言われてまたイスを持ち出され
イスにつかまって爪先立ちになってみろと言われた時。

 「イスにつかまって爪先立ちして!…ほら早く!」
 「してますよ」
 「そうじゃない!もっとちゃんとして!」
 「してるってば!爪先立ちになってるよ!」
 「全然してない!」

と言いつつ、私の足元に屈みこんでジーンズのすそをめくって確認する先生。

 「あ…ホントにしてる…小さいからわからなかった」

ひでえw( ;∀;)

ジョークじゃなくて素で言ってたのか悲しい。でも笑える。
まあ巨大な先生から見たら、私が爪先立ちしてもしてなくても
変わりがあるように見えなかったんだろうね~。
ひどいと思いつつ自分でも笑ってしまったよ。

そういや、足をクロスして前に進む部分
先生は「Putaみたいにして」と言っていた。
Putaは英語で言ったらBitchとかそんな意味なんだけど
それっぽくもっと腰を動かせと。

セクシーにってことなのかと思ったら
先生的にはセクシーではないらしく
いやらしく動かして欲しかったらしい。
…違いがわからん。

まあとりあえず、ステップは増えた分も含めてまた宿題に出された。
来週こそは完璧にして先生に無言で見つめられないようにしたい(`・ω・´)

そうそう、レッスンが終わってから、「レゲトンが上手だって聞いたから踊って!」
と先生にお願いしたら、最初は渋っていたけど、結局、踊ってくれた。

まあほんのちょっとだけだったけど、この前貼ったレゲトンの動画みたいに
やっぱり上半身の動かし方がかっこよくて、後、下半身を
よくわからないうねらせ方をしていたから、マネしてみたけどできなかった。

ダメモトで「レゲトンのレッスンもして」と言ったら「いいよ」と答えてくれた。
でも、サルサもまだまだなのに、レゲトンとか無謀かな?(;´∀`)
関連記事
[ 2009/07/04 23:26 ] サルサ・バチャータ | TB(0) | CM(0)

七夕の歌をスペイン語で 

スペイン語のウィキペディアを見たら
七夕の歌がスペイン語で載っていたので転載してみる(`・ω・´)

Las hojas de bambú susurran
meciéndose en el alero del tejado.
Las estrellas brillan
en los granos de arena dorados y plateados.
La tiras de papel de cinco colores
ya las he escrito.
Las estrellas brillan
nos miran desde el cielo.
(http://es.wikipedia.org/wiki/Tanabata)

susurrar…ささやく・つぶやく/かすかな音を立てる
mecerse…ゆれる・風にそよぐ
alero…軒・庇
tejado…屋根・瓦
grano…穀粒・粒
arena…砂
tira…切れ端・ひも

直訳すると…

笹の葉がかすかな音を立てる
庇でゆれている
星々が輝く
金の粒と銀の粒
5色の紙の切れ端
私が書いた
星々が輝く
私達を空から見ている

ちなみに…スペイン語で歌ってみようと思っても
ものすごい字余りになって歌うことができない(´・ω・`)
もっと早口で歌えばいけるんだろうか…
関連記事
[ 2009/07/04 23:09 ] スペイン語 | TB(0) | CM(0)

コンガはじめました 

コンパルサのレッスンへ。

初めてコンガを踊った!
でも、去年と比べて、曲の早さがだいぶ違うような…?
先生は本番の曲はではもっと早いと言っていたけれど
生演奏なのでどうなるかわからないとも言っていた(笑)

そう、今回は生演奏。
列の後ろか前か中間か、バンドが入って
多分いっしょにコンパルサするみたい。
楽しみ~♪ 生演奏だとまた違うものね!

問題は振り付けが覚えられるかどうか…
って、ちゃんと覚えないとね(;´∀`)
関連記事
[ 2009/07/04 21:31 ] サルサ・バチャータ | TB(0) | CM(0)

スペイン語字幕抜き書き(風と蟲) 

これはなんの映画かすぐわかると思う(;´∀`)
会社でちょっと話題に出たもので…

 Aquel, que lleve un traje azul, descenderá sobre un campo dorado.
 (その者、青き衣をまといて、金色の野に降り立つべし)

 descender…降りる

 ※文語的な表現みたい。

 Para forjar de nuevo el vínculo perdido con la tierra.
 (失われし大地との絆を結び)

 forjar…鍛える・鍛造する・構築する・捏造する/思い描く・抱く・確立する

 forjar una mentira…嘘をでっちあげる
 forjarse un sueño…夢を抱く

 vínculo…絆・結びつき

直訳すると「失われた大地との新しい絆を構築する」…みたいな感じか。

 Y guiará a todos, al final, a una tierra de pureza azul.
 (ついに人々を青き清浄の地に導かん)

 pureza…純粋・純潔

 Yo estoy asustada de mí misma.
 (私、自分が怖い)

 asustar…怖がらせる・驚かす/怖がる・驚く

 A ti no te asusta nada.…君は怖いもの知らずだ。
 asustarse por nada…ちょっとしたことに驚く

 He perdido la calma y he matado con rencor.
 No sabía que ponía hacerlo.

 (憎しみにかられてなにをするかわからない)

 calma…静穏・平穏・小康/冷静さ・落ち着き/凪・無風状態

 en la calma de la noche…夜のしじまで
 perder la calma…冷静さを失う

 rencor…恨み・遺恨

上の行は直訳すると「冷静さを失い、憎しみで殺した」かな?

 Yo no quiero matar así de fácil.
 (もうだれも殺したくないのに)

 No puedo pedirte que nos perdones, verdad?
 (許してなんて言えないよね)

後、これは関係ないんだけど、ちょっと残しておきたかったので(;´∀`)

 El armario de una chica que vive sola es como el cosmos.
 (一人暮らしの女の押し入れは宇宙よ)
関連記事
[ 2009/07/03 23:32 ] スペイン語 | TB(0) | CM(2)

ずっと組んだまま 

そーいえば、バチャータを踊った人で、ずーっと組んだままの人がいた。

ひたすら横にベーシックだけ、というんではなく
組んだままそれなりに動いてくれて
それはそれで上手でよかったんだけれど
なにせ、曲が終わるまでずっと組んだままというのが…(;´Д`)

正直、ここらへんでターンぐらいさせてくれ~という感じだった。
なんだろう。あれだけきれいに動けるんだから
ターンとかできそうなもんなのに、なんでしないんだろ?

ドミニカのバチャータはずっと組んだままってことはないし
足遊び満載で踊るから、こっちの踊り方に慣れてしまうと
正直、組んでゆれてるだけじゃ物足りなーい(;´Д`)

慣れてないから基本だけ、っていうのならわかるんだけど
そうじゃなかったからちょっと不思議。
関連記事
[ 2009/07/01 21:06 ] サルサ・バチャータ | TB(0) | CM(0)







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。