FC2ブログ













優しくてやわらか 

バチャータのレッスンへ。

あいかわらずの盛況ぶり。
しかも男性が多い!
…やっぱり密着狙い?
なんちゃって(;´∀`)

でも、バチャータって密着密着いうけど
意識的にそうしない限り、あんまり
密着しないと思うんだけどなぁ。
そうしなくても十分に楽しく踊れるし。

でも、密着して踊る楽しさ気持ち良さがあるのも確か。
ただこれは相手を選ぶからなかなか難しいかもね。

まあそれはともかく、今回はなにをやったんだったかな。
なんかややこしいことを色々やった。
いくつかは覚えてるけど言葉で説明ができない。
その場でぐるっと回る足技と、手をはねて取る、みたいな。

先生が何度か繰り返し言っていたのは
1・2・3・チョンでアクセントを入れるところで
シンコペーション?を入れましょうということ。
チャチャみたいな小さなタップを入れるんだけど
まだまだなかなか自然には入れられない。意識的にでないと。

後、男性に対してはマチャンドを入れよう
みたいなことを言っていたような?
私、このマチャンド大好き。なんでか知らないけど。
これは意識しないでも入れることができる。
ま、上手かどうかは別の問題ですが。

後、鬼門のツイストもやった…(;´Д`)
ひざが痛くなるかもと思って
今までだらだらとしかやらなかったんだけど
この時はちゃんとやった。
でも、先生の言う通り、ひざからきちんと
開くようにしたら、そんなに痛くならなかった。

で、フリータイムで先生とバチャータを
踊ろうと思って誘ったら、曲がサルサだった。
しょーがないのでサルサを踊ったんだけど
しょーがないとか言ったら申し訳ないほど
サルサもまた上手なんだよね~

こんなの初めて!系な技が多くて
思わぬ方向から手がのびてきたり
進行方向をさり気なく示してくれたり
でも全体的にはバチャータと同様
優しくてやわらかな踊り方。
…先生、絶対に女性ファンが多いと思う。

その後、念願のバチャータを踊ったんだけど
先生ちょっとおもしろいことやってたよ。
こう、ひざを私のひざの間に入れて
それをくるって回すんだよね。
こんなの初めて!でおもしろかった。

後、軽く足をかけてくれたので
私もかけ返したかったんだけれど
タイミングがよくわからないので
蹴ったら悪いと思ってやめておいた(;´∀`)

それと、別の人と踊った時に
ツイスト技をやったら上手だってほめられたヽ(*´∀`)ノ
でも、基本はやっぱり苦手なんだけどね
スポンサーサイト



関連記事
[ 2009/06/18 01:56 ] サルサ・バチャータ | TB(0) | CM(2)

The Last - Aventura 

買っちゃいましたよ、Aventuraの"The Last"。

DSCN4482.jpg


The Last
The Last
posted with amazlet at 09.06.18
Aventura
Sony International (2009-06-09)
売り上げランキング: 10422


意味深なタイトルだけれど…でも解散はやっぱりないみたい?
よくわからないなぁ…Monchy y Alexandraは
ホントにケンカ別れしちゃったみたいだけど。

それはともかく、やっぱり通して聞くといいなぁ~。
一番好きな曲は"Por Un Segundo"。



後は"El Desprecio"とか"El Malo"とか…
まあほとんど全部好きだけど(笑)
ちなみに"La Curita"はサルサになってる。


後、CarisのChocorateが入ってるLos 4 Fantasticosも買った。
でも、届くのは2週間くらい先になるみたい。
待ち遠しいなぁ。
関連記事
[ 2009/06/18 01:48 ] ラテン音楽 | TB(0) | CM(2)

イライライライラ 

キューバン・サルサのレッスンへ。

早めに行ったらバーテンさんがイランのご飯を食べてた。
一口もらったけどおいしかった。

それはともかく時間を過ぎても先生が来なーい( ゚Д゚)
もう一人の人と、もしかしたら来ないつもりなんじゃないの?
キューバ人ならやりかねん!とぶーぶー悪口を言ってたら
15分くらいしてご機嫌の先生登場。

遅いよ!レッスン時間を延長しろ!と二人がかりで文句を言ったら

 「もーそんなに文句ばっかり言わないで。
  私は今ここにいるんだから、それでいいでしょ?」

これを聞いて甦る記憶。
前に、ラテン人の友人と待ち合わせして
がっつり遅れて来たもんだから文句を言ったら

 「もうそんなに怒らないでよ。僕は今ここにいるでしょ?
  僕がいるのに嬉しくないの?」

と先生と主旨はまったくおなじことを言いやがったんだよね。
あー、おんなじこと言ってるよー…と嫌なデジャ・ヴュだった。

まあそんなこんなでレッスン開始。
あいかわらず先生、怖い。妙な威圧感。
失敗は許されないような雰囲気。
と思ってるのは多分私だけだろうけど
あの先生の前だとなぜか委縮してしまうんだよなぁ。
冗談もよく言う楽しい先生でもあるんだけどね。

基本的なことで注意されたのは
足を閉じてるとステップが早く踏めない
もっと体全体を動かさなければいけない
歩幅が広過ぎるのでもっとコンパクトに動け
ステップでためるのは心の中だけ、足は止めない
後、ターンの時にどっか行かない、だった。

はぁー…(´・ω・`)

そんな感じで2組で踊っていたら
突然先生が「Enchufe!」と言ってRuedaが始まった。
DameとSetentaとYogurだったかな。
Yogurは前にぱんと飛んでぐいーんだと思ってたんだけど
先生に言わせるとそれは「だせぇ」んだそうだ。
別に飛ばなくていいのでそのまま前に出て
下からぐいーんでいいらしい。

時間を遅れた分+5分ほど延長してレッスンは終了。
本人は遅れたからサービスだと言っていた。

ソファに座って休みながら、もう一人の人と
バチャータの先生が優しくて男前という話をしていたら
いきなり先生がにやにやしながら言い出した。

 「あなたそのバチャータの先生が好きなんでしょう。
  俺は男だからわかる。あなたここ(胸を差して)から
  その男のこと好きなんでしょ」

はぁぁぁぁぁーーーーー?

なんでそうなるのかさっぱりわからん。
否定してもしつこく言うし
関係のない人の名前まで出してきてからかうし
もう最高にイラっときて最終的には先生に向って

 「もーうるさい!!Callate(黙れ)!バカ!Muerete(死ね)!」

って言ってもーた。

でも先生も口が悪い。

 「ちよっと、いいから俺の話を聞けって言ってんだよ!
  いいから聞け!」

とか言うし。
でも、まあ、私も悪いけど。

 「なに!?しゃべるならとっととしゃべれば!?
  っていうかマジで大っ嫌い!なにこの人!ムカつく!」

文字にするとすごいけど、半分は冗談めかしていて
でも私は半分はマジでイラッときていた。
自分は冗談のつもりでも
からかいのきっつい奴っているんだよねー…

なので私も先生の嫌がる言葉、「先生なんだから」
という言葉をわざと使って

 「ほら、彼女が踊りたいって!先生なんだから踊ってあげなよ」

 「ホントにその言い方やめて。私には名前がある」

 「嫌です。先生ー! せーんせーい!
  生徒が踊りたいって言ってんだから相手しなよ!」

 「なんでそんな怒って言うの。もっと優しく言って」

なので、こう両手を握ってくねってして

 「ね、先生、彼女と踊ってあげて」

と言ったら

 「そんなわざとらしい好きみたいな感じ嫌だ」

…イライライライライライライライラ(#^ω^)

もうホントに嫌かもこの先生。
半分はおもしろくて好きだけど、半分は本気でムカつく。
なので来週のレッスンはどうしようと思ったんだけど
もう一人の人に

 「ね、来週も来るよね?もうレッスンに来ないって嘘だよね?
  来るよね?」

と、念を押されてしまったので、行かざるを得ない感じ…(;´Д`)

それにしてもホントにムカつくわー。
まともに相手をするからいけないのかしら。
私ももう一人の人みたいにはいはいで流せばいいのか。

確かにもう一人の人は先生がなにか話しはじめても
「話が長い。レッスン続けろ」と遮ってるもんなぁ。
私もスルー能力を身につけなければ…
関連記事
[ 2009/06/18 01:36 ] サルサ・バチャータ | TB(0) | CM(2)