スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

レゲトン、チャチャチャ、そしてサルサ・クバーナ! 

Cubamemuchoの人達のワークショップの動画をいくつか貼ってみる。
だってんもーあんまりすごかったもんだから!!(*´Д`)

まずはレゲトン。



もう最初の肩甲骨の動きからしてやられましたよ。
なにこの動き。なんでこんなふうに動かせるの?
上半身の動きも…下半身の動きも…とにかくすんごい!!( ゚Д゚)

次はチャチャチャ。



とにかくかっこいい。かっこよ過ぎ(*´Д`)
もしこんなの目の前で踊られたら興奮し過ぎて過呼吸になっちゃうよ(笑)

後、これはちょっとめずらしい。
男一人・女二人での踊り方のワークショップ。



こういうので最高…5人の女の人と踊っている動画を見たことがある。
男の人としてはそれだけの女の人を自在にリードできるとなったら、やっぱり嬉しいんだろうか(笑)

そして最後にはやっぱりサルサ・クバーナ!
男の人がとにかくすごい!



ホントにかっこいいなぁ~

でも、キューバのサルサにしろ、ドミニカのバチャータにしろ
男のほうが花に見えるのは気のせいだろうか。
こういうのを見ると男としてサルサを踊りたくなっちゃうんだよね~(*´Д`)
スポンサーサイト
関連記事
[ 2009/06/30 23:40 ] サルサ・バチャータ | TB(0) | CM(4)

キューバ料理~♪ 

キューバの人が作ったキューバの料理を食べよう!みたいなイベント?に行って来た。



私の盛り付けがアレだし、油が紙皿に染みちゃってるし
見た目にはちょっとアレだけど、でも、味は うまい! でした。

でも、やっぱり作る人によって、味ってだいぶ違うんだね。
前によく食べていたキューバ料理は味が濃い目でしっかりしてたんだけど
この時に食べたキューバ料理はちょい薄味で、マイルドな感じだった。

そういえば初めてyucaなる物を食べた。
名前はうっすら聞いていたけど食べるのは初めて。
スプーンで切り分けるのが大変なくらい超繊維質だった。
でも、体には良さそう。

ちなみにyucaというのは、キャッサバのことで、タピオカの原料でもあるみたい。
味はレモンがきいてたから本来のものはわからないけれど、食感はよかった。
ほかにもこういうメニューがあったんだけど…

Arroz Congris (黒豆のご飯)
Picadillo (ひき肉料理)
Pollo Asado (焼き鳥?鶏の丸焼き?)
Chicharrones (豚の皮のから揚げ)
Platanos Fritos (バナナのフライ)
Yuca Con Mojo (ユカのモホソースがけ)
Ensalada Verde (グリーンサラダ)
Ensalada Fria (冷たいサラダ?)

あー、チチャロンを食べてない!Σ( ̄□ ̄川)
バチャータ・レッスンに行きたくて、途中で抜けちゃったからなぁ
関連記事
[ 2009/06/30 23:06 ] 多国籍料理 | TB(0) | CM(0)

やっぱりドミニカン・スタイルがいい! 

床屋さんでバチャータの人がまた新しい動画をUPしてた!(・∀・)
ので、貼ってみる。



これまた早めなバチャータで足遊びたくさんでかっこいい~!(*´Д`)
あ~、こんなふうに踊りたいよ~。

こちらはほかの人の動画だけどやっぱりきっちりドミニカン・スタイル!



でもってこっちも!



本当にドミニカのバチャータがもっともっと広まってくれないかなぁ。
そうしたら、バチャータは休憩タイムだとか、簡単過ぎて退屈だとか
そんなことを言う人はいなくなると思う(`・ω・´)

最終的には、どこのクラブに行ってもこのドミニカのバチャータで踊れたら、最高なんだけどな
関連記事
[ 2009/06/30 22:41 ] サルサ・バチャータ | TB(0) | CM(2)

復習は大事 

バチャータのレッスンへ。
今回教えてもらった足遊びも難しかったです。

左でちょんてしたら、右に一歩踏み出してから
左足を前にクロス、いったんためてから
右・左・右とテンポよくクロスしていき
後ろにつま先をちょん、前にちょんを4回したら
前に出した右足を軽くはねあげ、右にベーシック。
ちなみに男性はこれが逆になる。

今回レッスンだったから、男女で同時にしたけれど
まあ別に合わせてやらなくてもいいみたい。
確かにこんなの事前に打ち合わせがなかったら
なかなか同時にはできないだろうなぁ。

この足遊び、タイミングも難しいけれど
足をクロスしていく時にうっかりすると前に進んでしまうので
同時にやると前にいる相手とぶつかってしまうことも多かった。
うまく合わせた手を押し合って距離を調節できるといいんだけどね。

フリータイムにキューバン・サルサを習っている人を発見!
キューバンっていいよね!って話でちょい盛り上がる。
男のまわりを歩こうとするから、すぐにキューバンってバレる
って話をしてからじゃあ踊ろうって踊ったら
もうぐいんぐいんまわりを歩かせてくれて気持ち良かった~

この後、多分LAの人とも踊ったんだけど
自分に相手の前から動くな!と言い聞かせながら踊った。
どうしても左に行きたくなる体を押しとどめ
なるべく相手と向き合うように心がけて。
大丈夫だったなー。踊りにくかったりしなかったな。
相手に合わせて踊りわけるのってなかなか難しい。

そういやキューバン・サルサを踊った人に
バチャータにタメがあると言われた。
自分ではどこでタメているのかわからなかったけれど
バチャータは後のりだからそれで大丈夫とも。
とりあえず…ほめられたんかな?

で、もちろん先生とも踊ったー
レッスンを受けたら一回は踊らないと気が済まない!
でも、倍率が高いから、隙を見つけるのがなかなか難しい。

今回も、先生が踊り終わって、曲がまたバチャータなのを確認してから
イスに座って一息ついた先生のところにすかさずすささと近寄り
にこーっと笑いかけると先生も笑顔で立ちあがってくれたけれど
あー見つかっちゃったー感はちょっと否めなかった(笑)

でもやっぱり先生のバチャータいいわぁ(*´Д`)
ホントーにやわらかくて優しい。
それに今回は先生に足をかけられたし!
…って、先生にかけられてできなかったら
どこでかけるのって聞いたらこっちの足と教えてくれたので
その時にひょいとかけてみただけだけれど
踊ってる時に普通に対応できるようになりたいよー。

対応っていえば、途中で手を離して先生が足遊びを始めたんだけど
以前だったらこんなことされたら私はどうすればいいの!?
って感じでまごまごしてしまっただろうけど
もうね、今はね、適当にツイストを入れてみたり
足クロスでベーシックしてみたりと
足遊びとはいかないまでもそれなりにステップを踏んでられるようになった。
ちょっとは進歩かな?

でも、思ったんだけど、やっぱり復習しないとダメだ。
だってさ、よく考えたら、レッスンのたびに新しい足遊びを教えてくれてるのに
一回で忘れちゃってたら意味ないじゃん。
一番初めに教えてくれた足遊びは、その後一人でも練習してたから
今でもちゃんとできるんだよね。
自分でがんばってレパートリーを覚えていかないと
ホントにレッスンをしてる意味がない。
サルサの先生の言う通りだな。

今回の足遊びも鼻歌を歌いながらでもできるようにしないと。
関連記事
[ 2009/06/29 09:00 ] サルサ・バチャータ | TB(0) | CM(0)

欲しいジーンズ 

このパンツ、かなーりセクシーだけど
かっこいいなぁ~(*´Д`)

 

確かこういう形で、材質はジーンズ生地で
パンツが出ているようにしか見えない物もあったような気が。

そういや、ずっと前にラテンの女の子とクラブに行った時
その女の子が超ミニスカートのウエストを折り曲げて
わざとパンツを半分出して見せていたんだけれど
あれは衝撃的だったな~。

そーいや、このジーンズを



サルサクラブで実際にはいてる人を見た!
その人はへそ出しで着ていたんだけど
思ったよりやらしい感じではなくて
普通に似合っていてかっこよかった(*´Д`)

背が高くてスレンダーだったからかな?
私もこういうの結構好きなんだけど
こんなの着たら言葉の通りの意味で
目に毒、いや猛毒だからやめとく( ;∀;)

こっち系のジーンズも1着は欲しいと思ってるんだけど

 

いまだに手が出ずにいる。
蝶のやつとか超かわいいんですけど(*´Д`)
こういうの着て踊りに行きたいなぁ。
関連記事
[ 2009/06/29 06:00 ] サルサ・バチャータ | TB(0) | CM(0)

宿題を出されました 

キューバンサルサのレッスンへ。

…私一人しか来なかったので
自動的にマンツーマンのレッスンに。
これはこれでおいしい!?( ゚∀゚)
先生的にはおいしくないだろうけど。

やっぱりまず最初に、先週習ったことを
覚えているかと聞かれたので
目の前で踊ってみせたらOKが出た。
家で復習しといてよかった~。

で、今回教えてもらったのは
まず最初にターンをしながらの位置変え。

先生の手があればズレたりしないんだけど
これを手なしでやると方向が定まらず
あっちこっちにズレて行ってしまい
何度も引き戻されて「もう一回!」と
繰り替えしやらされたんだけど
結局、最後までビシッとはできなかった…

んで、その流れで少し踊ってから
先生の前におなじ方向を向いて立ち

先生が私の右手を取って私の左肩に当てる→右足を右に出す→左手を右肩に当てる→左足を左に出す→右手を開き右足を出す→左手を開き左足を出す→一回引いてから組む

というのをやって、まあなんとかできたんだけど
なんというか、リーチが短いせいで
私がやるとあんまりかっこよくないんだこれが( ;∀;)

それから先生のお腹まわりに手を滑らせるようにして
先生のまわりを2周するんだけれど
これが結構大変で音楽についていけない!
リズムからズレないようにしようとすると
なんかもう駆け足してるみたいになってしまって…
何度も「遅い!」「リズムが違う!」
と言われてしまった。

それからまたちょっと踊ってから…

先生と横並びになってベーシック→後ろに踏んでから足を右・左・右・左と前に出す→左右に右・左・右・左と足を出す→前・後ろと踏んだらすぐに両足で前に滑り出る→足をクロスさせて横に移動→ベーシックで後ろに下がる→私だけ足をクロスさせて先生の前を横に移動→横向きになって後ろに踏んで組む

ここまでやったよ! しんどかったよ!(;´Д`)
見ていた人によると、横に並んで二人でやる
シャインがかっこよかったらしい。

うん、あれは確かに、もっとちゃんと踊れる人が踊ったら
ホントにかっこいいと思う。
でも私が踊ると、やっぱり手足が短いせいで
なーんかかっこ悪いんだよねぇ…( ;∀;)

でもさすがにマンツーマンだけあって
みっちりやりましたー!って感じ。
途中、休憩で5分くらい休んだだけで
後はずーっと踊りっぱなしだったもんね。
「遅い!」「違う!」「もう一回!」は
繰り返し言われたけどねー(;´∀`)

最後の二人でシャインの部分は
3回に1回くらいの割合で失敗するので
宿題にされてしまった(; ̄∀ ̄)

なので、家に帰ってから即行で復習しましたよ!
結構複雑だからすぐにやらないと忘れると思って。
やっぱりチャランガの曲は早いので
遅めの曲を選んで黙々と復習。

その途中、不意にステップがぴったりと
音楽にハマることに気がついて感動した。
レッスンの時はひたすら間違えないように
先生から遅れないようにばっかりだったけど
改めてゆっくりと踊ってみると
ホントにきれいにハマるからやっぱすごい

なんだかんだいいつつ
やっぱりこの先生のレッスン好きかも。
関連記事
[ 2009/06/29 03:00 ] サルサ・バチャータ | TB(0) | CM(2)

La Introduccion - Carlos y Alejandra 

前探した時にはなかったのに、今探したら出てきた!

La Introduccion
La Introduccion
posted with amazlet at 09.06.29
Carlos & Alejandra
Machete Music (2009-04-21)
売り上げランキング: 67462

1. Explicame
2. Arrepentimiento
3. Amor No Tiene Edad
4. Cafecito
5. Quizas
6. Falso Sueo
7. Cuanto Duele
8. Ella y El
9. Esta Cancion
10. Perdoname
11. Amor a Vista
12. Quizas [R&B Version]

Carlos y AlejandraのLa Introduccion。
Carlosの声がRomeoにそっくりなんだけど
それってやっぱり本人的には言われるの嫌かもね(; ̄∀ ̄)

でも、このCDはホントにいいです。マジでお勧め。
好き過ぎてExplicameで着信音を作ってしまったくらい。
教えてくれた人本当にどうもありがとう(*´∀`)

なんていうかね、全体的に甘いというか切ないというか
バチャータらしいっていうか、そんな感じ。
こういうの言葉で表現するの難しいなぁ(;´Д`)

とりあえず、Cuanto Dueleの動画を見つけたんだけど
埋め込み禁止になっていたのでURLを貼っておく。

 http://www.youtube.com/watch?v=mP8soxZ0tB8

こっちはCDのCM?
歌ってるのはCuanto Duele。



しかしまだサルサクラブでは聞いたことないかも?
だれかかけてくれないかなー(*´Д`)
関連記事
[ 2009/06/29 02:33 ] ラテン音楽 | TB(0) | CM(0)

悪魔はすごい 

前に貼ったこのバチャータ動画の中で



途中と最後で、多分、撮ってる人が

 diablo

って声をかけてて、diabloは「悪魔」って意味なんだけど
でもその意味では言ってないんだろうなぁと思って調べてみたら
やっぱりdiabloには「すごい!」って意味があった。

ほかには…

 como el diablo…激しく・猛烈に
 del diablo / de (todos) los diablos…大きな・大変な

 un problema de todos los diablos…頭の痛い問題・大事

 上の例文は直訳したら「すべての悪魔の問題」?
関連記事
[ 2009/06/28 23:29 ] スペイン語 | TB(0) | CM(0)

着うたの作り方メモ 

この前、着うたの作り方について
友人から質問を受けたんだけれど
前はどうやって作ったのか、さっぱり思い出せず…

自分自身、また作りたくなってしまったので
改めて調べ直してみた。
この先、また作りたくなった時のために
忘れないようにメモ

ただし、SB920SH用。
ほかの機種でも応用できるかもしれないけど…
ちなみに、使用しているPCはVista。

とりあえず、Sound Player Lilith
サウンドデコレーターの、二つのフリーソフトが必要。

まず、ウインドウズ付属のムービー・メーカーで
適当に使いたい部分の音楽を切り出し。
自分は30秒にしたけど15秒でもよかったかも。

次にSound Player Lilithで、mp3ファイルをWAVファイルに変える。
me時代には、付属のサウンドレコーダーでこれができたんだけど
Vistaのではできなくなっていてショック(;´Д`)

そしたら、サウンドデコレーターでmmfファイルに変える。
設定はM-7、サンプルタイプは14000くらいだったような気が。

できあがったファイルをSDカード経由で携帯へ。
カードから本体に移して着信音設定。

これでできあがり…なんだけど
音が超悪ーーーい(;´Д`)
質の良くないラジオの音みたい。

どうやらSB携帯か3g携帯は制限が高いらしいんだよね。
でもまあ自分の好きな曲が着信音にできると思えば、ね…

もしかしたら15秒のファイルだったら
もうちょっとタイプが高くできるのかなぁ。
また時間ができた時に試してみるか…
関連記事
[ 2009/06/27 01:28 ] ラテン音楽 | TB(0) | CM(0)

内気は損です 

バチャータレッスン~♪

雨だったせいか人はちょい少なめ。
って言っても、前回よりはってだけで
結構な人数が集まっていた。

レッスン内容はちょっとややこしいターンをやった。
右から左へ左回りでターンした後
今度は左から右へ左回りでターン…で、合ってるかな?
ターンで行って戻って来るんだけど
その向きがちょっとややこしいと言うか
自分で書いていてもよくわからない。

フリータイムにはドミニカの人達がやって来た。
その人達と知り合いだという方が
スペイン語の勉強にもなるし
紹介してくれると言ってくれたんだけど
なんか恥ずかしくて必死に抵抗してしまった。
基本、人見知りなんですよ…(;´Д`)

で、そのドミニカの人達が踊るところを見ていたんだけど
特に目を惹くかわいい女の子がいて
小柄で黒い髪でいい腰回りをしていて
踊り方がこれまたすごくいい感じ。
具体的には説明できないけれど
なんかすごくよかったんだよね。
ああいうふうに踊りたいなぁ。

後、ドミニカはシャイな男性が多いんだって?
気に入った子がいても自分からは誘えず
ほかの人に「彼が踊りたいと言っている」
みたいな感じで代わりに誘ってもらうんだとか。

いやでも前に別の場所で誘われて踊った時
「今日からあなたは僕の彼女ね」
なんてことを言っていたドミニカの人もいたから
全員が全員、シャイってわけでもないんだろうね(笑)

でも、昨日来ていたドミニカの男の人達は
シャイな部類の人達だったみたいで
途中で連れの女性の人が「だれか彼らと踊りたい人いな~い?」
とこちらに勧誘に来ていた(笑)

今から思えばこの時に踊ってもらえばよかったな~。
結局、やっぱりなんか恥ずかしくて
かわりに友人を押し出してしまった。
やっぱり内気は損をするな。直さないと。

R先生とは結構速いバチャータを踊った。
先生、最初はのりのりだったんだけど
途中でがくんと落ちてしまって
どうしたんだろうと思ったら
疲れちゃったみたいだった。
そりゃ、何人とも立て続けに踊ってればねぇ…(;´∀`)

それからM先生とメレンゲ・マンボも踊った!
最初はドミニカの人達も加わって輪になって踊って
曲が終わったと思ったら次の曲もメレンゲ・マンボだったので
今度は先生を前に出して店にいた人ほぼ全員で踊った。
踊り方を知らないので、先生を見てマネしてるだけだけど
これがまた楽しいんだよね~

メレンゲ・マンボのレッスンもやって欲しいなぁ。
だって普通のメレンゲとステップが全然違うんだもん。
バチャータとおなじく足技多彩なうえに
上半身のムーブメントもハンパないからね。
あれが踊れたら楽しいだろうなぁ~。

普通のメレンゲは女性を誘って踊った。
一応、男役、でも、技なんて知らないから
組まずにたまに回してあげたり
わざとくっついて足の間に足を入れて
超密着メレンゲでキャーキャー言わせながら踊ったり。

…女の子をキャーキャー言わせるのって楽しいね( ゚∀゚)
なんか男の気持ちがちょっとわかった気がする。
関連記事
[ 2009/06/26 03:00 ] サルサ・バチャータ | TB(0) | CM(0)

嬉しいの表現 

ちょっとメモ。

 dar gusto a~… ~を喜ばせる・楽しませる

だから、これを使って「君に会えて嬉しい」だと

 Me da gusto verte.

この場合のdarは…三人称の変化ってことだよね。
だからこれが過去形になって、「会えて嬉しかった」だと

 Me dio gusto verte.

この場合の主語はなんだ? gustoか?
イマイチ使い方がよくわからない…
先生に確認してみようかな。

「嬉しかった」と過去形で表現したい時

 Estaba alegria.

とか使ってたんだけど、ネイティブの人が
この使い方で表現しているのを2回ほど見たので
もしかしてこっちの表現のほうがナチュラルなんかな?と思って。
関連記事
[ 2009/06/26 00:00 ] スペイン語 | TB(0) | CM(0)

バチャータ・ドミニカン・スタイル 

床屋さんでBachataの動画をUPしている人が
また新しい動画をUPしていたので貼ってみる。

早いバチャータで足技たくさんで超かっこいい!!!



どれだけ踊ったらこの域に達するんだろう…
ま、無理なような気もするけどねー(; ̄∀ ̄)

でも、せめてこんな感じの、程度でもいいから
このバチャータが踊りたいんだよー(´・ω・`)
関連記事
[ 2009/06/25 22:57 ] サルサ・バチャータ | TB(0) | CM(2)

これは特訓 

キューバン・サルサのレッスンへ。
まあ約束しちゃったしね…(;´∀`)

まー今週のレッスンは厳しいこと厳しいこと。
先週、いじめ過ぎたせいで、復讐されたようだ。
レッスン開始から指をばきばき鳴らしてたし。

先週教えたことをもう一度やってみろと言われて
覚えてないと言ったらレッスンしてる意味がないと言われ
まあそれはそうだと思いつつこういう厳しいレッスン
どこかで受けた覚えがあるな~と思ったら
前に習っていたベリーダンスのレッスンとおなじだった。

前のベリーダンスの先生も外国の方で
「あなた達のダンスには技術はあるけど花がない。
一度見たらもう十分。また見たいとは思わない」とか
めっっっちゃ厳しいことを言う人だった。
あの先生のレッスンとおなじ感覚。怖いよー(;´Д`)

レッスンの間、しきりと「ムーブムーブ(動け動け)」と言われた。
もっとこう体を大きく動かして踊れということらしい。
自分では動いているつもりなんだけどなぁ…

と思っていたら先生がイスをフロアに置いて
イスに触らないようににしてその周りで踊れと言い出した。
なんかレッスンというよりは特訓という雰囲気。

でも先生はもっと楽しんでくれと言う。
音楽、ダンス、楽しい、ただそれだけだ、と。
頭の中でカウントしないで、音楽を聞いて
楽しんで、遊んで、と言うんだけれど…
にらまれながらでできるかー!ヽ(`Д´)ノ

怖いよー。
なんでこんなにビビっちゃうんだか
自分でもよくわからない。

そういえば、今回のレッスンで使われていた音楽は
Charanga Habaneraばっかりだった。
単純にわーいチャランガだーと思って
聞いていたんだけど、途中で先生が

 「あなたはチャランガが好きだって言ってたけど
  チャランガはもっともっと動かなければいけないから
  踊るの(あなたには)大変なんだからね」

みたいなことを言い出して、あれもしかして
私が好きだって言ったからCharanga Habaneraに
してくれたの?みたいな。

チャランガが好きって言った時には
「サルサを踊るにはほかにもっといい音楽がたくさんある」
みたいなことを言ってたくせに。

一瞬、先生、優しいかも…と思いかけたけれど
でももしかしたら単純に、どーだいくらチャランガが好きでも
おまえには踊れんだろう百年早いわわはははは
だったのかもしれない…( ;∀;)

で、フリータイムにちょっとごちゃごちゃあって
もしかしたらもうレッスンやめるとか言い出すんじゃないかと思って
思わず「来週もまた来るよね?ね、来週も来てね?」と言ったら
「大丈夫。来るよ」と答えてくれたんだけど、そばて聞いていた人が
「それ逆じゃね?」と…

よく考えたらホントに逆だ。
先生が生徒に「来週もまた来てね」ってのはよくある話だろうけど
生徒が先生に「来週もまた来てね」って確認するってなんだそれー(;´Д`)
まあこの件に関しては私の心配し過ぎだったからいいんだけど。

とりあえず、今回習ったことは次回まで忘れないようにしなくちゃ…(; ̄∀ ̄)
関連記事
[ 2009/06/25 03:00 ] サルサ・バチャータ | TB(0) | CM(2)

手が重い! 

手が重い重いと言われている私ですが
この前初めてそれを実感した。

踊った相手の人の手が異様に重くて
それを支える私の手が辛くて
なんでこの人はこんなに手に重さを
かけてくるんだ…と思ったところで
あ、これがいつもの私か、と気がついた。

手が重いのってホントーに困るね。
なにより自分の手が辛い。
重しを持った手をあげたまま踊り続けるのって
地味に手首にくる。

うっわー…これは本当に改善しなくては(;´Д`)
重さをかけられる側になって初めて知る辛さでした。
関連記事
[ 2009/06/25 00:00 ] サルサ・バチャータ | TB(0) | CM(0)

焦ると早くなる 

この前踊った人。

結構長く踊っているという話だったので
上手なんだろうなと思っていたんだけど
実際に踊ってみたらなんていうか
音からズレているというか…
しかも早いほうにズレている。

でも私もそんなうまいほうじゃないし
もしかしたら私がズレてるのか?
なんて思っていたら、帰り際に上手な人が

 「あの人すごい早取り。困った」

と言っていたのでやっぱり早かったようだ。
でも、思い返してみると、素で音を外している
という感じではなくて、どちらかというと
焦るあまりに早取りになってしまっているという感じ。

うわぁ、私に似てる(;´Д`)

私も焦るどんどん早くなるからなぁ~。
だから気持ちはすごいよくわかる。
ターンとかは上手だったから
落ち着いて踊れば実はうまいんじゃないのかな。
関連記事
[ 2009/06/24 23:00 ] サルサ・バチャータ | TB(0) | CM(0)

例えて貝 

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
[ 2009/06/24 22:58 ] スペイン語 | トラックバック(-) | コメント(-)

タマネギ嫌い 

久しぶりにペルー料理を食べた。

「お勧めは?」と聞いたら「ロモ・サルタード」とのことだってたので
タマネギ嫌いなんだけど…と思いつつ、チャレンジしてみた。

ロモ・サルタードは肉とポテトの炒め物…といった感じなんだけど
結構タマネギがどっさり入ってるので、本当だったらスルーしたい料理。
でも、味はすっごく好きなので、自分ではタマネギを入れずに作ったりする。

大丈夫かなぁと思いつつ、でもこの店で出される料理に入ってる
タマネギはなぜか食べられるからなぁと思いつつ食べてみたら
ロモ・サルタードに入ってるタマネギもやっぱり食べることができた。

不思議。なんで食べられるんだろ?
やっぱり味つけ?濃くてタマネギ味がしないから?

とにかく久しぶりに食べるロモ・サルタードはめっちゃうまくて
食べてる途中に何度か「店員さ~ん、おいしいよ~これおいしいよ~」
と訴えていたら「それはよかったねぇ」と言われた。

よーし、来週も食べよ~ヽ(*´∀`)ノ
関連記事
[ 2009/06/24 22:44 ] 多国籍料理 | TB(0) | CM(0)

正直な人 

なんかすんごい正直なラテン人がいた。
私が

 「女にすごい興味があるくせに
  そんなことありませんな顔をして
  鼻息だけが荒い人が嫌だ」

と言ったら

 「俺は嘘はつかない。
  すべての女性に興味がある。
  だからあなたにも興味がある」

と言われた。

…( ゚Д゚)

うーれーしーくーなー。

今まで一番嬉しくない興味の持たれ方だ。

その後、私がエスカレーターに先に乗ったら
お尻のポケットに入れておいた携帯のストラップに触ったので

 「あー、それは沖縄で買ってきた…」

と言いかけたら遮って

 「違う。おしり見てた」

 「え、でも、ストラップ…」

 「おしり見てた!!」

いやいいんだけどさ、見てもさ。
しかしなんで断言するかな。

なので私も

 「見てるだけじゃつまんなくない?」

と言ったら

 「ええっ!触っていいの!?」

と言うので

 「ダメに決まってんじゃん」

と言ったらなんか口ん中で文句言ってた。
おもしろい人でした。
関連記事
[ 2009/06/24 22:12 ] いろいろ | TB(0) | CM(0)

三波春夫でございます 

前からちょっと疑問に思っていたこと。

バチャータやレゲトンを聞いていると
たいがい歌い手が自分の名前を名乗るじゃないですか。
バチャータ歌手は自分で名乗るけれど
レゲトン歌手だとお互いの名前を呼び合ったりとか。

なぜなのかをキューバの人に聞いたら
まあ単純にアピールというか名前を覚えてもらうためというか
そんなことらしい。

 「日本語とか英語の歌にはそういう習慣ないよねぇ」

と言ったら、もう一人の人が

 「歌い出しで「三波春夫でございます」と言うのといっしょじゃね」

と言ったので超ウケた。
そうか、三波春夫はラテン的な歌い方をする人だったのか(笑)

後、レゲトンの歌詞は過激なものが多いという話になって
ピット・ブルの歌を日本語訳で歌ってくれたんだけど
これが意外と曲にハマっていておもしろかった。

女の子はちっちゃい、でもお尻は大きい、お尻ー!
みたいな歌詞だったかなぁ(笑)

あ、でも、過激なのはプエルトリコのレゲトンで
キューバのレゲトンはそんなに過激じゃないって言ってたな。
レゲトンの歌詞はスラングが多いんで訳すのは敬遠してたけど
キューバのレゲトンならいけるかな?
今度、チャレンジしてみよう。
関連記事
[ 2009/06/21 23:46 ] ラテン音楽 | TB(0) | CM(0)

優しくてやわらか 

バチャータのレッスンへ。

あいかわらずの盛況ぶり。
しかも男性が多い!
…やっぱり密着狙い?
なんちゃって(;´∀`)

でも、バチャータって密着密着いうけど
意識的にそうしない限り、あんまり
密着しないと思うんだけどなぁ。
そうしなくても十分に楽しく踊れるし。

でも、密着して踊る楽しさ気持ち良さがあるのも確か。
ただこれは相手を選ぶからなかなか難しいかもね。

まあそれはともかく、今回はなにをやったんだったかな。
なんかややこしいことを色々やった。
いくつかは覚えてるけど言葉で説明ができない。
その場でぐるっと回る足技と、手をはねて取る、みたいな。

先生が何度か繰り返し言っていたのは
1・2・3・チョンでアクセントを入れるところで
シンコペーション?を入れましょうということ。
チャチャみたいな小さなタップを入れるんだけど
まだまだなかなか自然には入れられない。意識的にでないと。

後、男性に対してはマチャンドを入れよう
みたいなことを言っていたような?
私、このマチャンド大好き。なんでか知らないけど。
これは意識しないでも入れることができる。
ま、上手かどうかは別の問題ですが。

後、鬼門のツイストもやった…(;´Д`)
ひざが痛くなるかもと思って
今までだらだらとしかやらなかったんだけど
この時はちゃんとやった。
でも、先生の言う通り、ひざからきちんと
開くようにしたら、そんなに痛くならなかった。

で、フリータイムで先生とバチャータを
踊ろうと思って誘ったら、曲がサルサだった。
しょーがないのでサルサを踊ったんだけど
しょーがないとか言ったら申し訳ないほど
サルサもまた上手なんだよね~

こんなの初めて!系な技が多くて
思わぬ方向から手がのびてきたり
進行方向をさり気なく示してくれたり
でも全体的にはバチャータと同様
優しくてやわらかな踊り方。
…先生、絶対に女性ファンが多いと思う。

その後、念願のバチャータを踊ったんだけど
先生ちょっとおもしろいことやってたよ。
こう、ひざを私のひざの間に入れて
それをくるって回すんだよね。
こんなの初めて!でおもしろかった。

後、軽く足をかけてくれたので
私もかけ返したかったんだけれど
タイミングがよくわからないので
蹴ったら悪いと思ってやめておいた(;´∀`)

それと、別の人と踊った時に
ツイスト技をやったら上手だってほめられたヽ(*´∀`)ノ
でも、基本はやっぱり苦手なんだけどね
関連記事
[ 2009/06/18 01:56 ] サルサ・バチャータ | TB(0) | CM(2)

The Last - Aventura 

買っちゃいましたよ、Aventuraの"The Last"。

DSCN4482.jpg


The Last
The Last
posted with amazlet at 09.06.18
Aventura
Sony International (2009-06-09)
売り上げランキング: 10422


意味深なタイトルだけれど…でも解散はやっぱりないみたい?
よくわからないなぁ…Monchy y Alexandraは
ホントにケンカ別れしちゃったみたいだけど。

それはともかく、やっぱり通して聞くといいなぁ~。
一番好きな曲は"Por Un Segundo"。



後は"El Desprecio"とか"El Malo"とか…
まあほとんど全部好きだけど(笑)
ちなみに"La Curita"はサルサになってる。


後、CarisのChocorateが入ってるLos 4 Fantasticosも買った。
でも、届くのは2週間くらい先になるみたい。
待ち遠しいなぁ。
関連記事
[ 2009/06/18 01:48 ] ラテン音楽 | TB(0) | CM(2)

イライライライラ 

キューバン・サルサのレッスンへ。

早めに行ったらバーテンさんがイランのご飯を食べてた。
一口もらったけどおいしかった。

それはともかく時間を過ぎても先生が来なーい( ゚Д゚)
もう一人の人と、もしかしたら来ないつもりなんじゃないの?
キューバ人ならやりかねん!とぶーぶー悪口を言ってたら
15分くらいしてご機嫌の先生登場。

遅いよ!レッスン時間を延長しろ!と二人がかりで文句を言ったら

 「もーそんなに文句ばっかり言わないで。
  私は今ここにいるんだから、それでいいでしょ?」

これを聞いて甦る記憶。
前に、ラテン人の友人と待ち合わせして
がっつり遅れて来たもんだから文句を言ったら

 「もうそんなに怒らないでよ。僕は今ここにいるでしょ?
  僕がいるのに嬉しくないの?」

と先生と主旨はまったくおなじことを言いやがったんだよね。
あー、おんなじこと言ってるよー…と嫌なデジャ・ヴュだった。

まあそんなこんなでレッスン開始。
あいかわらず先生、怖い。妙な威圧感。
失敗は許されないような雰囲気。
と思ってるのは多分私だけだろうけど
あの先生の前だとなぜか委縮してしまうんだよなぁ。
冗談もよく言う楽しい先生でもあるんだけどね。

基本的なことで注意されたのは
足を閉じてるとステップが早く踏めない
もっと体全体を動かさなければいけない
歩幅が広過ぎるのでもっとコンパクトに動け
ステップでためるのは心の中だけ、足は止めない
後、ターンの時にどっか行かない、だった。

はぁー…(´・ω・`)

そんな感じで2組で踊っていたら
突然先生が「Enchufe!」と言ってRuedaが始まった。
DameとSetentaとYogurだったかな。
Yogurは前にぱんと飛んでぐいーんだと思ってたんだけど
先生に言わせるとそれは「だせぇ」んだそうだ。
別に飛ばなくていいのでそのまま前に出て
下からぐいーんでいいらしい。

時間を遅れた分+5分ほど延長してレッスンは終了。
本人は遅れたからサービスだと言っていた。

ソファに座って休みながら、もう一人の人と
バチャータの先生が優しくて男前という話をしていたら
いきなり先生がにやにやしながら言い出した。

 「あなたそのバチャータの先生が好きなんでしょう。
  俺は男だからわかる。あなたここ(胸を差して)から
  その男のこと好きなんでしょ」

はぁぁぁぁぁーーーーー?

なんでそうなるのかさっぱりわからん。
否定してもしつこく言うし
関係のない人の名前まで出してきてからかうし
もう最高にイラっときて最終的には先生に向って

 「もーうるさい!!Callate(黙れ)!バカ!Muerete(死ね)!」

って言ってもーた。

でも先生も口が悪い。

 「ちよっと、いいから俺の話を聞けって言ってんだよ!
  いいから聞け!」

とか言うし。
でも、まあ、私も悪いけど。

 「なに!?しゃべるならとっととしゃべれば!?
  っていうかマジで大っ嫌い!なにこの人!ムカつく!」

文字にするとすごいけど、半分は冗談めかしていて
でも私は半分はマジでイラッときていた。
自分は冗談のつもりでも
からかいのきっつい奴っているんだよねー…

なので私も先生の嫌がる言葉、「先生なんだから」
という言葉をわざと使って

 「ほら、彼女が踊りたいって!先生なんだから踊ってあげなよ」

 「ホントにその言い方やめて。私には名前がある」

 「嫌です。先生ー! せーんせーい!
  生徒が踊りたいって言ってんだから相手しなよ!」

 「なんでそんな怒って言うの。もっと優しく言って」

なので、こう両手を握ってくねってして

 「ね、先生、彼女と踊ってあげて」

と言ったら

 「そんなわざとらしい好きみたいな感じ嫌だ」

…イライライライライライライライラ(#^ω^)

もうホントに嫌かもこの先生。
半分はおもしろくて好きだけど、半分は本気でムカつく。
なので来週のレッスンはどうしようと思ったんだけど
もう一人の人に

 「ね、来週も来るよね?もうレッスンに来ないって嘘だよね?
  来るよね?」

と、念を押されてしまったので、行かざるを得ない感じ…(;´Д`)

それにしてもホントにムカつくわー。
まともに相手をするからいけないのかしら。
私ももう一人の人みたいにはいはいで流せばいいのか。

確かにもう一人の人は先生がなにか話しはじめても
「話が長い。レッスン続けろ」と遮ってるもんなぁ。
私もスルー能力を身につけなければ…
関連記事
[ 2009/06/18 01:36 ] サルサ・バチャータ | TB(0) | CM(2)

今さらだけどペラペソース 

バイオハザードというゲームに登場するゾンビ?と化した村人達が
なんかスペイン語をしゃべっていて、しかも
「おっ●いのペラペラソース」と言っているとかいないとか
そんな話は聞いたことがあったんだけど
偶然、ゲームの中に出てくるスペイン語をまとめたページを見つけたので
実際のゲーム画面を見てみることにした。



冒頭、確かにそんな言葉が聞こえる(; ̄∀ ̄)
でも、私には、「オッパイロペラペラソース!」と聞こえるなぁ。
まああんまり変わんないか…

ここは実際には

 Vos voy a romper a pedazos.
 (おまえをばらばらに壊してやる)

 a pedazoz…ばらばらに

と言っているらしい。
最初の"Vos"は「君」のことかな?
この使い方をするのはアルゼンチンだっけ?
とにかくどこもペラペラソースじゃないなぁ。

後、なんとか聞き取れたのは

 Te voy a hacer picadillos.
 (おまえをピカディージョにしてやる)

本当はばらばらにしてやるみたいな感じだろうけど
なんだか敢えてピカディージョって訳したい(笑)
だってあれおいしいしね。

DSCN2086.jpg
パンに乗ってるのがピカディージョだ!( ゚∀゚)


後は

 Te voy a matar.
 (おまえを殺してやる)

 Cogelo.
 (捕まえろ)

これくらい。

ほかにも何人かの村人がしゃべってるんだけど
よくわからなかった(´・ω・`)
関連記事
[ 2009/06/16 23:40 ] スペイン語 | TB(0) | CM(0)

Pasos de Rueda 

Ruedaの技の名前について
いろいろと教えてもらったので、まとめ。

…スペイン語はスペイン語なんだけど
Ruedaがなにか知らない人には
多分、意味がわかんないと思う(;´∀`)

ということで、まずはよく聞くEnchufa
これの原型はenchufar。
プラグをコンセントに差し込むみたいな意味。

ただ、巷では、Enchuflaという言い方も浸透している。
でもこれは間違いらしい。
エンチューファをエンチューフラと聞き違えたのでは…
ということだった。
最初の頃に持った疑問がちょっと解けた。

それからYogur
これはわかりやすい。ヨーグルトのこと。
この、Yogurで女性がぐいーんとするのは
つまりなんだアレっぽいことを意味してるんだとか。
女性にしてみたら大サービスの技らしい(笑)

反対に男性がひざをぱふぱふさせるのも
そういう意味を持っているんだとか。

Pancakeは反回転して男性に背中を向けるんだけど
これにal cielo(空へ)が着くと、男性に軽く押してもらって
前にぴょんって飛ぶ形になる。
パンケーキが空に飛んでった様子を表してるんだろうか?
ユニークな技だ(笑)

Vacilaの原型はvacilar。
ん?見せびらかすみたいな意味だって教わったんだけど
辞書で調べたら迷うみたいな意味と書いてあるな…
なんだろ、口語ではまた意味が違うとか?
これはまたちょっと聞いてみよう。

Sacalaの原型はsacar。女性を示すlaがくっついた形。
意味は取り出すとか連れ出すとかで、この場合は
彼女を連れ出せみたいな意味。

なんか誘う時にも使えるらしいよ。
sacar a bailarで女性に踊ってと頼む言葉になるらしい。
どう文章にするんだろ。

 Me sacas a bailar.

とか? それとも

 Sacame a bailar.

うーん、文章の作り方がわからないー。

後、仲間外れにするみたいな意味もあるんだとか。

 Sacamos a Luis.(私達はルイスを仲間外れにします)

みたいな。

でもって、Ruedaの技のことは
Pasos de RuedaCanto de Rueda
pasoは技や振り付け、ステップのことを指すらしい。
前にも書いたけどパソの号令をかける人のことはCantar

思ったんだけど、スペイン語の勉強をしている人には
キューバン・サルサってとっても役に立つんじゃ?
技の名前はほぼ(というか全部?)スペイン語だし。
関連記事
[ 2009/06/15 22:45 ] サルサ・バチャータ | TB(0) | CM(0)

スペイン・バルで踊る 

またまた友人Aとスペイン・バルへ。
セサルさんはあいかわらずかっこよかったです(笑)
でも、お店が激混みだったのでほとんど話せず…( ;∀;)

それはともかく、今回新しく注文した物は…

 Almejas a la plancha con Hierbas
 (アサリの鉄板焼き)

 Caracoles Negros de Mar a la Valenciana
 (黒ツブ貝のバター焼き バレンシア風)

どれもこれもおいしかった!
特にアサリのお皿に溜まっているソースがおいしくて
わざわざパンのお代わりを頼んでソースも食べ尽くした。
ああ、スペイン料理ってなんでこんなにおいしいんだろ(*´∀`)

そして注文とはまた別に、セサルさんがオーダー・ミスした料理があるから
よかったら食べませんかとイカスミのパスタ・パエリアを持って来てくれた。

DSCN4473.jpg
Fiedeuá Negra


黒い。果てしなく黒い。
これは食べ物なのか疑問に思うほど黒い。

でもこれがまたおいしかったんだよね~。
パスタだけだとあっさりなんだけど
そこにマヨネーズ?+オリーブオイルのソースをかけると
ものすごくコクが出ておいしくなる。
結構お腹いっぱいだったんだけとほぼ完食した。

で、前にも書いたかと思うけど
この店、スペイン・バルだけどかかる音楽が
なぜかサルサやバチャータやメレンゲばかり。
バチャータが連続でかかっている時もあって
たまに好きな曲がかかると踊りたくなってすごく困る。

店の中にラテン音楽好きがいるんだろうかと思っていたら
友人Aがバチャータがかかっている時に
ある店員さんが一人で踊っていたと目撃報告。
もしかして踊れる人なのでは思いつつ
友人Aが店員さんにその旨を質問してくれた。

そうしたら

 「えっ、僕バチャータなんて踊れませんよ!
  踊り方なんてぜんぜん知らないし!
  サルサだって踊れないし!」

と言いながら、バチャータの曲に合わせて
ステップを踏みながら去って行く店員さん。

しばらくしてまた戻って来ると、カウンターの中で
忙しく洗い物をしている別の店員さんに

 「ねぇ!俺、踊れないよね、バチャータ!
  バチャータってどう踊るんだっけ?
  こうだっけ?どうだっけ?」

と、しつこく話しかけ無視されながらも
一人踊り続ける店員さん。

メレンゲがかかるといい具合に腰を振りながら
注文を取りに行き、戻って来てBGMをバチャータに変えて

 「バチャータなんて知らないし踊れないし!」

と言いながらやっぱり踊ってる店員さんに超ウケた。

最後に種明かし?してくれたけれど
やっぱりサルサクラブによく行ってる方でした。
いやまさかこんなところでおなじ趣味の人に出会うとは。

このバルに行く楽しみがまた増えた。
今度は激混みの週末ではなく
比較的余裕のある平日に行って
一曲ぐらい踊ってほしいなぁ(*´∀`)
関連記事
[ 2009/06/14 17:19 ] 多国籍料理 | TB(0) | CM(1)

動画の刷り込み 

バチャータのレッスンへ。

しかしなんだか気分はどよーん。
この前のサルサ・レッスンの凹みを
まだ引きずっていたりして(;´Д`)
なんかもう、自分の踊り方のすべてが
間違っているような気分。

でもまあ、レッスンをしているうちには
だんだんと楽しくなってきて…
最後にはなんとなくだけど
踊れるようにはなってきた。

とはいえ、レッスン内容はところどころ難しくて
位置を変えながら左にターンして、次に右にターンして
止まったところからすぐにステップに入る
というのがあるんだけど、そのステップに入る
タイミングがよくわからなーい(;´Д`)
何回やってもタイミングがつかめず
ひたすらよろけたままレッスンは終了。

フリータイムではバチャータが上手な方に
たっくさん踊ってもらった
あの足をひっかけるやつもまたやったんだけど
私のほうはいまだに足をかけるタイミングがうまくつかめず…

かけても、早過ぎるみたいで、相手のふくらはぎに
蹴りを入れてる状態になってるみたい(;´∀`)
もっとこう、優しくからめる感じでいいらしいんだけれど
なんか焦って蹴りを入れちゃうんだよね。
いかんいかん、もっといろいろと落ち着かなければ。

でも、私はなんでこの足を引っかけるやつが
やりたいんだろうなぁとと考えていたら、この動画を思い出した。



ずーっと前の日記に、この動画を貼って
こんなふうに踊りたい、みたいなことを書いた覚えが。
多分、この動画がずっと頭に残ってたんだろうね。
そしてそれが今になって実現したというわけで…

とはいえまだこの動画のようにきれいに
足らからめることはできてないけど(;´∀`)
どっちかいったらまだ蹴りを入れてる状態だし。

でも、この足を引っかけるやつは、知らない人に
いきなりしたらダメだと先生も言っていたように
かなーり相手を選ぶ技ではある。
だってかなり密着しないとダメだしね。

ほかには、R先生とM先生が踊ってる時に
曲の合間にふと止まって、一瞬の間を置いてから
また踊りはじめるというのを時々するんだけど
あれはどのタイミングでやるのかと思っていたら
曲が切れる時に止めるんだそうだ。
だから、どこで曲が切れるのか知っていないとできないらしい。
確かに聞いてると曲が切れる瞬間がある。

後は、相手のひざをひざではさんで踊るやつ
確かにこのほうが踊りやすいのかもしれないけど
ひざががつがつ当たって踊りにくいこともあるよなと思いつつ
バチャータの上手な方と流れでその形になった時
ホントーにすっごい踊りやすいことを実感できた!
ちょっとうまく表現できないけどあの一体感はいいよね

まあとりあえず、バチャータに関しては
前より上手になったとほめられたので安心した。
がんばってレッスンを受けた甲斐があったというもんだ。
もっともっと上手になりたいなー(*´∀`)

後、バチャータの上手な人とサルサも踊った。
LAで踊ってるつもりなのにキューバンってバレると言ったら
その方にももやっぱりキューバンだよと言われてしまった(;´∀`)

なんか、ターンをする時にいったん止まって
でもって、男のまわりを歩こうとするんだって。
ターンはよくわからないけど、男のまわりを歩くのは自覚ある。
踊りながら左へ左へとゆるく回ろうとしちゃうんだよね。
直線のLAの人にしてみればなんでそっち行っちゃうの?
って感じで、同時に踊りづらいんだろーなー…

後、これはダメ出しだけど、腕を引くと引っ張り返されて
しかも引きよせようとするとまっすぐにではなく
体をななめにして近づいてくるらしい。
これはまったく自覚がなかった!( ゚Д゚)

でも、実際に腕を引かれると自然と体がななめになっていた。
なんだこれ。ぜんぜん気がつかなかった。
しかも相手にするとこれは非常に踊りづらいもんらしい。
そういやボックスステップで前に進む時も
体が勝手にななめになってしまってるなぁ…
あれも相手の人にとっては踊りづらいんだろうか。

やっぱり踊る人が変わるとダメ出しも違ってくるなぁ。
関連記事
[ 2009/06/14 17:01 ] サルサ・バチャータ | TB(0) | CM(4)

最近のお気に入りBachataいろいろ 

最近のお気に入りBachata。

El Chavalと



Hector Acosta。



後、とある方に教えてもらったCarlos y Arejandra。



声がAventuraのRomeoに似てると言われて
聞いてみたらホントにそっくり!
声だけ聞いてたらRomeoかと思っちゃうよ。
なんとなく顔も似てるような?
骨格が似てると声も似通っちゃうんだろうか。

後、この一曲もお気に入り。
Rakim y Ken-YとJosé Felicianoがいっしょに歌ってる。



なんというかこう、古臭い感じというか懐メロな感じというか
そこいらへんがたまらない

そーいや、コメントで教えていただいたんだけど
タイでもバチャータがはやりつつあるらしいよ!
日本でももっともっとはやって欲しいなぁ。

左からEl Chaval、Hector Acosta。
Carlos y Alejandraはなかった(;´Д`)

Ya Me Canse Mitad/Mitad 
関連記事
[ 2009/06/14 00:35 ] ラテン音楽 | TB(0) | CM(0)

こんなふうに踊れたら 

この動画は貼ったかな?
多分、貼ってないと思うけど…



かっこいいよなー…
特に女性の踊り方が。
こんなふうに踊れるようになれたらいいのに
関連記事
[ 2009/06/14 00:20 ] サルサ・バチャータ | TB(0) | CM(0)

最近のお気に入りMerengue - Karis 

この前載せたMerengueのこの歌が気に入ったので



ほかにもKarisの歌がないかと探してみたらちょっとだけあった。



↑これはKen-Yと歌ってたり。



↑多分、これもおなじ人だと思うんだけど
 イマイチ自信がない(; ̄∀ ̄)

Amazonには売ってないだろうなと思ったら、あった( ゚Д゚)

Los 4 Fantasticos
Los 4 Fantasticos
posted with amazlet at 09.06.10
Karis
Pina (2007-07-31)
売り上げランキング: 472337

1. Chocolate
2. Dime Cuanto Vale
3. Nia Menor
4. La Amas Como Yo?
5. Noches Perdidas
6. No Sientas Temor
7. Get Up, Get Down
8. Se Va' Pegar
9. Amas Como Yo? [Version Bachata]

一曲目に"Chocolate"が入ってる!
最後の曲はBachataバージョンだし
これちょっと欲しいかも…
関連記事
[ 2009/06/10 23:20 ] ラテン音楽 | TB(0) | CM(2)

ぜんぜん踊れませんでした 

キューバンサルサのレッスンへ。

最初は二人しかいなくてどーしよーかと思った。
後からまた二人の女の人が来たけれど。
もっと宣伝とかすればいいのになぁ(´・ω・`)

というかあんまり人が来ないところだと
次も行ってあげないとかわいそうかもなんて
余計なことを考えちゃうんだよねー。

まあそれはともかくレッスン。
最初のステップからして複雑怪奇でできなかった。
先生は私をちらっと見てわざと大きなため息をついて
「はいもう一回」「ゆっくりねー」と
言葉は優しいけど目が怖いよー(;´Д`)

で、また別のステップ。
これもややこしかったけどなんとかできた。
このステップでペアになって踊ったんだけど
あ、なんだ、これいつもやってるやつじゃんみたいな。
いつもペアでやってることでも一人になるとわからなくなる。

でも途中で先生の腕が首に引っかかるみたいになるところがあって
これがなにがいけないのかホントに引っかかってぐえってなる。
体をななめにしてないからと言われたけれどわかんないよ。
後、上を向いてーとも言われたなぁ。

後はやっぱり腕がかたいとぶんぶん振り回された。
手が重いとはよく言われるけれど腕まで硬かったのか。
もーどー直したらいいのかわかんないッス。
緊張して力が入っちゃってるのかなぁ。

別に本気で怒ったりするわけじゃないんだけど
失敗とかすると妙な圧迫感を先生から感じるんだよね。
ビビリーな私はビビッちゃってるのかも(;´Д`)
でもこんなの初めて!だからちょっと新鮮でもある。

でも、この先生、ちょっとおもしろい人でもある。
レッスンが終わった後、ほかの人が
「先生、踊って!」って言ってるのに
「先生はレッドブル飲んでるから待ってて!」とか
「先生なんだから踊らなきゃダメじゃん」って言ったら
「そんな言い方やめて。先生だって人間なんだから!」とか
なんかズレてておもしろかった(;´∀`)

で、ようやく踊りはじめたと思ったら
曲がバチャータだったので歌詞に合わせたのか
泣きまねをしながら相手の髪の毛で
涙をふくマネとか鼻をかむマネとかしたり
見てるほうを笑わせようとするダンスばかりする。

でも、その合間にはちゃんと
ここが違うとかここはこうしたほうがいいとか
いろいろダメ出しもしてたみたい。
ここいらへんはちゃんと先生してるよね。

私も先生とサルサとメレンゲとバチャータと踊ったんだけど…
ほぼ全滅。私ってこんなにヘタだったっけというくらい
まったくもって踊れなかった…orz
先生のリードが悪いわけじゃない。
だってほかの人はちゃんと踊れてたんだもの。
踊れなかったのは私だけ…なんかすごい凹んだ。

で、あんまり関係ないけど、先生と踊っていたら

 「この前来た●●嫌いでしょ」

といきなり言われてビックリ。そんなこと一言も言ってないのに…
確かにその●●さんはあんまり好きじゃない。踊りたくない感じ。
でも、態度には出していなかったつもりなので

 「どどどうしてわかったの?」

と動揺しつつ聞いたら

 「あなたホントにすっっっごくわかりやすい」

と言われた。そうですか、態度に出まくりでしたか(; ̄∀ ̄)
どうも私は感情が態度にだだ漏れみたいだな。
好意は漏れてもいいけど、そうじゃない時は
ちゃんと隠さないとダメだよなぁ…
関連記事
[ 2009/06/10 22:40 ] サルサ・バチャータ | TB(0) | CM(0)







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。