FC2ブログ













スペイン語のことわざ 

スペイン語のカレンダーが7月に入ってことわざシリーズが始まった。

 A mucha hambre, no hay pan duro.
 (空腹に硬いパンはない / 空腹にまずい物なし)

しかし、次のが早速わからない。

 A cada capilla le llega su fiesta.

それぞれの礼拝堂でパーティが…?
ちなみに英語では

 Every dog has its day.
 (To every chapel comes its party)

と書かれていて、ちょっと調べてみたら、「だれにでもいい時代はある」みたいな意味だとか…?
でも、別の場所では、「犬も歩けば棒に当たる」という訳がついていた。
そしてまた別の場所では「番茶に出花」と。

あー、正しく当てはまることわざばどれなんだろ。わかんない(;´Д`)
スポンサーサイト



関連記事
[ 2008/07/11 01:13 ] スペイン語 | TB(0) | CM(0)

男も痛い 

サルサを踊る時、乱暴なリードで痛い思いをしたりなんだりした女の人って多いだろうなぁと思っていたけど、男の人も結構痛い思いをしていることをこの前知った。

なんか、回そうと思った反対の方向に女の人が回っちゃったりして、肩がぐきっとなることがあるんだって。

 …私それやった覚えあるわ(; ̄∀ ̄)

というかしょっちゅうやってるような…
私のせいで肩を壊した人がいないといいけど(;´∀`)

ああ、そういえば思い出した。
昔、まだLAを習っていた頃、先生の手をつかんだままターンして

 「腕がねじれるから手は離して」

と言われた覚えが(;´∀`)

慣れない頃ってさ、つい相手の手をしっかり握っちゃうんだよね。
でも、ホントは、手を握らなくても、指を軽く触れ合わせるぐらいでも、リードは伝えられるし受けられるんだって。
私はまだまだそこまではいかないなぁ。

後、男の人がする痛い思いといったら、長い爪が手のひらに刺さったり、長い髪で顔をはたかれたり、かな?
髪は私も長いから気をつけなければ。

ちなみに、初心者さんを教える先生の手には、しっかり握られ過ぎてできる、青あざがあるらしい…
握り過ぎには気をつけないとね(;´∀`)
関連記事
[ 2008/07/11 00:47 ] サルサ・バチャータ | TB(0) | CM(4)