スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

子豚ちゃん 

最近、デブりました

だって、仕事で家に帰るのが遅いと、結果的に夕飯も遅くなっちゃって
時間がないからサルサにも行けないし、家で運動もできないし…
と、ぐだくだ言い訳をしていても、しようがないんだけどねー

でも、デブったら、ラテン人の友人から頻繁に
「Gordita」(おデブちゃん)呼ばわりをされるようになり
それに最近では「Chanchita」も加わった。
私はなぜかそれを、「幅が広い」という意味の
スペイン語と勘違いしていたんだけど
この前何気なくググッたら、元々は"chancho"
つまり「豚」だという意味だとわかった。

正直、一瞬、ショックだった
デブはデブだけど豚呼ばわりはあんまりだし
こっちがスペイン語がわからないと思って、
なんてひどいことを言うんだろう、みたいな。

でも、さらにググッてみると
どうやら"Gordita"とおなじく普通にある呼びかけらしく
意味合い的には「子豚ちゃん」みたいな感じで
でもこれも微妙といったら微妙だけど
まあ、悪意がないのはわかった。

スペイン語だと、なのか、それとも中南米のスペイン語だとなのか
外見的な特徴があだ名とか呼びかけになることが結構あるようだ。
例えば、"Gordo"(デブ)とか"Flaco"(痩せっぽち)とか…

日本語で「チビミゲル」みたいに呼ばれていた人も見たことがある。
「チビ」とかひどくない?と最初は思ったけど
本人はまったく気にしていないようだった。
単純に外見的な特徴を表わしているだけで悪意はないから…
…なんだろうけど、う~む、日本語的には微妙な気が。

で、当の友人にも"chanchita"のことを聞いてみたら
-itaをつけずに"Chancha"って言うのは悪い意味
「おいどけブタ!」みたいな嫌な言い方になるけど
"Chanchita"って言ったらかわいいかきれいな感じになるって言ってた、
すごいな-itoって。悪い言葉でもなんでもかわいくしちゃうんだね。

でも…

これって明らかに外見的に標準体重を
オーバーしてる人に対する呼びかけの言葉だよね
まったくその通りなので反論はしないけど…
しないけどなんか嫌だなやっぱり。痩せよう。

後、関係ないけど、友人はあいかわらず"Pajarita"(小鳥ちゃん)を
こっそり"Pajerita"(一人Hちゃん)と言い換えて
うっかり返事をしそうになる私のことをからかおうとするんだけど
この前電話で話している時に眠かったので
後者で呼ばれても指摘せずにスルーしたら

 「俺、今、"Pajerita"って言ったよ?ちゃんと聞いててよ!」

と怒られた。
そんなに指摘してほしいのか…
スポンサーサイト
関連記事
[ 2009/03/22 03:56 ] スペイン語 | TB(0) | CM(0)







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。