FC2ブログ













私はだれでしょう? 

前に、初めてメールする時に

 ¿Quién soy yo? (私はだれでしょう?)

と書いて、通じるかどうか心配だったんだれけど、なんとか通じた。
でも、ホントにこれで合ってるのかどうかは、ちょっと不安だった。

そうしたらこの前、すっごい久しぶりのラテン人の友人からメールが来て、そのメールに

 ¿Quién soy yo?

と書いてあって、ああやっぱりこの言い方でよかったんだと、やっと安心した

ちなみに、○○○でしょ?と返したら

 Sí, soy tu papi. (そう、君のパピだよ)

と返ってきた(;´∀`)
おまえはいつ私のパピになったんだ…
こーゆーところは全然変わっていない

ちみに papi は恋人を呼ぶ言葉。
女の子の場合は mami とか nena とか。

そーいや、私、一回もパピとか使ったことなかったな…
うーん、なんか照れちゃうよね、そういう言葉。
メールでなら相手をくねくねさせるようなことが平気で書けるのになー
スポンサーサイト



関連記事
[ 2008/03/27 01:11 ] スペイン語 | TB(0) | CM(2)

歩幅に注意 

サルサを踊る時に注意しなきゃならないことがもうひとつ見つかった、というか思い出した。

それは歩幅

イベントの時に会ったダンスの上手な人に、ほめられながらも「歩幅をせまくしたらもっと踊りやすくなるかも」と言われて、思わずドキッとした。
歩幅のことは、前の前のサルサの先生にも、今の先生にも、そしてたまにクラブで出会う上手な人達からも、指摘されたことがあるんだよね~。
そのたびに注意しなきゃと思うんだけど、気がつくと忘れてる。

歩幅が大きいと多分、移動するのにそれだけ余計な距離が生まれるし、それでズレが生じることもあるだろう。
でも、踊ってる時にはついつい忘れちゃうんだよね~。
とはいえ、ここまで注意されてるんだから、直さないといかんな。
うん、よし、直すぞ。

んで、昨日は急遽、LAのレッスンを受けてしまった。なかなかおもろいかった。
今までに習ったことのないステップを教えてくれたりして。
人数の都合上、男役もやったんだけれど、クロスボディリードがちゃんとじゃないけどそれっぽくできた!
男役もちょっとおもしろいね。

でもって、キューバンサルサを始めたばかりの友人もいたので、大丈夫かなと思ったんだけれど、ちゃんとついてきていた。
でも、キューバンを忘れられたら嫌だなぁと思ったので、レッスンの後に今度は無理くりキューバンの自主練。
グアペアとブエルタとエンチューフラ。
しかし、踊ってるうちに私のほうが間違えたりして、ちょっと焦った
関連記事
[ 2008/03/27 00:43 ] サルサ・バチャータ | TB(0) | CM(0)