スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

鳥好きにはたまらない 

かわいい鳥のシールをもらった(*´∀`)


鳥はpajáro

 
左 gallina y pollito(めん鳥とヒヨコ)
右 golondrina(ツバメ)

 
左 pavo real(孔雀)
右 gaviota(カモメ)

 
左 pinguino(ペンギン)
右 gorrión(すずめ)

ほかには…

cuervo(カラス)
paloma(鳩)
pato(アヒル)
grulla(鶴)
pelícano(ペリカン)
avestruz(ダチョウ)
pato silvestre(鴨)
cisne(白鳥)
garza(ワシ)

関係ないけど、「鴨がネギをしょってくる」は、スペイン語で言うと

El pato silvestre viene llevando a las espaldas el puerro.

…かな? それとも

El pato silvestre que lleva a las espaldas el puerro viene.

かな?

スペイン語人の友達に聞こうにもどう質問したらいいのやら…(;´∀`)
スポンサーサイト
関連記事
[ 2007/05/26 01:37 ] スペイン語 | TB(0) | CM(0)

ラテン音楽の着うたサイト 

某コミュニティで拾ってきた情報なんだけれど、THETA BLUES & ROOTSという携帯サイトで、ラテン音楽の着うたがダウロードできるとのこと。

早速サイトにアクセスしてみると、Latin Garageというコンテンツの中に、バチャータ・キューバン・メレンゲ・レゲトン・タンゴといったジャンルが…

とりあえず、バチャータのページを見てみると、アベントゥラやモンチー&アレクサンドラが!!Σ(・ω・ノ)ノ
ほかにもいろいろ名前は出てるんだけど、曲と名前がつながるのは、この二人くらいしかいない…( ̄∀ ̄;)

ほかに曲と名前がつながるのは、メレンゲのページではプロジェクト・ウノ、レゲトンのページではテゴ・カルデロンくらい。
クラブでかかる曲って、聞いたことはあるけどタイトルは知らない、っていうのが多いからなぁ。
視聴ができたらいいんだけど、それはできないっぽい…

まぁ、ものは試しに、モンチー&アレクサンドラのDos Locosと、アベントゥラのUn Beso(ホントはObseciónが欲しかったんだけどなぜかなかった)をダウンロードしてみた。

音質は…さすがにいい!!
前に自分で作った着うたとは当然ながら比べ物にならない( ̄∀ ̄;)
やっぱりプロが作ると違うのね…



★アクセスの仕方

ドコモ:iMenu→メニュー/検索→着うた・着モーション
→Rock/Club/洋楽→Thetaブルース&ルーツ!

KDDI:EZトップメニュー→カテゴリーで探す→着うた
→ロック・洋楽→Theta Blues&Roots

SoftBank:Yahoo!ケータイメニューリスト
→着うた・ムービーメニュー→着うた
→洋楽・Rock・Club→Theatブルース&ルーツ!
関連記事
[ 2007/05/25 14:55 ] ラテン音楽 | TB(0) | CM(2)

シャキーラが結婚!? 

Shakira se casa en septiembre con Antonio de la Rúa.
(シャキーラがアントニオ・デ・ラ・ルアと9月に結婚)
http://www.terra.com/ocio/articulo/html/oci174100.htm

la cantante colombiana Shakira se casará con Antonio de la Rúa el próximo mes de septiembre y la ceremonia será realizada en su mansión de la República Dominicana.
(コロンビアの歌手シャキーラがアントニオ・デ・ラ・ルアと9月に結婚、結婚式はドミニカ共和国の邸宅で行われる)

Shakira y el abogado argentino están juntos desde hace mas de 7 años
(シャキーラとアルゼンチン人の弁護士は7年つきあっている)

Antonito fue que su suegra, doña Inés Pertiné, encomendó un hermoso vestido de gala para la estilista argentina María Pryor.
(アントニオの母イネス・ペルティネ夫人は、アルゼンチンのスタイリスト、マリア・プリヨルに結婚式の衣装を注文した)



誤訳と意訳が盛大に混じってるけど大体こんな感じ。

シャキーラがとうとう結婚かぁ…
7年もなんてずいぶん長いことつき合ってたんだね。

でも、記事の感じだと、どうもシャキーラがはっきりと結婚する、って言ったわけでもないみたいなんだよね。
とはいえ、9月という具体的な数字も出ているし、まったくのガセじゃないとも思うけれど…

ホントのとこどうなんだろ?

関連記事
[ 2007/05/23 23:42 ] ラテン音楽 | TB(0) | CM(0)

お腹が空いた…(;´Д`) 

スペイン語で「スパゲティ」は、espaguetisだと思っていたら、tallarínとも言うらしい。
辞書を引いてみたら、「細めで平たいパスタ」と書かれていた。
麺の種類で言い方が違うのかなとも思ったけれど、文通?しているペルーの人がペルーではこう書きますと書いていたので、これもまた国によって言い方が違うのかもしれない。

関係ないけどスパゲティ大好き(*´∀`)

Me gusta mucho el tallarín

あー、スパゲティスパゲティ書いてたらお腹が空いてきた…
今、ダイエット中だから…( ´Д`)-3

本当に関係ないから関係あること書こう。
スペイン語でほかの料理はなんていうか、ちょっと書き出してみる。


★スープ
consomé(コンソメスープ)
pataje(ポタージュスープ)
minestrone(ミネストローネスープ)

★サラダ
ensalada verde(野菜サラダ)
ensaladilla rusa(ポテトサラダ)
ensaladilla de mariscos(シーフードサラダ)

★卵料理
huevo duro(ゆで卵)
huevo frito(目玉焼き)
tortilla francesa(プレーンオムレツ)

★パン
perro caliente(ホットドック)
torrija(フレンチトースト)
tostada(トースト)

★お菓子
tarta(ケーキ)
flan(プリン)
helado(アイスクリーム)


ついでに味も。

rico(おいしい)
picante(辛い)
agrio(酸っぱい)
dulce(甘い)
amarigo(苦い)


あああ…余計にお腹が空いてきた…(;´Д`)

Me muero de hambre
関連記事
[ 2007/05/21 22:44 ] スペイン語 | TB(0) | CM(2)

またもやサルサクラブへ 

先週もサルサクラブで踊ってきた

バチャータでのターンはほぼ完璧にできるようになった(気がする)。
なんの曲で踊ったんだったかなぁ。
確か、Aventuraの、Cuando Volverasだったような気がする。
これもObseciónについで大好きな曲だから、今度、なんて歌ってるのか訳してみよう

後、やっぱり複雑な手技はよくわからないなー。
あれって踊ってるうちに覚えられるのかな?
それとも、やっぱりレッスンに出なきゃダメなのかな。

たまに、知らない技をかけられてわからなくて、「ごめん!わからない!」とか「どっちに回るの?」とか、口走っている
まぁ、それはそれで楽しいから、私的にはいいんだけれど、相手的にどうかと思われるから、時間がある時にまたレッスンに出てみようかなー。

それにしても、最近暑くなってきたから、ショートブーツがちょっと辛くなってきた
でも、かかとがぶれないから、ショートブーツが一番踊りやすいんだよね。
ちゃんとしたダンスシューズを買えよって話かもしれないけれど、たいしてうまくもないのに本格的な物を買ってもどうかと思うし、いちいち履き替えに持って行くのもめんどくさい…

なので、今年の夏も、ショートブーツで乗り切る予定。
夏ブーツって今はもう普通っぽいみたいだけど蒸れそうだ…
関連記事
[ 2007/05/20 12:57 ] サルサ・バチャータ | TB(0) | CM(2)

できなくて当たり前 

ちょっと思ったこと。

最近、南米在住の人とスペイン語(私)と日本語(相手)でやりとりしているわけなんだけど、最初よりかいい意味でテキトーに文章を書けるようになった。

最初は一字一句間違えてはならない、正しいスペイン語を書かなければ!と意味もなく気張っていて、でも今は、どう書いたらいいかわからない時は、正確じゃなくてもなんとなく伝わればいいやと、間違えていることを承知で書いている。

ていうか、私はもともとスペイン語は話せないし書けないし、うまく話せないし書けなくて当たり前なんだよね。
それなのに正確に話そう書こうとして、それができないからって話さない書かないのって、なんか意味がないというかなんというか。

なにがなんでも正確に、じゃなくて、できないことを前提に、今のところは間違えていても伝わればいいわけで、そんなに気負わなくたっていいんだよなー、ということを、改めて思ったりした。

ブログのサブタイトルのようにホントにのんびり勉強しよっと。
関連記事
[ 2007/05/17 22:56 ] いろいろ | TB(0) | CM(2)

一生使わないスペイン語 

youtubeで日本のアニメでスペイン語の字幕つきのやつを見た。
日本のアニメってすごいのねーと思いつつ、おもしろそうなセリフを拾ってみた。
でも、多分、一生使わないだろうスペイン語(笑)



¡Voy a ponerle fin a tu vida!
(おまえの命を断つ!)

 これは実際に使ったら犯罪予告だな(笑)


Desde el principio busca su muerte.
(この男ははじめから死ぬつもりだ)

 直訳だと最初から自分の死を探している、かな。
 これも絶対に現実では使わない…

¡Toma esto, otra vez!
(もう一度くらえ!)

 これは喧嘩の時に使えそう?
 でも、肉弾戦の喧嘩なんてしないしな…

¡Tonterías! Este hombre, ¿es inmortal?
(馬鹿な! この男、不死身か?)

 inmortal…不滅の・不朽の・不死の

Tú ya no tienes el poder para poder vencerme.
(もはやおまえに俺を倒すだけの力はない)。

 poderは動詞だけど、名詞だと力って意味になる。

Basta de charlas.
(問答無用だ)

 basta de~…~はもうたくさんだ
 直訳だとおしゃべりはもうたくさんだ、みたいな感じかな。
 これは普通に使えそうかも。

¡Será tu fin!
(とどめだ!)

 これも喧嘩の時に…って、とどめをさしたらまずいよね(笑)

¡Ahora tu serás el primero en morir!
(先におまえから始末してくれる!)

 primero enで最初の死かな?
 
¿A dondé van? Su oponente aquí soy yo.
(どこへ行く? おまえ達の相手はこの俺だ)

 oponente…対抗者・敵
 これも絶対に使わないけど、ちょっと使ってみたい(笑)

¡¿Crees que lo voy a permitir!?
(そうはさせるか!)

 直訳だと、私がそれを許可すると思うのか、みたいな感じ。

¡Este lugar se convertirá en tu tumba!
(ここがおまえの墓場になる!)

 直訳だと、この場所がおまえの墓場に変わる、みたいな。



ちなみに見ていたのは、いわゆる悪と善が戦うアニメ。
相手の攻撃にびっくりする場面が多くて、お互いに

¡No puede ser!
(まさか!)

を連発していた。

でも、日本語でスペイン語の字幕より、スペイン語でスペイン語の字幕のほうが、覚えられるらしいね。
友達もこのテで英語を覚えたらしいし。
youtubeでもそういうのがあったらいいんだけどなぁ。
関連記事
[ 2007/05/13 22:58 ] スペイン語 | TB(0) | CM(2)

痛くても楽しいサルサ 

今日もまたサルサクラブに行ってがっつり踊ってきた♪
お陰で足の親指のつけ根が痛い…('A`)
でも、すっごい楽しかったー♪

半年ぶりに会った人と踊ったら、リードがめちゃめちゃうまくなっていてびっくり。
そういや、半年前の彼は、ライトターンしかできなかったんだっけか…
技が増えていたのはもちろんだけど、リードがなんていうかスムーズ。
踊り辛いとかぜんぜん思わなかった。
彼のほうも、「半年ぶりなのにぜんぜん踊れてるじゃないですか!」と言ってくれたけど、それはリードのお陰もあると思うな(・ω・)

後、背が高い人と踊ったんだけど、これも楽しかった!
なんていう名前かは知らないんだけど、がしっと組んで横にうねるようなステップを踏むやつ、あれが実は大好きで、それを何回かやってくれたもんだから、ああ楽しい気持ちいい、みたいな♪
よくわからないんだけど、LAとかの動きではないらしい?
あいかわらずサルサの種類ってよくわかんないよー(;´∀`)

それからバチャータもまた練習。
やっぱりターンさせられるとぐだぐだになっちゃってたんだけど、途中でやっとコツというか、回り方がわかった。
単純にターンするスピードの問題。
今まで遅かったからリズムからズレてしまっていたみたい。
早めに回るようにしたら普通についていけるようになった。

それ比べて、いまだにうまくできないのが、ターンして相手の前に出て、足をクロスしてちょん、みたいな動き。
あれがいつもできなくてそこからぐだくだになっちゃうんだよね…('A`)
ちょんするタイミングを教えてもらったけれど、次くるぞと構えていなければ、やっぱりできない。
いきなりその体勢にもっていかれるとやっぱりあわわになってしまう。
これもまだまだ要練習だなー( ´~`)

後、久しぶりに思い出したのが、爪を切らなきゃな、ってこと。
明らかに爪が相手の手のひらに引っかかってる時があるんだよね。
相手に痛い思いをさせたら悪いし、ていうか、私の爪はやわらかくてすぐに反ったり折れたりしてしまうので、自分がダメージをくらう可能性もある。
来週までには切っておこう。

あー、それにしても、楽しいよ、サルサは♪
音楽にノってステップ踏んでるだけで( ゚∀゚)=3イャッホー!!になる。
そういや、いっしょに行った人に、「手技よりも、普通に組んで踊るほうが、好きみたいですね」と言われた。
うーむ、確かに、基本ステップ大好きだから、そうかも。
ていうか、手技をよく知らないってだけの話だったりもするんだけどね…(;´∀`)

最後に、もひとつ。
あの、女の体をがって倒すやつをやられたら、思い切りお尻の筋肉がつった。
もう痛いのなんのって。
その時、思わず思い出したのが、筋肉痛に効くという白花油。
今まさしくあれの出番じゃん!とか思いつつ、尻をさすりながらの帰宅。
でも、楽しいから、来週も行きますよ♪


それにしても…
踊って帰って来てすぐに書くと、変にテンションが高いもんだから、文章がちょっと変…
でも、ま、いいか(;´∀`)
関連記事
[ 2007/05/12 01:41 ] サルサ・バチャータ | TB(0) | CM(4)

スペイン語のカレンダーから 

スペイン語のカレンダーから。


Por lo menos es muy trabajador.
(彼は少なくとも働き者だ)

por lo menos…少なくとも・せめて
trabajador…よく働く・勤勉な・働き者の


Esto pasa de castaño a oscuro.
(これは行き過ぎだ)

pasar de castaño oscuro…度を越す
pasar de~…~を越える
castaño…栗の実
oscuro…暗い・暗色の

下のは直訳すると、栗が濃くなり過ぎてる?
よくわかんない言い回しだ…
関連記事
[ 2007/05/10 19:57 ] スペイン語 | TB(0) | CM(0)

フアンがかわいそう(笑) 

またスペイン語のカレンダーから。

Juan es tan cruel.

cruelって単語を知らなかったので調べてみたら…

残酷な・むごい・過酷な・厳しい

となると訳は、「フアンはこんなに残酷だ」、もしくは「フアンはこんなに厳しい」かな。

もうちょっといい意味でフレーズを作ればいいのに。
フアンがかわいそうだよ(笑)

Juan es inteligente. (フアンは頭がいい)
Juan es alegre. (フアンは明るい)
Juan es amable. (フアンは優しい)

とかね。
悪口だったらよく使いそうなのは…

Juan es tonto. (フアンはバカだ)
Juan es egoísta. (フアンはわがままだ)
Juan es mentiroso. (フアンは嘘つきだ)

こんな感じか。
でも、悪口は使わないほうがいいかな。
関連記事
[ 2007/05/06 22:21 ] スペイン語 | TB(0) | CM(4)

ペルーで有名な日本のクラブ 

最近、ペルー在住のペルーの人と、メールでちょっとやりとりしてみた。

そしたら、いろんな話題の後に

「最近ペルーではディスコのマクンバが有名です」
(ホントはローマ字書きだったけど)

と書いてある。

マクンバ? 川崎の…じゃないよね。
ペルーにもマクンバって名前のクラブがあるのかな?
なんて思っていたら、続けて

「ペルーのサッカーチームがその場所に行きました。そして大きな問題になりました。みんながそのクラブのことを知りました」

と書いてある。

あー…
そういえば、ペルーのサッカーチームが日本に来た時、試合の前だか後だかに、マクンバとかエル・カフェ・ラティーノで夜遊びして問題になった、というのはちらっと聞いてたけど…
ペルーでもそのことは有名だったのか…
つか、自分の国のことだし、当たり前か。

いやー、それにしても、こんなことで日本にあるクラブがペルーで有名になるとは( ̄∀ ̄;)
メール相手も、「来年、日本に行ったら、マクンバに行きたいです」と書いていた。
一体どういうクラブだと説明されてるんだろね、ペルーでは。

ちなみに、メールのやり取りは、向こうは日本語&ローマ字書き、私はスペイン語で書いている。
多分、このほうがお互いに読みやすい。
私が日本語を書いたら、向こうは読むの大変だろうし、向こうにスペイン語で書かれたら、今度は私が解読するの大変になるし。

やり取りを続けたらちょっとはスペイン語が上達するかな?(;´∀`)



※マクンバ…川崎にあるラテンディスコ。南米人ばっかり。
※エル・カフェ・ラティーノ…六本木にあるサルサクラブ。
関連記事
[ 2007/05/06 14:31 ] サルサ・バチャータ | TB(0) | CM(6)

踊りまくり回されまくり 

またもやサルサクラブに行って来た

今夜は、踊れる連れがいたので、もう踊りまくり回されまくり。
ついでに、私は手技がよくわからないので、途切れまくりでもあった
ちょっと連れに申し訳なかった( ´~`)

でも、楽しかったなぁ 久しぶりにぶっ続けで踊った気がする。
行くまでは、実は連日の外出の疲れがあったんだけど、踊っているうちになぜか元気になってきて、家に帰った今も気分爽快
これでまた朝帰りやっちゃったら動けなくなっちゃうんだろうけどね( ̄∀ ̄;)

そうそう、AventuraのCuando Volverasがかかったので、バチャータを踊った。
バチャータは辛うじてステップが踏めるだけで、ターンとか全然できなかったんだけど、何度か回されてるうちになんとなーくどう回ればいいのかわかった気がする。
やっぱ苦手だからって踊らないでいたらいつまでも踊れないよね。
バチャータ自体は好きだからもっと踊って踊れるようになろう

んで、ちょっと関係ない話だけど、ひらっとするキャミを着ていったら、まぁターンのたびにめくれるめくれる。
ターンしてる間は完璧に腹丸出しだったと思われる(;´∀`)
ま・まぁ、いいんだけどさ。かわいいへそピアスもつけていたことだしね
でも、次は、あんまり広がらない服にしよ…(-_-;)

んで、来週もまた行く予定
当分は、週末はベリーダンスも合わせて、踊り倒すぞ( ゚∀゚)=3
関連記事
[ 2007/05/05 02:15 ] サルサ・バチャータ | TB(0) | CM(2)

通じてたけど… 

ついでに、昨日しゃべったスペイン語。
間違ってる部分もあるけど、とりあえず通じてた(;´∀`)
訳は、どっちかいうと、こう言いたかったみたいな、そんな感じ。

¿Ella es tu nueva enamorada?
(彼女はあなたの新しい恋人?)

¿Él tiene esposa?
(彼は奥さんがいるの?)

¿Son amigos?
(あなた達は友達なの?)

No te enseño.
(教えてないよ)

No sé.
(知らない)

Voy a vomitar.
(吐きそう)

Tengo asco.
(気持ち悪い)

Bebo demasiado.
(飲み過ぎ)

No quiero.
(いらない)

会話じゃないよなー、これは…
もっとこう普通に話せるようになりたいなぁ(´・ω・`)

▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽


そうそう、TQMのストラップをさ、南米の友達に見せたのよ。
そしたら「トム?」とか言われたよ。だれだよ、トムって( つД`)
確かにQのはね?が小さいからOに見えちゃうんだけどさ…

ついでに、その友達、最近クラブで私の姿を見かけないから、ほかの人に「マリはどうしてるの?」と聞かれると、「南米の男と結婚して今は南米にいる」とか答えていたらしい…
勝手に人を結婚させてないでくれよー( つД`)
関連記事
[ 2007/05/03 23:11 ] スペイン語 | TB(0) | CM(0)

ぜんぜん踊れなかった 

昨日、サルサクラブに行ったんだけど、ほとんど踊らずに友達としゃべってばかりいた。
そして、調子に乗って、お酒を飲めないのに飲んでいたら(といってもカシスソーダ2杯半くらい)、二軒目のクラブに移る頃には激しい頭痛にプラスして、動いたらなにかが出る!!(;´Д`)な状態に。

店の外に出て休んでいたら、ちょっと離れた所にも酔っ払って倒れている女の人がいたり、お店の中にもどったら、今度は男の人が大の字になってひっくり返っていたりで、なんかもう酔っ払いはすごいな、と。

店の中でも、しばらくソファで目を閉じて休んでいたら、3時半くらいになってやっと復活。
ちょこっとペレオとメレンゲを踊ったけれど、なんかもう疲れてるのか足腰ががくがくになっていて満足に踊れなかったので、後はもうひたすらダーツを投げて遊んでいた。

で、朝になったので店を出て、吉野屋で生姜焼き定食を食べて、家に帰りましたとさ。
だからもう昨日はぜんぜん踊ったとは言えないなー(´・ω・`)
これはこれですごく楽しかったからいいんだけど、もっと踊りたかった。
でも、ま、明日もまた行くからいいか
関連記事
[ 2007/05/03 23:06 ] サルサ・バチャータ | TB(0) | CM(2)

今まさに! 

またスペイン語のカレンダーから(;´∀`)
でも、これはちょっとおもしろかった。

Uno de mis cuñados está a punto de dar la vuelta al mundo en barco.

パッと見、知ってる単語が多いんだけれど、意味が全然わからない。
で、辞書で調べてみたら…

uno deで「~の一人」なので、uno de mis cuñadosは「義理の兄弟の一人」。
estar a punto deは「まさに~しようとしている」。
dar la vuelta al mundoで「世界一周をする」。

なので、訳は…

「私の義理の兄弟の一人が今まさに船で世界一周しようとしている」

てな感じか。
estar a punto deの表現は使えそう。

Estoy a punto de pegar a mi enamorado.
(私は今まさに彼氏を殴ろうとしている)

Estaba a punto de pegar a mi enamorado.
(ちょうど彼氏を殴ったところだ)

Mi enamorado está a punto de llorar.
(彼氏は今まさに泣こうとしている)

なんちゃってね(*´∀`)
関連記事
[ 2007/05/02 15:59 ] スペイン語 | TB(0) | CM(0)







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。