FC2ブログ













怖いもの見たさ 

そうそう、そういえば、まだLAの癖が抜けなくて、ターンの時に、右足じゃなくて左足から動いちゃう…('A`)
さすがにそのまんましゃきーん!とは回らないけれど、左足が前に出るから相手の男の人に余計に近づいちゃうし、左足から無理やり右に回っていくから、やっぱりなんか変になる。
ターンのことを意識してれば右足からいけるんだけど、レッスンの時はともかく、普通に踊ってる時には意識できない…('A`)
どうやったらこの癖が治るかといったら、何度も踊っていくしかないんだろうなぁ。

後、関係ないけど、人に指摘されて初めて気がついたんだけど、自分のリズムがおかしくなったりすると、私は無意識に「ん~~~?」とかうなっているらしい。
相手の人に笑いながら「ん~~~?」と真似されて、初めて自分がうなっていることに気がついた( ̄∀ ̄;)
なので、この前またリズムからズレてしまって無意識に「ん~~~?」とうなってたら、相手の人が曲に合わせて「がんばってく~ださ~いがんばってく~ださ~い」と歌い始めたので笑った。

は~、早くリズムにノって軽く踊れるようになりたいなぁ。
いっしょにレッスンを受けてる人に、「お世辞抜きで私のダンスってどうですか?」と聞いたら、「上手ですよ」とほめてもらえたけれど、でも、こういうふうに聞かれて、「ぶっちゃけ微妙です」とは言えんわな(´・ω・`)
なので来週、踊ってるところをデジカメで撮ってもらう約束をしたんだけれど…

あああ、やっぱりやめたほうがいいかな。
ベリーダンスを踊ってるところを撮ってもらって見た時にはあまりのヘタさ加減に悶死しそうになったし。
もしあまりにもあれな感じで踊ってたらどうしよう…
実際、自分がサルサを踊っているところを、客観的に見たことって一度もないんだよね。
あああ、怖いなぁ。世の中には知らないほうがいいこともあるし…
でも、一応、撮ってもらおう。怖いもの見たさで。
スポンサーサイト



関連記事
[ 2007/12/08 22:11 ] サルサ・バチャータ | TB(0) | CM(2)

つなげて言ってみる 

「Gracias」の「s」の発音がいいと、たまにほめられるんだけれど、たまに「su」になってるから気をつけてとも注意される。
両方「ス」だけどビミョーに発音が違うんだよね…
でも、注意をされても、自分が「su」と言ってるかどうかなんて、わかんないな(´・ω・`)

そういや、発音というかなんというか、スペイン語ってたまにつなげて読むのがおもしろい。
例えば…

 ¿Qué es esto?

…だったら、「ケ・エス・エスト」だけれど、話す時にはつなげて、「ケエセスト」みたいな。
qué の é と、es の最初の e がくっついて、 es の s と esto の e が se になる、んだったかな。

 ¿Quésesto?

書いたらこんな感じか?

 el agua

…だったら、「エル・アグア」だけど、l と a がくっついて、 elagua になって、「エラグア」みたいな。
後は…

 en el parque

…だったら、enel parque になって「エネル・パルケ」。

 Estoy en el parque.

これを「エストイ・エン・エル・パルケ」じゃなくて、「エストイ・エネル・パルケ」って発音すると、なんかスペイン語がしゃべれる人っぽい気分になれる(笑)
まあ、あくまで気分だけだけどね(;´∀`)
関連記事
[ 2007/12/08 00:12 ] スペイン語 | TB(0) | CM(0)