スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

なんのためにと言われても 

電話で話している時に

「¿Qué estás haciendo ahora?」
(今なにしてんの?)

と聞かれたので

「Estoy leyendo la revista de la ropa」
(洋服の雑誌を読んでるよ)

と答えたら

「¿Para qué?」
(なんのために?)

って聞かれて困った( ̄□ ̄川)

スペイン語の練習のためにわざと聞いてくれたんだろうけど、暇潰しに読んでただけだったから、なんて答えたらいいのか…って、そか、「暇潰し」って答えればよかったんだ。でも、この時には、適当に理由を作って答えてしまった( ̄▽ ̄;)

最初に

「Quiero la ropa nueva」
(新しい服が欲しい)

と答えたら、友達はちょっと考えて

「Quiero comprar un nuevo modelo de la ropa」

と訂正した。

でも、いまいちあやしい…聞き取りに自信がない。こう言ってたと思うんだけど…(-_-;)

訳すとしたら

「新しいスタイルの洋服が買いたい」

になるのかな。そのまんま「新しいモデルの洋服」って訳すのも変だしね…むーん、意訳って難しい(-_-;)

ちなみに、「暇潰し」を辞書で調べてみた。

hacer tiempo
matar el tiempo
pasar el tiempo


2個目が一番実感あるかも。直訳したら「時間を殺す」だもんね。これを使って答えるとしたら

Para matar el tiempo.
(暇潰しのためだよ)

かな。今度、使ってみよう。
スポンサーサイト
関連記事
[ 2006/03/31 00:27 ] スペイン語 | TB(0) | CM(0)

些細な違い 

この前、スペイン語人の友達と、今さらながら習慣の違いの話になった。まあ単に“正座ができない”とか、そのレベルの話なんだけど。でも、日本人でもよっぽど慣れた人でない限り、長時間の正座は辛いよね。足が痺れるし。

それよりも、初めて知って驚いたのが、あぐらがかけないということ。いや、かけても足が痛くて、正座とおなじように、そのままでずっと座っているのは困難だということ。だから友達は「足を前にのばして座っていたほうが楽」だと言っていた。

そうかぁ?と思いつつ、自分も足を前にのばして座ってみる…なんか不安定。あぐらをかいて座ってみる。うん、やっぱりこのほうが安定する。「足をのばして座ると後ろに倒れそうになる」と言ったら、友達は「僕はあぐらで座ると後ろに倒れそうになる」と。

これがイスに座って暮らす人と、床に座って暮らす人の違いなのか…正座はともかく、あぐらまできついもんだとは知らなかった。骨?筋?がその方向にのびないようになってるのかな?

だって、私はあぐらをかいた状態だと、体が前にぺたって倒れるけれど、足を前にのばした状態だと、やっと足の指先が触れる程度にしか曲げられない。友達はその逆。あぐらをかいてると体がほとんど前に倒れないけれど、足をのばした状態だと楽勝で曲げられる。あ、もしかしたら、股関節の柔軟性の問題なのかな。よくわからないけれど。

で、これもまた習慣の違いになるのか、ごはんを食べている時に、「日本人はなぜ食事の時に水を飲まないのか」と聞かれた。友達が言うには、ファミレスとかラーメン屋さんとかで水を出されても、みんな食事を食べ終わった後に飲んでいる、と。

まあそうじゃない人もいると思うけど、多分、食後のお茶の感覚なんじゃないかな、と思った。食事の後にお茶を飲んでいっぷく、みたいな。レストランでも飲み物を頼むと食事の前に持ってくるか後に持ってくるか聞かれるものね。大体、食事の後にって頼むことが多いような気がする…

座るとか、飲むとか、些細なところでも違いってあるもんなんだなぁ、と思ったある日の一日でした。
関連記事
[ 2006/03/28 22:25 ] いろいろ | TB(0) | CM(2)

後もう半年しかない 

今日はこんなかっこでベリーダンス。情熱の赤でまとめてみました…なんて言ってみたりして( ´▽`)

今日は人が少なかった。そのうえ、いつもお手本にしている前列のうまい人達が、だれも来ていなかったので焦った( ̄□ ̄川)やばい、お手本がないと踊れない、なんて思いながらまずはジルを使ったダンス。やっぱり見事に振り付けを覚えていなかった。でも、それは私だけじゃなくて、みんなそうだったので、音楽の途中でみんな動きが止まってしまった。先生もびっくりした(あきれた?)みたいで「え~~~!?(;´Д`)」と言っていた。マジで?みたいな感じで。恐ろしいことにマジなんだよね~。いや、開き直れることじゃないんだけどさ。

ジルを使ったダンスはあきらめて次はハンカチを使ったダンス。これはまあなんとかかんとか。後半がちょっとあやしかったけれど、とりあえず、ラストの振り付けまでたどり着いた。めちゃくちゃ早い曲で踊るから、最初は絶対に覚えられないと思ったけれど、なんとかなりそう…な気がする。まあこのダンスは大勢で踊るし、後列や通路で踊るなら失敗してもそんなには目立たないだろう…ということで焦る自分を落ち着かせて次は教室のダンス。

前回は、スカーフを手に持って踊ったけれど、今回はなにも持たない。先生も言っていたけれど、それだけに手の動きに気を配らなければならないので大変だ。手の動きというか、指先の形かな?それをきれいに保つことを、いつもついうっかり忘れてしまい、気がつくと変な形にして踊っている。手の動きって意外と目立つし大事なんだよね…発表会までに矯正できるかなぁ。っていうか、しなくちゃまずいんだけど。これはもう繰り返し繰り返し踊って、無意識にきれいな指の形を保てるまでにならなきゃな…わー、できるかどうか不安だー。・゚・(ノД`)・゚・。

そうそう、今年の発表会。9月に行われることに決まったそうだ。去年より一ヶ月早い。そして、後約半年…半年もあると思えばいいのか、半年しかないと思えばいいのか(-_-;)でも、今度の発表会の衣装は、先生いわく「こてこてのアラビアンでやる」そうなので、実はちょっと楽しみだったり( ´▽`)それを聞いた途端に、今度の発表会はどうしようかなぁ…なんて思ってたんだけど、出たい!に考えが変わった。踊りたいより先に衣装が着たいなんだよね。これってちょっと本末転倒だよなぁ(^_^;)

発表会までに、もっと気合いを入れて自主練に励むと同時に、今回は絶対にダイエットも成功させたいと思っている。1ヶ月に1㌔と考えれば、発表会までに6㌔も落とせるわけだし。でも、筋肉は落とせないから、そこは気をつけないとな。後は、体の柔軟性も必要だ。やっぱりこうなると後もう半年しかないという感じがする…あー、不安だけれど、とにかくがんばろう!o(^-^)o
関連記事
[ 2006/03/26 00:26 ] (ベリーダンス) | TB(0) | CM(5)

スペイン語会話4月号 


今月こそは買い忘れてお取り寄せなんてことにならないように、早めにスペイン語会話のテキストを買いに行った。で、中を見てびっくり。講師にあのノリ先生が復活してるじゃん!!これはちょっと嬉しいいやすごく嬉しい。これでまたスペイン語会話を見る気ががんがんあがってきた。ついでに、ベゴーニャさんも続投なのね。でも、ドロンズ石本が講師の中に入ってるのはなんでだ。特技はスペイン語ってホントなんだろうか?

さて、生徒役の人達は…やばい。だれも知らない(;´Д`)でも、気になる人はいる。菜葉菜という人はベリーダンスをやっているらしいし、ユリエという人はお母さんがメキシコ人で、レイラという人はサルサを習っているらしい。サルサやベリーダンスの話題が出てきたら嬉しいんだけれど、スペイン語にベリーダンスはちょっと無理があるかな。まあともかく、この中で最後まで残るのは一体だれだろう?最初から決まってるんじゃないのか…なんて黒い疑惑は脇に置いといて( ̄ー ̄)

¡Qué ilusión!(楽しみ!)
関連記事
[ 2006/03/22 23:04 ] スペイン語 | TB(0) | CM(12)

カナリアじゃない 

前にも書いたけど私はインコを飼っている。
↓こんなん。

どー見てもインコにしか見えないと思うんだけど、たまにこの子の写真を見せると、「これはperico(インコ)じゃない。canario(カナリア)だ」と言い張る人がいる。いや、飼ってる当人がインコだって言ってるんだし、第一これは確実にcanarioじゃないし…でも、二人の人におなじように言われた時には、「もしかして…私が飼ってるの実はカナリア?」とちょっと洗脳されそうになってしまった(^_^;)でも、この子は間違いなくpericoだ。

ちなみに、鳥の総称はpajáro。辞書を見ると、pájaro azul((幸福の)青い鳥)なんて言葉も載っている。メルアドに使えそうだ。ほかには、pajáro mosca(蜂鳥)とか…でも、moscaって、蝿って意味だよね。直訳したら蝿鳥…なんかかわいそうな名前(つд`)てか、鳥にはあんまりいい意味がないみたい。ser un buen pajáro(相当な食わせ者である)とか、pajáro de cuenta(油断のならない奴)とか…前にも書いたけど、tener pajáros en la cabeza(頭がおかしい)だし。こんなにかわいいのになんでだ(つд`)
関連記事
[ 2006/03/19 23:29 ] スペイン語 | TB(0) | CM(3)

どんな形? 

スペイン語人と電話で話していた時のこと。


「そーいや、この前サルサクラブに行った時、あなたの友達と踊ったよ」

「だれ?」

「名前は忘れたけど、確かあなたの友達だよ」


「どんな形だった?」


ど…どんな形…どんな形って…(;゚;ж;゚; )ブフッ

笑いたいのをこらえながら「普通の形」とウケ狙いで答えたけれど、「どんな形」って言い方がおもしろいと思っていない人が相手では意味がなかったな、と今さら気づいた。実際、なにもウケてなかったし(-_-;)それよりも、そーゆー時には「どんな人?」って聞いたほうがいいよ、って教えてあげたほうがよかったかな。いつもついうっかりスルーしちゃうんだよねー。結局だれだったかはわからずじまい。確か友達だって紹介されたような気がするんだけど、勘違いだったかな。
関連記事
[ 2006/03/17 21:18 ] いろいろ | TB(0) | CM(6)

今日のお買い上げ 

今日もまた渋谷にベリーダンスのグッズを買いに…

今日は3点を購入


青い生地に銀のコインのヒップスカーフ。生地が透けていてとてもかわいい♪


金のボールビーズ(?)を格子状に編んで作られたヒップスカーフ(?)。これはコインがすそにしかついていないので音はほとんどしないけど、でも、腰に巻くときんきらですごい華やかにになる♪

後、これを買ったのとは別の店で、模様入りの黒いボレロも買った♪行くと、結局なにか買っちゃうんだよね(^_^;)でも、今回買った青いヒップスカーフは、かなりなお気に入り♪今日のレッスンで早速使ってみたら、結構音も鳴るし、いい感じだった♪

で、肝心の今日のレッスンは、発表会のダンスが中心だった。あいかわらず難しい、でも、このダンス結構好きだ♪はじめはゆっくりまったり、途中からすごく早くなる。うかうかしてると追いつけなくなるくらい。それに、胸だけを八の字にくねらせたり、腰だけを八の字にくねらせたりと、くねる動きが多いので大変だ。なめらかに動かさないといけないんだけど、それがなかなかできなくて、ぎこちなくなる。家でちょっと特訓しないとなぁ…( ´Д`)-3
関連記事
[ 2006/03/11 23:49 ] (ベリーダンス) | TB(0) | CM(4)

ARNALDO Y SU TALISMÁN - ARNALDO Y SU TALISMÁN 

Arnaldo Y Su Talïsmán
Arnaldo Y Su Talïsmán
posted with amazlet on 06.03.08
Arnaldo y Su Talisman
Egrem (2004/08/24)
売り上げランキング: 367,465

友達に借りたキューバ音楽の中の一枚。キューバの女の子達を中心としたバンド、AZÚCARのリーダーであるアルナルドが、新たに別に作ったバンド…らしい。ネットで調べたけどこれぐらいしかわからなかった(^_^;) このバンドでも女の子達の華やかな歌声がいい感じだ♪お勧めの曲は1曲目の『ACELERA'0』かな。ノリがよくてすごく好き♪10曲目にはこの曲のリミックス・バージョンも収録されている。
関連記事
[ 2006/03/08 21:29 ] ラテン音楽 | TB(0) | CM(0)

アマランサス 

中南米原産の穀物 ☆★アマランサス 200g★☆白米と比較して食物繊維約15倍、カルシウム約32倍...

アマランサスという穀物を買ってみた。南米ペルー産だったからという単純な理由(^_^;) 前に、似たようなキヌアという穀物も買ったことがあるけど、正直、アマランサスとどう違うのかよくわからない(-_-;) もううろ覚えだけれど、キヌアのほうがちょっと粒が大きかったような…それと、キヌアのほうがもっと鳥のエサっぽい匂いが強かったような気もする。

これはどう食べるかというと、ごはんを炊く時に混ぜていっしょに炊く、というキヌアとおなじで簡単なもの。注意書きにも書いてあるけど、炊き上がって炊飯器を開けた時にほんのりと独特な匂いがするけど、食べる時にはぜんぜん気にならない。食感もちょっとプチッと感があるくらい。これのなにがいいのかっていうと、アマランサスに含まれている栄養素。パッケージに書いてある成分表を見てみると…

◎白米に比べて…
タンパク質   2倍
食物繊維   15倍
カルシウム  32倍
マグネシウム 12倍
鉄        12倍

こんな感じらしい。私の食生活はかなり偏っているのでこれで少しは補えないかなーと思って食べている…てか、実際にこれ、ペルーでも食べられてるんだろうか?キヌアは食べてるのを見たことあるから、これも食べてるのかな。

以前に書いた記事
「スペイン語系日記(旧)」-「キヌア」
関連記事
[ 2006/03/07 20:34 ] 多国籍料理 | TB(0) | CM(6)

なに言ってるのかわからない… 

それにしても…この前行ったクラブで、スペイン語人に話しかけられてもなに言ってるのか全然わからなかったから、ちょっとショック…(-_-;)上着係の人になにか言われても単語すら聞き取ることができなかったもんなぁ…所詮、私のスペイン語力なんて、スペイン語がわからないということをわかっている人に、ゆっくりと簡単な言葉を選んでしゃべってもらわなければ、どうにもならない程度でしかないんだよね( ´Д`)-3

スペイン語人同士の会話なんてホントにもうさっぱりわからない。ものすごい早口なんだもん。それが普通なのかもしれないけど、「あなた達の話してるのホントにスペイン語なの?」と聞きたくなってしまうくらい、言葉が全部ひとつながりに聞こえて理解できない。なんかもう、テキストについてるCDを聞いてなに言ってるかちょっとわかった♪とか喜んでる場合じゃなかったよ(´д`;) スピードがぜんぜん違う。それに多分、俗語とか難しい言い回しとかも使ってそうだし…

でもま、がっくりしててもしょーがない( ´▽`)別に、スペイン語を覚えなきゃ成り立たない生活をしてるわけじゃないし、のんびりまったり楽しく勉強していくことにしよう♪実際、亀の歩み状態だけど、ちょっとずつは進歩してるしね…ていうか、進歩していると思いたい…。゚(゚´Д`゚)゜ いやいや、泣いていてもしょーがない。泣いてる暇があったらまずはテキストのCDが楽勝で聞き取れるまでにならなくては!!ε-(`∧´)

で、一昨日話した&聞き取れたスペイン語。

No puedo hablar español.(スペイン語は話せないよ)
No hablo español.(スペイン語は話せないよ)
No sé bailar.(踊り方わかんない)
No sé bachata.(バチャータわかんない)
No entiendo inglés.(英語わかんない)
Gracias.(ありがとう)
Vivo en Yokohama.(横浜に住んでるよ)
Quiero descansar.(休みたい)
¿Dónde está A?(Aはどこ?)
Voy a volver con amigas.(友達と帰るから)
No hablo nada.(ぜんぜん話せない)
Un poquitito.(ほんのちょっとね)
Pesado.(重いよ)

¿Dónde vives?(どこに住んでるの?)
¿Tienes enamorado?(彼氏はいるの?)
¿De dónde es tu enamorado?(彼氏はどこの人?)
Sabe bailar.(踊れますね)
Muy bien.(上手だよ)

後、単語だけだと、maricón(オカマ)・vomitar(吐く)くらい。んー、ホントに簡単なフレーズばっかりだけど、前みたいに恥ずかしくてなにも話せない状態に比べたら、いくらかはマシだよね…いや、マシだということにして、これからも楽しみながらがんばっていこーヽ( ´▽`)ノ
関連記事
[ 2006/03/06 22:47 ] スペイン語 | TB(0) | CM(2)

ラテンディスコ 


昨日は久しぶりにサルサクラブ…じゃなくて、ラテンディスコへ。ここは、サルサ・メレンゲ・バチャータ・トランス・レゲトン・ヒップホップ、ホントになんでもかかる♪なので、サルサを踊った後にトランス、レゲトンを踊った後にバチャータ、てな具合で、いろいろなダンスをいっしょくたに楽しめるので嬉しい♪

暗くてよくわからないと思うけど、動画。
店内の様子①
店内の様子②

ちなみに、この店は、明らかにどう見ても南米人のほうが多い。日本人はほんの少数。でも、日本人だと思っていたら日系人だったりするので、ほとんどが南米人といったほうが正解だろう。だってさ、入り口で上着をあずかる人が、フツーにスペイン語で話しかけてくるからね。スペイン語はホントあいさつ程度しかろくに理解できないから、「スペイン語はわからないよー」と言ったら、すぐに日本語で「あー、ごめんねー。上着はみんないっしょでいいの?」と言い直してくれた(^_^;)

誘われていっしょに踊ったのも全員南米の人。そして、半分は「にほんご、わかりません」の人だった。なので私も「¡No hablo español!」「¡No puedo hablar español!」(スペイン語は話せない!)を連発。一回、間違えて「No hablas español」(あなたはスペイン語を話せない)って南米人に向かって言ってたような気もするけど…( ̄▽ ̄;)ま、いいか。後、ある人に「¿Cuánto años tienes?」(いくつ?)と聞かれたので、「¡Secreto!」(秘密!)と答えたらその人は笑いながらずっこけていた( ̄▽ ̄;)

でも、変な話、「スペイン語は話せない」とスペイン語で言うのが、最近うまくなってきたというか、まるっきりつかからなくなってきたので、逆に相手に不審がられるようになってきた。「話せてるのに話せないってどういうこと?」みたいな感じで。でも、うまく言えるのはこの一言だなんだよねー、情けないことに( ̄▽ ̄;)長文でがーっと話されるとホントにまったくなに言ってんだかわからないもの。あー、悔しい。やっぱりスペイン語をちゃんと話せるようになりたい!と決意を新たにしてみたり(^_^;)

それと、ここで初めて見たのが、南米人のオカマさん達。ミニスカートから出た足はとてもきれいなんだけれど、すごい大柄な人がいて、振り向いたら顔は男だったのでちょっとびっくりした。ほかにも、体はマッチョで着ている服も普通なんだけれど、キレイにお化粧している人がいたり、胸はあるんだけれどやっぱりどことなく男の面影がある人がいたり、南米版かばちゃんみたいな人がいたりと、店でもなかなか目立っていた。お互いでちゅうまでしてたもんなぁ。

そうして、タリアの“ア・キエン・レ・インポルタ”がかかると、彼女達は歓声をあげてフロアの中央に出て踊りはじめた。前に、この歌はオカマさんが好きな歌だと聞いたことがあったけど、本当だったんだと納得した。歌詞の中の、「私は私。私がなにをしようがあんたには関係ないでしょ」というところが、オカマさん達の心情に合うらしくてすごい人気なんだそうだ。でも、この日いっしょに行った友達の彼氏はプエルトリコ人でクリスチャンなので、どうしてもオカマさんの存在が許せないらしく、苦々しい顔で友達に文句を言っていた。前にはそのことで彼女達と喧嘩までしてしまったそうだ(-_-;)

3時過ぎ頃に急にフロアの真ん中に空間が作られて、なにが始まるのかと思ったら、スタッフの人達と、それからお客さん達も参加してのミニダンス大会状態。これがまたすっごく楽しかった♪これも暗くてよくわからないけれど、一応動画を載せてみる

ダンス①
ダンス②
ダンス③

そんなこんなで朝の5時過ぎ、そろそろ帰ろうかという頃になって不穏な空気が漂いはじめた…( ̄□ ̄川)フロアから出ると男の人達が団子状態で何事か激しい調子で言い合いしている。前に来た時にも帰る頃に喧嘩が始まってたよなぁと思いながらよくよく見ると、その喧嘩に友達の彼氏が参加してた!Σ( ̄□ ̄川)…というか、主役?(-_-;)お店の人も間に入って必死に止めようしてるけど全然おさまらない。でも、なんとか友達の彼氏を連れてみんなで外に出たけれど、喧嘩相手もいっしょに出て来てまだ何事か怒鳴ってくる。彼氏も何度か引き返しそうになりながら、それでも我慢して無視して帰ろうとしていたんだけれど…

不意に喧嘩相手がダッシュして来て止める間もなく友達の彼氏に殴りかかったΣ( ̄□ ̄川)彼氏も当然、反撃。だけど、そこに別の喧嘩相手もタックルをかけてきて、結局5・6人が参加しての殴り合いの大喧嘩に発展Σ( ̄□ ̄川)私は英語はしゃべれないんだけど、それでも「ストップ!ストォーーーップ!」って必死になって叫んじゃったよ(-_-;)友達の彼氏はすぐにその団子状態の中から引っ張り出されたんだけれど、鼻がぽっきり折れてちょっと曲がっちゃってた…( ̄□ ̄川)

口喧嘩程度ならはいはい元気でいいですねーで済まされるけれど、殴り合いの喧嘩はちょっとしゃれにならないよ。全員、体格のいい男の人ばっかりだったから、余計に怖かった(-_-;)でも、喧嘩相手がだれかれかまわず喧嘩をふっかけてたみたいだから、友達の彼氏は被害者っちゃ被害者なんだよね…でも、その後、興奮や怒りがおさまらなかったのか、諌める彼女に対してまで怒鳴りはじめて、あれはちょっといただけなかったな。なにより友達がかわいそう。なにも悪いことしてないのに、なんで「ファックユー」とか汚い言葉を使われなきゃならないんだかε-(`∧´)

この日は楽しかった。楽しかったけれど、最後がなぁ…まあ滅多に見れないものを見れたとでも思っておこう。お店自体はすっごく楽しめたし♪でも、メレンゲとかレゲトンとか踊り過ぎて、腹筋と足腰の筋肉が痛い…( ̄□ ̄川)
関連記事
[ 2006/03/05 20:45 ] サルサ・バチャータ | TB(0) | CM(12)

Season Finale 1998-2003 - Héctor & Tito 

Season Finale 1998-2003
Season Finale 1998-2003
posted with amazlet on 06.03.03
Hector & Tito
Machete Music/VI Music (2005/08/16)

この前、久しぶりの友達と会って、パソコンのリカバリと共に吹っ飛んだキューバの音楽と、ついでにレゲトンのCDも大量に借りた♪そしたら、Héctor & TitoSeason Finale 1998-2003があって、中に私が大好きなBaila Morenaが入ってたので、かな~り嬉しかった♪Baila Morenaは多分、私が初めて聞いたレゲトンの曲。ん~、やっぱりいつ聞いてもいいなぁ~♪

ほかにもA Que Tu No Te Atrevesや、Pagateなんかも好きだ♪それにしても、Titoって顔と声がかなり違うなぁ…顔はかわいい感じなのに、声はしゃがれているというかなんというか。でも、嫌いな声じゃない。味があっていい声だと思う。レゲトンで歌うには合ってるんじゃないかな。でも、最近のらしいビデオクリップでは、顔も少し変わっちゃってた…( ̄▽ ̄;)

ほかにも定番のDaddy YankeeDon omarなんかも借りたんだけれど、Daddy Yankeeは一人で突っ走り気味なので、地元の人には嫌われかけているらしい…という話を聞いた。まあ確かに一人ですごい売れちゃったからねぇ( ´~`)Gasolinaなんてクラブとかでかかり過ぎて聞き飽きたって感じだろうけど、でも、私は今でもまだ好きだ♪( ´▽`)

友達の友達がプエルトリコの人で、そこからいろいろなレゲトンのCDが回ってきたんだけれど、その時に初めて知ってびっくりしたのが、プエルトリコはアメリカの自治領だということ。ホントに知らなかったからびっくりした。プエルトリコはプエルトリコという国だと思ってた。いや、それも間違いではないみたいなんだけれど、自由連合州という特別な立場にあるとかなんとか、いまいち事情がよくわからない。ネイビーにプエルトリコの人がいるのは、アメリカに帰化したとかそんなことだと思いこんでたよ…この年になって初めて知った意外な事実。てか、これって周知のことなの?知らなかったの私だけ?だったら恥ずかしいな( ̄▽ ̄;)
関連記事
[ 2006/03/03 23:27 ] ラテン音楽 | TB(0) | CM(2)

大丈夫…じゃないかも 

昼休み、友達から電話があったことを忘れて机に突っ伏してうとうとしていると、またその友達から電話がかかってきた。寝惚けながら慌てて電話を取って「¿Aló?」(もしもし?)と言うと、「Hola...¿qué pasó?」(やぁ…どうしたの?)と聞かれたんだけれど、寝惚けていた私は「Estoy bien」(元気だよ)と答えていた(-_-;)友達はちょっと黙ってからもう一度、「¿Qué pasó?」と聞いたんだけれど、私はまた「Estoy bien」と答えていた(-_-;)友達は通じとらんと思ったのか、日本語で「電話がないからどうしたのかと思ったんだけど」と言った。ここまできてやっと目が覚めた私は、やっと相手がなにを言ってるのか理解した( ̄▽ ̄;)

いつも、「¿Aló?」「¿Cómo estás?」(元気?)の流れで会話が進むから、ついうっかり「Estoy bien」って答えちゃったんだよねー( ̄▽ ̄;)習慣って怖いな。「(電話がないけど)どうしたの?」って聞かれてるのに、「元気だよ」ってどーゆー答えなんだか( ̄▽ ̄;)おまけに、話しているうちに、今日は金曜日なのに木曜日だと思いこんでいたこともバレてしまい、本気で「¿Estás bien?」(大丈夫?)と心配されてしまった( ̄▽ ̄;)とはいえ、日付に関してはホントに大丈夫じゃない。過去に二回、祭日と知らずに会社に出勤し、だれもいない事務所で(どうしてだれも来ないんだろう…)と悩んだ経験がある。今回も気がつかなかったら明日は土曜日だから休みなのに会社に行っちゃってたかも( ̄▽ ̄;)危ない危ない。
関連記事
[ 2006/03/03 22:09 ] スペイン語 | TB(0) | CM(0)







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。