スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

今回はCD付き スペイン語カレンダー2009 

Amazonで注文していたこれが

Spanish Daily Phrase & Culture 2009 Calendar

Andrews Mcmeel Pub (Cal)
売り上げランキング: 98


届いた!( ゚∀゚)

DSCN2344.jpg

本体にかかっているビニールは、大晦日まで開封しない!と思ってたんだけど、何気なくひっくり返したら…

なんと今回はCD付き!!( ゚∀゚)=3
なので開けてしまった

DSCN2345.jpg

そんなこと書いてあったっけ、とAmazonのページを見てみたけど、特にCD付きとは書いてない…
でも、パッケージには、CDのマークがついていた。
見た時には気がつかなかったかな~。

とりあえず、CDを聞いてみた。
内容は…

1. Saying hello
2. Basic Expressions
3. Making Friends
4........

な感じで、英語のフレーズの後に、スペイン語でおなじフレーズを繰り返す、という感じで続いている。
はからずも英語の勉強までできてしまいそうだ。
CD付きなのに、値段もほとんど変わってないというのも、嬉しい。
スポンサーサイト
関連記事
[ 2008/10/29 16:23 ] スペイン語 | TB(0) | CM(7)

国際結婚は大変 

最近知って驚いたこと。
つか、自分が無知なだけなんだけど(;´∀`)

最近、知り合いが彼氏のいる某国に旅立ったので、共通の友人とそのことについて話していた。
私が

 「もう向こうで結婚して帰って来ないんじゃないの?」

って言ったら、実際に外国の人と結婚している友人が

 「向こうで結婚したってビザがおりないでしょ。住むことはできないよ」

と。

これを聞いて、結婚したら自動的にビザがおりると思っていた私は、びっくりした。
ビザって、結婚していればおりやすくなるというだけであって、確実におりるわけではないんだね…知らなかったよ(;´∀`)
友達いわく

 「結婚したからって、簡単にビザが取得できたら、偽装結婚がもっと増えちゃうでしょ」

そりゃそうか…ビザ取得って簡単なことじゃなかったんだね(。-`ω-)

そうそう、知り合いの外国人が、離婚したのにまだ日本にいることができるのはなぜなんだろうと思っていたんだけど、離婚したってビザが失効するわけじゃないんだから、いられるのも当たり前だったのか。
ただ、結婚していないと、ビザの更新は難しくなる、もしくはできない可能性も出てくるわけで…

話の流れで国際結婚の手続きの内容を聞いたんだけど、その大変さにまたびっくりした。
なんかものすごい分厚い書類を渡されて、どこで出会ったのか、だれに紹介されたのか、紹介した人の住所氏名はと、それはプライベートなことなんじゃないかと思われることまで、こと細かに書かないといけないらしい。

でも、これもビザのための偽装結婚を防止するためだそうで、この手続きのあまりのめんどくささに、キレて結婚をやめてしまうカップルもいるんだとか…
片方の国の書類は、字が読めないとかで片方が一人で処理することになる場合がほとんどだろうから、一人でやらなきゃならないってのもキレる要因なんだろうねぇ。

なんていうか…本当に大変なんだなー、国際結婚って。
関連記事
[ 2008/10/26 20:10 ] いろいろ | TB(0) | CM(4)

仕事のため 遊ぶため 

友人のlatinoと話している時、「今日はなにしたの?」(Que hiciste hoy?だったかな?)みたいなことをスペイン語で聞かれたので

 Fui de compras. (買い物に行った)

と答えた。

でも、最初comprasがなかなか出てこなくて、「コンプレッサ?コンプレス?…買い物ってスペイン語でなんだっけ?」と反対に聞く始末。

う~む、私はコン~系の言葉に弱いのかもしれない。
compresa(会社)も何度聞いても書いても覚えられないんだよね。不思議。

それはともかく、上記のように答えたら

 Qué compraste? (なに買った?)

と聞かれたので

 Compré la ropa. (服を買った)

と答えたら、「ふーん、それ着てクラブで遊ぶのか」とか言われたので、「会社に着て行くための服だ」と言おうとして

 Para voy a trabajo.

と言ったら

 Para ir a trabajar.

と直された。

なるほどー、これで「会社に行くため」という意味になるのか。

ちなみに、「遊ぶためじゃない」と言おうとして

 No para juego.

と言ったら、これも

 No para divertir.

と直されて、「juegoはゲームだよ」と言われた(;´∀`)
間違えていても言いたいことが通じるのっていいなぁw
関連記事
[ 2008/10/26 02:01 ] スペイン語 | TB(0) | CM(2)

お尻は嘘をつかない 

ずっと前の話だけれど、サルサクラブでのレッスンが始まる前、女だけですみっこに集まっておしゃべりをしていた。
その時、なんの用事か忘れたけれど、私はいったんその場を離れた。
その間に、先生がそろそろレッスンを始めるからと音楽をかけたんだけれど、その途端に、おしゃべりをしていた友人達の腰が、リズムをとって動きはじめた。
でも、おしゃべりは止まらない。話し続けながら自然と腰が動いている。
それを離れた所から見ながら、ああ、音楽が鳴ったらもう、勝手に腰が動くようになってるんだなと、思ったという、ただそれだけの話なんだけれど。
なんとなく、シャキーラの"Hips Don't Lie"(お尻は嘘をつかない)を思い出したりした。

関連記事
[ 2008/10/26 01:52 ] サルサ・バチャータ | TB(0) | CM(0)

スアーベな人 

前に踊った人のこと。

キューバンを習いはじめてから、LAが踊れなくなってしまったとかよく書いてるわけですが、仮称Aさんは、「キューバンで踊ったほうがいい?」と聞いてきたくらいだから、多分、どっちも踊れる人。
とりあえず、「どっちでもいいですよー」と答えはしたものの、ぐだぐだになりそうな悪寒を感じていたわけですが、でも、違った。

なんか、すごい、踊れる。
でも、キューバン!という感じではない。
どっちかいうとLA?いやキューバン?いやLA?

いつもタイミングがズレるターンもすんごいスムーズ。
でも、キューバンのターンではないんだよ。
キューバンのタメは感じられなくて、流れるようななめらかな感じで、それが踊っていて気持ちいい。
なんていうか、やわらかいっての? Que suave! って言いたくなるような。

あれがLAだとしたら私まだLAも踊れるじゃんみたいな。
まあ、キューバン!LA!ってきっちり区別をつける必要もないんだろうけどね。
踊れりゃそれでいいわけで。それも気持ち良くだったらサイコーなわけで。
というわけですごく良いダンスを堪能させてもらった。

余談だけれど、このAさん、ヒゲ好きの私の好みからは外れるけれど、結構な男前だ。
身長も高い、物腰もやわらか、話もおもしろい、ダンスもうまいうえに踊っている時は常に優しい笑顔。
こりゃーサルサ場ではそーとーモテるだろうなーなんて余計なことまで思ったりした(;´∀`)
関連記事
[ 2008/10/26 01:36 ] サルサ・バチャータ | TB(0) | CM(0)

スペイン語のカレンダー2009 

ちょっと早いけれど、来年のスペイン語のカレンダーを注文した。
ぎりぎりで注文したら元旦を過ぎても届かない時があったので(;´∀`)

Spanish Daily Phrase & Culture 2009 Calendar

Andrews Mcmeel Pub (Cal)
売り上げランキング: 2347


もうこれで3回目になるのかな、買うのは…

基本、1日1フレーズ。
フレーズにわからない単語が出てきたら調べることで勉強になるし、とりあえず左上の単語だけでも覚えれば語彙を増やすこともできるだろう。

ちなみに、2008年度版の今日のフレーズは…

 Los colores del otoño son el rojo, amarillo, y naranja.
 (秋の色は赤、黄色、オレンジ色)

そして今日の単語は

 naranja (オレンジ)

2009年度版の届くのが楽しみだけれど、大晦日まで開封は我慢する(`・ω・´)
関連記事
[ 2008/10/26 01:31 ] スペイン語 | TB(0) | CM(0)

忙しいあなたに 

Lang-8でちょっとやりとりしている人から

 ¡Sube un nuevo blog, por favor!

というメッセージが来た。

sube…subir…あげる…

ああ、新しいブログをアップしてってことか!

なるほど~、ネットに記事や写真をあげることをアップするとかいうけど、スペイン語でもそうなんだ。
辞書でチェックしてみたら特にそういう意味合いでは載ってなかったけど。

後、この表現。

 ¡Espero que te vaya muy bien en el trabajo!

う~ん、「あなたの仕事がうまくいきますように!」って感じかな?
これも使えそうな表現だ。

後、もうひとつ。

 Que estes teniendo mas tiempo libre.

これは…「あなたがもっと自由な時間を持てますように」って感じかな?
私が日記で仕事が忙しい忙しい書いてたから、こういうふうに書いてくれたんだと思う(;´∀`)
なので仕事で忙しい人に使えるフレーズだよね。

後、こんなのも。

 Espero que te guste.

「あなたが気に入ってくれたらいいな」みたいな感じか。
だれかになにかをあげる時に使うそうなフレーズ。
関連記事
[ 2008/10/13 21:24 ] スペイン語 | TB(0) | CM(0)

こっちのバチャータ 

そーいやバチャータのレッスンで、私が好きな先生は、男性は女性の腰というか腰骨のあたりに手のひら引っかけるようにしてコントロールする、と言っていた。
対して、イベントのミニレッスンでちょっと習った先生は、男性は左手を女性の背中の真ん中あたりに置くように、と指導していた。

うーむ、前者はいいけど、後者はかなり密着しやすい体勢だよね…
力を入れて押し返してるのに、背中に置かれた手で無理くり距離を詰められた、そこはかとない嫌な思い出がある私としては、背中に手を置かれるのはあんまり好きくない。
腰じゃなくても、せめて肩甲骨の下あたりくらいのほうが、自分的には嬉しいなぁ。

でも、手は背中にの先生達が踊っているところを見ると、なんていうかこうセクスィ~な感じで、これはこれでいいというか、好きな人や気に入ってる人が相手だったら、逆にこっちの踊り方のほうがいいかもしれないw
まあ、相手や状況に応じて変えるのが一番なんだろうね。

そうそう、違いといえば、踊り方自体も結構違った。
ミニレッスンの先生は、バチャータと聞いてすぐにイメージできるような、それからよくYouTubeでも見かけるような、オーソドックスといったらいいのか?そういう感じの、セクシー系な踊り方。

対して、私の好きな先生は、なんて言ったらいいんだろ…足技が多彩?
いや、技じゃないな、ステップの踏み方が違うのかな。
とにかくこう…横に移動するような感じではなくて、円を描くようにして踊りながら、足が常にこうちょっと特徴のあるステップを踏んでいるというか…
うあー、説明できない。

これに近いかな?



オーソドックスなバチャータも好きだけれど、今はこっちのほうを踊れるようになりたい!
でも、ちょっと難しそうだ…(;´∀`)
関連記事
[ 2008/10/13 09:26 ] サルサ・バチャータ | TB(0) | CM(0)

楽しみ!…の言い方 

スペイン語で「楽しみ!」と言いたい時、私は

 ¡Qué ilución!

と書いていて、なんとなく通じていたようなんだけれど、日記を添削してくれるサイトでこの言葉を書いたら、

 ¡Qué emoción!

と書いたほうが自然、みたいなコメントをもらった。

ちなみに単語の意味は…

 ilución…①幻影・幻覚 ②期待・夢・幻想・喜び

 Miraba con ilución a au hija. (彼女は娘をうっとりと見つめた)
 Me quitó la ilución que tenía sobre él. (私は彼に抱いていた幻想を打ち砕かれた)
 Me hace mucha ilución vivir en una casa tan grande como ésta. (こんな大きな家に住めるなんて本当に楽しみだ)

 emoción…感情・感動・感激

 reprimir la emoción (感情を抑える)
 esperar con emoción (わくわくして待つ)
 llorar de emoción (感極まって泣く)

そう言われてみれば…下のほうが合ってるような気がするなぁ。
「明日はパーティ、楽しみ!」だったら、まさに「わくわく」だものね。

コメントをくれた人によると、iluciónはdeseoとsinónimo(同義語)なんだって。

 deseo…願い・願望・欲求・欲望

 deseos de felicidad (幸福へかける願い)
 según sus deseos (自分の思い通りに)
 cumplirse el deseo (望みが叶う)

 tener deseo de +不定詞 (~したいと思う)

"tengo el deseo de~"は"tengo la ilusión de que...."とも書けるとのこと。
うーむ、なるほど。
iluciónが願望を表わす意味合いが強いんだとしたら、「楽しみ!」とはちょっと違うか。

よし、これからは

 ¡Qué emoción!

のほうを使ってみよう。
関連記事
[ 2008/10/10 01:51 ] スペイン語 | TB(0) | CM(2)

バチャータとメレンゲ・マンボ 

この前、またまたバチャータのレッスンを受けてきた。
先生は私が大好きなバチャータの踊り方をする方。

しかしこの先生のレッスンは意外と厳しい(体力的に)のであった。
基礎だけで死にそうになる(;´Д`)
コアリズムなんて目じゃないってくらい腹筋を使わせられるし。
でもこれに耐えればあの先生並に動く腰が手に入る!…かもしれない?と思ってがんばってるわけで(笑)

でもこのレッスンでは恐ろしいことに気づいちゃったんだよね。
友人が「最後におしりをぷりっとさせるところがわからない」というので、僭越ながらそれはこういうふうにやるんだよと教えていたら、なんか変。
あれ?なにが変なんだ?と思っていたら唐突にわかった。

 腰をくいってやる方向が逆になってるよ(;´∀`)

普通は内側の腰がくいってあがるはずなのに、私ってばいつの間にか外側の腰になってたよ!
自分でもぜんぜん気がつかなかった!
いつからこんな癖がついてしまっていたんだろう?
だれも注意してくれなかったし・゜・(つД`)・゜・
つか、私は人にものを教えたらいかんね。嘘を教えてしまうところだった。

でもって、バチャータとおなじくドミニカ共和国出身のメレンゲ、それもメレンゲ・マンボも習ってきた。
これも基礎から死にそうに…でもその感覚もわりと好きだったりして(笑)
しかしどうやっても先生のように、肩も腕も腰もぐにぐにとは動かない。改めて体の硬さを実感。
先生は基礎だけでスイッチが入っちゃったようで、途中から「楽しくなってきた~!」と言って、高速で肩を回しはじめて、みんなに「できないよ!」と突っ込まれたりしていた(笑)

メレンゲ・マンボのステップもいくつか教えてもらったけれど、簡単そうでこれができない。
それにしても、メレンゲにこれだけいろんなステップがあるとは知らなかった。メレンゲ・マンボだから?
てか、メレンゲ・マンボとは一体なんなのか、よく知らなかったりするんだけど。
私の中では高速メレンゲ、そしてみんなでいっしょに踊るといった印象。

ステップじゃなくて、体の動きで、両ひざに手をついて、お腹のあたりだけを高速で上下させるのがあったんだけど、これも自分でびっくりするくらいできなかった。
先生はお腹だけすごい勢いで上下してるんだけど、私は自分の体とは思えないほど動かなかった。
なんであの限定された部分だけ高速で動かせるの?腹筋と背筋の問題か?
でも、すごい楽しかった。これもちゃんと踊れるようになりたいなぁ(*´∀`)
関連記事
[ 2008/10/06 01:50 ] サルサ・バチャータ | TB(0) | CM(2)

彼にノーと言え 

この前のイベントではキューバン・サルサのミニレッスンもあった。
先生はメキシコの人。
メキシコ人なのにキューバのサルサの先生なんて不思議な感じ、と思ったけれど、それを言ったら日本人がキューバのサルサを踊るほうがもっと不思議だよねぇ(笑)

そうそう、先生がディレケノがなんでデイレケノっていうのか教えてくれたんだけど、これがおもしろかった。
ディレケノは入る前にいったん男性が女性を引き寄せるんだけど、これはキスを迫っている動作で、これに「Dile que no」(ディレ・ケ・ノ/彼にノーと言いなさい)ということで、女性は男性を避けて位置を変える、ということらしい。
しかし本当かどうかはわからない(笑)

で、その後は踊ったり飲んだりしてたんだけど、サルサのレッスンは2回くらいしか受けたことのない友人が、普通にというか上手にサルサを踊っていたのでちょっとびっくりした。
本人はステップとかわかんないから超適当、と言ってたけど、腰がいい具合に動いているので、それだけで上手に見えてしまうんだよね。

彼女はもともとフラダンスを踊っている人だから、多分、そのせいで腰が動くんだと思う。
フラの基本ステップもちょっと教えてもらったけど、腰の体重移動とか、サルサに通じるものがある。
やっぱ基本は腰…というか、腰を動かす腹筋か?

フラにもちょっと興味が出てきてしまった…
でも、その前にベリーダンスを復活させたいなぁ。
今、お休み中なので。
関連記事
[ 2008/10/06 01:02 ] サルサ・バチャータ | TB(0) | CM(2)

日記を添削 

この前やっともともとLiveMochaを紹介していたブログを見つけた。
"同僚は外国人☆"という、在日外国人向けにポルトガル語・スペイン語・タガログ語の多言語携帯サイトを運営している方のブログでした。

で、この方のブログを読んでいたら、またまたおもしろそうなサイトの紹介が!
自分が勉強している外国語で日記を書くと、それをネイティブが添削してくれる…?( ゚Д゚)
なにこれおもしろそう!と思って早速、登録。

 Lang-8

登録して、パッと見た感じ、ちょっとごちゃっとしたmixiという感じ。
そして、ほかの人の日記を見てみると、確かに添削されている!( ゚∀゚)=3

どういう感じなのかというと、日記を書くと、コメント欄の下に日記の内容を一行ずつ添削できるスペースが現れて、打ち消し線を引いたり赤字で訂正できるようになっていて…
って、説明するより見たほうが早いか。

8.jpg

これは私が書いたもの…うわーん、直されまくりだよ・゜・(つ∀`)・゜・
でも間違いを教えてもらえるというのはありがたいことですな。

この添削をしてくれたのはスペイン在住で日本語勉強中の女の人。
早速、マイフレンド登録してしまった。
後、メキシコ在住で日本語勉強中の男の人ともマイフレンドになった。

日記を添削してくれるっていのうは斬新だなぁ。
課題をこなしていくLiveMuchaより気軽にできるかも?
おもしろそうだから両方とも同時に続けてみよう(*´∀`)
関連記事
[ 2008/10/03 02:27 ] スペイン語 | TB(0) | CM(4)

ケブラディータ 

この前、某所でケブラディータ(Quebradita)というダンスを見た。
メキシコの北で踊られているダンス、らしい。

最初はペアで、そして男の人が女の人をくるくる回しだしたので、サルサみたいなもんかなと思っていたら、違った。
女の人が縦にも横にも回されるわ、持ち上げられて男の人の腰の上から回されるわ…うまく説明できないけど、とにかくアクロバティックですごいダンスだった。

YouTubeで検索したらあったので載せてみる。



私が見た人達も、本当にこんな感じで踊っていて、すっげー!と思いながら見ていたら、どこかで似たようなミュージック・ビデオを見たことがあるのを思い出した。



タリアの"アモール・ア・ラ・メヒカーナ"。
後半に踊ってるダンスがまんまケブラディータに見える。
って、そういやタリアはメキシコ出身だったか。

にしてもこのダンスを踊るには相当な体力が必要だろうなぁ…
男の人は女の人を軽々と持ち上げる筋力も必要か。
落とされたらと思うとちょっと怖いかも。

こっちでは子供もいっしょに踊っている。



大人のダンスもすごいけれど、子供も負けていない。
つか、かわいい(*´Д`)

ラテンダンスもホントにいろいろな種類があるんだねぇ。



※追記
これもすごい!
街中で踊るなんて…下がコンクリートということを考えると、ちょっと怖いけどでもすごい!

関連記事
[ 2008/10/01 22:27 ] サルサ・バチャータ | TB(0) | CM(3)







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。