FC2ブログ













スペイン語で触ってみよう 

そうそう、先生のお腹がだいぶぽっこりしていたので、「お腹すごいね~」と言いながらお腹の肉をつまんだら、そこからなぜか手で触る関係の動詞の説明が始まった(笑)

まず、全般的な言い方が

 tocar … 触れる・接する・達する

ほかには

 agarrar … つかむ

 amasar … こねる

 coger … 取る・つかむ
  ※メキシコでは「Hする」の意味になる。

 acariciar … 愛撫する・軽く触れる

など。

一番おもしろかったのが

 toquetear

という単語。

先生の説明によると、彼氏が彼女の髪をなでたり肩をなでたり背中をなでたり、そういう親密な触り方のことを言うんだそうで、これを赤の他人がやったらただの 痴漢 、と。

 「サルサクラブにこういう男います。女の子とすごくくっついて踊って、触ったりする。よくない」

というようなことも先生は言っていた。

まあ確かにいるよね、こういう人。
慣れてくるとこちらから距離をとることもできるけれど…って、まあこれはスペイン語とは別の話だね。

んで、笑ったのが、友達が電子辞書でこの単語を調べたら、ずばり

 いじる

という訳がついていたこと(笑)
私の辞書には、「いじくる・なでまわす・愛撫する」と書かれていた。
とにかくちょっとセクシャルな触り方をさす単語だそうだ。

ついでに、

 cariño … 情愛・愛情・愛着

って単語があるけれど、これは恋人同士でキスしたり抱きしめ合ったり手をにぎったり、そういう親密な触れ合い全般を指す単語でもあるらしい。

だから

 Dame cariño.

なんて言ったり…訳すのはニュアンスが難しいんで訳さないけど(笑)
これを言われたらキスしてハグしてあげればいいって感じかな?
スポンサーサイト



関連記事
[ 2008/06/27 21:27 ] スペイン語 | TB(0) | CM(0)

足の間で 

そうそう、久しぶりのスペイン語レッスンなんだけれど、場所がカラオケボックスということもあって、飲みとおしゃべりでだらだらしちゃうんじゃないかな~と思っていたら、意外にも最初のあいさつからきっちりとレッスンが始まった。

 「先生、久しぶり~!」
 「久しぶりです。スペイン語で?」
 「え、えー、 タ、tanto tiempo?」

みたいな感じで。

部屋に入って飲み物を注文すると、早速紙を取り出していろいろと書きはじめる先生。
まずは、先生と友人がやり取りしていたメールの中で、間違えてしまった前置詞についての説明。
前置詞っていろいろあるから結構ややこしい。

まあ、こんな感じで、先生もみんなも真面目にレッスンをしていたんだけれど、やっぱりそれだけで終わらないのがうちのスペイン語教室のいいところ(笑)

途中で私が「眠い」と言ったら、どういう流れか膝枕の話になって、先生に知ってるかと聞いたら知らないというので、膝枕の状態を私と友人で再現。
そしたら先生が

 「あ~、quiero dormir en tus piernas(あなたの足の上で眠りたい)…descansar(休む)でもいいね。眠らない、休むだけの時」

へ~なんて思ってたら、先生が急にニヤリとして

 「Quiero dormir entre tus piernas もあります」

と言った。
んー? esntre は間って意味だから…と考えて、意味がわかって思わず吹き出したら、友人も同時に吹き出した。

 「意味わかった?わかった?」

と言いながら先生もげらげら笑っている。
erotico(エロ)だの pervertido(変態)だの言い合いながら、とりあえずしっかりメモしておいた(笑)

いやー、でもホントに楽しかった!(*´∀`)
真面目に勉強もするけれど、真面目ではない言葉も教えてくれるので、そういう言葉が好きな私にとっては、とても勉強になる(笑)

でも、久しぶりに会った友人に

 「ホント、マリさんは pervertida だよね~。久しぶりに会って、あーやっぱりマリさんだ!ってしみじみ思ったよ」

みたいなことを言われた(; ̄∀ ̄)
ひどいよなー(笑)
関連記事
[ 2008/06/27 01:31 ] スペイン語 | TB(0) | CM(2)