スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

靴の話 

キューバンサルサはスニーカーのほうが踊りやすい、と個人的に思った(´・ω・`)

よくはいてるのはスケッチャーズ。



でも、夏は暑いんだよね…(;´Д`)
とはいえ、サンダルはパカパカするし、それに華奢な物はすぐに壊れてしまうし。

なんてこと思ってたら、この前のコンパルサの時に、こういうのをはいてる人が結構いて



これはいいかも!とちょっと思った。
スニーカータイプの物より少しは涼しそうだし…
それにスパンコールがいい感じ



柄物もちょっとかわいいかも

これはスニーカータイプだけど涼しそう(笑)



うー、どれか欲しいなぁ…

それにしても、夏はいつも踊る時にはく靴に苦労してしまう。
ホントは涼しくサンダルとかはきたいんだけど、踏まれると痛いし気がつくと壊れてるし。
前に貼った動画の人達みたいに裸足でかろやかに踊れたらいいんだけど(*´Д`)
スポンサーサイト
関連記事
[ 2008/07/30 20:47 ] サルサ・バチャータ | TB(0) | CM(2)

踊ってるって感じ 

そーいや、サルサクラブで知らない子とちょっと話した。
その子はキューバンサルサを初めて2ヵ月くらいって言ってたかな?

印象に残った言葉が

 「キューバンサルサは踊ってるって感じがして好きなんです」

あー、なんかわーかーるーわー(*´Д`)

どこがどうとは説明できないけれど、踊るっていう感覚を、より強く感じられるというか、より楽しめるというか、なんかそういう感じがする。
まあ、基本、踊るのはなんでも楽しいんだけどね(笑)

あ、でも思い出してしまった。
メレンゲがかかると休憩タイムになってしまうのはなぜだ。
メレンゲだって楽しいのに(´・ω・`)
関連記事
[ 2008/07/30 20:24 ] サルサ・バチャータ | TB(0) | CM(0)

止まらないサルサ 

で、レッスンが終わってからの話。

何人だかわからない初老の男性と踊ったんだけど、この人がすごかった!
とにかくめっちゃ踊りやすいの!

まず最初にバチャータを踊ったんだけど、組んでゆっくりと回りながら踊っているだけでもなんだか心地良くて、そのうえにターンをするとよく音からズレるのが嫌だったんだけどこの人とは全然そんなことなくて、もうホントに気持ちいいくらいに音楽にぴったりとダンスはまっていた。まさに一体化?

上半身だけ左右にゆらすやつも苦手だったんだけど、これまたこの人となら私こんなに上手だったっけと思えるくらいに気持良くゆらぐことができて、なんていうかホントにもう自分でもビックリ。嬉しい驚き
あ、でも、左右だけではなく、体を少し倒し気味にして前後のゆれも入れていた。これは初めて。

でも、上手なだけでなくおもしろい人で、知らない技を出されて私がまごついていると、「もう一回」と言って繰り返してくれて、私ができると、「やったー」って言うの(笑)
いきなり「次は三回転」と言われて言われた通りに三回転したら、その時も「やったー」って言ってた(笑)

でも、バチャータに三回転できる間があるとは思わなかったなぁ。
一回転だけでもいっぱいいっぱいと思っていたけど、相手のリード次第では、きれいに音楽にはまるんだね。

そしてもちろんキューバンサルサも踊りましたとも!( ゚∀゚)=3

上記の男性に誘われた時にかかっていたのはかなり早い曲。私の好物(笑)
それでもってこの人がまたキューバンサルサも上手でさー(*´Д`)
もうイャッホー!状態でがんがんに踊ってしまいましたよ
なにを踊った覚えていないくらい、楽しい!という気持ちしか覚えていない。

で、なんだかんだでそろそろ帰ろうということになり、じゃあ最後の曲…と思ったけど曲の途中なのでもうみんな踊っている。
友人と「だれか誘えば?」「でも私シャイだか自分から誘えない」「でも最後だよ!」「あそこにいる人達は話しこんでるし、あの人は彼女連れだし」なんてこそこそ話しながらふと隣を見ると、空いている男の人が(笑)
いやホントに私は基本シャイで、自分から誘うなんてまずできないんだけど、でも帰る前に踊りたい!という気持ちが強くて、勇気を出して誘ってみた。

結果、その人は快くOKしてくれて、ちょうどかかっていた曲が大好物の早い曲だったのでまたがんがんに踊り始めたんだけれど、相手の人はどうもまだサルサを始めたばかりかそれとも早い曲が苦手だったようで、音楽にのることができないでいる。
ホントだったら、相手に合わせるべきだったんだろうけど、でも、ダメだった止まらなかった。
どうしても体が音楽の早さで動いてしまう。
リードが合わなくて途中で止まっちゃったりしもしたけど、それでも楽しかった!( ゚∀゚)=3

でも踊り終わった後には相手にあやまられてしまったよ。
私はめちゃくちゃ楽しかったのでそう言ったけど、でもよく考えたら悪いことしたかなぁ(´・ω・`)
はたで見ていた友人は相手も楽しそうだったよと言ってくれたけど。
まあ確かに多少は強張っていたけど相手も笑顔だったし、まあいいか(笑)

で、気持ち良く店を後にし、「やっぱ踊るのって楽しいよねぇ」と友人と語り合いながら家に帰ったのでした。
おしまい。

関連記事
[ 2008/07/30 02:48 ] サルサ・バチャータ | TB(0) | CM(0)

ケンタッキーってなんだ 

昨日はスペイン語教室の友人と職場の近くのサルサクラブに行ってみた。
友人が、以前にそのクラブでよくレッスンを受けていたというので、私も試しに受けてみることに。

しかしやっぱり先生が違うとレッスンも違うなぁ。
最初はストレッチとかするのかなと思っていたら、いきなりレゲトンで踊りはじめたので、ちょっとビックリ。でも楽しい(*´∀`)

んで、ちょっとステップを踏んだ後、男女に別れてペアで踊ったんだけれど、横一列でもルエダが基本?らしく、はい交代で交代するんではなく、ダメのコールで相手を変えていく。これも新鮮。

それからレベル別にいくつかに分かれてルエダのレッスンが始まったんだけれど、私はちょっと踊れるチームと、もっと踊れるチームの間を行ったり来たりさせられた(;´∀`)
きっと中途半端なレベルなんだろうなぁ。

しかしここでもまた言われたよ。先生に

 「手が重いなー」

って(;´∀`)
この手の重さは一体いつになったら改善されるのやら…

ルエダではいろんな技を習ったけど、ゆいいつ覚えているのは"デド"。



これは知らないなーと思ったけど、この後にやったデドの両手版だという"ケンタッキー"は、なんかやった覚えがある。



しかしケンタッキーなんておもしろい名前だなぁ。
どうしてそんな名前が…なんて考えないほうがいいね(;´∀`)
ルエダの技はホントにいろんな名前がある。

ルエダが主体のレッスンもなかなかおもしろい。
覚えられなかったけど知らない技がいろいろ出てきて楽しかった
技をちゃんと覚えて、コールにちゃんと応えて踊れるようになったら、もっと楽しいだろうなぁ(*´∀`)
関連記事
[ 2008/07/30 01:08 ] サルサ・バチャータ | TB(0) | CM(6)

充実した一日 

昨日は某ラテン系のイベントに参加してきた

時間前に友人達と集まって、お昼をいっしょに食べたんだけれど、これからサルサを踊るんだからということで、サルサバーガーをチョイス(笑)
後から来た友人まで申し合わせたようにサルサバーガーを注文したのには笑った(笑)

さて、肝心のイベントは、炎天下だし、振り付けはろくに覚えてないし、なんか音楽関係でトラブルがあったみたいだしで、どうなることかと思ったけれど、意外とどうにかなった(笑)
というか、後半になるにつれて、どんどん良くなっていった感じ

後半で踊った大人数でのルエダはホントに楽しかったな~
ルエダの後に踊ったサルサも楽しかった!
見にきてくれたスペイン語の先生が「いちばん上手だった」なんて褒めてくれたし(*´∀`)♪
ま、お世辞だろうけどね(笑)

でも、スペイン語の先生、パレードといっても20人くらいのパレードだと思ってたみたいで、100人以上の人が集まっているのを見てホントにびっくりしたみたい。
サルサ・タイムの時には先生も混ざって踊ってた(笑)

ちなみに、イベントにはこんなかっこで参加♪
女子は赤×白、男子は青×白で、キューバの国旗のカラーで。

帽子も靴も白で、と言われた時にはあーそろえるのめんどいーとか思ったけれど、こうして見てみると、やっぱりそろえて正解だったかも。

そしてイベントが終わった後には打ち上げサルサ・パーティーへ。
初めて行った所だったんだけれど、もろクラブって感じで、地元にこんな場所があるなんて知らなかったからびっくりした。

ここでも何曲か踊った
やっぱパカパカするサンダルは踊り憎いなー。
いっそのこと裸足で踊ったほうがマシだったかも。

私は踏みしめる力が強い?のか、踊ってる時にはいてる靴が、破壊されやすいんだよね。
冬の間によくはくショートブーツなんてワンシーズンでぼろぼろになるし…

ちなみに、そのクラブはこんな感じだった。
わざとフラッシュをたかなかったのでいい具合にぼかせた(笑)



んで、次にまた近くのサルサクラブに移動して、今度はラテンバンドのライブを聞いた。
チラシを見たらラテン系らしく、開演時刻が「たぶん9時くらい」と書いてあったので笑った(笑)
でもちゃんと9時に始まったけどね。



ここでもまた何曲か踊った
クーラーはついてたんだけど、もう熱気できかなくなっているので、一曲踊っただけで汗だくに。
うーん、まったりサルサも好きだけれど、やっぱりちゃきちゃき踊るサルサのほうが好きかも
早いリズムで小刻みにステップを踏みながら踊る私はきっとにやにやしてると思う(笑)

まあそれはともかく、長丁場のイベントだったので、体力的に持つかどうか心配だったけれど無事に完踊できたし、その後の打ち上げサルサとライブでも楽しく踊れたし、充実かつ楽しい一日だった!ヽ(*´∀`)ノ
関連記事
[ 2008/07/27 20:28 ] サルサ・バチャータ | TB(0) | CM(4)

Dora スペイン語(+英語)の絵本 

友達の家にあったスペイン語と英語の絵本、"Dora"。



中身はこんな感じ。英語の下にスペイン語が!





mami y papi は、「ママとパパ」って意味だけれど、英語でもおんなじ表記になっている。
英語圏でも papi って言うのかと友達(ダンナがアメリカ人)に聞いたら、ごくたまーに英語の子供番組で言っているのを聞くことがあるけど、普通はマミーとダディじゃない?とのことだった。

ちなみに、パピの色が濃いので、この子はハーフなのかと聞いたら、友達のダンナは両親はメキシカンだと言っていたけど、ホントかな?
確かに家とかカラフルでそれっぽいような気がしないでもないけれど…

でも、ということは、この絵本はもともとスペイン語圏の絵本なのかな?
それとも、アメリカに暮らすスペイン語圏の人達のための絵本?

まあどっちにしろ、とにかく辞書なしで全部読むことができたので嬉しかった!ヽ(*´∀`)ノ

おなじ物はちょっと見つけられなかったけど、このシリーズっていっぱい出てるのね~。

Count With Dora!: A Counting Book in Both English and Spanish (Dora the Explorer) Dora's Book of Words/Libro De Palabras De Dora: In English and Spanish/En Ingles Y En Espanol! : (Dora the Explorer) Los Buenos Modales De Dora/dora's Book Of Manners (Dora La Exploradora/Dora the Explorer (Spanish))
関連記事
[ 2008/07/22 22:49 ] スペイン語 | TB(0) | CM(2)

アセロラもスペイン語 

この前ラテン人の友人ととあるお店に入った時、メニューにアセロラの焼酎割りだったかサワーだったかがあって、それを見た友人がウエイターに「アセロラってなに?」と聞いたら、ウエイターは

 「えー…アーセーローラは、ですねぇ…えー…」

と苦しそうに言いながら、いつかのお店の人のように、目で助けてと言いながら私を見たw
いやだから私を見られてもわかんないってばw
でも、いっしょにいるんだから、言葉がわかるはずと思われちゃうんだろうねぇ。
実際には片言しかわかんないんだけども。

でも、とりあえず

 「アセロラはフルータ(fruta/果物)。アシド(accido/酸っぱい)。ウン ポコ(un poco/少し)」

みたいなことを言ったら納得してくれた。
私もアセロラをスペイン語でなんて言うかわかんない…

って、今調べたらアセロラってスペイン語じゃん!!
…あの人、ホントにスペイン語圏の人なのか?
それともカタカナで書いてあったからピンとこなかったのかな。

しかしアセロラがスペイン語だったとは知らなかった…
ちなみにスペルは

 acerola

西インド諸島と南アメリカ北部と中央アメリカが原産地なんだって。
プエルトリコでは重宝されているから持ち出すには特別な手続きが必要ってwikiには書いてあるけど、なんで重宝されてんだろね。
関連記事
[ 2008/07/22 21:57 ] スペイン語 | TB(0) | CM(2)

日本人顔 

この前、男3女1で飲む機会があった。
男の内、2人は日本人、1人はラテン人。

んで、ちょっとうらやましー!くやしー!と思ったのが、この男3人が3人とも目がぱっちりくっきり二重だったこと。
まあラテン人が目がぱっちりでくっきり二重でまつ毛がばざばさなのは納得できる。
でも、なんで日本人2人まで目がぱっちりでくっきり二重なんだよー!ヽ(`Д´)ノ
私は奥二重なのにー!(決して一重ではない)

日本人1は「よくインド人に間違えられる」と言い、日本人2は「日本人とはまず思われない」と。
日本人1はもうちょっと日焼けさせて「お父さんがインド人です」と言ったらなんの違和感もなく納得できそうだし、日本人2も「日系××人です」と言われたほうが納得できる。
私もたまーに「日系人でしょ?」と言われることはあるけど、でも、基本はのっぺりの日本人顔だ。

で、ラテン人が持ってたごついグラサンをかけたら激しく似合わなくてなんでだろうと思ったら、グラサンをかけた私の顔をまじまじと見たラテン人が

 「あなた鼻が小さいね。だから似合わない。鼻のここない」

と言って私の眼と眼の間をさした。
しょーがないじゃん、日本人らしい平面顔なんだよー!ヽ(`Д´)ノ

私も目がぱっちりで二重でまつ毛がばさばさで凹凸のある顔に生まれたかったなぁ…
まあ今の自分の顔もそんなには嫌いじゃないけど、もう少し面積が小さくてもよかったんじゃないかとは思う。
今さらどうにもならんことではあるけど( ´Д`)-3
関連記事
[ 2008/07/22 21:52 ] いろいろ | TB(0) | CM(4)

最後のレッスン 

レッスンに行けないといいつつ今日のコンパルサのレッスンには参加することができたヽ(*´∀`)ノ
とはいっても後1時間もないくらいの時間にかし行けなかったけど

行ったらちょうどコンパルサのレッスンが終わってルエダのレッスンに移るところだった。
あああ、肝心なのはコンパルサのほうなのに、まだ振り付けをぜんぜん覚えてないのにとちょっと焦ったけれど、最後のシメで一回だけ踊ることができた。
でも、踊ってもぜんぜん振り付けを思い出せない…もしかしてやばいんでない?(;´∀`)

まあそれは置いといてルエダのレッスン。
初めてのコール、アチェ…なんとかってのをやった。
コールがかかったら正面を向いてひざをツイスト、みたいな感じ。

それから先生オリジナルのコール、"空手"!これ絶対におもしろい(*´∀`)
今まで蹴りを入れた後の動きがよくわかんなかったんだけれど、教わってようやく納得。
なるほど、蹴りを入れた足をそのまま前に持ってきて踏みこんじゃっていいのね。

で、基本のコール、「ダメ!」と言われて相手を変える時に、「オトラ!」とコールがかかったらまたすぐに相手を変えるんだけれど、その「オトラ!」が2回以上続くと、慣性というかなんというか、コールがかかってないのに勝手に相手を変えようとしちゃうんだよね~(;´∀`)
今日はそれを3回くらいやってしもーた。で、相手の人に

 「ちょ、逃げないでよ。そんなに嫌がらなくてもいいじゃない」

なんて言われちゃったりして(;´∀`)
でも、別の人も、オトラが2回以上続くと、コールがかかってないのに相手を変えようとしてしまうと言っていたから、多分これは私だけではないはずw

まあそんなこんなでルエダのレッスンが終わった後、先生がもう本当に楽しそうに

 「いや~、楽しいなぁ~、本当に楽しいなぁ~♪」

と満面の笑みで言っていた。
本当に踊ることが、みんなと踊って楽しむことが大好きな人なんだろうなぁ。

さて、そういうわけで今度の土曜日が本番だー!
なにがって、実は某場所で、某イベントがあって、それに参加するんですよ。
身パレしたくないんで詳しくは書かないけど…

って、でも最近は身パレしてもいいかなって気にはなっている。
ていうか、既に確実に一人には身パレしたし、その場にいた人なら思い当たることを結構書いているから、もしかして…と思いつつ読んでる人もいたりして。
いや読まれるのは全然かまわないんだけど、ちょっと恥ずかしいなぁ(;´∀`)

あああ、やっぱり踊った後に書くと変なテンションになるw
とにかくイベントの後の打ち上げサルサも楽しみだー!ヽ(*´∀`)ノ
関連記事
[ 2008/07/21 23:26 ] サルサ・バチャータ | TB(0) | CM(0)

とにかく楽しもう! 

この前のレッスンの時に先生が言った言葉。
ちょっとうろ覚えだけれど、確かこんなことを言ったと思った。

 「ショーに出るんでない限り別に極める必要はない。ただ楽しく踊ればいい。間違えても笑って済ませばいいだけ」

要は「別に仕事じゃないんだから難しいこと考えないで楽しく踊ろうぜー♪ヽ(*´∀`)ノ」ってことなんだと思う。

確かに先生のレッスン自体いつも笑いが絶えなくて楽しい。
とにかく楽しもうよ的なスタンスの人なんだろうなぁ。

でも最近は仕事が忙しくてなかなかレッスンに行くことができない…
今の職場は地元からえらい離れてるから、少しでも残業するともう間に合わないんだよね。
レッスンには間に合わなくてもクラブには行けばいいんだろうけど、でも、帰りの満員電車でもうぐったりになってしまって、地元に帰り着く頃にはその気力がなくなってしまう…

あああ、なんか愚痴になってしまった。

まあ、遠い職場になったことも、行動範囲が広がったと考えれば、そう悪いことでもない。
ダンスと同様、とにかく楽しまないとね。
関連記事
[ 2008/07/21 22:54 ] サルサ・バチャータ | TB(0) | CM(0)

遅刻とペナルティ 

この前、ラテン人の友人と待ち合わせをしたら、1時間も遅れやがった

ラテン人だからしようがない、来ないよりかはずっとマシとは思ったものの、いろいろあってどうにもこうにも腹に据えかねて、一言もではないけれど無言の行を開始。

 「なんで笑わないの?こんにちはのキスもハグもないの?遅刻したからペナルティ?」

と聞かれて無言でうなずく。
最初は、あれやこれやと話しかけてきて、私の機嫌を取ろうとしていた友人も、後半では疲れたように黙りこんでしまった。

もんのすごーく重くなった雰囲気に、かえって私自身もダメージを受けていたんだけれど、今さらというかタイミングを逃したというか、機嫌を直すきっかけをつかめないまま時間は過ぎ、もう帰ろうかということになった。
でも、この嫌な雰囲気のまま帰るのは嫌だなぁ…と思ったので、とりあえず、黙って手を差し出してみたら、友人はその手をがっとにぎり

 「終わり!? ペナルティ終わった!? 終わったの!? あああ、よかったっ! ホントーによかったっ!」

と、喜んでいた。
でも、その喜び方がまるで、5分後に大地震が来ると言われてガクブルしていた人が、それが誤報だったと知って心底ホッとしているみたいな、なんか恐怖の時がやっと終わったみたいな喜び方だった…

そしてここでも言われたこと。

 「あなたは難しい…Eres complicada」

complicado は「気難しい・扱いにくい」という意味。
まあ要は

 めんどくせえ女だな

ってことだと思う。

ほっとけ!そんなの自分が一番よく知ってるよ!ヽ(`Д´)ノ
ムカついたので「もう遅刻しませんって10回言え!」って言ったら

 Tengo que llegar templano.
 (私は早く着かなければならない)

を10回繰り返した後、バイバイする時にも

 Debo llegar templano.
 (私は早く着かなければならない)

と自主的に10回呟いていた。

さて、次はどうだろう。ホントに遅刻しないかな。
なんて言いつつ、私のほうも最近、遅刻癖がつきはじめていて、やばいんだけどもね(;´∀`)
関連記事
[ 2008/07/19 01:26 ] いろいろ | TB(0) | CM(4)

カラオケでサルサ 

スペイン語のレッスンの後、場所がカラオケボックスだったので、音楽をかけてみんなでサルサを踊った
曲はオルケスタ・デ・ラ・ルスのサルサ・コン・サボール。

とはいっても、踊れる人が男では先生しかいなかったので、「次、私!」「次は私~」みたいな感じで、かわるがわる踊ってもらった。
だれかが「先生のバースデー・サルサみたい」と言ってたなぁ(笑)

しかし先生と踊るのは久しぶり。
先生の踊り方は、レッスンで習っているのとはちょっと違うので、まだ踊れるかなぁとちょっと不安だったんだけれど、踊り出してみればぜんぜん大丈夫だった
やっぱり体は覚えているもんなんだね。



でも、途中で「がんばってく~ださ~い」って言われちゃったけどね



Let’s Salsa!!~ベスト・サルサ・ダンス・コレクション~
オルケスタ・デ・ラ・ルス
BMG JAPAN (2007-06-20)
売り上げランキング: 15625
関連記事
[ 2008/07/16 21:32 ] サルサ・バチャータ | TB(0) | CM(0)

投げキッスとかロボットとか 

さて、今回のレッスンで習ったことは…

 Tirame un beso.
 (投げキッスして)

あいかわらずこんなんばっかりです(笑)
離れた所にいる相手に投げキッスをしてもらいたい時に使えるんではないかと。
レッスン仲間(男)に「使えるから覚えときなよ!」と言ったら

 「一生使うことないからいいよ」

と言われた(;´∀`)
そんなのわかんないじゃんねー。

んで、れはスペイン語は関係ないけど、キスは単体だとキスなのに、どうして「投げ」がつくと「キッス」と言いたくなるのだろう。不思議。

そして初めて知って驚いたこと。

 ¿De dónde eres? (どこの人?)

と聞かれたら、おなじ de を使って

 Soy de Japón. (日本出身だよ)

と答えるもんだと思っていたんだけど、違った。
いや、決して間違いではないんだけれど、でも、この答え方は先生いわく「ロボットみたい」と。

 Soy japonesa. (日本人だよ)

と答えるほうが自然らしい。
でも、これも地域差がありそうな予感。

後、細々としたものをメモ

¿Hasta cuando tienes tiempo? (何時まで時間大丈夫?)

reñir … 喧嘩する
hamoca … ハンモック
colcho … コルク
lima … ラムネ
abridor … オープナー
color de vino … ワイン色
basura … ゴミ
basurero … ゴミ箱

それにしても、残念なことに、先生に「スペイン語がヘタになってる」って言われた・゜・(つД`)・゜・
そりゃ週に二日のスペイン語レッスンがなくなっちゃったんだもん。ヘタにもなるさ…
でも、がんばる!どーしてもやっぱりしゃべりたい!
関連記事
[ 2008/07/16 00:52 ] スペイン語 | TB(0) | CM(0)

ハポネサだから遅い 

久しぶりのスペイン語レッスンへ。

いやしかしやっぱりラティーノ・タイムはうつるね。
以前は遅刻嫌いだった私が今回も15分の遅刻…
うーむ、態度を改めないといかん。

と思いつつも、先生はどうせ1時間は遅れるだろうし、先生が来なきゃ動けないんだからと、遅刻をしているくせにのんびりと歩いて待ち合わせ場所に向かっていたわけですが、近くまで来て驚いた。

 せ・先生がいる!!!Σ( ̄□ ̄川)

その時点でもう慌てて走りましたよ。
だって相手の遅刻にさんざん文句を言っておいて、自分が遅刻するわけにいかないじゃないですか…ってもうその時点で15分の遅刻だったんだけども。

 「ちょ、なんで先生いるの!?なんでいるの!?」

と、本来だったら、待ち合わせ時間を過ぎているんだから当たり前のことに驚きながら言うと、先生は腕時計を指で示しながら

 「遅刻ね~。もうダメ~。バイバ~イ」

だって。ムカつくわ~(笑)
だから、ラティーノだから遅いと言い訳していた先生の真似をして

 「ハポネサだから遅いんだよ」

と言ったら

 「それはダメです」

と言われた(笑)

しかし今回は先生は本気を出したようだ。
ていうか遅刻しないようにしようと思えばできるんじゃん。
でも、そのせいか、レッスンの後半ではものすごく眠そうにしてたけど。
がんばり過ぎちゃったんだろうか。

私も先生を見習ってもう遅刻しないようにしなければ。
次のレッスンは15分前に着くようにしよう(`・ω・´)
関連記事
[ 2008/07/15 23:25 ] いろいろ | TB(0) | CM(0)

スペイン語のことわざ③ 

今日のことわざは…

 Dime con quien andas y te diré quien eres.

「だれと歩くのか言ってください。あなたがだれか言います」???
なにこれ? どういう意味?
と思いながら調べたらわかった。

 「類は友を呼ぶ」

ってことらしい。

つまり、だれと歩いているのかわかれば、あなたがどういう人かわかる、とこういうわけだね。
意味がわかってみればなるほどという感じ。

次のことわざはわかりやすい。

 El mundo es un pañuelo.

直訳すると「世界はハンカチ」、どういうことかというと、「世間は狭い」ということ。

お、次のも簡単。

 Dinero llama dinero.

直訳すると「お金がお金を呼ぶ」。
お金は持っている人のところに余計に集まるみたいな感じかなぁ。
ぴったりの日本の言葉を思いつけない…
関連記事
[ 2008/07/13 03:26 ] スペイン語 | TB(0) | CM(0)

スペイン語のことわざ② 

英数字の字体を変えてみた。

 ABCDEFG...

こういう字体好き!(・∀・)

といのうはさておき、このことわざもわからない。

 Hay que hacer borrón y cuenta nueva.

borrón は「インクのしみ・汚点・不名誉・下手な文章」。
hay que + 不定詞で「~しなければならない」。
cuenta は「計算」… nueva がつくから「新しい計算」?

ちょっと調べてみたら、 borrón y cuenta nueva で、「心機一転」とか「白紙にもどす」とか「水に流す」という意味があるらしい…
ということは、「心機一転しなければならない」?「白紙にもどさなければならない」?
うーむ、よくわからない。

ちなみに英語の説明として

 Let's rub it out and start a new account.

と書いてあった。
翻訳機にかけてみたら余計に意味がわからなくなった。
これも日本語に相当することわざか格言みたいなものがあるんだろうか。
関連記事
[ 2008/07/12 00:38 ] スペイン語 | TB(0) | CM(0)

スペイン語のことわざ 

スペイン語のカレンダーが7月に入ってことわざシリーズが始まった。

 A mucha hambre, no hay pan duro.
 (空腹に硬いパンはない / 空腹にまずい物なし)

しかし、次のが早速わからない。

 A cada capilla le llega su fiesta.

それぞれの礼拝堂でパーティが…?
ちなみに英語では

 Every dog has its day.
 (To every chapel comes its party)

と書かれていて、ちょっと調べてみたら、「だれにでもいい時代はある」みたいな意味だとか…?
でも、別の場所では、「犬も歩けば棒に当たる」という訳がついていた。
そしてまた別の場所では「番茶に出花」と。

あー、正しく当てはまることわざばどれなんだろ。わかんない(;´Д`)
関連記事
[ 2008/07/11 01:13 ] スペイン語 | TB(0) | CM(0)

男も痛い 

サルサを踊る時、乱暴なリードで痛い思いをしたりなんだりした女の人って多いだろうなぁと思っていたけど、男の人も結構痛い思いをしていることをこの前知った。

なんか、回そうと思った反対の方向に女の人が回っちゃったりして、肩がぐきっとなることがあるんだって。

 …私それやった覚えあるわ(; ̄∀ ̄)

というかしょっちゅうやってるような…
私のせいで肩を壊した人がいないといいけど(;´∀`)

ああ、そういえば思い出した。
昔、まだLAを習っていた頃、先生の手をつかんだままターンして

 「腕がねじれるから手は離して」

と言われた覚えが(;´∀`)

慣れない頃ってさ、つい相手の手をしっかり握っちゃうんだよね。
でも、ホントは、手を握らなくても、指を軽く触れ合わせるぐらいでも、リードは伝えられるし受けられるんだって。
私はまだまだそこまではいかないなぁ。

後、男の人がする痛い思いといったら、長い爪が手のひらに刺さったり、長い髪で顔をはたかれたり、かな?
髪は私も長いから気をつけなければ。

ちなみに、初心者さんを教える先生の手には、しっかり握られ過ぎてできる、青あざがあるらしい…
握り過ぎには気をつけないとね(;´∀`)
関連記事
[ 2008/07/11 00:47 ] サルサ・バチャータ | TB(0) | CM(4)

踊りやすいらしい 

この前、とある人に、「踊りやすい」と言ってもらえたヽ(*´∀`)ノ
そばにいた別のとある人にもおんなじことを言ってもらえた。嬉しい

後、前に先生にも言われたんだけど、「どんな技をかけてもできそうな感じがする」とも言われた。
でも、実際にはできないんだけどね!( ゚∀゚)
その人にも、「知ってるかなと思って技をかけたら知らなくて、かなりテンパってたよね」みたいなことを言われたし(笑)

なんか、はたから見ると余裕たっぷりに踊っているように見えるらしい。
まあ、慌てふためいてはいないけど、でも、余裕たっぷりではないんだけどなぁ。
これはあれか。飲めないのに大酒飲みに見られるという、あれに共通するなにかなのかな。

踊れそうに見えて踊れないのはかっこ悪いので、早く見た目通りに踊れるようになりたいもんだ。
関連記事
[ 2008/07/09 22:52 ] サルサ・バチャータ | TB(0) | CM(2)

コンパルサレッスンメモ 

久しぶりにコンパルサのレッスンへ。

今回はモザンビケというのを習った。
コンガほど激しくはないけれど、でもやっぱり踊るとなると、かなりゼーハーしてしまう。
こんなんで踊りながら長距離を練り歩くとかできるんだろうか…

でもこれを大人数でやったらかなりおもしろそうだ。迫力もあると思う。
知らない人が見たらなにが起こったのかとびっくりしちゃうんじゃないかな。
日本にも踊りながら練り歩くお祭はあるけど、コンパルサはどういうふうに受け取られるかなぁ。

あ、そういえば、前から腕が動いていないと言われていて、意識して動かすようにはしていたんだけれど、それでもまだまだ動いていなくて、でもって言われたから動かしてますみたいな感じだったと思うんだけれど、コンガを踊っている時に、あ、腕を動かすってこいうことか、と一瞬だけなにかを悟った。
でも、一瞬だけで、次の時までその感覚を覚えてはいられないだろうけど(;´∀`)

まあ、それはともかく、後はルエダの練習もした。
普段はLAという人がいて、かなりとまどっていた。
どうしもステップが逆になってしまうとかなんとか。

でも私もこの気持ちすごくわかる!(≧△≦)
私もLAからキューバンに移ってきた頃は、ターンの時とかどうしても一歩を踏み込んでしまったりして、相手にぶつかりそうになってたもんなぁ。
よく「LAのターンになってるよー」と注意されてたし。
体に染みこんだ踊り方はなかなか薄れないよね。

んで、この時のレッスンも裸足で踊ってたんたんだけど、後で見たらやっぱり足の裏の皮がめくれてしまっていた(≧△≦)
そして今は両のふくらはぎびっきびきの筋肉痛…
かなり早い音楽で、かなり動きも激しいからね~。
でも室内用の靴をわざわざ買うのはめんどいので、来週も裸足の予定。
関連記事
[ 2008/07/09 22:22 ] サルサ・バチャータ | TB(0) | CM(0)

サルサイベントメモ 

サルサのイベントに行って来た。

結構たくさん踊れたので楽しかった♪
バチャータも一曲は踊ったかな?
チャチャもかかったんだけど、まともに踊れんかった。
うー、チャチャも踊れるようになりたい…

それにしても、やっぱり踊るのってたーのしーわー♪
勝手に顔が笑ってしまう。間違えても楽しいし。
ステップを踏むのも、知らん技をかけられて、ひー!ってなるのも、ダブルターンがびしっと決まるのも楽しい。
まあ結局なにをやっても楽しいってことなんだけど…(;´∀`)

あ、でも、なんていうか、腕を振り回すような人と踊った時には、あんまり楽しくなかったなぁ…
たまにそういう人がいるんだけど、つないだ手を痛いくらいにぶんぶん振るというか…
リードも、リードするというよりは強引に引っ張るという感じで、なんかあんまり…だった。
決してダンスがヘタじゃないだけに、微妙だ。

まあそんなこともあったけど、とにかく楽しくて満足できたイベントでしたー(*´∀`)
関連記事
[ 2008/07/02 17:41 ] サルサ・バチャータ | TB(0) | CM(4)







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。