FC2ブログ













スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

もっとがんばる 

自分がスペイン語で言った言葉が相手に通じるのはすごく嬉しい。
口からするするっと、意識しないでも文章が出てきた時なんか、私ってかなりレベルあがってない?と果てしなく舞い上がってしまう

でも…

相手が少し込み入った話を始めると、途端にまったく理解できなくなって、がっくりしてしまう。
簡単なおしゃべりなら、お互いに broma (冗談)を言って大笑いしたりもできるけれど、でも、込み入った話になると、もうダメ
単語の大半が理解できない。今まで普通に話していた友人が、途端に異国の人になってしまう。

なんていうか、例えば日本語で、「みかんはおいしいよー」と日本語があんまりわからない人に話しても通じるだろうけれど、「このみかんは愛媛のみかんで、友達のツテでお取り寄せしたんだけれど、かえって高くなってしまったので、今度は自分で買いに行こうと思う」と話しても、多分通じなくてポカーンとされてしまうだろう。

それとおなじで、つまりなにが言いたいのかというと、結局はカタコトしかしゃべれていない・通じていないんだ、と
簡単なおしゃべりはできても、話し合うことや、説明することはできないんだ、と。

はー…いつか、日本語を話すように、とまではいかなくても、それなりに話せる時がくるんだろうか。
単語量がとにかく足りないんだろーなー。もっといろんな単語を覚えなくちゃ。
でも、さっきまた、開けっ放しにしていたレンジのドアに頭をぶつけたから、もうダメかも

とりあえずがんばろ。スペイン語のためにがんばるのは好きだから。
なので、友人に

 「Voy a esforzar más....para ti」
 (もっとがんばる…あなたのために)

と冗談で言ったら、なんかまたくねくねしてたw
スポンサーサイト
関連記事
[ 2008/03/20 01:42 ] スペイン語 | TB(0) | CM(3)







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。