スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

手の合わせ方 

この前のバチャータ・レッスンでいきなり気がついたんだけど
全部の指で相手の手をぐわしって握るんじゃなくて
手を合わせて中指だけを相手の親指と人差し指の間に軽く押しつける…
みたいにしたほうが見た感じきれいだし手も重くもならないような気がした。
思い起こせば今までは全部の指で相手の手をにぎっていたような…
だから手が重いって言われたのかな?

後、指を相手の親指と人差し指の間にかけつつ
軽く相手の親指をにぎるまではいかずに指を引っかけるというか
そういう手の合わせ方もちょっと好き。
まあどっちみち、にぎりこまないように気をつけなくちゃ。

そういや手といえば、バチャータで組む時に、手を背中の真ん中に当てて
そしてその手でぐいぐい押しながらリズムをとる人がいたんだけど
あれはちょっとやめてほしいなぁ…ちょっと踊りづらくなってしまう。
スポンサーサイト
関連記事
[ 2009/04/29 21:17 ] サルサ・バチャータ | TB(0) | CM(0)

駐車場でバチャータ 

わーい、床屋でバチャータの人がまた新しい動画をUP!
今度は駐車場でバチャータ!



やっぱりかっこいい…(*´Д`)
早くこんなふうに踊れるようになりたい!

後、上の人とは関係ないけど、こちらもドミニカのバチャータ。



この足をひっかけるやつやってみたい…
でも多分やったらこけそうな悪寒
関連記事
[ 2009/04/27 21:48 ] サルサ・バチャータ | TB(0) | CM(2)

Yanek y Alina 

これも好き(*´∀`)

関連記事
[ 2009/04/26 22:22 ] サルサ・バチャータ | TB(0) | CM(0)

バチャータ・レッスン3回目 

バチャータ・レッスン3回目~。

今回もシャインを1個教えてもらったんだけど、覚え切れなかった(;´∀`)
ていうか、カウントでゆっくりだと、逆に踊りにくい。
音楽に合わせたほうが感覚がつかめる感じがする。

次はペアワーク。
女性だけターン、男性だけターン、後ろ手に止めて半ターン
もどって位置を入れ替えながらターン、腕をからませて組む
それからボックスステップ…こんな感じ。

腕をからませるのが地味に難しかった。
上にあげた女性の右手・男性の左手を
ひじから先だけからませて手をつなぐという…
できる人とできない人がいたんだけど
これは腕の長さの違いが原因か?

後、ボックスステップの時に、ホントは足を
相手にひょいって引っかけるやつをするのがいいみたい。
でもこれ結構、密着しないとダメだよね。
やってみたいけど、そこまで密着したら、よろけそうだ。
あ、心理的にではなく、身体的にだけどw

フリータイムで先生とバチャータ。
先生がかるーい足遊びを入れてくれた(*´∀`)
以前の私なら、なんか対応しなきゃと思ってあたふたして
余計にステップが乱れるところだっけど
今回は私のほうも普通に踊りつつ
ちょっとだけ違う感じのステップを入れたりして
自分ではいい感じに踊ることができた。

少しづつでも進歩はしてるのかな。
だったら嬉しいんだけど。

後、関係ないけど、ほかの人にサルサを誘われて踊ろうとしたら
なぜか相手の人のステップがバチャータ…

 「あれ?ずっとバチャータを踊ってたからわかんなくなっちゃった」

ともう一回仕切り直して踊りはじめたら、またバチャータ…

 「あの、これ、バチャータですよ?」

 「あっれ~。サルサってどう踊るんだっけ」

しょーがないので、相手の体を無理くり押して
前後に動かしたら、相手が嬉しそうに

 「あっ、これ、LAでしょ!あなたLAの人?」

と言われて、いつもなら偽装できたと喜ぶところなんだけど
いつもキューバンと指摘されるのに今回はいきなりのLA指摘だったので
なにをうろたえたのか

 「えっ、あ、私、キュ、キューバンですよ」

と、なぜか無意味にキューバン主張をしてしまった(;´∀`)
まあその後は普通に踊ったんだけどね。
関連記事
[ 2009/04/26 21:41 ] サルサ・バチャータ | TB(0) | CM(0)

身につける物は 

Livemochaで"身につける物"についてのレッスンを受けた。

テキストだと身につける物を表わす時に使われていた動詞は"usar"(使う)。
例えば…

 Estoy usando una falda. (私はスカートをはいています)

これにはちょっと「?」と思ってしまった。
身につける物を表わす時に使う動詞は"poner"だと思っていたので。
例えば…

 Me pone una falda.

みたいな感じで。

でも、テキストにはそう書いてあるしそう言ってるし
実際に「使う」という意味だから間違ってはいないだろうと思ったので
指定された内容で"usar"を使って下のような作文を書いて
スペイン語ネイティブの人達に添削してもらったら…

 Estoy usando una bulsa rosa y una falda gris.
 No estoy usando los calcetines.

 (私はピンクのトップスとグレーのスカートをはいています
  靴下ははいていません)

まず一人目のエスパニョルの方のコメント。

 En españa no se utiliza el verbo usar en ese contexto (en sudamerica puede que sí, pero no lo se).
 Mejor di "llevo puesta una blusa rosa (...) no llevo puestos los calcetines"

 (スペインではそこでusarは使わないよ。南米では使うかも。
  わかんないけど。こういったほうがいいよ…以下略)

あ…やっぱり使わないんだ…
テキストの嘘つきー!ヽ(`Д´)ノ
…って、もしかしてまた地域差?

次にアルヘンティーナの方からのコメント。

 En Argentina la forma es correcta.
 Ah! Calcetines està bien en España.
 En Argentina decimos medias, tanto las que usan los hombres como las mujeres.

 (アルヘンティーナではこの言い方で合ってるわよ。
  ああ!エスパーニャではカルセティネスでいいのね!
  アルヘンティーナではメディアスって言うわよ…)

後半がちょっとわかんない。
女みたいな男が使う?

でも、アルヘンティーナではこの言い方でいいんだね。
靴下の言い方は違うみたいだけど。
そういや、ペルー人の友人も、女はメディアスを使う
みたいなことを言っていたような…うろ覚え。

もう一人、エスパーニャの方のコメント。

 En vez de estar y usar, utiliza los verbos : llevar y poner,
  (Llevo puesta una blusa rosa. No llevo puestos los calcetines.)

 (いる時とか使う時とか、llevarかponerを使うよ)

二人の方が、身に着けている物を表わすのに
"llevar puesto"という言葉をあげている。
辞書で調べてみると"puesto"だけだと
「身につけた」という形容詞で、"llevar puesto"だと
「着ている」という意味になるようだ。
こんな言葉、知らなかったよ。

でもって、テキストの言い方はアルヘンティーナでは使うけど
エスパーニャでは使わない、後ペルーでも使わない。
あーもー地域差、めんどくさいなーヽ(`Д´)ノ

しかしやっぱりおもしろいなここ。
テキストだけではこういうことは知りようがないものね。
しかも各国の言い方を知ることができるし。
もうちょっと頻繁にログインしてちゃんと勉強しないとなぁ。
関連記事
[ 2009/04/23 22:31 ] スペイン語 | TB(0) | CM(8)

動画でバチャータ・レッスン 

前にも貼った、バチャータのインストラクターさんが
新しい動画をUPしていたので貼ってみる。

しかし、最初のCMが長い…(;´∀`)



やっぱり足遊びがかっこいいなぁ
こういうのが意識しなくてもするっと出てくるようになったらいいんだけど。
関連記事
[ 2009/04/23 21:54 ] サルサ・バチャータ | TB(0) | CM(0)

小ルエダも楽し 

キューバ系のイベントへ。

遅れて行ったので着いた時にはちょうどレッスン中。
でも、女性が余ってるっぽかったので
参加せずに飲み物と食事を頼んだ。

DSCN3334.jpg


いきなりペルー料理が始まっていてビックリ!
ほかにもミートパイっぽい物とかあったみたい。
今度、なにが食べられるのか、じっくりメニューを見てみよう。

で、この日はバンドが入って歌っていたんだけど
ボーカルの女の人の声が超好みですごくよかった。
女の人だったらかわいい甲高い声より
低くて迫力のある声のほうが好きなんだよね。

チャチャとサルサを生バンドで踊ったんだけど
CD音源で踊るのとはまた違った楽しさ♪
あ、ちなみにチャチャはベーシックしかできません。
ターンとかさせられたら途端にぐったぐたになると思う(;´∀`)

翌日はフリマだったので早めに帰ろうと思って
知り合いを誘って踊ろうとしたらなぜか4人で小ルエダをすることに。
4人でダメ・ドスをすると結局おなじ人がもどってくるので笑えた(笑)

後、初めて知った、フォトというコール。
男性が写真を撮るマネをするので私もそうしたら
そうじゃなくて女性はポーズをとるんだとのこと。
おもしろいな、こんなのがあるんだね。

で、帰ろうとしたら好きな曲がかかったので
近くにいた知り合いを誘ってホントに最後の一曲。
早い曲だったので後半は息が切れて死にそうだったけど、楽しかった!(≧▽≦)

ただ、踊りはじめたら、近くに座っていた人がいきなり体の向きを変えて
こちらの足元をじっと見つめはじめたのでちょっと緊張してしまった。
失敗したら恥ずかしーと思って…でも後半はどうでもよくなったけど(笑)

帰り際にエンジンがかかってしまったので
ちょっと物足りなかったけれどおとなしく帰った。
たまには帰りを気にせず思い切り踊りたいなー。

DSCN3353_0001.jpg
関連記事
[ 2009/04/22 00:32 ] サルサ・バチャータ | TB(0) | CM(5)

私ってどうですか? 

あああ、書きたいネタはたくさんあるのに
書く時間がないよー(; ̄∀ ̄)

そんなわけで、ちょっと前にバチャータを踊った人から

 「リードがわかりにくいところありました?
  こうしてこうする部分、わかりにくいんじゃないかと思って」


というようなことを聞かれた。

こういうことを聞かれると…ちょっと困る(; ̄∀ ̄)
なんていうか、私だって大したことはないのに
あなたのどこここがよくないなんて言っていいのかな
みたいに思って。

でも、一方では、本人が知りたがってるんだし
自分の感じたことを素直に言ってもいいんじゃないか
協力してあげたほうがいいんじゃないかとも思う。

そういう迷いがあったのでその人には曖昧にしか答えられなかった。
でも、ちょっとわかりにくいと思ったところを
本人もそうじゃないかと思っていたので、そこだけは同意した。

こういうことは難しいなぁ、と思いつつ、私もその人に聞いてみた。

 「私はどうでした?やりにくいところなかったですか?」

 「まったくないッス!なんかもう、俺のほうがリードされてるみたいで」

 「…もしかして私って勝手に踊ってます?」

 「いや全然!俺なんかのリードをきちんとフォローしてもらって
  まったく問題ないです」


…なんかえらいほめられてしまって
ちょっとウヒヒとなったんだけれど
実はこの人も私とおなじように

 (指摘しづらい…本当はちょっとアレだけど言えない…)

とか思ってたりして…(; ̄∀ ̄)

 「私ってどうですか?」

と聞かれて

 「下手ですね」(キッパリ)

と答えられる人ってまずいないと思うからなぁ。

指摘ってホントにしづらい。
マジメで真摯にやってる人に言ったら
がっくりしちゃうんじゃないかとか思って、なかなか言えない。
もちろん、私が言えるようなレベルじゃないってのもあるけどさ

というか、先生と踊るか先生に見てもらって
指摘してもらったほうが確実だよなぁ。
今度聞かれたらそっちのほうに話を持っていこう。
関連記事
[ 2009/04/22 00:06 ] サルサ・バチャータ | TB(0) | CM(0)

チレの人とチャット 

この前、ものすごーーーく久しぶりに
livemochaにログインした。

画面が結構変わっていて前より使いやすいかも?
でもあいかわらずコメントを削除する機能はないんだね。
せめて自分のコメントぐらい修正できたらいいのになぁ。

まあそれはともかくマジメに学習していたらチャットのお誘いが。
一回、チャットの機能は消えていたように思ったけど、また復活したのかな?
とりあえずOKしてチャットを始めたら、相手はチレの人だったんだけど
日本語がローマ字書きだったけど結構上手でびっくりした。

でも、私の書くスペイン語もすごいナチュラルだってびっくりされて
「二世じゃないんですか?」とか聞かれてしまった(;´∀`)
ネイティブの書くようなスペイン語だったのかな?
だったら嬉しー…んだけど、でも、会話が深まってくると
結構ボロボロとボロを出していたように思う

しかしここのチャットはログが残らないしコピペすることもできないんだよね。
そのうえ一定量までくると古い順から消えてしまうみたいだし。
結構おもしろい言い回しとかあったのに
後でコピペすりゃいいやと思ってメモしとかなかったんだよね…
今度、チャットする時には、メモする準備もちゃんとしとかなきゃ。

そうそう、驚いたことにこのチレーノさん、英語・日本語の先生だった。
マジで?と思っていたら日本語の授業中の写真を見せてくれたので、マジだった。

で、ちょっとおかしかったのが、「自分は変に写っている」みたいなことを書いてきたので
そんなことないよ、かっこいいよと書こうとして

 no     eres muy bonito

と書いたら

 feo?  (ブサイク?)

と聞かれてしまった。
チャットだとプントとか気にしないで書いちゃうから
確かにこれだと

 No eres muy bonito. (あなたはとってもかっこよくありません)

みたいにも読めてしまう。
それにsiとnoが日本とは逆になるパターンもあつたような。
まあとにかく慌てて

 No. Eres muy bonito.

と書いたら、「いいえ、そんなことありません」みたいな返答が。
謙孫するなんて日本人みたいと思ってそう言ったら
本人も日本人になりたいと言っていた。
でも、自国の文化も好きだって。
 
とにかくおもしろい人だったなぁ。
年を聞かれて「99歳です」と答えたら「僕より年下ですね。僕は100際です」とか(笑)
またチャットする約束もした。
やっぱり多少でも日本語を理解してくれる人のほうが話しやすい。
スペイン語オンリーの人だとすごい長文と知らない言い回しで
書いてきたりするからわっけわかんなくなるんだよね。

久しぶりのログインだったけど
おもしろい人と知り合えてラッキーだった(*´∀`)
関連記事
[ 2009/04/18 22:39 ] スペイン語 | TB(0) | CM(0)

Bachateraになりたい 

ちょっと前だけどまたバチャータのレッスンを受けてきた。
先生は前回のレッスンの先生とおなじ。

いきなり男性が増えていてびっくり。
こっちのバチャータを踊りたいと思う男性が増えるのは喜ばしい限りだ。
男性が好きなのはどちらかといったら密着してゆれる系のバチャータだろうし…
って、いろんな人がいるんだから、ひとまとめにしちゃいかんですな(;´∀`)

レッスンはまず基本のステップ。それからシャイン。
前回のシャインはわっけわからなかったけれど
今回のシャインは完璧に覚えたぜ!!( ゚∀゚)=3
音楽にもきっちり合わせられたし、踊っていてすっごく気持ちよかった

ちなみに、シャインというから一人で踊るのかと思って
一体バチャータのどこの部分で一人で踊るのか先生に聞いてみたら
普通に二人で踊ってる時に踊るとのことで
どうも前の先生の言うところの足遊びのことを
今の先生はシャインと言っているらしかった。

サルサは離れてシャインだけど、バチャータは手をつないだまま…
みたいなことも言っていたので、多分間違いないだろう。
ちなみに、男性が足遊びを入れている間、女性はなにをしているのか聞いたみたら
女性らしくセクシーにシャイン、だって。
セクシーの部分が難易度高いぞ(;´∀`)

で、その後にちょっとターンの練習をして、それからペアワーク。
いくつかの技のコンビネーションを教えてもらう。
ちょっとメモしておこうか。

普通に組んでサイド、その場でステップ、その場でターン、離れてサイド、女性だけターン、半ターンして首に引っかけ、前に歩いて左に回りこみ、後ろに歩いて女性がターン、首にひっかけ、サイド、ボックスステップ…

こんな感じ。こりゃ人が読んでもわからないな(;´∀`)
でも、技同士のつながりはすごくスムーズで気持ちいい。
踊っていると自分が上手になったようで楽しくなってくる。

そして前回のレッスンで習ったコンビネーションとつなげると
ちょうど一曲分くらいになるから、とりあえずこれをまるまる覚えておけば
単調なバチャータにはならずにいろいろと遊べて楽しくなりそう。
いいよね、こういうすぐ実践で使えるようなのって。

で、フリータイム。
とある男性と踊って、ボックスステップに入ったら

 「おぉぉ~…!気持ちいい!すごい!」

みたいなことを言われて、そういや前にも別の人にほめられたなぁ、みたいな。
自分ではごく普通に踊ってるつもりなんだけど、どこがそんなに気持ちいいんだろ?
ちょっと重みというかためみたいなものをきかせているような気はするけれど
自分でこういうの分析するのは難しいというかわからない。
まあほめられて嬉しい!ヽ(*´∀`)ノということでいいか。

まあそれはもとかく先生ともバチャータ・メレンゲ・サルサを踊った。
やっぱりバチャータは先生と踊るとすっごく気持ちいい。
でも、まだ軽くしか踊ってくれないんだよね…( ´~`)
早くがっつり足技を入れてもらって、そしてそれに応えて踊れるようになりたいなぁ。

サルサは初めて踊ったんだけれど、これがまたすごかった。
結構大技が多いんだけれど、ちょっと変則的というか、あんまり見ない踊り方をする。
ターンをするにも一ひねり二ひねりあるという感じ。

そう、それですっごいセクシー!と思ったのが、お互いがおなじ方向にターンをする時に
歌いながら私のあごあたりに手をそえて、それをくいって押してターンをさせるんですよ!
これはかなりときめくパターンでした(*´Д`)

メレンゲもやっぱりちょっと変則的で遊びがいろいろ入っていた。
私が後ろから先生を抱くような形になった時
曲に合わせておしりをぶるぶる振ったりして、超ウケた。
ただ機械的に踊るよりも、こういうふうにアドリブを入れたり
遊んじゃったりするほうが絶対に楽しい(*´∀`)

そういえば、メレンゲなのに気がついたらバチャータで踊っていて
その時はステップを間違えた!と思ったんだけど
曲自体がメレンゲとバチャータが一曲の中で交互になっている曲だった。
おもしろい曲だなぁ~。
でも無意識に踊り方を切り替えていた自分にちょっと感心。
ちゃんと音楽を聞いてるじゃん(≧▽≦)

んで、ちょっとまったりした時間に先生に話しかけて
ぜひ私の地元にも来てレッスンをしてくださいとしつこく招致をかけておいた。
先生も前からその気はあったようで、もしかしたら近いうちに実現するかも?
そしたらもー絶対に行くー!ヽ(≧▽≦)ノ

なんかもう行くたびにハマり具合が深くなっている感じ。
salseraもいいけれど、bachateraにもなりたいです。
関連記事
[ 2009/04/18 22:32 ] サルサ・バチャータ | TB(0) | CM(1)

私も独りよがり 

前に、先生は相手の技量に合わせて踊ってくれる…
と書いてふと思い出した。
私、以前、逆のことをやってしまったような気がする…

わりと早い曲で、まだ初心者らしき男の人と踊った時
それが自分の好きな曲だったもんだから
相手の技量をかなり無視して
自分一人で突っ走って踊ってしまった…(;´Д`)

相手の人はすごく焦っているようだったけれど
止められなかったっていうか
自分が楽しかったから止めなかったんだよね。

普段、相手の女の人の技量を無視して
複雑な技をかけたり何回も回したり
そういうのって独りよがりでよくないよなと思ってたけど
自分がおなじことやってんじゃん!…って、今気がついたorz

自分だけが楽しみたいなら
一人で踊ってればいい話だし
ペアダンスでこれはないよなぁ。
気をつけなくちゃ。
関連記事
[ 2009/04/18 22:10 ] サルサ・バチャータ | TB(0) | CM(0)

Miente - Enrique Iglesias  

これは途中まで訳してずーっと放置していたやつで…
やっぱりダメだね、訳す時には一気に訳さないと。

放置しておくのが嫌で再び手をつけてみたけど
やっぱり気力が出なくてちょっといい加減気味…
気力が出たら直す…かもしれない(;´∀`)

でも、歌自体はとっても好き。
もう恋人が自分を愛していないとわかってるんだけど
いやわかっているからこそ「愛してると嘘をついてくれ」って願う歌…

悲しい・゜・(つД`)・゜・



Miente - Enrique Iglesias

Hoy en tu mirada hay no se que algo especial
(今日の君の瞳には僕の知らないなにか特別なものがある)

Ni siquiera el beso tan de amor fue natural
(自然だった愛のあるキスすらもなく)

Fue un presentimiento o quiza lei tu mente
(予感がしたか君の考えを読み取ったんだ)

Por favor si es asi como sientes
(お願いだ もし君がそう思っているなら)

Miente (嘘をついてくれ)

Dime que me amas (僕を愛してると言ってくれ)

Jurame que nunca piensas alejarte de mi
(僕から離れることなど決して考えないと誓ってくれ)

Miente (嘘をついてくれ)

Vendame los ojos (両目を売ってくれ)

Gravate muy dentro que si tu me dejas
(もし君が僕を置いて行くなら負担をかける)

No podre vivir sin ti (君がいなくては生きられない)

Dejame pedirte tu perdon (君の許しを乞わせてくれ)

Si te ofendi (もし君が傷ついたなら)

Pero no me pidas renunciar a ser feliz
(でも僕が幸せになるのをあきらめるよう願わないでくれ)

Dejame intentarlo yo hare lo que tu quieras
(君がして欲しいことを試させてくれ)

Y despues si es que no me quisieras
(そしてその後もし僕を愛していないなら)

Miente
Dime que me amas
Jurame que nunca piensas alejarte de mi

Miente
Vendame los ojos
Gravate muy dentro que si tu me dejas
No podre vivir sin ti

Miente
Dime que me amas
Jurame que nunca piensas alejarte de mi

Miente
Vendame los ojos
Gravate muy dentro que si tu me dejas
No podre vivir sin ti

Miente
Dime que me amas
Jurame que nunca piensas alejarte de mi

Miente
Vendame los ojos
Gravate muy dentro que si tu me dejas
No podre vivir sin ti
関連記事
[ 2009/04/18 22:00 ] ラテン音楽 | TB(0) | CM(0)

勝つことがすべて 

この前フリマに行って来た。出店する側で。

しかし大規模なフリマでおそらく実店舗持ちの出店が多数だったため
個人の出店なんてもーぜんっぜん太刀打ちできなくて
そのうえに買い物までしたもんだから完璧に赤字。
服を減らしたくてフリマに行ったのに余計に増えてしまった…(; ̄∀ ̄)

ところでいっしょに出店した友人が
あまりの暑さに負けて買ってきたキャップを見て驚いた。

DSCN3355.jpg


まさかのスペイン語!


 GANAR ES TODO

意味は

 「勝つことがすべて」

うーん…

 「勝利こそがすべて」 

意訳的にこっちのほうがかっこいいかな?

ちなみに下の

 TODO PARA EL FÚTBOL



 「すべてはサッカーのために」

サッカーは詳しくないので知らないけど
なんかサッカー関係の帽子なのかな?
それとも勝手に書いてるだけ?

とにかく、欲しー!と訴えたんだけど、ダメだって・゜・(つД`)・゜・
でも、使わなかったらゆずってくれるって言ってた。
きっと使わない多分使わない…と呪わ…じゃなくて祈らなければ!

ちなみにキャップ型の帽子は

 gorra
関連記事
[ 2009/04/16 00:36 ] スペイン語 | TB(0) | CM(0)

コンガ! 



出だしのティ~リリリ~リ~を聞いて

 ん? コンパルサで踊ったコンガ?

と思いながら見ていたら、途中で集団で行進しながら踊っているシーンがあって

 これどう見てもコンガじゃん!

みたいな。
つか、歌の中でもコンガコンガ言ってるし。

そしてラストではちょっとだけど
派手こい衣装を着た人達のコンパルサのシーンも。

うわぁ~、なんかむらむらなつかしくなってきた。
そしてちょっと、いやかなりわくわくしてきた。

…だって今年もコンパルサで踊りながら行進しちゃうんだも~んヽ(*´∀`)ノ

 楽しみ!
関連記事
[ 2009/04/14 21:44 ] ラテン音楽 | TB(0) | CM(0)

"Pintame"じゃなくて"Ping○" 

ちょ、一体なに、これw



タイトルからしてヤバイw
そして歌っている内容はもっとヤバイ気がするw
かろうじて聞き取れる部分だけでもアレだw

というか、映像自体もヤバイw
そのものズバリの物体とか、表現とかw
これ近いうちに18禁あつかいになるんじゃないだろうか。

Elvis Crespoの"Pintame"だと思って聞いたのに
まさかの"Ping○"ってなんなのホントにw
提供元が"mariconson"っていうのもなぁ。
「オカマの息子」って感じだろうかw



※追加
ホントかどうかはわからないけど…
なんか、Elvisが、飛行機ん中で、一人でなんかしてたらしい(笑)
それが見つかってしまって、ちょっとニュースになって
このビデオが作られた…みたいな?
ていうかあんまり信じたくないんだけどなぁ。
ホントのところはどーなんでしょうね?
関連記事
[ 2009/04/11 00:47 ] ラテン音楽 | TB(0) | CM(3)

口内炎と花粉症 

そういうやしばらく前にひどい口内炎に悩まされていた
それも、上唇の内側という、ごはんを食べるにも歯を磨くにも
どうしてもなにかが当たらずにはいない場所だったので
ホントーーーに辛かった(;´Д`)

そんなわけで口内炎はスペイン語で

 estomatitis

発音は「エストマティティス」。
なんかファンタジー小説に出てきそうな名前だな。

 だがしかし。

ラテン人の友人に言ってもなぜか通じなかった(;´Д`)
もしかしてまたお国柄…?

ほかにも病気のスペイン語をいくつか。
というか今の私の状態に必要な用語。

moco 鼻水
nariz congestionada 鼻づまり
estornudo くしゃみ
tos 咳
alergía al polen 花粉症
関連記事
[ 2009/04/07 22:58 ] スペイン語 | TB(0) | CM(0)

Rueda de Bachata 

バチャータでルエダ…
こういうのもアリなのか!( ゚∀゚)=3



これはおもしろそうだ。
でも、どのタイミングで相手を変えるんだろ?

ほかのもいろいろ検索してみたけど
ただ輪になっているだけで相手は変えないのもあった。
それよりか変えたほうがおもしろいよなぁ…
関連記事
[ 2009/04/07 22:40 ] サルサ・バチャータ | TB(0) | CM(0)

Lección de Bachata  

バチャータのレッスンを受けてきた。
いつもの先生ではなく別の先生に。

レッスンはほとんどが女性だった。
こっちのバチャータは男性には人気がないのかな?
あっちのバチャータだと男性のほうが多かったりするのにねぇ。

教えてもらったのは、まず前後にステップして前でアクセント
右足を右に踏み出してあげておろして、足をクロスして小刻みに踏んで
元にもどって足をななめ後ろに引くステップを、後ろでアクセント、みたいなシャイン。

…文字で書くとややこしいな。いや実際に踊ってもややこしいけど
足をクロスして小刻みに踏む部分がちょっと難しい。音楽からズレてしまう。

ほかには四角く移動しながら右下と左上でアクセントをつけるのと
その際にチャチャチャみたいなステップをつけるのと2パターン。
これは踊った時に相手をしくれた方に

 「気持ちいい~。すごい上手ですね。リードしてるほうが気持ちいい」

と言われて、ちょっと、というかかなり嬉しかったヽ(*´∀`)ノ
いくつになっても褒められるのは嬉しいもんです。
ためがちに重めに引くのがポイントか?なんて偉そうなことを言ってみたり。

まあこんな感じで笑いも交えた楽しいレッスンだった。
先生の教え方も優しくてていねいだったし。
でもいつもの先生の笑顔でスパルタ気味のレッスンも好きなんだよなぁ。
ムーブメントもきっちりやってくれるしね。
まあ今はお休み中だからしようがない

レッスンの後のフリータイムで先生と踊った。
こっちのバチャータはあんまり密着しないのかと思ってたけど、そうでもなかった。
密着する時はするみたいな感じ。ずっとじゃないけど。
ほかのことは緊張していたんであんまり覚えていない
先生は超リラックスして歌いながら踊ってたけどね。

先生がほかの人と踊るのを見ていると
やっぱり相手に合わせているなぁというのがよくわかる。
踊れる人に対してはがっつり足遊びを入れていくけれど
私のようにあんまり踊れない人には軽めに優しく踊ってくれる。
私もいつか先生にがっつり足遊びを入れてもらえるほど上手になりたい!ヽ(`Д´)ノ

そうそうこの動画の…




足をちょいって引っかけるやつ、先生もやってた。
でも、うまい人限定だったような気がする。
私はやられなかったしね(;´∀`)
関連記事
[ 2009/04/07 00:36 ] サルサ・バチャータ | TB(0) | CM(0)

デブじゃないけど太い 

最近、pajarita(小鳥ちゃん)からchanchita(子豚ちゃん)に
呼び名が変わりつつある私ですが
この前も言われてしまった。

 「やっぱりおまえ重い。痩せてよ」

 「だからダイエットがんばってるってば」

 「じゃあこのお菓子のパンはなに」

 「…それは朝食べるの。朝は大丈夫だから」

 「…ね、ホントに痩せて? あなたの健康のためでしょ?」

 え…私って健康を心配されるレベルのデブ…?( ゚Д゚)

いやデブって自覚はあるがそこまで?

で、その後もしつこく言われて、いいかげん不貞腐れて

 「わかった。もういいよ。もうデブのままでいる」

って言ったら

 「デブ?なんでそんな悪いこと言う?
  おまえデブじゃないでしょ?」

 「はぁ?だってさっきから痩せろ痩せろって…
  それはデブだからってことでしょ?」

 「違うよ!デブはすもうとりみたいのだよ!
  俺はおまえがデブになったら嫌いになる。
  もう会わない。おまえは太いだけだよ!デブじゃない」

 …なーにーがー違うんだー!!!ヽ(`Д´)ノ

いやしかし、どうも彼の中では

 デブ = すもうとり級
 太い = ぽっちゃり(とっても)

な区別…になってるんだろうか?
日本語ネイティブの私の感覚としては
デブは一般的な標準体重を5キロくらいオーバーした人
すべてひっくるめると思うんだけど…

まあいいや。
私はデブじゃないけど太いらしいよ。
彼の中では歴然とした区別があるらしいけど

 私にしてみりゃいっしょだ!ヽ(`Д´)ノ

まあとりあえず、「自分のためでしょ?」と言われたので
健康を考えてダイエットしますよ…
関連記事
[ 2009/04/04 23:31 ] いろいろ | TB(0) | CM(0)

先生のお相手 

ちょっと前の話だけれど、バチャータのレッスンに行った時のこと。

はじめははじっこのほうで踊っていたんだけれど
じりじりと移動して最終的には先生の左後ろをゲット
この位置が一番しっくりくる。
多分、右目がきき目だからかな?

まあそれはともかく、基本のステップが終ってペアワークが始まった時
不意に先生に手を取られて前に引っ張り出された( ゚Д゚)
そしてそのまま、レッスンが終わるまでお手本として先生の相手役をつとめることに。

これは緊張したよ~(((( ;゚д゚)))
だってとにかくみんなこっち見てるし。すごく見てるし。当たり前だけど。
で、こっちはこっちで、間違えちゃいけない!先生の足を引っ張っちゃいけない!
と緊張しまくりでもうなにがなんだか。

それでも、まあなんとかかんとか大役をこなすことはできたし
先生とずっと踊ることができたんだからある意味ラッキーだと思う。
その後、先生といろいろ話すこともできたしね(*´∀`)
関連記事
[ 2009/04/04 23:15 ] サルサ・バチャータ | TB(0) | CM(0)

ベリーダンスのススメ 

サルサ以外にベリーダンスも趣味で踊っているんだけれど
諸事情によりずいぶんと長いこと休んでしまっていた。

でも、また来月から再開するメドがついたので
なまった体を少しならしておこうかなと思って
レッスンDVDを見ながら基本と振り付けとを
細々と自主練していたんだけれど…

そんな中でサルサを踊りに行ってびっくり。

腰が軽い!!! ( ゚Д゚)

動かしやすさがぜんぜん違う。
骨盤まわりの筋肉?筋?が柔らかくなったのか
なんていうかもうホントに軽い。よく動く。
バチャータのアクセントもぱん!と入る。

ベリーダンスにまさかこんな効能があったとは…

腰だけじゃなく、胸だけを回したり上げ下げしたり
とにかく全身をうねらせる動きがベリーダンスには多いから
サルサのムーブメントにも効果があると思うし
イマイチ体が硬い腰の動きが悪いって人には
ベリーダンスはホントにいいかもしれない。



好きなベリーダンサーの一人、Amar Gamal。
キューバ人で、もちろんスペイン語を話すし
スペイン語のレッスンDVDも出している。
もちろん持ってます

ちなみにこれ↓

Brilla En La Danza (Spanish) (Dig) [DVD] [Import]
Hollywood Music (2008-08-12)
売り上げランキング: 94974


ほかにも、メキシコ人のSonia、アルゼンチン人のSaida
おなじキューバ人のBozenkaというダンサー達と出しているレッスンDVDも。
こちらも英語のほかにスペイン語音声がついている。

Introduction to Bellydance (Dub) [DVD] [Import]
Cia - Copeland Int'l (2007-05-22)
売り上げランキング: 11959


ベリーダンスというと、スペイン語からは
かけ離れているように感じられるけれど
実際にはスペイン語圏のダンサーもいるし
意外とスペイン語に触れられたりする。
関連記事
[ 2009/04/02 00:00 ] (ベリーダンス) | TB(0) | CM(7)







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。