FC2ブログ













chocha より feliz 

※前の記事の続きで内容が少し下品です(;´∀`)



スペイン語人の友達と電話をしたので早速言ってみた。

 「Estoy chocha!(*´∀`)」
 (幸せ!)←と言ったつもり。

 「…は?なんだって?」

 「いや、だから、estoy chochaだよ。チョチャ…チョーチャ?チョッチャ?」

 「なにそれ?おまえなに言ってんの?」

 「い・いや、だからね…」

やっぱり使わない言葉なのかな~と思いつつ、俗語のサイトでfelizを調べたら、Perúではchochaと言うと書いてあったと説明したら

 「え~、そんなふうに言わない。使わないよ」

 「そっか~。やっぱり使わないんだ…」

 「だって、chuchaってあそこのことだよ?そんなこと言わないよ」

 「…ちょ、違う!chuchaじゃない!!私はchochaって言ったんだよ!!」

chuchaっていうのはいわゆる女性のあの部分の俗語。
私は「チョチャ」と言っていたつもりだったんだけど、向こうには「チュチャ」と聞こえていた模様…

そりゃあ、「私は○○○です!」なんていきなり言われたら、「おまえなに言ってんの?」になるでしょうなぁ。
実際、向こうはそう言われたと思って、ギョッとしたらしい…

結局、スペルで言ってようやくchochaって言いたかったとわかってもらえたんだけど、この言い方は子供のこととか物のこととか、とにかく使う時が決まっている言い方なので、幸せは普通にfelizで覚えておいたほうがいいとのこと。

せっかく使ってみたのになんだかなー('A`)
スポンサーサイト



関連記事
[ 2007/06/19 00:13 ] スペイン語 | TB(1) | CM(6)