スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

瞳の色はロマンチックか? 



スペイン語のレッスン中

¿De qué color son tus ojos?
(あなたの瞳の色は何色ですか?)

という質問が出てきたんだけど、これに対して先生は
「この質問はとってもロマンチック~♪うふふ~♪」な反応だった。

瞳の色を聞くのがなぜにロマンチックなのか意味がわからなかったけど
その理由を問うほどのスペイン語力がなかったのでその場は流し
スペイン語圏ではそういうものなのかもしれないなぁと思いつつ
でもやっぱりそこんとこどうなんだろうと思ったので
日本語のしゃべれるスペイン語圏人に聞いてみた。

結果は

「それはただの質問だよ。別にロマンチックじゃない」

だった。

ですよねー。

だったらどうして先生はロマンチックだと言ったんだろ。
ていうか、単純に先生自身のロマンチックな思い出だったとか?
こう、彼氏に「君の瞳の色は?」って聞かれて顔が近くにきてドキッ♡みたいな。
確かに最近彼氏ができてラブラブのようだし…
もーどーでもいいか

ちなみに私の瞳の色は

café claro

だそうです。
スポンサーサイト
[ 2013/11/11 21:14 ] スペイン語 | TB(0) | CM(0)

やさしく読めるスペイン語の昔話 

これちょっとおもしろそう…


内容紹介
これ一冊でスペイン語がさくさく読める!

天のパーティーにおしかけ、帰れなくなったキツネは、結局どうしたのか。悪魔にすべてを奪われた男が最後に出た賭けとは。夫の釣ったマスを三匹とも食べてしまったマリアのとった行動は…。スペインから中南米各国に伝わる、面白くも不思議で、時にほろっとさせてくれる昔話を19編収載。豊富な語注付きでスペイン語学習に最適の一冊。



スペイン語で書かれてはいるけれど
日本語訳もついている模様。

昔話だったらそんなに難しいスペイン語は使われていないんじゃないかな…
とりあえず、欲しいものリストに入れておこー。

やさしく読めるスペイン語の昔話
やさしく読めるスペイン語の昔話松下 直弘

NHK出版 2013-08-10
売り上げランキング : 49995

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
スペイン語で読む やさしいドン・キホーテ 新・スペイン語落ち穂ひろい: 777の表現集 耳が喜ぶスペイン語 リスニング体得トレーニング これなら覚えられる!スペイン語単語帳 (CDブック) 新版 スペイン語の手紙
[ 2013/10/10 22:48 ] スペイン語 | TB(0) | CM(0)

くちばしが止まらない 

33016_540.jpg


"Ella y Él"の中の一節。

A ella no le para el pico, él dice speak slow
(彼女はとてもよくしゃべる 彼は"スピーク スロウ"と言う)

最初はこの

A ella no le para el pico

というのが意味がわからなかった。
彼女はくちばしを止めない…くちばし???みたいな。

でも、続けて"ゆっくり話して"と歌ってるから
早口でしゃべるとか、矢継ぎ早にしゃべるとか
そんな意味かなーと思いつつ調べていたら
やはりおなじように疑問に思った人がいたようで。

このページで

http://forum.wordreference.com/showthread.php?t=1040097

A ella no le para el pico, él dice:Speak slow".

¿Qué significa la frase colorada?
(赤くしたとこはどういう意味なの?)



と質問している人が。

それに対する答えが

Significa que ella no para de hablar y seguramente bastante deprisa.
(彼女はしゃべるのをやめないという意味、それと多分すごい早口)



Es decir.. habla habla habla..
También se suele decir : Ella es una cotorra.
(つまり…しゃべる、しゃべる、しゃべる…
こうも言うよ。「彼女はオウム(おしゃべり)だ」)



要は、おしゃべりをやめない、という意味。

後はこんな答えも!(笑)

En Chile: Pico = Pene (y dicho de la forma más vulgar y grosera)
Por lo tanto tengan cuidado si vienen por acá a cantar esa canción.
(チリでは くちばし=ち○こ(下品な俗語)
だからもしチリに来たらこの歌を歌うのは気をつけろ )



質問した人はこう答えてる。

Muchas gracias amigos. Si vengo a Chile y me da por cantar esta canción, esquivaré esas letras.
(ありがとう。もし、チリに行くことがあって、この歌を歌うような時があったら、このフレーズは避けるよ)



スペイン語も国によっていろいろ意味が変わってくるからね…
[ 2013/09/25 22:07 ] スペイン語 | TB(0) | CM(0)

の中のひとつ 

スペイン語の先生が、よく使われるスペイン語ランキング
的なものをくれまして、それによると、一番よく使われるのは

el

だそうで。

続いて de 、 y 、 que といろいろ続いていくんだけど
大体知っている単語ばかりで安心した。

んで、3語でセットになっていて、よく使われるスペイン語ランキング
的なものもくれたんだけど、わかったのが

yo creo que~
(私は~と思う)

だけだった…
まとまってくると途端に難しくなってくる。

で、3語セットで一番よく使われているのは

uno de los

で、意味は「~の中のひとつ」みたいな感じ。

なるほどねー、なんて思っていたら、早速その単語を
Henry SantosのInstantagramで見つけた。



Una de las ventajas de ganar


ganar をどう訳したらいいのか、状況がよくわからないので
なんとも言えないんだけど、仮に優勝とかだったりしたら

優勝してよかったことのひとつ

みたいな意味になる…って、やっぱり違うかな。
優勝する利点のひとつ、と直訳気味のほうがいいのかな。
大体意味はわかるけど、日本語にしようとすると難しいなー
[ 2013/09/17 21:36 ] スペイン語 | TB(0) | CM(0)

スペイン語レッスン継続中 



スペイン語レッスン継続中。

最初はどーなることかと思ったけど、最終的に良い先生に当たって、よかったよかった、というところか。

日本語がほぼ話せない…と知った時には、「これはあかん」と思ったけど、これも結果的には良かった。
日本語に逃げることができないから、話せなくてもスペイン語で話すしかないわけで、お陰で「スペイン語で話して間違えたら恥ずかしい…」というありがちな恥じらいも消えつつある。

だって、間違っていても話さないと、ただ しーーーん としているだけのレッスンになってしまうもんね。

でも、自分でもちょっと意外だった。
私は、スペイン語はぜんぜん話せない、と思っていたから、スペイン語だけでレッスンを受けて雑談めいたことまでまさかできるとは思っていなかったから。
もちろん、文法はめちゃくちゃだし、過去形・未来形の使い方は間違えてるし、カタコトもいいところだけど、まあ伝達手段は言葉だけではなく、身振り手振りに文字に、それにiPhoneの翻訳アプリもあるしね(笑)

便利な時代になったもんだ…

ちなみに何度か貼ってるけどこのふたつのアプリはやっぱり便利。
無料だし(笑)





後、これは欲しいもの。前から書いてるけど。
良さげなんだけど、なにしろ3千円近いってのがね



とりあえず…今までずーっとたらたら続けてきたけど、よーやっと進歩の兆しかな?
でも、たらたらやってきたことも、無駄にはなっていなかったみたいだから、よかったよかった。
[ 2013/07/16 21:42 ] スペイン語 | TB(0) | CM(2)







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。