スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

バースデーサルサ♪ 

スペイン語レッスンでのバースデーパーティーに引き続いて、サルサレッスンでも私の誕生日ををお祝いしてくれた(*´∀`)
つか、事前に行くからバーサルしてくれと連絡いれといたんだけどw

トイレから出てきたら、ハッピーバースデーの曲が流れてきた時には、やっぱり感動というかなんというか嬉しかった
でも、まわりからすっごく注目を浴びてしまって、もう恥ずかしいやら恥ずかしいやら恥ずかしいやら。
知らない人までハッピーバースデーをいっしょに歌ってくれたのはすっごく嬉しかったけど



タルトの上にシュークリームが乗ったケーキ。
これもんまかった!(*´∀`)

で、その後は、こういう時のお約束、バースデー・サルサ!
男の人が少なかったけれど、それぞれの方にがっつり踊っていただいて、楽しかった~(*´∀`)
1年に1回とはいわず、年に何回かやりたいくらい(笑)

それから関係ないけどまた身パレした\(^o^)/
そりゃまあその場にいた人にはだれだかわかるような書き方しちゃってるしねぇ…
別に読まれるのはいいんだけど、ちょっと恥ずかしい~(;´∀`)

しかし思ったりより知り合いが読んでいる確率は高そうだ…
でも、気にしないで書くけどね!( ゚∀゚)=3
スポンサーサイト
関連記事
[ 2008/09/29 01:22 ] サルサ・バチャータ | TB(0) | CM(4)

思い出した 

思い出した。

私、LAだった頃にも、「もしかしてキューバンですか?」って聞かれたことあったわ(; ̄∀ ̄)
確か、キューバンに興味はあったけれど、一度も踊ったことはなかった頃だったと思う…

 「なんでキューバンだと思うの?」

と聞いたら

 「めっちゃ腰が動いてるから」

という答えだったような。
でも、昔のことだったので、うろ覚え。

うん、やっぱキューバンサルサに鞍替えして正解だったかもね(笑)
関連記事
[ 2008/09/24 20:29 ] サルサ・バチャータ | TB(0) | CM(5)

クンプレアニョス 

この前のスペイン語教室では、私ともう一人の友人が誕生日が近かったので、バースデーパーティをしてくれた

DSCN2102.jpg


いくつになっても誕生日を祝ってもらうのは嬉しいもんだ(*´∀`)

スペイン語教室らしく、ハッピーバースデーの歌も、英語ではなくてスペイン語で歌ってくれた。
でも…ふと考えると、誕生日のお祝いの歌を、日本なのに英語で歌うというのも、変わった風習?

前にも載せたけれどハッピーバースデー…フェリス・クンプレアニョスの歌。

Felicidades AAA en su día
Que la pases con sana algría
Muchos años de paz y armonia
Felidad felicidad felicidad


節回しがよく歌われているハッピーバースデーの歌とは違うんだよね。
ハッピーバースデーとおなじ曲で歌う歌ももちろんあるんだけど。

ちなみに、今日が誕生日の人のことを

 el cumpleañero

というらしい。
これはどう訳したらいいのかなぁ。「誕生日の人」かなぁ。
文章としては

 Ella es la cumpleañera. (彼女はクンプレアニェラです)

こんなふうに使うらしい。
男女で冠詞と語尾が変わる。
ちなみに、これはキューバでだけ、らしい。

キューバといえば、キューバ人の先生が久しぶりに作ってくれた、ピカディージョ!!
んまい!!

DSCN2086.jpg

これはピカディージョをパンに乗っけたパン・コン・ピカディージョ。

DSCN2089.jpg


こちらはピカディージョをパスタに混ぜたもの。
こうなるとまた別の名前になるらしいんだけれど、先生は忘れたと言っていた。

久しぶりに食べたけどおいしかった~。
また食べたい!(*´∀`)
関連記事
[ 2008/09/23 02:40 ] スペイン語 | TB(0) | CM(3)

もしかしてキューバン 

この前、いつものサルサの先生が、職場の近くのサルサクラブで遠征パフォ?をするというので、見に行ってきた。
ついでに、というか、もちろんダンスも踊った。
バチャータ系のイベントだったのでバチャータ多め、でも普通にサルサやメレンゲもかかった。
キューバンまでかかったのは、キューバンの先生達が来ていたからだろう。

バチャータはインストの人にも踊ってもらった。
「ヘタですよ」という複線を置いたせいか、「これだけ踊れれば十分ですよ」とほめられたヽ(*´∀`)ノ
でも、リードのお陰もあると思うんだよなぁ。
だって、このインストの人とも、あの上半身だけをゆるく揺らすやつができたんだもの。
なぜできる時とできない時があるのか不思議だったけど、相手のリード次第と考えれば納得できる。
やっぱり上手な人は下手な相手でもうまく踊らせることができるんだなー。

で、サルサも踊ったんだけれど、キューバン系のイベントではなかったので、相手はみんな多分LA。
それでも合わせて踊っていたつもりだったんだけれど、「もしかしてキューバンですか?」って思い切り聞かれた(;´∀`)
なんでわかっちゃうんだろう。そんなに違う踊り方をしていたんだろうか。

でも、久しぶりにLAを踊って、改めてターンが多いなぁと思った。
しょっちゅうくるくる回される。
昔は自分もこの勢いで回っていたのかと思うと、よくできたなぁと感心する。
もともとターンは苦手だったし、やっぱりキューバンに移ったのは正解だったかも。

あ、それでもキューバンを踊れる人が2名ほど来ていたので、がっつり踊ってもらったヽ(*´∀`)ノ
今の自分にはやっぱりキューバンがしっくりくる。
まあまだまだへたっぴーなんだけどね

先生達のパフォはかっこよかった
緊張してる、って言ってたけど、とてもそうは見えない踊りっぷり。
笑顔で踊れるのもすごいと思った。
私も別のダンスで人前で踊ったことがあるけど、緊張で笑顔どころじゃなかったもの。

そうそう、そういえば…
サルサクラブでよく会う方に、いきなり「ブログ読んでるよ」と言われた(;´∀`)
はっはっはっ、やっぱり身バレしてましたか(笑)
でもいいの。別に読まれちゃヤバイような記事は書いてないし。
唯一、ヤバイのは18禁の記事だけれど、「18禁のスペイン語は役に立ってる」とも言われたので、これも問題なし…って、やっぱり少しは恥ずかしがるべきかなぁ(;´∀`)
でもまあいいか(笑)

18禁のスペイン語といえば、今1個ネタがあるんだけど、この記事にははいいかげん、パスをかけようと思ってる。
でも、パスワードは簡単なものにするつもり。
読まれたくないんじゃなくて、検索に引っかからないようにするためと、それとあんまり表にどーん!と出てるのず恥ずかしいから(;´∀`)

まあそれはさておき…結構たくさん踊れたし、久しぶりの人と会えたりもした楽しいイベントでした
関連記事
[ 2008/09/20 02:46 ] サルサ・バチャータ | TB(0) | CM(2)

チャランガ・アバネラ 

YouTubeで、チャランガ・アバネラのライブ映像ならたくさん見かけるんだけど、こういうビデオはあんまり見かけないんだよね。
なんでだろ。あんまり作ってないのかな?


Mentirosa


それにしてもみんなシントゥラがすごいなぁ。


Chico Calamero


ちょw なんでみんな砂にたてに埋まってるのw



Esta Es Mi Charanga


やっぱりかっこいいなぁ…(*´Д`)
それに声がすてき
こんな声で耳元で歌われたらもう!


Charanguero Myor


でもこの人も声も好き 後、歌も。
関連記事
[ 2008/09/12 23:11 ] ラテン音楽 | TB(0) | CM(0)

恥ずかしいの続き 

そうそう、ペルーの人にも「恥ずかしい」の言い方について聞いたんだった。
簡単にまとめると

 「ペルーの女の子は『かわいい』って言われたら『ありがとう』って言う。『恥ずかしい』は言わない。でも、恥ずかしそうな感じで『ありがとう』って言う」

なるほど。まず「ありがとう」なのね。
私も軽く「かわいい」とか言われた時は、軽く「ありがとう」って返して、ついでに「Tú tambíen」(あなたもね)とか言ってる(笑)

で、そのペルーの人によると

 Me apenas.

って言い方もあるそうだけど、本人自らこれはちょっと違う感じ、と言っていた。
apenasを辞書で引いてみたけど恥ずかしい感じの単語ではなかったなぁ。
やっぱし

 Tengo pena.

が一番いいかな(*´∀`)
ちなみにandaleはやっぱり通じませんでしたー。
関連記事
[ 2008/09/12 22:55 ] スペイン語 | TB(0) | CM(2)

すごいダンス 

この人達すごい。
どうしてここまで自在に腰を動かすことができるんだろう。
骨組からして違うような気がしてきた。



こっちの女の子達もすごい。
特に3人目の女の子くねり具合が。



後ろにいる人がなんかチャランガ・アバネラのダビさんに見えるんだけど…違うかな?

しかしここまでくるともう。セクシー過ぎるというかエロ過ぎるというか。
とにかく腰の動きがハンパない!

関連記事
[ 2008/09/11 22:15 ] サルサ・バチャータ | TB(0) | CM(2)

ヒーローですから! 

そーいや、キューバ人の友人と飲みに行った時、偶然に入ったバーに"Mi amor(私の愛)"と"Mi vida(私の命)"という、ノンアルコールのカクテルが置いてあった。
わーこれスペイン語だよーと盛り上がりながら、"Mi amor"というカクテルを注文したら、おいしかったけれど、すっっっごく甘かった(;´∀`) これが愛の甘さか?w
ちなみに、"Mi vida"はさっぱりしていて、これは普通においしかった

で、メニューをながめていたら、オリジナルカクテルの名前がすべてスペイン語なのに気がついた。
"Liverta(自由)"、"Sonrisa(微笑)"、"Volar(勇気)"などなど…
えーなんでーなんでスペイン語なのーとさらに盛り上がりつつ、通りかかった店員さんを呼び止めて質問してみた。
したら

 「いやー、店長が決めたんでわかんないです。でも、今度聞いておきますね」

とのこと(;´∀`)
ただ、店長さんは沖縄出身とのことで、沖縄は移民でペイン語圏に縁のある国だから、そのせいかもしれないなぁ。
で、ちょっと話が弾んだので

 「実はこの人もスペイン語を話すから気になっちゃって」

と言ったら

 「どちらの方なんですか」

 「キューバです」

 「あぁ、キューバ…キューバと言ったらチェ・ゲバラですよね。キューバのヒーロー…スペイン語でヒーローってなんて言うんですか?」

 「エロエですよ」

 「え、エロい?」

…これには思いっ切り吹いた(;´∀`)

そんなこんなで別のバーに移動。
飲み物を頼んでしばらくしたら急に音楽が変わった。
あれこれってキューバの音楽じゃ…と思っていたら友人が嬉しそうに

 「これキューバの音楽。でも、偶然じゃないよ。ここの人は僕がキューバ人だって知ってるんだ。前にも来たから」

と言った。
あーなるほどね。気をきかせてかけてくれたわけだ。
でも私もこんなところで思いもかけずキューバ音楽が聞けるとは思わなかったから嬉しかった
関連記事
[ 2008/09/11 21:39 ] いろいろ | TB(0) | CM(0)

おいしそう 

 「楽しみだね」

ってスペイン語でなんて言うのか聞いてみたら

 「Parece divrtido」

というお答え。
えー、ちょっとなんか違うような気がするんだけど、もしかして日本語がよくわからなかったのかなぁ。
これはもう一回確認してみよう。



 「おいしそう」



 「Se ve sabroso」

だと言うので、相手の体を上から下まで見て

 「Te ves sabroso」 (あなたおいしそう)

と言ったら

 ;`;:゙;`(;゚;ж;゚; )ブフッ と吹き出した後に、頭を抱えていた。
いやー、broma(冗談)ですから、broma(笑)

そしてちなみに、例えば相手が高そうな物を持っている時には

 「Se ve carro」 (高そう)

というふうに言うらしい。
なるほどー、「se ve...」で「~のように見える」という表現ができるのね。
ということは

 「Te ves cansado」 (疲れてるみたいね)

のようにも使えるのかな?
関連記事
[ 2008/09/09 00:59 ] スペイン語 | TB(0) | CM(0)

発音の問題 

六本木に"コパカバーナ"っていうサルサクラブがあるんだけど、どーしてもうまく発音することができない。
「コパカパーナ」とか「コパカパカーナ」になってしまう(;´∀`)

でも、それを聞いたラテンの人が、「どうして日本人コパカバーナ言えないの?」と言っていたから、多分、私以外にも発音がうまくできない人がいるんだろう。ちょっと安心w

発音といえば、今私が勉強しているサイトでは、例文を読み上げてそれを録音して送信、するとそれをネイティブの人達が聞いて評価してくれるシステムがあるんだけど、そこで大概の人に言われることが…

 「あなたの発音はすばらしい!ただ、"R"の発音がねー…」

だったりする(;´∀`)

"R"の発音はねぇ…例えば、単語一個だけ言うんだったら、ちゃんと巻けるのよ。"rosa"とか"carro"とか。
でも、これが文の中に組み込まれて、流れの中で発音しようとすると、途端にできなくなってしまう。難しいなぁ。

後は"L"も難しい。こもらせる感じが出ない時がよくある。
日本語の中にはこんな発音する言葉なんてないから、しょーがないよね。
でも、発音できるようにがんばるつもり(`・ω・´)
関連記事
[ 2008/09/09 00:40 ] スペイン語 | TB(0) | CM(4)

床に座る心配 

スペイン語のレッスン、今回は先生の自宅で。

先生は最初、「みんなの分のイスがない。床に座るの大丈夫かなぁ」と心配していたけど、この心配って日本ではないよね。
日本では、イスに座る場合もあるだろうけど、床に座るのも当たり前のことだし。
イスに座って生活する国の人ならではの心配だよなぁ。

実際、先生の自宅に入ると、みんなフツーに床に座っていた。
郷に倣えなのか先生もその間に混ざって床に座っていたけど、やっぱりちょっと座りつらそうだった。
でも、焼き魚を食べている時は、なぜか正座をしていたけどw
とはいえ、すぐに痛くなるから、1分も持たないらしい。実際、すぐに足を崩していた。
でも、床に正座をして、箸を使って「Sabroso!」(おいしい!)と言いながら焼き魚を食べている先生の姿は、なんか微笑ましかったw

で、結局日の日は、先生の仕事の都合で、先生が途中からいなくなってしまったので、レッスンもほとんどせずに、単なる飲み会と化してしまった。
でも、ま、たまにはいいよね、こういうのも(*´∀`)
関連記事
[ 2008/09/05 23:54 ] いろいろ | TB(0) | CM(2)

キューバの知恵から 

"世界のキッチンから"シリーズのひとつとして発売されている水出しミントジュレップソーダ。

DSCN1977.jpg 

どこを探しても見つからなかったんだけれど、この前やっと見つけることができた!(*´Д`)

DSCN1978.jpg

キューバのカクテル"モヒート"をヒントにして作られているとのこと。
ミントの葉を水出しして、そこにレモングラスで香りづけ、グレープフルーツの果汁を加えて、炭酸で割ってできあがり。
味はちょっとクセがあるけどすっきりしていてとてもおいしい

"世界のキッチンから"のサイトに行くと、キューバに取材に行ったムービーや、実際にキューバの人にこのジュースを飲んでもらった感想、そしてキューバ料理のレシピなんかも見ることができる。
こういうところでキューバが取り上げられるのってちょっと嬉しいなぁ(*´∀`)

ちなみに、本当のモヒートのレシピは、砂糖とミントの葉を軽くすり潰して、そこにラムとライムを加えて、炭酸で割ってできあがり。
私はあんまりお酒が飲めないので、いつもラムを少なく、そして砂糖を多くしてもらっていた。
もう一回飲みたいなぁ…あの店で、あの店長さんが作ってくれたモヒート…(´・ω・`)

それはともかく、このパカルディのモヒートのCMなんか好き↓

関連記事
[ 2008/09/04 23:31 ] いろいろ | TB(0) | CM(0)

偶然の一日 

この前はスペイン語関係でいろいろな偶然があった日だった。
まず、帰りの電車の中でうとうとしていたら、ドアの前に立つ黒人がふと目に入った。

 (…キューバ人?…なわきゃーないか。黒人だからってキューバ人のわけないって。むしろその確立のほうが低いし…最近、キューバものにハマってるから、なんでもキューバ関係に見えるんだろうか…)

なんてことをうとうとしつつ思っていたら、いつの間にか爆睡していたようで、気がついたら降りる駅でドアが閉まる直前だった。
あっぷねーと思いながら慌てて電車を降りて、ちょっと駅周辺をぷらぷらしていたら、今度はホントにキューバ人の友人Aと遭遇。
わー偶然だねー、ちょっと飲もうかー、なんて話になって、バーへ移動。

その途中、スペイン語を話す二組の親子連れを追い越した。
追い越した後、友人Aが「あの人達、トイレを探してたみたい」と言うので、「トイレならあっちのほうにあるよ」と言ったら、「じゃあ、教えてくる」と彼はすぐに引き返して行った。

親子連れの所に行って何事かスペイン語で話しかける友人A。
早口なんでなにを言ってるかよくわからなかったけれど、親子連れから「Gracias」という言葉が聞こえてきた。
その後、どこの人なのかと聞かれたらしく、友人Aが「Cuba」と答えると、納得したらしくみんないっせいにうなずきながら、「Ah, Cuba」とつぶやいた。
親子連れのほうは自分達はコロンビアだと答えていた。

で、そんな話をしていたら、お母さんのそばにいた、多分まだ3才くらいの、髪の毛がくりんくりんの超かわいい女の子が、ぱっと前に出て友人Aの手をぎゅっとにぎって、「Hola!」って言ったの!
文字にしたらただあいさつしただけの話なんだけど、その女の子の甲高い幼い声と、友人Aの手をにぎったその仕草が、もうかわいくてかわいくて!萌え死ぬかと思ったよ~(*´Д`)

あの子超かわいかったねーなんて話しながらバーに到着。
飲んでいると友人Aの電話が鳴った。
今からおなじくキューバ人の友人Bが来るという。
で、しばらくしたら友人Bが店に来たんだけど、私を見るなり「さっき会ったよ~」と言う。
え…としばらく考えて気がついた。さっきの電車の中にいた人じゃん!!Σ( ̄□ ̄川)

これにはホントにびっくりした。電車の中にいる時はぜんっぜんわからなかったもの。
だっていつもハンチングをかぶってる姿しか見たことなかったんだもん。
この日はハンチングじゃなくて頭になんか巻いてる姿だからホントにわかんなかった。
「あなた電車ん中でこんななって寝てた」と実演されて超恥ずかしかったー!
でも、キューバ人だと思ったのは間違いじゃなかったんだね。
でもその前に知り合いだって気づけよって話だw

その後は、クバーノ同士の超早いスペイン語会話…もはやスペイン語にすら聞こえない会話を聞きつつ、飲めないお酒をちびちびと飲みながら過ごした。
まあこんな感じで、スペイン語に関する変な偶然が重なった一日だった。
関連記事
[ 2008/09/04 22:41 ] いろいろ | TB(0) | CM(0)

痛恨の一撃 

この前踊りに行った時にルエダも踊った。
お店が広かったから全部で20組…15組くらいで踊ったんだったかな?
やっぱりルエダはこれくらい人数いたほうが楽しいかも。

技ではダメ・ドス…二人飛ばしてパートナーをチェンジするのがおもしろい。



男性陣が大きく移動するので、輪の中心が一瞬混乱したかに見えるんだけど、でもそれぞれ間をすっと抜けて、うまい具合に次のパートナーの所へ移動する。
あれは男性陣のさり気ない見せ場だよね。
てか、スマートに間を抜けてこっち来られると、ちょっとかっこいいとか思ってしまうw

それからひっさびさにアシェも踊った!



これって結構、運動量あるよね~。コアリズム並みかもw
ていうか、腰もかなりぐりぐり動かすし、コアリズム並みの痩せ効果があるんでないの?
跳ねたりなんだりするから踊り終わった時にはかなりゼーハーするし。
でも、めっちゃ楽しいので、踊ってる時には笑顔全開。
たくさん知ってるわけじゃないけど、いくつか踊った中ではオンダ・オンダが一番好きかも。



そーいや、コアリズムを友人に借りてちょっとやってみたんだけど、「サルサのリズムで~」とか「メレンゲのリズムで~」と言うから一瞬わくわくしてしまったんだけど、やっぱりちょっと違う…ていうか、かなり…



やっぱりダンスではなくてエクササイズなんだよなぁ…
てか、そういう趣旨の物なんだから当たり前か
でも、レッスンの時によくやる、準備運動的な動きとはそっくり。
そのことを友達に言ったら

 「じゃあなんでマリちゃんよく踊りに行ってるのに痩せないの?」

と 痛恨の一撃 を食らった。

いやそれは、そんなにたくさん踊りに行ってるわけじゃないし、踊りに行ったらジュースとか飲んじゃうし、30分ノンストップで踊るわけじゃないし…といろいろと言い訳してみる。
でも、朝まで踊ってると、1日で軽く3キロとか落ちたりするのはホント。
すぐにもどるのがミソなんだけどね(笑)

まあそれはともかく、コアリズムも結構な運動量なので、シェイプアップ目的にはいいかもしれない。
それに、ダンス要素もやっぱり入ってるから、やっていて楽しいと感じるのは確か。
サルサとかメレンゲとかルンバとか想像してると肩透かしをくらうけど(笑)

とりあえず、踊って痩せられるんだったら、それが一番の理想だな~
踊りに行ったら健康的に水でも飲んでようかな…もともとお酒は飲めないしね。
関連記事
[ 2008/09/03 00:02 ] サルサ・バチャータ | TB(0) | CM(0)

そのターンが好き 

YouTubeでいろんななサルサの動画を見ているうちに、やっぱこう、上半身もちゃんと動いてるとかっこいいなぁと思ったので、この前踊りに行った時に、そこらへんをちょこっと意識してみた。
そしたら、うん、なかなかいい感じ。踊っていて気持ちいい。楽しい。
踊った人にも

 「今日はムーブメントがすばらしい」

とほめられたヽ(*´∀`)ノ

で、踊りながらふと思った。
あ、これって、レッスンの時にさんざんやってることじゃん、胸だけ前後左右に動かしたり回したり…
そうか!これのためだったんだ!! と今さらながら理解した。
基礎レッスンって退屈かもだけど身につくと後が楽なのかもしれないなぁ。

でもこれ、あんまり動かさない人と踊る時には、自分も控えめにしないとおかしくなる。
そのかわり、ガガッと入れてくる人と踊る時には、自分も思うぞんぶんに動けてすっごい楽しい気持ちいい
うーむ、ダンスは腰だけじゃなく全身なんだな。今さらだけどw

それでもうひとつ、ほめられて嬉しかったこと。
久しぶりの人と踊って、踊り終わった後に、こんなことを言われた。

 「ターンがすごくいいよ。そのままくるっと回る人が多いけど、一回ぐっと重心を落として低くして、ためてから回ってる。しかも回ってる時でも腰が動いてるし。俺、そのターンの仕方、好きなんだ」

うーん、自分じゃ自分がどうターンしてるかなんてよくわからないけど、確かに低くしてる…かも?
とりあえず、好きと言われるのは、素直に嬉しいヽ(*´∀`)ノ
そして、もっっっと嬉しかったのが

 「●●さんのターンの仕方に似てる。もしかして彼女に習った?」

えええ、私の好きなあの踊り手さんのターンの仕方に似てるんですか!?
でも、その人にはバチャータはちょっと習ったことあるけど、サルサのほうは習ってない。

 「なに、ということは、自然にできるようになったってこと?」
 「やばい、私、才能あるかも(笑)」

と、テキトーに冗談でしめたけど、でも、好きな踊り手さんと似てると言われたのは嬉しかった
やっぱりさ、部分的にでも、あなたの踊り方が好きって言われるの、嬉しいよねヽ(*´∀`)ノ
関連記事
[ 2008/09/01 00:29 ] サルサ・バチャータ | TB(0) | CM(2)







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。