スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

誕生日 


ちょっと前に誕生日を迎えてまたひとつ年を取ってしまいました(;´▽`)
誕生日はスペイン語で

 cumpleaños

「誕生日おめでとう」と言いたい場合は

 Feliz cumpleaños.

誕生日の日に、どうせ忘れてるんだろうなぁと思いながら、友達にメールしてみた。

 Hoy es mi cumpleaños. Dime, algo.
 (今日は私の誕生日なの。なにか言ってよ)

みたいな感じで。ほぼ強制(笑)
忘れてはいなかったけど、日にちを勘違いしてた。
でもま、ケーキも買ってくれたし、いいか(*´ー`)

ちなみにケーキは

 tarta

ケーキでもデコレーションケーキとかを差すみたい。
辞書を見たら、切り分けたケーキはpastelというらしい。

でもって、よく混同してしまうのが

 torta

これはケーキでもひらべったいケーキやパイのことを指すようだ。

つまり、イチゴとか生クリームで飾りつけてあるのがtartaで、上になにも飾りつけのないケーキとかパイとかがtortaって解釈でいいのかな。

ああ、おなじケーキなのにややこしい(;´Д`)

とにかく、お誕生日のケーキは、とてもおいしかったです♪

¡La tarta de mi cumpleaños estaba muy bueno!
スポンサーサイト
関連記事
[ 2006/09/29 19:22 ] スペイン語 | TB(0) | CM(11)

フレーズまる覚え 

この前、久しぶりのラティーノの友達から電話がかかってきて、元気?元気だよなんて話を日本語でした後に、「電話してくれてありがとね」と言ったら

「はいっ、スペイン語で!」

と言われた(笑)
あわあわしながらなんとか

「ぐっ…Gracias por tu llamada?」

と言ったら

「Sí~. De nada」

だってさ。
正解だったのでホッとしたよ( ´Д`)-3

でも、自分で咄嗟に文を作ったわけじゃないんだよね。
単にまる覚えしていたフレーズを言っただけ。
でも、フレーズのまる覚えでも、結構使えるかも。

例えば、上の「Gracias por tu llamada」をまる覚えしておいて、最後の部分だけほかのに変えれば

Gracias por tu e-mail.
(メールありがとう)

Gracias por tu regalo.
(プレゼントありがとう)

Gracias por tu amor.
(愛をありがとう)

とか、いろいろと使いまわしできる(笑)

ついでに、メールの話も書いておこう。

ラティーノから来たメールの最後のほうに、「たくさん気をつけてね!」と書いてあった。
まあ意味は通じるけど、おもしろい言い方だなと思っていたら、最後に「Cuídate mucho」と書いてあったのを見て、ああこれを日本語に直訳したのか!と気がついた。

この場合のmuchoは、「たくさん」というより、「よく」みたいな強める意味になると思うんだけど、直訳したら「たくさん気をつけて」になっちゃうかもね。

やっぱり外国語を訳すのって難しいな(;´Д`)
関連記事
[ 2006/09/17 00:05 ] スペイン語 | TB(0) | CM(2)

妄想? 

またObseciónのことなんだけどね



今さらながらなんて歌ってんだろうと思って訳してみた…んだけど。
やっぱり難しーところどころしかわからなかった。
でもまあ全体的には、好きな女の子には彼氏がいて…みたいな歌。
でも、この歌詞には笑った。

Conocí tu novio
pequeño y no buen mozo


人の彼氏のことをチビでブサイク(超意訳)とはすごい言い様だ(笑)

で、サビで女の子が歌う部分。
私はこの部分がすごい好きで、流れるとついいっしょに歌ってしまったりする(笑)

No, no es amor
lo que tu sientes
se llama un obsecion


違うわ それは愛じゃない
あなたが感じていること
それはobseciónと呼ばれている

※超意訳で間違ってると思うので信じないように!

このタイトルにもなっているobseciónなんだけど…
辞書では「強迫観念・妄想」なんて書いてある。
動詞のobsecionarだと「(妄想などが)とりつく・つきまとう」で

Está obsecionado con su viaje a África.
(彼はアフリカ旅行に夢中だ)

なんて例文もあった。

うーん、訳すのが難しいなぁ。
このまま「妄想」って言葉を当てはめるのはなんか違和感だし、なんて意訳したらいいんだろ。
感覚的には理解できるんだけど、ぴったりの日本語にするのが難しいなぁ…
なんていうか、「あんたは一人で勝手に盛り上がってるだけよ!」みたいな感じかなと思うんだけど、でも、この感情を二字熟語にしようとするとわけわからん( ´~`)

で、その後は、「君の電話番号を知らないよー」とか、「電話番号を教えてよー」とかいろいろあって

No puedo
Tengo novio


できないわ
恋人がいるの


と断られてしまう…
悲しー。・゚・(ノ∀`)・゚・。

なーんて、冗談ぽく書いてしまったけれど、いい歌詞もたくさんあった。

Amar es mi talento
(愛することは僕の才能)

とか…

曲を聞いてイメージする通りの切ない系の歌。
やっぱりいいわー、Obseción。

Estoy obsecionado con Obseción.

てな感じかな(*´▽`)
関連記事
[ 2006/09/16 18:02 ] ラテン音楽 | TB(0) | CM(0)

Conteo - Don Omar 


ワイルドスピードX3 オリジナル・サウンドトラック

9月16日から公開の「ワイルドスピード×3 TOKYO DRIFT」のサントラにDon Omarの曲が2曲入っている。

10曲目の「Bandaleros」と、11曲目の「Conteo」。
個人的には「Conteo」のほうがかっこくよくて好き


Conteo


この、「Uno, dos, tres, cuatro(1.2.3.4)」と数えるところが、やけに耳に残る。
昔は、Ricky Martinの「Maria」の「Uno, dos, tres」で、スペイン語の数を覚えたなんて話があったけど、今度はDon Omarの歌で覚えるようになるのかな(*´▽`)

ちなみに、「Conteo」は多分「カウント」という意味。
関連記事
[ 2006/09/04 19:29 ] ラテン音楽 | TB(0) | CM(0)

貸して 

このネタは前にも書いたかな。
書いてないような気がするから、一応メモしておこう。

前に、友達のラティーノくんからビデオを借りた。
スペイン語の勉強にもなるしおもしろいしで、まだ借りていたいなと思った私は

「まだ見たいから…Déjame(貸して)」

と言ったら、友達は

「これは友達のだからだめ」

と言った。「?」と思いながら

「すぐに返さなきゃいけないの?もう少し借りてたいんだけど」

と言ったらようやく伝わって

「『Déjame』は『ちょうだい』だよ。『貸して』は『Prestame』でしょ」

と言われた。
確かに「prestar」は「貸す」って意味だけど、「dejar」にも「置いておく・残しておく・やめる」のほかに、ちゃんと「貸す」って意味があるんだけどなぁ。

でも、これは辞書を見ての話。
「勉強する」が、テキストではほとんど「estudiar」で表されてるけど、実際には「aprender」のほうがよく使われるとか、書かれた物と実際ではいろいろ違ったりするものね。
とりあえず、なにかを借りたいと思った時には、「Prestame」のほうが無難かな。


dejar
①残しておく・置いておく
②託す・任せる・遺贈する
③やめる・放棄する
④~のままにしておく
⑤させる
⑥貸す

prestar
①貸す・貸与する
②与える・する
関連記事
[ 2006/09/03 00:00 ] スペイン語 | TB(0) | CM(2)







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。