スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

Hasta El Fin / Monchy y Alexandra 

久しぶりに歌詞を訳してみた。
なんか歌詞の訳すのってパズルみたいで楽しい
かちっとはまって意味の通る言葉になると ヽ(*´∀`)ノ ← ってなる。
まあそれはともかく今回、訳したのは…


Hasta El Fin / Monchy y Alexandra


Hasta El Fin
Monchy y Alexandra

Monchy:
Vamos juntos a vivir amor una eternidad
(共に生きよう 永遠の愛を)

Alexandra:
No te volveré a perder seré tuya hasta al final
(再びあなたを失いはしない 私はあなたのもの 最後まで)

Alexandra:
Reproche con rabia mi corazón cuando te marchaste
(私の心は怒りで責め立てる あなたが行ってしまった時)
alli en el colegio yo fui esa niña en que tu besaste ha..ah
(あの時 学校で 私はあなたがキスをした女の子だった)
apasionadamente me robaste la inocensia ha..ah
(情熱的に 私の無邪気さを奪った)

Quise disfrazarme pensando que todo fue ilusión
(すべては偽りだと考えていることを隠したかった)
como loca anduve por encontrar a tu susesor
(馬鹿のように あなたの後を継ぐ人を見つけるために歩いた)
sin un rumbo fijo
(確かな行く先もなく)
Fui presa facil de otros cariños valiendose de mi tristeza
(私は簡単に囚われた 別の愛情に 私の悲しみを利用した)

Pero fue imposible encontrar tu calor
(でもあなたの情熱を見つけるのは不可能だった)
me marcaste con tus huellas
(あなたは私に印をつけた)
la verdad no me arrepiento
(真実 私は後悔しない)
Que me tienes que decir?
(あなたは私になにか言わなければならないんじゃない?)

Monchy:
Te diré mi amor me lleve este cargo aqui en la conciencia
(君に言うよ ミ・アモール 僕は責任感を持っていた ここに 良心に)
a otro lugar me tuve que ir
(僕は別の場所に行かなければならなかった)
por temor a herirte y que no sufrieras
(君が傷つくことを恐れたために そして君が苦しむことを)
Lyricsmejor calle, tambien me sentí infeliz
(よりよい道 不幸も感じた)
te juro amor mi escudo fueron tus "te quieros"
(君に誓うよ アモール 君の愛しているという言葉は僕の守りだった)

Otra no lleno tu espacio
(ほかのものでは君の隙間は埋まらない)
soportar estar sin ti fue un cruel tormento
(君なしにいるのに耐えることはひどい苦しみだった)
trabajando estuve para darte vida
(僕は働いていた 君に命を与えるために)
la casita de tus ensueños
(君の夢の中の小さな家で)

Coro:

Monchy:
Vamos juntos a vivir amor una eternidad
no te volveré a perder seré tuyo hasta al final
(再び君を失いはしない 僕は君のもの 最後まで)

Alexandra:
Contigo voy a vivir amor de la infancia
(あなたと共に生きる アモール 幼い頃の)
no te volveré a perder seré tuya hasta al final

Monchy:
Vamos juntos a vivir amor una eternidad
no te volveré a perder seré tuyo hasta al final

Alexandra:
Contigo voy a vivir amor de la infancia
no te volveré a perder seré tuya hasta al final
hasta el final
hasta el final

Tu Monchy y yo Alexandra

Monchy:
Las campanas de la iglesia comenzaron ya su canto
(教会の鐘が歌を歌いはじめた)
nuestra espera no fue en vano
(僕達が待つ間 無駄ではなかった)

Alexandra:
Y este miedo fastidioso
(そしてこの不快な恐れは)
salio de mi corazón
(私の心から去って行った)
verte de nuevo es bendición
(あなたにまた会うことは喜びだった)

Coro:(4X)

Monchy:
Vamos juntos a vivir amor una eternidad
no te volveré a perder seré tuyo hasta al final

Alexandra:
Contigo voy a vivir amor de la infancia
no te volveré a perder seré tuya hasta al final

Hasta el Fin
Hasta el Fin
posted with amazlet at 08.11.28
Monchy & Alexandra
J&N (2004-10-19)
売り上げランキング: 133888


歌って、韻を踏むためだと思うけど、わざと語順の前後を変えてあったりするから、たまにわけわかんなくなるよー(; ̄∀ ̄)
それに、"tu susesor"を"あなたの後を継ぐ人"と訳しちゃったけど、これはさらに意訳して「あなたの代わりになる人」でもよかったかなぁとも思う。
やっぱり翻訳は難しい。楽しいけど
スポンサーサイト
関連記事
[ 2008/11/28 01:26 ] ラテン音楽 | TB(0) | CM(2)

メレンゲ・マンボ 

最近、メレンゲ・マンボなるものがお気に入り。
でも、それがどういうものなのかは、まだよくわかっていない
まあ、名前の通り、メレンゲとマンボが合体したもの…だとは思うけど、メレンゲはまだしもマンボが「?」な状態だ。
なのでちょっとwikiで調べてみた。

マンボ(mambo)はラテン音楽の一つ。キューバの音楽形式でダンスのスタイル。
mamboという言葉はハイチの土着宗教ヴードゥーの女司祭の名前で「神との対話」の意味を持つ。
この言葉が音楽ジャンルとして知られるようになったのは、1938年にOrestesとCachao Lópezにより作られたダンソンの楽曲、mamboに由来する。
マンボは1930年代後半にキューバで流行していたルンバにジャズの要素を加える形で作られ、1940年代後半にペレス・プラードにより、ダンスのためのマンボとして世界的に知られた。
ビッグバンド形態をとり、ホーン・セクションをリズム楽器として用いる。
楽器の構成はコンガ、ボンゴ、ティンバレス、クラベス、ベース、ピアノ、トロンボーン、トランペット、サックス等による。



…音楽の成り立ちはわかったけど、ダンスとしてどうなのかようわからん。
しかし、マンボもキューバが発祥の地だったのか。

よくわからないままにメレンゲ・マンボの音楽はすごい好き。
最初は単純にものすごく速いメレンゲ!と認識していた。
でも後からそれがメレンゲ・マンボだということを知って、それ系の曲を大量にダウンロードして聞きまくって、普通のメレンゲとは微妙に違う…ような気がした。
それがマンボの部分なのかなぁ。よくわかんないけど。

そうそう、最近載せたこの歌も…



単純に早いメレンゲだと思ってたけど、ある人に聞かせたら「メレンゲ・マンボだね」と言われて、そしてよく見てみたら確かにフィーチャリングしているのがマンボの人なのだ。

そのマンボの人がこの人。Omegaさん。



いい!!よね。 こういうの好きだ

今までマンボといったら「ウ~、マンボ!」みたいなイメージしかわかなくて興味がなかったけど、なんか私の思い込みとはまったく違った音楽だった。

こっちはKalimeteというマンボの人。これもいい!!



こういう音楽はちょっとヤバ過ぎ。座って聞いてるのが辛くなる。
あああ、踊りに行きたーい!!!ヽ(`Д´)ノってなるよ。

でも…メレンゲじゃない、ただのマンボってどう踊るんだろ?
YouTubeで探しても社交ダンスしかかからない…
って、探してたら、ちょっといいの見つけた!マンボとは関係ないかもだけど。
埋め込み無効になってるのでURLだけ。

http://jp.youtube.com/watch?v=jUhoRSnFpWo

10歳の子も上手だけどこの子のお母さんと思われる人もすごいダンス上手!
なるほどねー、男役ができれば自分の娘をリードしていっしょに踊る、なんて楽しみもできるわけだ。
前に、お父さんらしき人と踊る小さな女の子の動画を貼ったけど、あれもお父さんがすごく上手だったもんなー。
なんか、自分の子供と踊るサルサの動画って、すごく微笑ましい(*´∀`)

話はもどって上記のOmegaさんのCDはこれ。

Omega y Su Mambo Violento
Omega y Su Mambo Violento
posted with amazlet at 08.11.25
Omega y Su Mambo Violento
Allegro (2006-09-13)
売り上げランキング: 347927


注文しよう…と思ったら売れ切れだった( ;∀;)
しばらくはダウンロードしたやつを楽しむことにしよう。
関連記事
[ 2008/11/25 01:34 ] ラテン音楽 | TB(0) | CM(3)

じりじりと横に 

そーいやキューバンサルサでは、グアペアをしている時でも二人でなんとなくゆるく回っている感じなんですが、それが常態化してしまうとLAの人と踊っていても無意識に横に動いてしまって、でも相手は動かないからあれ?と思うことがたまにある(;´∀`)
逆に、どこで読んだかは忘れてしまったけれど、キューバンの女の子と踊ると目の前からいなくなってしまう、みたいなことを書いていたLAの人のブログもあったような。
LAの人にしてみたら、なぜこの人は横にズレていくのだろうと、不思議に思うんだろうなぁ。
まあそれだけのことなんだけど、ちょっと思い出したのでメモ。
関連記事
[ 2008/11/20 23:38 ] サルサ・バチャータ | TB(0) | CM(0)

デブちゃん 

とあるラテン人の友人と久しぶりに会うと、なぜかというかやっぱりというか、必ず尻チェックが入る。
以前、久しぶりに会った時は、いきなり人の尻をつかんで

 「…やわらかくなってる!」

と言われたので、実はちょっとショックだった( ;∀;)
それ以来、さぼりがちながらも、階段をのぼる時には一段飛ばし、歩く時には尻の下に力をこめて、みたいにちょこちょこ意識していたら、この前久しぶりに会った時には

 「…かたくなってる!」

と言われた!ヽ(*´∀`)ノ くだらないけどちょっと嬉しい。
でもって

 「でも、お腹の肉が減らなくてさー」

と言ったら

 「大丈夫。肉、好きだから」

そっちは好きでもこっちは嫌いなんだよ!ヽ(`Д´)ノ

ああ、デブで思い出した。
この友人はたまに

 「デブちゃん」

という言葉を使う。
多分、スペイン語の gorda(デブ)に -ita をつけて gordita(おデブちゃん)…女の子への呼びかけにも使われる、この言葉のノリで言ってんだろうと思うけど、日本語の"デブ"にいくら"ちゃん"づけしてもかわいい意味にはならんてこと、教えてあげたほうがいいだろうか(#^ω^)
関連記事
[ 2008/11/20 01:17 ] いろいろ | TB(0) | CM(0)

久しぶりのレッスン 

久しぶりにキューバンサルサのレッスンに参加。
ほんっとに久しぶりだった。

念入りなウォーミングアップで体が温まって気持ちいい。
でもコアリズム並にきついw
スリムアップ効果をウリにしたら新たな客層を呼びこめるんじゃないのかね?
でもペアダンスってところがネックか。

実際、サルサとかまったく知らない会社の人が、コアリズムについているペアダンスのDVDを指して、「こんなのだれがやるんだろうね?」みたいなことを言っていて、まわりの人もそれに同意しているのを見て、こりゃー趣味はサルサですなんてカミングアウトできないなと思ったし。

話が逸れた。

レッスンでは腕を引っかけてディレケノして、手をつないだまま男の人の後ろを回って横に並んで、引っ張られて前に出てそこで二人でターン、みたいなのをやった。
ここでまた私のせっかちな癖が出て、いったん男の人の隣に並ばなければいけないのに勝手に前に出てしまって、結果的に間ができてしまって二人であれ?みたいな。
なにがいけないんだろうって私がいけないって話だった。

フリータイムで踊った時にはちょっと飛びそうになったw
というのも、確か右にターンしようとした瞬間に、あ違うこれは左にターンさせようとしてるんだと気づいて、そこから力ずくで左にターンしたら勢いあまって足が浮いてカポエラのキック状態、手をつないでいなかったら確実に1m弱は飛んですっ転んでいたと思う。
非常に危険だった(;´∀`)

だからってわけじゃないけどなんかイマイチな日だったなぁ。
体が重いような感じがして、って実際に重いんだけど、思うように動かないというか。
寝不足が祟ってんだろうか。帰りの電車での寝覚めはよかったんだけど。

と思ってたらどうやら風邪のようだ。咽が痛い…(;´Д`)
関連記事
[ 2008/11/16 22:25 ] サルサ・バチャータ | TB(0) | CM(0)

もっとくっついて踊る 

友人のラテン人に、Aventuraの新曲いいよーいいよーと勧めてみたんだけど、反応はイマイチだった( ´~`)
Bachataはあんまり好きじゃなかったんだっけ、と思っていたら「踊りたい?」と聞かれたので、「それはもちろん」と答えたら、その場で早速踊ってくれた。

しかしなぜか緊張してぎこちなくなる私w そしたら

 「違う!腰が固いよ!俺を見て!いいから見て!」

といきなりレッスンが始まったw

彼の踊り方は、腰で軽くアクセントをつけるだけで、足でアクセントをつける感じではなかった。
それから横移動ではなく、その場からあまり動かずに、アクセントをつける時に体を軽くななめにする感じ。
鏡の前で、腰をつかまれての指導を受けた後にはなんとか緊張も解けたので、いつものように踊ったらOKが出たw
ただ腰のアクセントの感じは相手に合わせたけど。でもこのほうが曲に合わせやすいようにも感じた。

でもって、当然のように密着系バチャータ。この前のレッスンの比じゃないくらい(;´∀`)
まあ、長いつきあいのある友人だから別に嫌じゃないけど、でもやっぱり知らない人とはこれはちょっと嫌だなw
知ってる人、もしくはそういうのが吹っ飛ぶほど上手な人なら、嫌じゃないんだろうけどね。

途中で、「もっと足を広げて」と言われたのでそうしたら、間にガッと足を入れてきてさらに密着、互いの足を挟みこむようしにながら踊った。
「このほうが踊りやすいでしょ?」と言われて、確かに動きがひとつになるから、踊りやすいし気持ちいいんだけど、でもこれはホントに相手を選ぶなーw

とりあえず、またバチャータを教えてと言ったら、「俺は高いよ?」と言われたw
そして私のお勧めのBachataではなく、MaracaのDescarga Totalを借りて帰って行った。
Bachataもいいけど、やっぱいいよね、Musica Cubana!(*´∀`)b

Descarga Total
Descarga Total
posted with amazlet at 08.11.13
Maraca
Ahi-Nama (2000-05-30)
売り上げランキング: 269521


ちなみにMaracaは"マラカス"のことらしい。
関連記事
[ 2008/11/13 21:27 ] サルサ・バチャータ | TB(0) | CM(0)

くっついて踊る 

仕事の後に疲れてよろよろしながらもとあるバチャータのイベントへ。
レッスンは受けるのやめようと思ってたんだけど、着いたら結局レッスンを受けていたw
ちなみにインストさんは手は背中にと教えるインストさん。

手技が難しくてからまるばかりで全然できなかったよー(;´∀`)
あれがちゃんとできたら格好いいんだろうけどねぇ。
身長差がないと難しいのかな、と思ったけど、インストさん達もそんなに身長差ないけどできてるから、関係ないか。

で、フリータイム。
まあ当たり前かもだけどサルサはLAの人ばっかりだったので全然うまく踊れなかった…(;´∀`)
ある人なんか、踊ってるうちにどんどん表情がなくなってきちゃって、ああきっとつまんないと思ってるんだろうなーと思うと、なんだかいたたまれなかった。

なので、誘われたら「サルサはヘタですから」と宣言してから踊っていたら、ある人に「でも、ベーシックはきれいに踏めてますよね」とほめられた\(^o^)/
まあベーシックはね、それなりに長く踊ってるから、それだけはね
でも、私としても踊れないのはつまらないから、キューバンサルサのレッスンと並行して、LAサルサのレッスンも受け直そうかなぁ。

まあそれはともかく、バチャータのイベントだったので、バチャータも踊った。
一番気持ち良く踊れたのはやっぱりインストさんかなぁ。
わりとくっついて踊る踊り方を教えてる方だから、やっぱりくっついて踊るんだけど、それがぜんぜん嫌だと感じないんだよね。

なんていうか、逆にくっついて踊るのが気持ちいいというか、私の背中に後ろからくっついてきて踊ったりとか、ほかの人だったらちょっと待てと思うところだけど、逆に気持ち良いのでそのままお願いしますみたいな。
後、逆ポジションで、私がインストさんを背中から抱くように踊ったりとか、くっついて踊るとなんていうかこう、ひとつになってゆれている感がとても気持ち良いというか、密着系のパチャータが好きな人の気持ちがちょっとわかった。

あ、でも、いきなりディップはできないよ!(;´∀`)
倒された時に「無理無理無理!」とか言ってしまった。
インストさんだから落とされたら怖いとかはないんだけど、やったことないしね。
「見せ場じゃない」と言われたけど…まあ確かにあれができたらかっこいいだろうなぁ。
でも、私的にはディップはセクシーなイメージなので、セクシーに縁遠い私がやっても、サマにならないんじゃないかと思う…(;´∀`)



やっぱやるんだったらこれぐらいこってりセクシーじゃないとねぇ~
関連記事
[ 2008/11/12 23:53 ] サルサ・バチャータ | TB(0) | CM(2)

Aventuraの最後の… 

ちなみにAventuraの最後のアルバムが出るのは来月の6日みたいだねー。
日本ではいつ発売されるのかわかんないけど…

新しいアルバムに入るらしいこの歌がすごく気に入ってる(*´Д`)
女の人の声が入るあたりがちょっと不思議な感じ。


"Por Un Segundo"

あー、解散しちゃうのかぁ。淋しいなぁ(´・ω・`)
これからは一人一人で音楽活動するのかな…

関係ないけど、Aventuraの"El Perdedor"。



ステージに電車のセットを組んでいておもしろい(*´∀`)
関連記事
[ 2008/11/10 23:19 ] ラテン音楽 | TB(0) | CM(0)

Talento de Barrio - Daddy Yankee 

Daddy Yankeeも新しいアルバムを出したのか…
なんかDon Omarも、それにAventuraも解散前に最後のアルバムを出すみたいだし、年末は新譜ラッシュなのだろうか。

Talento de Barrio
Talento de Barrio
posted with amazlet at 08.11.10
Daddy Yankee
El Cartel (2008-08-12)
売り上げランキング: 4818


1. Talento del Barrio
2. Pa-Kumpa!!
3. Temblor
4. Pose
5. Llamado de Emergencia
6. Oasis De Fantasia
7. Salgo Pa'La Calle
8. Que Tengo Que Hacer
9. Suelta
10. De la Paz Y De la Guerra
11. Pasion
12. Como y Vete
13. K-dela
14. Infinito
15. Somos de Calle

5曲目のLlamado de Emergencia …なんか今までとちょっと感じが違うような。



ちなみにこのアルバム、Daddy Yankeeが主役を務める、同タイトルの映画のサントラでもあるらしい。
日本では公開…されないだろうなぁ~。
関連記事
[ 2008/11/10 22:48 ] ラテン音楽 | TB(0) | CM(0)

Chapter Dos - Xtreme 

Xtremeの新譜が出るんだねー(*´∀`)

Chapter Dos
Chapter Dos
posted with amazlet at 08.11.10
Xtreme
Machete Music (2008-11-25)


1. La Esquina De Don Andres (Paris Azul)
2. Lloro Y Lloro
3. Through The Window (Enamorado Estoy)
4. Quiero
5. Su Ultimo Error
6. Por Que Sera
7. Esta Emergencia
8. Quisiera Ser
9. Soundcheck [Skit]
10. Super Fanatica
11. Te Recuerdas
12. La Funcion
13. La Pesadilla

3曲目のThrough The Window (Enamorado Estoy)の動画~。

関連記事
[ 2008/11/10 21:45 ] ラテン音楽 | TB(0) | CM(0)

Mi Alma Se Muere - Fuego 

ふとメモ帳を見たら、"Mi Alma Se Muere - Fuego"と書いてあって、なんだこれと思って歌のタイトルっぽいのでYouTubeで検索してみたら、出た。



うわ、やばい、これ好き!…と思ったからメモしたんだよね。すっかり忘れてた

一応、レゲトンの人だと思うんだけど、この曲はどう聞いてもメレンゲ風味。
ていうか当人もビデオの中で軽く踊ってるし いやー、私も踊りたい
こういう感じの曲、大好き!(*´Д`)

こっちは別バージョン。最初のほうが私は好きかな。



ちなみにこの曲が入っているアルバムはこれ。

The Chosen Few, Vol. 3: The Movie
Various Artists
Chosen Few Emerald Entertainment (2008-06-24)
売り上げランキング: 436278
関連記事
[ 2008/11/10 01:05 ] ラテン音楽 | TB(0) | CM(0)

トライリンガル 

友達の子供がすごい勢いで言葉を覚え始めている。
ほんのちょっと前までは片言だったのに、今や自分の嫌いな肉が食事に入ってると、「おにくどうぞー」と私に勧めてくる始末w
知恵もずいぶんとついてきたようだ。

「今は一回言っただけですぐに覚えるよー」と友達が言うので、犬のおもちゃを「これなに?」と聞かれた時に、友達が「ドッグ」と答えるのを遮って「ペロ、ペロだから!」と教えたら、ちょっと黙ってしまった。混乱してしまったらしい。
でも、その後、犬のおもちゃを手にして「ペロ…」と呟いたと思ったら、今度はタヌキのおもちやを手にして、「ペロ!」と元気よく言っていた。色は似てるけどそれペロと違う。

うーん、おもしろいけどでもやっぱり、日本語と英語とスペイン語、三ヵ国語をいっぺんに覚えるのは無理かな?
やっぱりひとつの物に対して三つの名前を教えられたら混乱しちゃうよね。
とりあえず、友達の子供に必要なのは、日本で暮らすための日本語と、お父さん側の人達と話すための英語で、スペイン語は必要ないもんなぁ…
教えたいけどあきらめるか( ´Д`)-3

といいつつ、いまだにHolaとかChaoとか、ところどころスペイン語で話しかけている。
だってちっちゃい子のしゃべるスペイン語ってかわいいんだもん(*´Д`)
関連記事
[ 2008/11/10 00:17 ] いろいろ | TB(0) | CM(0)

★ラテン音楽リンク集 

1/20 更新
関連記事
[ 2008/11/09 20:35 ] ラテン音楽 | TB(0) | CM(0)

★サルサリンク集 

2012/12/15 更新
関連記事
[ 2008/11/07 22:08 ] サルサ・バチャータ | TB(0) | CM(0)

また恥ずかしいの続き 

前の記事でいろいろ調べている最中にこんな例文を見つけた。

 ¡Qué oso que me vean mis amigos en piyama!

パジャマ姿を男友達に見られて恥ずかしい!…かな。

 oso

これが"恥ずかしい"という意味らしい。でも、コロンビアとメヒコだけ。
でも、おなじ南米だからペルーでも通じるんじゃないかと思って、早速ペルー人の友達に電話して聞いてみたら、やっぱそんな言い方しないって(;´∀`)
南米だからってひとくくりにしちゃいかんですね。

ペルーではスラングだけど

 roche

というらしい。

 Tengo roche. (恥ずかしいの)

みたいな。

ちなみに、ちょい前の記事で書いた

 pena (恥ずかしい)
 http://miespanol.blog44.fc2.com/blog-entry-529.html
 http://miespanol.blog44.fc2.com/blog-entry-537.html
 
だけど、これはどうも、コロンビア・クーバ・グアテマラ・メヒコ・パナマ・エルサルバドル…で使われてるみたい。

「恥ずかしい」と言いたくても、国によっては言葉を変えないのと通じないのか。
まあ、多分、なんとなく言いたいことは伝わるだろうけど。
関連記事
[ 2008/11/05 15:38 ] スペイン語 | TB(0) | CM(0)

おっ〇い山 

この前ラテン人の友達と話していたら、いきなり

 「これはおっぱい山…」

とか言い出したので思わず吹いた。

 「ちょっと、なに言ってんの!?」

と言ったら

 「え、これ、パヤマでしょ?」

 「パヤ…ああ、パジャマ!パジャマって言ったのね」

 「…なんて言ったと思ったの?」

 「…おっぱい山」

 「やーらしいなぁ。いつもそういうこと考えてるから」

いやいやいや、考えてませんから。

だって"パジャマ"の発音が、"パ"が強くなるせいと、"ジャ"が"ヤ"になるせいで、"ッパヤマ"ってなって、それが私の耳には"おっぱい山"に…私は悪くない(。-`ω-)

そういや向こうの人って"ジャジュジョ"の発音が苦手だよね、と思っていたら

 piyama (ピジャマ/パジャマ)

はちゃんと"ピジャマ"と発音していた。なんで?
スペイン語の"ジャジュジョ"はいいけど、日本語の"ジャジュジョ"は難しいのかな?
確かに前になにがくるかで発音ができなくなる言葉ってあるからなぁ…

ちなみにパジャマのこの言い方は南米の言い方らしい?
スペインでは

 pijama (ピハマ/パジャマ)

だと書いてあった。

ほかの国では?と思ってちょっと調べてみたけど、メヒコとエル・サルバドルとパナマで

 mameluco

だと書いてあった。でも
これは赤ちゃんか小さい子供のパジャマのことを言うらしい。
関連記事
[ 2008/11/05 15:09 ] スペイン語 | TB(0) | CM(0)

★スペイン語リンク集 

2011/08/20 更新
関連記事
[ 2008/11/05 02:10 ] スペイン語 | TB(0) | CM(2)

かわいいジーンズ 

わー、このジーンズかわいいーと思ったら



サイトのトップには『ブラジルからかわいくてセクシーになれるアイテムをセレクト』という説明が…
おー、やっぱりブラジリアンジーンズかぁ。やっぱセクシーでかわいいなぁ。

しかも安い!!( ゚∀゚)=3
上のジーンズも下のジーンズも、ただ今セール中とかで3,000円台!

  

一本欲しい…でももうジーンズの入ってる引き出しはぎゅうぎゅうなんだよね…(; ̄∀ ̄)
ううう、でもやっぱり欲しい…どうしよう…

それはともかく、このジーンズを売っているショップの、"サイズについて"のページがちょっとおもしろい。
ウエスト、股上、袖丈、なんて言葉が、日本語と同時に多分ポルトガル語でも書いてある。
やっぱりスペイン語と似ている単語がたくさんあった。
どっちかの言葉がしゃべれたら、もう一方の言葉を覚えるのは簡単だろうなぁ。
関連記事
[ 2008/11/04 00:53 ] いろいろ | TB(0) | CM(0)

外で踊る 

そして今度は某所で行われたサルサのイベントへ。
外でのイベントだっのでめっちゃ寒かった!(((;゚д゚)))

私は初めて行ったんだけどこのイベントは定期的に行われているみたい。
初めは人が少なかったんだけど、9時過ぎくらいからどんどん混みはじめて、気がつけばステージ前のシートが敷いてあるスペースは、踊る人でごった返している状態に。
野外で寒いのによくこれだけの人が集まるもんだなぁ。

最初はシートの近くで、はみ出しながらも踊ってたんだけど、あまりの混み具合にもうそこかに離れて、会場のすみのほうで踊っていた。ほかにもそんな人がちらほらいた。
足元はざらっとしたタイル?みたいな感じだったけれど、あんまり不便はなかった。キューバンだからか?(*´∀`)

ここでも前の記事に書いた上手な人と踊った。この人ホントにうまい!!( ゚∀゚)=3
踊ってるとこっちのテンションがどんどんあがってきて、もう軽くなんてもんじゃなく、思いッ切りがっつんがっつんに踊った!
また視界のすみに「あれなに?」みたいな顔をした人達が映ったけれど、気にしない!( ゚∀゚)=3
もう心の底から楽しい!!気持ちいい!!みたいな。

ただ、その代償は大きい。
踊り終わった途端、ものすごい息切れと動悸で立っていることができなくなる(;´∀`)
もっと楽しむためには体力もつけないとダメかなと思ったイベントでした。

関連記事
[ 2008/11/02 19:23 ] サルサ・バチャータ | TB(0) | CM(0)

なんとなくキューバン 

またバチャータのレッスンへ。

関係ないけど、レッスンのあったクラブの店長さんが、私のことを覚えていてビックリした。
このクラブで店長さんに会うのは軽く1~2年振りになるというのに。

まあそれはともかくレッスンレッスン( ゚∀゚)=3
あいかわらず準備運動?がびきびき腹筋にくる。
これをやればコアリズムなんていらないかも(笑)

で、次はステップ。
この先生が教えてくれるステップはなかなか複雑だ。
普通に横にじゃなくて、足をクロス?するようにして横に動いたり、四角を描くようにステップを踏んだり。
後半になるとわけわかんなくなって立ち尽くしちゃったりして(;´∀`)

で、次はペアになって。
主にターンの仕方を習った。ターンていうか、二人で組んだままくるくる回るやつ。
これが右に回るのと左に回るのとでは全然感覚が違うのでビックリだった。
右に回るのはなんとかいけるんだけれど、左に回るのが難しい。

それから、回る時には背中の男の人の手に背中を預けて、と言われたの体を反るようにして預けていたら、そうじゃなくて、背中の手に腹筋で背を押しつけるみたいな、そんな感じらしい。
確かに体を反らしていたら不安定になるか…

そしてフリータイム。
バチャータもたくさんかかったけどサルサやメレンゲも満遍なくかかった。
私がブログを書いてることを知ってる人とも踊った(;´∀`)

 「ブログに書かれるから変なことしないようにしないと」

みたいなことを言われたので

 「踊る時に人のことを触る人がいます!よくないと思います!って書いちゃお」

みたいなことを言ったら笑ってた(笑)

まあそんなこんなでバチャータを踊りつつ、サルサも踊った。
LAの人と踊ったんだけど、わりと踊れたんで(ふふ~ん♪私もまだまだLA踊れるじゃ~ん♪)とか思ってたら

 「もしかしてキューバンですか?」

って、また言われた…( ;∀;)

 「どうしてわかったんですか?」

と聞いたら

 「う~ん、なんなとく、そうじゃないかな、って」

なんとなく…なんとなくキューバンな感じがするのか…
どこがそういう感じがするのかなぁ?
自分的にはLAで踊っていたつもりだったんだけど…
まあいいか(; ̄∀ ̄)

で、キューバンの人がいたので、キューバンもがっつり踊った。
この人がまためっぽう上手で踊っていて嬉しくなってしまった
ところどころに遊びも入れてくるのもおもしろい。
グアペアも手でするんじゃなくて、私は手だけど相手はひじだったらひざだったり、こんなグアペア初めて!みたいな(笑)

まあこんな感じで最後にバチャータを踊って、満足したところで家に帰った。
楽しかった!(*´∀`)
関連記事
[ 2008/11/02 18:43 ] サルサ・バチャータ | TB(0) | CM(0)







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。