FC2ブログ













mamitaは気持ち 

女の子に呼びかける言葉に、mamitaとかmamiってあるんだけど、これって自分の彼女かよっっぽど親しい女の子にしか使わないんだと思ってた。
でも、この前、ものすごく仲良しってわけでもない友達の彼氏に、冗談で「Hasta luego」って言ったら、ちょっと笑って「Hasta luego, mami」って返されたので、あれもしかして違ってる?と思ったので、ラテンの友達に聞いてみた。

したら、別に決まってるわけじゃなくて、彼いわく「気持ちだから」なんだそうだ。
つまり、「マリ」じゃなくて、「マリちゃ~ん」って言いたいような気持ちの時に、mamiとかmamitaって使うらしい。
なんかわかったようなわからないような(;´▽`)
まあ要は、親しみをこめた呼び方なんだろうな。
だからこそ、自分の彼女は率先してそう呼ぶんだろうし。

呼びかけの言葉では、ほかにnenaっていうのも好き
これは前にも書いたっけ?長く書き続けてるとなに書いたか忘れちゃう…
と思って、一体いつからこのブログを書き始めたのか、旧ブログを見てみたら、2004年の11月から書き始めてた。
あれ?もしかしてもうすぐ2年になるの?うわ~、よく続いたな~。

そういえば…前に、メルアドにpajarita(小鳥)って使ってた時、私のことをそう呼ぶ人もいたなぁ。
私の見た目が小鳥なんてかわいらしいもんじゃないからえらく気恥ずかしかったけど、後からpajaritaに小さいチ●コって意味もあると知った時は、呼ばれるたびにそこはかとくなく嫌な気持ちになったもんだ…

まあそれはともかく、上記の友達は、機嫌がいい時は私の本名○子に、“りん”をつけて呼ぶ。
こっ…この年で“りん”をつけて呼ばれるとは…(;´Д`)と思ったけれど、まあそれも彼の気持ちだしね( ´ー`)-3
スポンサーサイト



関連記事
[ 2006/10/29 00:29 ] スペイン語 | TB(0) | CM(2)